TOPへ


万里の長城(北京)への旅

(平成20年9月13日〜16日訪問)


万里の長城「居庸関」
万里の長城「八達嶺」
故宮博物院「紫禁城」
明の十三陵
頤和園(いわえん)
天壇(てんだん)
天安門広場ほか


写真はクリックすると拡大します

万里の長城へ

 念願の中国の「万里の長城」に行くことが出来ました。想像以上のその壮観さに大変感動しました。

 言うまでも無ことでしょうが、「万里の長城」は人類建築史上奇跡的な遺構として世界遺産に指定されています。その始まりは2500年ほど前の周の時代に匈奴の侵入を防ぐために城壁を建造したのが初めといいます。
 紀元前221年、中国を統一した「秦の始皇帝」は30万の工兵と数百万人の農奴を駆使して、北方の燕や趙の長城を連結し、更に西方にも延長して、中国史上初めての名実共の「長城」が誕生しました。
 その後の歴代王も北方遊牧民の侵入を防ぐため幾たびも修復を続けます。
 その総延長は東は渤海に臨む河北省の山海関から、西は甘粛省の嘉峪関ま6350mにも及びました。総延長が5660kmとある資料もありますが、どちらかは存じません。歴代王朝で最も長い長城を築いたのは匈奴を追って領土を拡張した「前漢の武帝」の時です。中国の一里の単位は500mなので「万里」といっているようです。
 この壮大な長城も「五代十国時代(907〜960)」「後晋」「遼」に北部の重要な防御地点を割譲したため、難なく長城を越境できた北方民族(遼・金・モンゴル)により、3世紀に亘って支配されることになりました。
 初期の長城は平地では土を突き固めた比較的簡単な版築工法の土塁の連続で、山間部は近隣の山から石を調達して積み重ねたものだったといいます。
 壁面を煉瓦で固めるようになったのは、明代(1368〜1644)からで、元の蒙古軍に備えて築かれたもので、修復を繰り返したため最も堅固な部分が断続的にいまに現存されています。

 今回、その長城のほんの一部の観光化された「居庸関」「八達嶺」の見学ができました。

万里の長城(1) 「居庸関」 

 世界遺産
 「居庸関」北京市街から50km、昌平県にあり帝都北京西北を守る城塞。
 「居庸関」は昔から兵家の争う地、元太祖「チンギスカン」もここで戦った跡を残しているという。関所は長さ20km、両側に聳え立つ稜線に城とつながる城壁が延々と築かれている。城に南門と北門が建てられた。「清の乾隆帝」直筆の石碑「居庸畳翠」の台座が残り、台座の中の石碑には6つの言語が彫られていて大変貴重なものという。
[説明板] [ホテル前から西方を」 [北門] [南門]
[城下関所部景観] [延々と高い石段を登る] [城壁の弓射口] [どこまでも]


[砦はほぼ等間隔に建つ] [ここまで登る人は少ない] [中腹にある
お土産屋さんの前]
[東側対面景観]

[登城口で] [5つ目の砦、山頂に近い
土産物屋、]
[ホテルから当方を] [ホテルから当方を]

万里の長城(2) 「八達嶺
 世界遺産
 北京市街から70km、延慶県にあり帝都北京北部を守る城塞。交通の要地にあり、「四通八達」であることから 「八達嶺」と名付けられた。
 「居庸関」が古代北京の玄関とすれば、「八達嶺」は玄関の鍵だと比喩された。
 明代には大改修が行われた。
 北京近郊で最も早く修復された。
[これから登城] [すごい人並み] [段々と上へ] [巨龍が尾根を昇るよう]
[山頂へはいくつもの砦が] [兵の駐屯する塀台か、
アーチが見事」
[2mほどの側壁] [下方景観]
[対面の景観両翼の東] [下方景観] [砦内部] [烽火台が見える(昼間は煙
、夜は火で信号を送る]

故宮博物館「紫禁城」
 世界遺産(1987)
 「故宮」は北京市の中心に位置し、明、清時代の24人の皇帝が政務を司り500年近く中国全土を支配し、居住した皇宮である。昔は「紫禁城」と呼ばれた。南北の長さ961m、東西の幅752m、72万uの広大な敷地内の世界で現存する最も規模が大きい明代木造建築群。外周は方形に幅52m、長さ3800mの水堀に囲まれている。また6つの門を持ち、その内の南門「天安門」で1949年、「毛沢東」が中華人民共和国の建国を宣言している。
 「明」「成祖永楽帝」が1406年から造営、1421年に南京から遷都して、「清」が滅亡するまで使用された。1644年「李自成の乱」で焼失、現存する建物の大半は清代に改修、再建されたものである。
 周りに高さ10m、長さ3428mの城壁に囲まれ、建築面積15万u、構造多用な殿堂890棟部屋9千余間もあるという驚くべきスケールである。
 白石の彫刻された欄干、赤い壁と黄色い煉瓦が調和した色彩美を見せている。
 敷地内中央に国家の重要な政治や儀式の場となった「外朝」、その北側に、皇帝、皇后の生活の場になっていた「内廷」が続く。「外廷」には「太和殿」「中和殿」「保和殿」の三大殿、「内廷」「乾清宮」「交泰殿」「坤寧宮」が中心となっている。
 1925年に博物館となった。

[いよいよ内部へ] [説明板] [午門、紫禁城の正門、
8mの城壁に5棟の楼閣]
[保和殿]
[青銅の大獅子] [太和殿、中心的建物、
文武百官が白石の階段に
立ち並んだ]
[建物群] [赤い壁]

[内廷通路] [赤い壁と黄色い煉瓦] [彫刻された白石] [回廊か門]




[金鍍金の防火水槽] [皇帝の道、龍の彫刻
氷に滑らせて運んだ]
[順貞門か] [月見殿、皇帝しか
登れない]


[外周城壁] [裏側景観] [神武門、裏の正門] [外周の水堀]

明の十三陵
 世界遺産
 北京市西北約50km、天寿山の裾野に広がる「巨大陵墓」。明王朝第三代の「成祖永楽帝」から王朝最後の「毅宗崇禎帝」までの13人の皇帝と23人の皇后、1人の貴妃が埋葬されている。1409年に「長陵」の造営を初め、1644年に「思陵」が完成するまで200年余禁地と定められ、大勢の陵衛が駐屯した。
 1957年に発掘された第14代皇帝の「神宗万暦帝」の陵墓「定陵」は地下宮殿の深さ27m、床、壁面から天井に至るまですべて大理石が積み上げられて、天井は見事なアーチ形になっている。贅沢な「定陵」の建設が、後年の「明の財政」を破錠させたともいわれる。


[説明板」 [陵内配置図」 [定陵博物館入口」 [石の参道(神路)」





[内部参道」 [前方後円地下への入口」 [凡て大理石の地下室
天井はアーチ」
[皇帝の宝座の複製」




yobi
[地下墓室」 [神宗陵碑」 中央[明楼の中央に
陵碑が見える」

頤和園

 世界遺産「頤和園(いわえん)」
 北京の西北15kmほどにある。金の貞元元年(1153)「皇帝の離宮」として造営された。乾隆15年(1750)「乾隆帝」が大改修を施したが、1860年の「第二次アヘン戦争」で英仏連合軍に焼き払われた。
 1888年、「西太后」は、海軍の軍費3000万両を流用して再建、現在の姿になる。
 園内には贅を尽くした豪奢な建物が数多く建てられている。大部分が西湖を模した「昆明湖」と呼ばれる人造池であり、その土で築いた万寿山には「仏香閣」が建つ。
 「西太后」はこの離宮をこよなく愛して、晩年はここで多くを過した。


[案内板] [入城門 [仏香閣] [昆明湖、十七孔橋]



[長廊728m歴史絵付] [多獣像」 [仁寿殿、西太后らの
政務所]
[五瀾堂光緒帝が10年間
に渡り軟禁された場所]

天壇(てんだん)

 世界遺産
 皇帝が天帝に正月に五穀豊穣を祈願、冬には一年の出来事を報告する「儀式を行う重要な場所」で、北京では故宮を中心に東西南北に天・地・月・日を祭る「壇」が築かれていて、その南側に築かれたのが、この「天壇」である。
 古来より中国には天帝を祭る「土蔵の露台、壇」という構造物があった。
 この「天壇」「祈念殿」は明代の永楽18年(1420)に創建され、清代の乾隆16年(1751)に拡張、1889年に落雷により一度消失しているが、1896年に再建されている中国に現存する重要な大規模木造建築の一つである。
 「祈念殿」「宇宙の中心」をかたどった円丘壇。宝頂は金メッキがなされている。屋根は瑠璃瓦葺きの三層になっており、建物には釘が使われていない。
 「斎宮」は天壇公園の敷地内西側に位置する。皇帝は祈念の3日前にここに入り、飲食、音楽、女性を絶った。この建物の緑の瓦は皇帝が天に対し従順であることを表現しているという。


[天壇全景」 [祈念殿上部」 [内部の高い天井」 [内部巨大な円柱」


yobi yobi yobi
[斎宮」

天安門広場ほか









[天安門広場」 [天安門広場」 [天安門」 [オリンピック会場」





[字を逆様に書く名書家」 [宿泊した北京飯店」 [朝食バイキング」 [飯店前の歩道」




[京劇劇場へ」 [俳優のお化粧姿」 [京劇」 [夜の北京空港」



TOPへ