北海道・東北地方の名城



北海道 五稜郭 松前城・☆根室半島チャシ跡群
青森 弘前城三戸城浪岡城根城
秋田 久保田城横手城秋田城檜山城
岩手 盛岡城九戸城
山形 山形城上山城米沢城
宮城 仙台青葉城白石城涌谷城 多賀城
福島 会津若松城 二本松城 白河小峰城
中村城
三春城
向羽黒山城
印・・・(財)日本城郭協会選定「日本100名城」


写真をクリックすると、拡大表示します。

 


      [天守閣]

[出陣時使われた廊下橋]

♪「限りあらば吹かねど花は散るものを 心みじかき春の山かぜ」
<蒲生氏郷の辞世の歌・風が吹かなくっても花は散るのに短気な山風よの意。桜に我が身を例えている、40才没>

♪「梓弓むかう矢先はしげくとも ひきなかえしそ武士の道」
<白虎隊の飯沼貞吉の出陣に母文子の餞の歌>・・阿井景子著「会津鶴ヶ城」より


♪「万代といはい来にけり会津山 たかまの原のすみかもとめて」
 <保科正之の辞世の歌>
「大君の儀、一心大切に忠勤のぞんずべく列国の例をもって自ら処るべからず」
<保科正之1611〜1673会津藩家訓>

♪「今もなお慕う心はかわらねど はたとせ余り世はすぎにけり」
<松平容保明治26年59才で逝去2年前の歌>
会津
若松城















自治体HP















別名: 鶴ヶ城・黒川城 
所在地: 福島会津若松市追手町1−1
Tel (0242)27−4005
種類・指定 平山城・国指定
築城年: 至徳元年 (1384年)
築城者: 葦名直盛
遺構: 本丸・帯曲輪・出丸・石垣・濠・井戸跡
 「若松城」「青葉城」と並び東北を代表する名城である。
 磐梯山の山麓の一角にあり、
「戊辰戦争」の一ヶ月の籠城戦と、「白虎隊」の自刃などの悲劇で人々によく知られている。
 ここ会津に最初に城を築いたのは
「源頼朝」以来の名門「葦名氏」といわれ、完成した城は「黒川城」と呼ばれた。
 「葦名氏」は17年も掛けて城郭としての体裁を整えたが、天正17年(1589)独眼流で知られる
「伊達政宗」に摺上原の決戦で敗れ滅亡した。然し「伊達政宗」も翌年には「秀吉」の命により転封され、その後には「蒲生氏郷」が42万石で入封した。城は変わらぬが城主が変転するのが戦国の定め、まさに生き抜く競争力の時代であった。
 
名君と言われた「氏郷」は文禄元年(1592)城郭の大改修と城下の整備に着手した。7層の天守閣も完成し、名も「鶴ヶ城」と改めた。その後「氏郷」が病いで早世し、越後より「上杉景勝」が120万石で入国、関ヶ原の戦いの後は30万石に減封されて米沢に移封された。
 寛永4年(1627)に
「加藤嘉明」が入城して天守閣を5層に改めた。寛永20年(1643)には将軍[家光]の異母兄弟の「保科正之」が23万石で入封、三代「正容」の時に「松平」を称した。
 以後,会津藩は223年間幕府の盾となり最後は戊辰の役で滅びることになった。
 平成18年4月6日、(財)日本城郭協会から「日本100名城」に認定されました。

 ★H3/9/13訪城、H11/5/5再訪、
 現在の天守閣は昭和40年、昔の姿そのままに復元され、5層7階の雄姿から400年の永い歴史が蘇って来るようだ。一度は観光に来られた方は多いと思う、見所はやはり天守閣ですが、深いお堀にそそり立つ石垣の美しさも一度見たら忘れられない魅力があります。他にも市内に史蹟が多く残されて、お勧めのお城です。




    [天守と大手門]


♪「東にて搗きたてそめし白餅(城持)を 堅く備えんふるさとの神」

<松前奉行・松前崇広が城主大名格上げの沙汰があった時、その喜びと決意を歌った。>
・・日本城郭大系1より。

蝦夷
松前城








自治体HP








別名: 福山城・福山館(ふくやまのたて)
所在地: 北海道松前郡松前町字松城
Tel01394−2−2216
種類指定 平山城・国指定
築城年: 慶長11年(1606)
築城者: 松前慶広
遺構: 本丸御門(重文)・石垣・外堀・曲輪
 「松前城」は松前家5世「松前慶広」が慶長5年(1600)に現城跡に大規模な館を造り「福山館」と称したのが前身である。
 その後嘉永2年(1849)17世
「松前崇広」の代にロシア南下への警備の必要から、幕府は松前藩に命じて本式の城を築かせた。高名な高崎藩の兵学者、「市川一学」が招かれて設計に当たり6年を要し、東西240メートル、南北300メートル、16の門、7つの砲台、4つの櫓を有する、わが国に最後の和式城郭を安政元年(1854)に完成した。
 明治元年の旧幕府軍との戦争、翌2年の奪回作戦に耐えたのも、設計意匠が火砲にたえ得る近代城郭であったからとも言われる。
 天守閣と本丸御門は解体を免れ、戦前まで国宝に指定されていたが、天守閣はS24年に惜しくも本丸御殿のみを残して飛び火により焼失した。 S36年破風を持たない3層3階の天守が復元された。また
「本丸御門」はS25年重文に指定されている。
 平成18年4月6日、(財)日本城郭協会から「日本100名城」に認定されました。

 ★H11/5/2訪城、
 函館から海伝いに南西に100kmほど車で行くと、南端の松前湾に抱かれるような町続きの山がお城でした。現在は城跡全体が松前公園になり1万本と言われる
「北海道随一の桜の名所」と知られ、誠に見事な眺めです。
 出来れば桜の時期がお勧めです。周辺にはテーマパークの
「松前藩屋敷」や古寺社もあり散策路が整備されてます。周辺にも城跡が散在してます。






























陸奥
弘前城















自治体HP
別名: 高(鷹)岡城
所在地: 青森県弘前市下白銀町
TEL 0236−73−3660
種類・指定 平山城・国指定史跡
築城年: 慶長16年(1611)〜明治4年(1871)津軽氏
築城者: 津軽信牧(のぶひら)
遺構: 天守閣、櫓3棟、門5棟(以上重要文化財)・城郭全体が史跡として残っている。
 弘前は津軽のシンボルとして長い歴史をもつ。
 南北朝期に
「安東氏」を放逐して陸奥の国を平定したのは八戸の豪族「南部氏」であった。戦国時代にその南部氏の内訌をついて津軽統一を成し遂げたのが「津軽氏」の祖、[大浦氏]の四代目「津軽為信」であり、ここに戦国大名としての名を顕わした。
 
「弘前城」「津軽為信」三男「津軽信牧」が慶長15年(1610)に父の遺業を受け継いで、築城と城下町の整備を行ないほぼ完成した。津軽の名城といわれる。
 東北の大藩への押えでもあり、
「信牧」「徳川家康」の養女の婿のこともあってか、幕府の信頼も厚く、この広大な「弘前城」はその後明治までの260年の間、「津軽氏」の居城となった。
 余談だが四代
「信政」は小野派一刀流の極意に達した文武両道に秀でた名君で、五代「信寿」もその直伝を伝えられたと書物に出ている。
 寛永4年(1627)の落雷で天守は炎上して焼失したが、文化7年(1810)3層の天守が完成した.築城から400年近く、天守、櫓、城門、三重の水濠等の築城形態が良く保存されている。 天守閣は
「日本の現存12天守」の一つで、貴重な文化遺産である。日本の名城ある。
 平成18年4月6日、(財)日本城郭協会から「日本100名城」に認定されました。


 ★S63/5//3初訪。
日本一の桜の名所。 毎年4/23から5/5の桜祭りには全国の人々が花見に訪れます。桜のトンネルを抜けると東北富士の岩木山の姿が実に美しい。あぁ来て良かったと思わず再訪を歓びました。お城とあいまって周囲の水堀には花びらがびっしり浮かんで、風雅な気分もひとしおでした。
 
「常陸宮華子妃殿下」はこちら津軽家のご出身です。

 ★★H16/11/20再訪。城内の紅葉とお堀に映える重文の5つ門などもゆっくり見学、その重厚な姿にも感動しました。
    [模擬櫓]



   {復元本丸表門]
出羽
久保田城












自治体HP








別名: 矢留城・秋田城
所在地: 秋田県秋田市千秋公園1−39
Tel 0188−32−1298
城の種類 平山城
築城年: 慶長9年(1604)ー明治まで佐竹氏
築城者: 佐竹義宣
遺構: 本丸・二の丸・三の丸・門跡・堀御物頭御番所・復元本丸表門
 「久保田城」は秋田市の中心部にある。関ヶ原の戦後、「家康」の論功功賞により水戸54万石から秋田20万石に減封された「佐竹義宣」が、神明山を城地とさだめ築城した佐竹氏の城である。
 幕府に遠慮して天守閣は置かず、それに替わって
「お出し書院」と呼ばれている櫓が建てられた。他に8つの櫓があった。土塁に囲まれ石垣はない。 城はその後2度の大火に遭うが再建されながら維新を迎え、「佐竹氏」は戊辰戦争時にも、官軍側に属して最後まで攻撃に耐え、城を守った。しかし明治13年にはついに焼失した。
 平成18年4月6日、(財)日本城郭協会から「日本100名城」に認定されました。

 ★H11/5/4訪城、
 市制百年記念として、
「御隅櫓」が3層4階で城址の千秋公園に復興されてます。展望室からは、秋田市内が一眺できます。
写真は樹が邪魔してうまく撮れない。

 ★★H15/11再訪、本丸表門が復元されていました。






♪「曇りなき 心の月を 先だてて 浮世の闇を 照らしてぞ行く」

 <伊達政宗の辞世の歌、70才没。>


♪「馬上少年過
  世平白髪多
  残駆天所許
  不楽復如何」

<伊達政宗の酔余に詠じた漢詩>
(馬上ゆたかに少年が通り過ぎる。戦国の世もすでに遠く、白髪の多いのを見れば老いを実感する。お酒でものんで天の許される限りその日その日を楽しもうかの意。)
 
陸奥
仙台城
青葉城













自治体HP






















別名: 青葉城
所在地: 宮城県仙台市青葉区川内
TEL022−261−1111
種類・指定 平山城・国指定史跡
築城年: 慶長15年(1610)-明治まで伊達氏
築城者: 伊達政宗(62万石)
遺構: 石垣・土塁
 「仙台城」は東北の雄、独眼流「伊達政宗」の居城であった名城、むしろ「青葉城」として知られる。
 三方を自然に守られた堅城で、慶長5年(1600)関ヶ原の戦い後、築城された。天守閣は築かれなかったが、慶長15年(1610)には本丸に、桃山風書院造りの大広間が完成している。世に千畳敷とよばれたと言う。イスパニアの使節「セバスチャン=ビスカイノ」がその印象を著書「金銀島探検報告」の中で、城の堅固さと、壮大さが、江戸に勝る点など賛嘆している。
 建造物は破却、火災、戦災で殆ど失われてしまった。
 城壁の石垣には「野面積み」と「切込みはぎ」の二つの様式が見られる。写真は復原された大手門櫓。
 
平成18年4月6日、(財)日本城郭協会から「日本100名城」に認定されました。

 ★H元/5/3訪城、
 城跡に登れば市街が一望できます。
うしとら櫓が復興建設中でしたが、本丸跡の政宗の騎馬像のちょうどその真下あたりの修復工事中に、「政宗」の築城期(1601〜15)に造った石垣と、その10年後(2期)に再建した石垣が発見されました。1673年以降の現存の石垣(3期)を含め、全国でも3つの時代の石垣が1個所から出土する例のない発掘になり、櫓の復元と石垣保存の議論で沸騰したのですが。櫓建設は中止になりました。現在整備保存工事が次々と進められ、見事な石垣なども復元されました。
 歴史のあるお城です、昔に復元できるものは是非継続をお願いしたいですね


 ★★H16/8/2再訪。全国城郭研究者セミナー主催の見学会に参加、一日市の担当者のご案内で、城内の調査状況や周辺の植物園内や河川の石垣や橋脚の遺構など一日見学でき幸運でした。



















陸奥
白石城





白石市HP





















別名: 益{桝)岡城
所在地: 宮城県白石市益岡町1
TEL  0224−24−3030
城の種類: 平山城
築城年: 天正19年(1591)
築城者: 蒲生氏郷。1602年より片倉氏(1万3千石)が仙台城の支城として明治維新まで。
遺構: 門・石垣・土塁・空堀
 「白石城」は仙台藩の南の要路を押さえる重要な城であった。
 後三年の役で戦功のあった武将「刈田佐兵衛尉経元」この地に最初に居城を構えたと伝えられる。
 その後、刈田氏の後裔の
「白石氏」がこの地に拠ったが、後「伊達氏」の勢力下に属した。
 天正19年(1591)
会津城主「蒲生氏郷」「豊臣秀吉」の命により「伊達政宗」に替わって入城、「白石城」の原型はこの氏郷によって築かれたといわれる。
 慶長3年(1598)には上杉領となり
「甘糟備後景継」が居城したが、秀吉の死後、慶長5年(1600)関ヶ原の戦いで「若松城」にいた「上杉景勝」の牽制のため、「家康」の命をうけた「政宗」「白石城」を攻略、再び伊達領とした。
 慶長7年(1602)
「政宗」は城に重臣「片倉小十郎景綱」を入城させた。「片倉氏」はその子「重長」の代に一国一城制にも拘らず陪臣のまま特例をもって城主となり、維新まで世襲された。
 慶応4年(1868)
「戊辰戦争」の時、仙台、米沢藩の主唱で奥羽25藩の重臣が「白石城」に会合し「白石同盟」が結ばれたが、同年官軍に降伏やむなきに至った。
 幕府が諸藩に命じて提出させた「正保城絵図」には天守には二層櫓、三の丸に二つの隅櫓、二の丸に蔵屋敷が描かれていると言われる。
 

 ★H11/5/5訪城、
 平成7年三階櫓(天守閣)、大手門としての本丸の一部が、文政6年(1823)当時の形で復元されました。私の知人がこの城に大変ゆかりがあり、訪問できてラッキーでした。

    [復元櫓]

 [山頂本丸からの景観]

[蒲生期石垣と復興天守石垣]



 爾俸爾禄
 民膏民脂
 下民易虐
 上天難欺
寛延己巳之年春三月
S10年国史跡<旧日本松藩・五代藩主丹羽高寛公による「戒石銘碑」より>

(武士の俸給は、人民があぶらして働いたたまものより得ているのである。お前は人民に感謝し、いたわらねばならない。この気持ちを忘れて弱い人民達を虐げたりすると、きっと天罰が当たるぞの意)

陸奥
ニ本松城













自治体HP



























別名: 霧ヶ峰城・霞ヶ城・白旗城
所在地: 福島県二本松市郭内
TEL 0243−23−1111(市役所)
城の種類 平山城(標高345/比高120m)
築城年: 応永元年(1394)から
築城者: 畠山満泰
遺構: 石垣・井戸
 「二本松城」築城は、応永21年(1414)「畠山国氏」の孫の「満泰」の代に築かれ、南北朝時代からの名城と言われます。
 
「畠山氏」は満泰の子「持泰」の代から「二本松」を名乗るが、天正14年(1586)12代藩主「義継」「伊達政宗」の父「輝宗」を拉致したとき、追ってきた「政宗」に政宗の父と共に阿武隈川畔にて射殺され滅亡した。
 城は
「伊達家」の支城となったが、天正18年(1590)には「伊達氏」が転封となり、代りに二本松城に「蒲生氏郷」が入城、「会津若松城」の支城となった。
 代が替わり寛永20年(1643)に
「丹羽光重」が10万石で白河より移封、「光重」は従来の山城を改修し山麓に城館を設けて近世城郭の体裁を整えた。
 「丹羽氏」の築いた「高石垣」技術は当代一といわれるが、山頂の本丸には現在「石垣博物館」として、石垣の特徴的な積み方のひとつである「穴太(あのう)積み」、元和・寛永期及び江戸後半期の様式が確認され、H7年に遺構が修築復元されて保存公開されている。

 ★H11/5/5訪城。
 昭和57年箕輪門、二階櫓,多門櫓が霞ヶ城公園内に復原。1868年戊辰戦争に敗戦時、
16名の少年隊が討死する悲劇が有り、広場には少年達のレリーフが作られています。城の名は、春は桜が咲き誇り全山霞に包まれるような姿を「霞ヶ城」と呼んだようです。秋の「菊人形祭り」(10/1〜11/23)や360年の歴史をもつ当地の「ちょうちん祭り」は特に有名といわれます。
 平成18年4月6日、(財)日本城郭協会から「日本100名城」に認定されました。


 ★★H16/4再訪。今回の目的は山頂の本丸訪問です。蒲生氏時代の2段積みの石垣や、復興された天守台など拝見でき、山頂からの冠雪の阿武隈山脈が見えるすばらしい景観に感慨無量というところでした。麓の二の丸は桜が殆んど散っていましたが、丁度桜祭りのイベントが行われていて大変な人出、写真を撮るのに苦労しました。

[模擬天守]








陸奥
涌谷城

(wakuyajyou )












自治体HP











別名: 涌谷要害
所在地: 宮城県遠田郡涌谷町涌谷字下町3-2
TEL 0229−43−3001
城の種類 平山城
築城年: 永亨初期(1430年頃)    
築城者: 涌谷美濃守-亘理重宗(1591)
遺構: 石垣隅櫓(太鼓堂)・土塁
 「涌谷城」は涌谷の町並みの北、江合川河岸丘陵上にある。「伊達騒動」で有名な「伊達安芸」の居館跡である。
 永亨年間、
「大崎満持」の弟「百々高詮」の次男が「涌谷美濃守」と名乗ってこの城を築いたという。
 天正18年(1590)に
「秀吉」により「大崎氏」「涌谷氏」共に滅ぼされ、その後、伊達領に属した。同19年「亘理重宗」「亘理城」からこの城に入り、改築工事に着手した。
 近世城館として本格的工事がされたのは
「重宗」の子、「安芸定宗」の時である。この時伊達姓を許され、2万石の地位を得た。有名な「伊達騒動」伊達安芸」「定宗」の後継ぎである。
 後に一国一城令が出たため、表向き
「涌谷要害」と呼ばれたが、完全な城郭であった。本丸の隅櫓を「太鼓堂」と呼んだのも、時報の太鼓を打つことにかこつけたカモフラージュといわれる。
 現在、城山公園となり、天保4年(1833)再建の隅櫓と町立資料館の模擬天守が建っている。

 ★H11/5/4訪城、

 桜の名所
としても知られています。人気行事の東北輓馬競技大会が毎年4月第4日曜日に開かれます、このお城の左側の空き地で行われるそうで一度どんなものか見学したいものです。我が家でお世話になっている棟梁さんが、なんとこのお城の近くの出身でした。

[復元櫓]


[復元した櫓と前御門]


♪「便りあらば いかで都へ告げやらむ けふ白河の関は越えぬと」
  <平 兼盛>
陸奥
白河城
小峰城














自治体HP











別名: 小峰城
所在地: 福島県白河市郭内
Tel 0248−22−1111
城の種類 平城
築城年: 寛永9年(1632)
築城者: 丹羽長重
遺構: 石垣・堀・復元櫓
 「白河」は古来より、奥州への入り口として知られ、みちのくの歌枕に詠われる「白河の関」で有名。
 南北朝時代から名城で、ここ小峰ヵ岡に初めて城を築いたのは
「結城親朝」で興国元年(1340)だと言われている。当時は「小峰城」といった。戦国末期まで「結城氏」の統治であったが、天正18年(1590)に秀吉の所領になった。
 関ヵ原後、
「丹羽長重」が寛永4年(1627)10万石で入封、白河藩として、4年掛かりで大規模に城を改修、城下町も整備した。譜代の歴代城主のなかでは「白河楽翁「松平定信」「寛政の改革」の立役者として有名である。
 戊辰戦争では会津藩家老
「西郷頼母」を主将として必死に防戦したが政府軍に圧倒され落城、建物はすべて焼失してしまった。
 平成3年(1991)
「三重櫓」、平成6年に「前御門」が復元されている。
 平成18年4月6日、(財)日本城郭協会から「日本100名城」に認定されました。

 ★H11/5/5訪城、
 城跡は堀と石垣だけですが、平成3年、3層天守閣・続き櫓・城門が古文書をもとに復元されました。なかなかの美観です。また丹羽氏に築かれた精巧華麗の石垣が素晴らしい。大手門入って直ぐの石垣には、その名も
「龍の目」という特殊な積み方がされています。
 ボランティアの方には当時の状況など実に懇切に案内をして頂けました。



♪「うつせみのかりのころもをぬぎすてて 名をや残さむ千代の岡辺に」

<中島三郎助> (明治2年
(1869)「函館戦争」にて壮烈な討ち死をした、肩のあたりにこの歌の短冊があったという。)




















函館
五稜郭








五稜郭タワーHPへ

















別名: 亀田役所土塁
所在地: 北海道函館市五稜郭町
Tel 0138−51ー2548(五稜郭分館)
種類・指定 稜保式(大砲を主眼とする築城)平城・国指定
築城年: 元治元年(1864)
築城者: 徳川幕府(設計者:大洲藩出身、武田斐三郎)
遺構: 砲座・石垣・土塁・堀
 「五稜郭」は幕末最後の函館戦争の戦場となったヨーロッパ式城塞である。
 安政5年(1858年)日米和親条約により函館・下田が開港となり、幕府は函館を直轄地とし、外国船の来航などに対応することになった。港の防備と併せ蝦夷地開拓拠点
「亀田役所」として、安政4年(1857年)伊予藩の蘭学者「武田斐三郎」の設計で着工し、元治元年(1864)8年の歳月を要して完成した。
 周囲350メートルの星形の郭の上に土塁を築き、五つの稜に砲座を設けて周囲を堀で囲む
「西洋式築城」であった。
 函館奉行
「小出秀実」が入城、慶応3年(1867)までは「函館奉行所」として幕府が管理していたが、維新後は「函館裁判所」となった。 
 明治元年(1868)8月
「榎本武揚」ら旧幕臣は新政府軍への恭順に応ぜず、この五稜郭で「蝦夷共和国」を宣言したが、翌年5月新政府軍の大軍を前に参謀、「黒田清隆」の勧めによりついに開城降伏することになった。

 ★H11/5/1訪城、
 敗戦が近づき、首謀の
「榎本武揚」は部下の助命と自分の命を条件に降伏したのですが、その才能を惜しまれて、その後も明治政府の高官として、要職を歴任しました。しかしこの五稜郭の事は以後決して人に語らなかったということです。
 函館戦争では「新撰組」「土方歳三」他1000名以上の多くの方がここに花と散り土となりました。いまでも多くのファンの来訪が絶えないといいます。
 こちらも有名な
日本の桜の名所(5000本)です。写真は五稜郭タワーからの眺望ですが、このタワーに乗るのが延々と40分待ちでした。お城見る時間よりはるかに掛かりました。
五稜郭とは上から見ると
「五つのとんがりのある城」からそう呼ばれたんですって。
 帰りに五稜郭の近くの
「四稜郭」にも寄って見ました、空堀や土塁の遺構がありました。実は最近知ったのですが、信州にもう一つのミニ五稜郭があるのですね。佐久盆地に「竜岡城」といいまして国指定で星型の城で外周水堀などの遺構も良く残っています。
 平成18年4月6日、(財)日本城郭協会から「日本100名城」に認定されました。

 ★★H20/5/29再訪。
 根室のチャシ群(アイヌの城)の見学方々、ちょっとだけ立ち寄りました。延々と延びる武者返し(石垣兆部が外部に張り出して人が石垣を登るのを防ぐ工法)もある石垣が見事でした。



[郷土資料館]


[本丸]

出羽
横手城

















自治体HP
















別名: 衡城、平城、朝倉城、阿桜城
所在地: 秋田県横手市城山町横手公園
Tel  0182−32−2111(市観光協会)
城の種類 平山城
築城年: 正安2年(1300)
築城者: 小野寺通有
遺構: 曲輪・堀・土塁
 「横手城」は西に出羽山地、東は奥羽山脈に抱かれた横手盆地にあるり、横手川、明永沼、牛沼に守られた天然要害の地にある城である。
 城は
「小野寺忠道」の子「通有」が正安2年(1300)に築いたといわれる。
 天正18年(1590)
「小野寺義道」が城主のとき「太閤検地」が実施され、検地反対分子による一揆を起こし、20万石から3万石に減封された。また失地回復を狙って山形から進出した「最上義光」と幾度となく戦っては騒乱に明け暮れたという。
 
慶長5年(1600)関ヶ原の役に「小野寺義道」
「最上氏」との対立から参陣出来ず戦後、津和野に改易となった。
 その後、一国一城の時代となったが秋田藩
「佐竹氏」の支城として認められ城代が置かれ、寛文12年(1672)「戸村十太夫義連」から後は「戸村氏」が代々世襲した。
 戊辰戦争の際、奥羽列藩が幕府方として結束したとき、秋田藩のみ倒幕側につき、仙台・庄内藩軍4千の猛攻を受けて遂に落城し炎上した。

 
なお「宇都宮吊天井事件」で罪を得た「家康」の重臣「本多正純」はこの地に流されて生を終えたと言われる。<参考:日本城郭事典・西ヶ谷恭弘>

 
★H11/5/4訪城、
 「横手城」
に天守が築かれたことは無く、現在は「模擬天守閣」が郷土資料館として建てられています。
 秋には菊祭りで、城跡一帯、菊人形飾りで賑わうようです。

 ★★H15/11再訪、
 今回は模擬天守のある二の丸の南の武者溜りと本丸周辺の遺構を見学、朝倉城の碑がある本丸には神社が祀られ、東側腰曲輪の南側に大手が確認できました。また北方に牛沼池を擁した斜面の急崖など自然地形を巧みに利用した要害の地形が見られました。

[歴史資料館]
陸奥
三戸城





自治体HP















別名: 留ヶ崎城・糠部城
所在地: 青森県三戸郡三戸町城山公園内
Tel 0179−22−2739(三戸温故館)
城の種類 山城
築城年: 永録年間(1558〜70)
築城者: 南部晴政
遺構: 石垣・空堀・土塁
 「三戸城」は三戸盆地の中央にあり馬渕川と熊原川の合流点に位置する標高130mの天険に築かれ、陸奥国一番の要害堅固の山城ともいわれる。
 甲斐源氏
「南部三郎光行」の流れをくむ「三戸南部氏」の居城で、24代「南部晴政」が永録年間に新城を築いた。城郭として整備されたのは26代の「信直」の時で3層の櫓などが建造され城下町も完成した。
 天正19年(1591)
「九戸政実の乱」の収束後、「信直」は天正18年(1590)「秀吉」の小田原北条氏征伐に際し1千の兵を率い出陣、南部7郡を安堵され、10万石の近世大名の地位を確立した。
 寛永10年(1634)28代の
「重直」の時、「盛岡城」を居城と定め「三戸城」には弟の「政信」が城代として置かれ、三戸御古城と呼ばれたという。貞亨年間(1684〜88)以後廃城になったと。<参考:資料館パンフ>

 ★H11/5/3訪城、
 城址周辺は城山公園となり昭和42年3層4階の鉄筋コンクリートの天守閣様式の隅櫓が建設され、三戸城温故館・歴史民俗資料館としてさまざまな文化財が展示されています。丁度桜祭りの日に訪問、山頂一帯の3000本の桜が一斉に散っており、息も出来ないような花吹雪でした。
 次回は石垣や空堀、土塁などの遺構をゆっくり見に行きたいと思っています。
 近年、「綱御門」も復元されています。

[郷土歴史資料館]

上山城

(kaminoyama)









自治体HP








別名: 月岡城
所在地: 山形県上山市元山城
Tel、Fax 023−673−3660
城の種類 平山城
築城年: 天文4年(1535)
築城者: 武永義忠
遺構: 土塁・堀
「上山城」はかっては「羽州の名城」として知られ、山形盆地の南端にあり、蔵王連峰を望む月岡と呼ばれた高台にあった。
 天文4年(1535)
「最上氏」の流れをくむ「武永義忠」により築かれた。
 当地は羽州街道と米沢街道の分岐点に近く、山形の
「最上氏」と米沢の「伊達氏」がしばしば衝突したところという。やがて「武永氏」は最上宗家から離反して滅びた。
 その後元和8年(1622)に
「最上氏」も改易となり4万石で入封した「松平重忠」により城が修築された。
 
「土岐頼行」の寛永5年(1628)には3層の天守が築かれた。元禄5年(1692)「土岐氏」が転封後は一時廃城となり天守などが破却されたが、後「松平信通」が入封、本丸・大手門などが復活されたと言う。以後「松平氏」が明治まで治めた。

 ★H13/4/21訪城、
 上山は東北有数の温泉地で、歌人
「斎藤茂吉」の生地としても知られてます。昭和57年5層の模擬天守が再建されてなかなか美しいです。 内部は郷土歴史資料館で訪れる人々に親しまれています。城地は月岡公園・神社となり(4/28)桜が満開でした。また城下町には武家屋敷が数軒残り昔が偲べます。













出羽
山形城







観光協会HP
別名: 霞城
所在地: 山形県山形市霞城町
Tel 023−641−1212(市役所)
種類・指定 平城・国指定史跡
築城年: 延文2年(1357)
築城者: 斯波兼頼
遺構: 土塁・石垣・堀・復興大手門
 「山形城」は東北の雄「最上氏」の本城である。
 古くは南北朝時代の正平12年(延文2年、1357)足利幕府より出羽按察使に任ぜられた
「斯波兼頼」が最上郷に居城を構えたことに始まる。「斯波氏」は地名に因み「最上氏」を名乗り、領内を「山形」と改めた。
 慶長5年(1600)15代
「最上義光」は関が原の戦いの時、上杉の名将「直江山城守兼続」と戦い、この一戦の功により57万石の大封を得、現在の市街の原型になる城郭を整備拡大、ここに黄金時代を築いた。
 俗に
「最上100万石」と言われる。
 その後、お家騒動を理由に
「最上氏」孫の「義俊」の時に改易となり、替わって入城した「鳥居忠政」によって諸門や三重櫓が改築されている。
 旧領は分地され5万石の小大名の居城として頻繁に城主が交代した。
 11代後の
「水野忠弘」を最後に維新を迎えた。城はだんだん荒廃し、二の丸にあった3重櫓も残念なことに焼失している。明治8年城内の建物はすべて破却されている。
<参考書:名城探訪ガイド・南條範夫監修>


 ★H13/4/21訪城、
 現在は古写真に残る
「二の丸の東大手門」(H3)と「多聞櫓」が復元され、霞城公園となり残る城郭が整備されてます。桜に映える大手門と石垣、堀が実に見事でした。左の写真は掘り手前の線路脇から電車の来ない時間を探し撮影したものです。
 城内に
「最上義光の騎馬像」や重文の「旧済生館本館」などがあります。また本丸石垣が復元工事中でした。もう完成したでしょう。



♪「不来方(こずかた)の お城の草に寝ころびて 空に吸われし十五の心」

<石川啄木・二の丸の歌碑より>














陸奥
盛岡城






自治体HP


























別名: 不来方(こずかた)
所在地: 岩手県盛岡市内丸
Tel 0196−51−4111
種類・指定 平山城・国指定史跡
築城年: 慶長2年(1597)〜寛永10年(1633)
築城者: 南部信直・利直・重直3代
遺構: 堀・石垣・本丸、二の丸址・土塁(国史跡)
 「盛岡城」「南部氏」20万石の居城である。
  慶長2年(1597)三戸南部氏26代の
「南部信直」は不来方に新城建設を決意、「利直」「重直」の3代、36年掛かる難工事で築城した。
 会津若松城、白河小峰城と並ぶ
「東北三名城」の一つと言われる。
 かっては北上川と中津川の天然の外堀を利用した天然の要害で、4千平方メートルの本丸には三層の天守を戴き、二の丸、三の丸などを連ねた連郭式の堂々たる10万石の居城であった。
 しかし天守は、落雷により築一年後に焼失、復興されたのは延宝元年(1673)であつた。その後、文化5年(1808)に11代藩主
「利敬」は蝦夷地警備の労功により、二十万石に加封されたが戊辰戦争の時は奥州列藩同盟側となり、敗北して転封、後に復帰して明治に至った。
 維新後の明治6年には残されていた三階に華頭窓、屋根が唐破風という技巧を凝らした天守も本丸御殿も破却された。
 現在は国史跡指定の美しい岩手公園として、市民の歴史を偲ぶ憩いの場である。
 見ごたえあるスケールの大きい石塁は、
「重直」の代まで仕えた近江出身の「内堀伊豆頼式(よりのり)」が洪水のため流出する難工事を克服、差配したと言われる。石は白御影石が多く、石積みは「内堀」の故郷の有名な「穴太衆」の石工によって行われたともいう。
 平成18年4月6日、(財)日本城郭協会から「日本100名城」に認定されました。
 <参考書:名城探訪ガイド・南條範夫監修


 ★H11/5/4訪城、
 お城の石垣が壮大で見事です。啄木が学生時代よくここで寝転んで、もの思いに耽ったお城で、二の丸に歌碑もありました。そんなことでふと青春に帰ったような気持ちになりますね。
城の近くに観光名勝の石割桜があったのでちょっと帰りに寄って見ましたが、残念ながらほぼ散り終わってところでした。

 ★★H16/11に再訪しました。盛岡城内に残る唯一の建造物、
「彦御蔵」の年1回の公開に出会い江戸後期の木造内部を見学出来ました。
石垣にも堪能しましたが、きれいに修復復元した石垣に少し古の石垣との違和感を感じてしまいました。

[上杉神社]




 [上杉家廟所]


♪「うけつぎて 國の司の身となれば 忘れまじきは 民の父母」

<明和4(1767)上杉治憲・鷹山>

「春雁吾に似て 吾雁に似たり 洛陽城裏 花に背いて帰る」

<直江兼続・天正19年(1591)細川幽斉の漢和連句の会にて>

出羽
米沢城












観光協会HP








別名: 松岬城・舞鶴城
所在地: 山形県米沢市丸の内町
Tel 0238−22−5111(市観光課)
米沢駅からバス10分「上杉神社」下車
城の種類 平城
築城年: 暦仁元年(1238)頃・慶長6年(1601)修築
築城者: 大江時広(創築)・上杉景勝
遺構: 本丸跡・土塁・堀・松岬公園
 「米沢城」は戦国の雄「伊達氏」「上杉氏」の居城とした名城である。
 鎌倉時代、
「大江広元」の次男「大江時広」暦仁元年(1238)奥羽長井庄の地頭となって居館を築いたのが初めといわれる。
 大江氏8代の後、天授6年(1380)
「伊達氏」の支城となった。天文17年(1548)に至り「伊達氏」はここを本城とし、20年後に独眼竜「伊達政宗」はここで誕生して歴史に登場することになる。
 然し
「政宗」は天正18年(1590)には「秀吉」の小田原攻めの際、着陣が遅れ、陸奥国「岩出山城」に転封され、米沢は「蒲生氏郷」の領地となり城には武将の「蒲生郷安」が入城した。
 その後、慶長3年(1598)
「蒲生氏」が宇都宮に移封され、「上杉景勝」120万石の大封をもって移され、「米沢城」には上杉の名将「直江山城守兼続」が30万石という破格の待遇で入城、城名を「舞鶴城」と称した。
 「家康」が勧誘した「上杉景勝」返書
「直江状」を読んで憤慨した話は有名だが、上杉氏は「関が原の戦い」で西軍の「石田方」に属したため、戦後は30万石に減封され米沢に移ることになった。6千名の家臣を抱えて窮乏を極めたといわれる。その後四代藩主の時には、後継ぎ問題で更に半分の禄高15万石を削られ、更に試練を受けた。
 十代藩主の
「上杉治憲」号して「鷹山」は名君で、藩内の産業を奨励し、民政に心血を注ぎ、藩政を刷新して、徳名が高く国人に深く慕われた。
 幕末の13代
「茂憲」の時、新政府に抵抗したが甲斐なく開城して廃城となった。

 ★H13/4/21訪城、
 
「米沢城」は幕府に対しての遠慮からか、本丸に天守を構えず、御三階と称する三層櫓を造ったといいます。明治6年に城郭はすべて壊され、遺構は本丸と土塁、堀を残すのみとなりました。
 現在の城跡は
「松岬公園」となって残り、園内に「上杉神社」「鷹山」を分祀した「松岬神社」「上杉博物館」があります。また桜の名所として有名です。
 上杉博物館にはさすがに上杉歴代の遺品や史料の名品が多く展示されて、また市内の御廟一丁目には
「上杉家累代の廟所」があり甲冑を着けて甕に収められたという「謙信」の遺骸、12代の藩主のおたまやが、ここに祀られています、ついでに是非訪れたい観光スポットの一つでしょう。

[現地鳥瞰図]

[唖然とした60m幅の堀底車道]

[大手門跡先の堀]

[本丸追手門跡と本丸]

[本丸南虎口から西に延びる堀と土塁、人の立つ辺り櫓台]

[二の丸と本丸間の堀と蒲生氏配下の穴太衆が築いた東北最古ともいわれる野面積の石垣山型に残る]

[本丸土塁と井戸跡]

[二の丸にある晩翠の<荒城の月>と田中博士歌碑]
陸奥
九戸城

(kunohe)













自治体HP















































別名: 白鳥城・宮野城・福岡城
所在地: 岩手県二戸市福岡字城の内
JR福岡駅からバス稲荷神社下車
Tel 0195−23−3111(教育委員会)
種類・指定 平山城・国指定史跡
築城年: 戦国時代、明応年間(1492〜1501)
築城者: 九戸光政
遺構: 堀・石垣・土塁
 「九戸城」は明応年間(1492〜1501)に「九戸光政」が築いたと伝えられる。
 城は馬渕川、白鳥川、猫渕川に三方を囲まれた要害地を選び、連郭式の縄張りで中心に5つの曲輪を配した堅城である。その後
「九戸氏」は着実に勢力を拡大していた。
 天正8年(1580)名将として名高い宗家の三戸南部24代藩主
「南部晴政」が病没、嫡子なく家督相続を巡って争いが起こり、南部氏は分裂する。 こうしたなか「晴政」の養子で26代当主となった「直信」に対して、南部一族の城主「九戸政実」は服従せず「九戸城」に籠城、南部一族を2つに分けての合戦となった。
 天正18年(1590)
「豊臣秀吉」は小田原城を攻略し、続いて奥州仕置を開始、「信直」の救援要請に応じて九戸領に侵攻、「政実側」との激戦を交わしながら「九戸城」に迫った。
 
「蒲生氏郷」を主将にした大軍3万余(6万とも)の仕置軍に対して九戸籠城軍はわずかに兵5千、しかし士気高く、堅城に籠り果敢に防戦したと言う。
 難攻不落の城を前に、攻め倦んだ仕置軍も、
「政実」の武勲を讃え、女子と家臣を助命する条件をもって降伏の勧告をし、政実軍も遂にそれが謀略とも知らず受け入れて開城する。
 開門するや、仕置軍は一度になだれ込み、約定を違え、女子供もすべて撫斬りにされ、あえなく落城したという。「政実」も落ち延びたがやがて捕らえられ斬首された。誠に聞くにたえない戦国悲話である。
 この戦いにより
「秀吉」は全国統一を完了、和賀・稗貫・志和の三郡は「秀吉」から「南部信直」に加封され、「信直」「三戸城」から「九戸城」に移り、城の修築(蒲生氏郷が秀吉の命で行った)を施し、ここを本拠とした。城名も「福岡城」と改めた。
 やがて寛永13年(1636)27代の
「利直」「盛岡城」に移り、城は廃城となった。
<参考:二戸市教育委員会パンフレット・日本城郭大系・日本の名城古城もの知り事典(小和田哲男監修)

 ★H16/11/22訪城、
 九戸城跡は古い
「九戸城」(若狭館・外館等)と新しい「福岡城」の二重構造からなっており、中世と近世の両方の特色が見られます。城域は34ha、発掘調査により本丸と二の丸は石垣を含め合戦後改修された姿と判明、二の丸は本丸をL字形に囲む形で、本丸とは2つの虎口で繋がり、南に大手門、北に搦手門があり土塁が築かれています。本丸周辺には野面積みの石垣が随所に見られます。
 かなりスケールが大きいお城でした。まず二戸裁判所のある三の丸から大手門に向かっていく車道が60m幅の堀底道だと知って唖然としました。また二の丸の南・東・北の堀幅も40m近い堀切です。本丸の北・西は当時は更に高い断崖だったのでしょう。石沢館の東には竪堀も見られました。若狭館は草で埋もれています。
二の丸東側は屋敷の発掘調査中でした。説明付きの標識が随所に立てられおり周辺も容易く見学出来ます。
 悲劇的城ですが、地元の二戸市では九戸氏に思い入れが深いようです。現在公園にもなってますが、お勧めの名城でしょう。

[復元外郭東門(八脚門)]


[外郭東門と築地塀と土塁]


 [建物跡]


鷹取と書かれた檜扇<出土品>


[井戸跡]



出羽
秋田城



















秋田城跡
調査事務所H













別名: 出羽柵(いではのき・でわのき)
所在地: 秋田県秋田市寺内字焼山9−6(高清水公園)
Tel 018−846−9595(秋田城跡調査事務所)

秋田駅からバス25分「護国神社前」下車、徒歩5分
種類・指定 丘城・国指定史跡
築城年: 天平5年(733)
築城者:
遺構: 内城・外城(築地・土塁・建物跡・住居跡・工房跡・井戸跡)他
 「秋田城」は奈良時代から平安時代に亘り、東北日本海側に置かれた大規模の地方官庁であり、「古代の政治、軍事、文化の中心地」であった。 
 天平5年(733)対蝦夷政策の一環として北上を進め秋田村高清水岡に遷され,当初は
「出羽柵いではのき」と呼ばれたが、やがて天平宝字4年(760)ごろ「秋田城」と改称された。
 奈良時代には
「国府」が置かれ、津軽(青森)・渡島(北海道)のほか大陸の渤海国(中国東北部)など北方交易の拠点としても重要な役割を果たしたという。
 昭和14年に遺跡の重要性が認められ約90haが国の史跡に指定された。
 天平宝字3年(759)には
「雄勝城」も築かれこの二城は「出羽国府」と共に「一府二城」と呼ばれた。
 しかし天長7年(830)には大地震に見舞われ、記録によれば死傷者は百人を超え、建物類にも大被害を蒙った。後には律令国家の支配に対して出羽の人々が度々反乱を起こし、元慶2年(878)の
「元慶の乱」では城や郡院、城辺の民家も焼かれ、国主も逃亡するほどになった。この混乱は中央から派遣された「権守藤原保則」によって平定されるまで実に約六ヶ月以上戦乱が続いた。
 
「前九年の役」(1051〜)後、官職「秋田城介」は遙任制になり、在城しなかったが、城は14世紀中頃から歴史の舞台から消えてしまっている。<参考:秋田市教育委員会パンフレット・日本城郭大系・日本の名城古城もの知り事典(小和田哲男監修)>

 ★H15/11/26訪城、
 和銅元年(708)越後国出羽郡が設置され、同5年には陸奥国(太平洋側)に属していた最上川流域の置賜・最上を合わせて
「出羽国」が建国された。「出羽」は当時「いでは」と呼び後に「でわ」となり、出端を意味しました。その由来は越後国の端に突き出した「郡」という意味から生まれたといいます。これが北方に勢力拡大され「秋田城」になりました。
 なお
「秋田城介」の称号は後の時代にも、武門の誉れとされ、城の機能が失われた後も、鎌倉時代の「安達氏」「北条氏」の栄誉ある官職とされ、また「織田信忠」「城介殿」と呼ばれていたのが有名です。
 今回来て、なにより驚いたのは発掘調査により実に多くの貴重な遺構が確認整備され、そのなかには水洗厠舎跡まであり、また木製・金属製の生活用具や服飾品、土器などの出土品も多岐に亘っていることでした。
 更に驚いたのは自分のHNの
「鷹取」と書かれた「檜扇」が出土していることです。これは山名か鷹狩りを意味していたのでしょうが私には忘れられない旅の思い出となりました。

[政庁跡]


[政庁南大手口]


[築地、平行して排水溝跡もある]


[南門に入ると多賀城碑を納めた覆堂がたっている]


[南門城碑周辺]

陸奥
多賀城






自治体HP
















































別名: 多賀柵
所在地: 宮城県多賀城市市川
Tel 022−364−5901(史都多賀城観光案内所) JR国府多賀城駅徒歩10分
種類・指定 平城国指定特別史跡
築城年: 神亀元年(724)
築城者: 大野東人
遺構: 政庁跡・築地跡・門跡・土塁
 「多賀城跡」は仙台平野の北端、多賀城市の市川、浮島の丘陵一帯に位置しており、南に太平洋を望み、東には「国府の港」と推定される塩釜の港が控える古くからの交通の要衝でした。
 「多賀城」は今から約千三百年前、奈良時代前半に
「陸奥国の国府」として律令政府によって造営されました。「鎮守府」(蝦夷平定のための軍政府)も併置されるなど東北地方の中枢的役割を果たしていました。
 城の全体の形は広さが一辺が900mほどあり、不整方形をなし、その中央部には重要な政務や儀式が行われた約100m四方の
「政庁跡」がありました。その周囲は「築地」(ついじ)と呼ばれる土塀で囲まれていました。その遺構が今でも土手状の高まりとして残っています。近年の継続した発掘調査により、「政庁」には正殿、脇殿、南門が配置されており、大きく四時期の変遷があることが判明しました。
 また政庁地区以外でも多数の建物跡や竪穴住居跡、各所に存在する官衙や、道路などが確認されています。
 
「多賀城の歴史」ですが、江戸時代半ばに発掘された「多賀城碑」を別称「壺の碑(つぼのいしぶみ)」と呼び、南門跡の覆堂と呼ばれる木舎に保存されていますが、この碑文に、「多賀城」から京:1500里、蝦夷:120里、常陸:412里、下野:274里、まっかつ:3000里と各々の国の境までの距離や、また神亀元年(724)鎮守将軍「大野東人」「多賀城」を設置したこと、また天平宝寺6(762)には鎮守将軍「藤原恵美」「多賀城」を修造したことが記されています。この碑は「日本三古碑」の一つといわれ、当時を知る貴重な文化資料となっています。
 宝亀11年(780)には
「伊治公呰麻呂(いじのあさまろ)」の乱により炎上、延暦7年(788)頃には、政府征討軍の征夷大将軍に起用される「坂上田村麻呂」が肝沢地方を遂に制圧、北上盆地に延暦21年(802)「肝沢城」を造営、鎮守府を移しました。
 貞観11年(869)の大地震など数次にわたる災禍を経た後、
「前九年・後三年の役」の際には「源頼義」「源義家」が来て「多賀城」を拠点にして乱の鎮圧にあたり、「文治の役」には「源頼朝」もここに立ち寄ったと言われます。
 中世の
「多賀城」「多賀国府」よばれたらしい。南北朝の内乱時には「北畠顕家」「義良親王」を奉じて在城したり、国府争奪をめぐって南朝側と足利側の攻防が繰り返されています。その後、「足利氏」の一族が奥州探題となり、居城を大崎に移したので600年以上続いた「多賀城」は国府としての使命を終えました。
 「多賀城跡」は大正11年に「多賀城跡附寺跡」という名称で史跡指定され、昭和41年には特別史跡に指定されました。
 <参考:多賀城市HP・多賀城と古代東北(宮城県文化財保護協会発行)・城郭大系>

 ★H16/4/19訪城。
 閑寂とした政庁跡周辺の桜が散り始めていました。高さ1mほどで巡らされた堅固な土塁と建物跡がかっての古都の面影を想像させてくれます。始めは「多賀柵」と呼ばれたようです。古代の西国の城が石を主体に築かれたのに比べ、奥羽の城は樹木で柵が設けられた。
「柵(き)」といわれた所以です。多賀城市という市名がいただけます。郷土の人々の気持ちが籠もっています。「多賀城」はH18年日本城郭協会の「日本の100名城」の一つに選定されました。

[資料館前から東舘土居面を]

 [左東館にある縄張り図、多重の空堀や広大さが良く分る]

 [北館北側空堀]

[北舘虎口]

[井戸の多い平坦な北館跡]

[この幅の堀はもっと深かった]

[中間土塁に架かる木橋]

[北舘と西舘間中間土塁]

[北館推定復元図]
陸奥
浪岡城













青森市HP






























別名: 浪岡御所・北の御所
所在地: 青森県青森市浪岡大字浪岡字岡田
Tel 017−761−4796(市文化財課)
JR浪岡駅から徒歩15分
種類・指定 平城・国指定史跡(昭和25年)
築城年: 室町時代
築城者: 北畠顕義
遺構: 中間土塁・堀・井戸
 「浪岡城」は南朝に忠節を尽くした「北畠親房・同顕家」の子孫が拠った城です。
 
「浪岡城」と結びついた遠因は正慶2年(元弘3、1333)「北畠顕家」が陸奥守に任じられ、多賀国府に下って鎮守府将軍となり東北の経営に当たったことに始まると伝えられます。近因については「浪岡右兵衛太夫藤原秀種」の娘が「顕家」に仕えて子「顕成」を産み、この「顕成」が母の実家を頼り浪岡入りし、「浪岡北畠氏」の始祖になったとの説があります。入部時期は定かでありません。南朝との戦いで「顕家」が戦死しますが、以後、名族の北畠氏は「浪岡御所」と人々に崇められたといいます。
 現在の地点に
「浪岡城」が築かれたのは、『左近顕忠覚書』によって「顕義」の時代の15世紀後半(青森市HPでは1460年代築城説)と見られております。
 16世紀に入ると、
「浪岡御所具永・具統・具運」の名が『言継卿記』などに現れ、この時代に京都と盛んに交流し、官位を得て、寺社の建立などをしております。
 戦国時代には
「大浦氏」「大光寺氏」と津軽を3分する勢力を強く維持していました。
 永禄5年(1578)、
「北畠氏」は一族の「河原御所」との「河原御所の変」で当主の「具運」が殺されるアクシデントに見舞われました。重税を課したため領民の信頼感も失いつつあり、その勢力も衰えます。
 
『津軽一統志』によると、天正6年(1578)「浪岡城」「大浦(津軽)為信」の大軍に囲まれ、
 御所側は戦わずして離散し、城主の
「顕村」は自刃したという。一方、『南部根元説』には同18年の落城説もあり、どちらかの年に「北畠氏」は滅び、城も廃城となったようです。
 浪岡の地は津軽平野内陸部の交通の要衝
で、城は細長い微高地を堀などで仕切り,
8つの曲輪が連立、南側は急な崖と浪岡川が流れ、北舘の北と西には2重堀、東舘の間に3重堀があって、主郭の内城を堅固に守っています。
<参考:日本城郭大系・図説中世城郭事典・日本の名城古城もの知り事典(小和田哲男監修)>

 ★H16/11/20訪城。
 生憎、城内入り口の
「資料館が」日曜日なのに休館でしたので、「史跡公園」になっている城内にすぐ入りました。比高も9m、ほとんど周辺の住宅地と同レベル、城というより、巨大な居館跡ですね。城内は2重、3重の堀の中間土塁が遊歩道として使用され楽しく周回できます。実に良く整備されて、復元などもされて立派な説明も多くありました。
 
国指定面積約136,300u(東西1.2q、南北600m)という広大な城域で、曲輪間の堀も、幅20m、深さ5m(実際は更に深いのではないでしょうか)ほどの二重堀が曲輪間を延々と敷衍していて、そのスケールの雄大さに驚嘆しました。
 発掘調査により貴重な当時の出土品が4万点以上も見つかったといいます。廃城後は果樹園や水田として使われ、地元の祖先の方々の愛情で地形を損なわず大事に遺されたものでしょうか。
 お陰様で南朝に敗れても当地で華開いた名門
「北畠氏」の興亡史をここで新たに知ることが出来、往古を偲びました。

[東三の丸大手一の門(唯一の現存建造物)]

[現地見取図]

[東二の丸南側水堀]

[本丸と東二の丸間馬出しを繋ぐ赤橋と石垣]

[相馬神社]

[本丸北の鉢巻石垣、西二の丸から]

[北二の丸と井戸跡]

[西二の丸枡形]

[蓮池の先は北三ノ丸]


陸奥
中村城







相馬市HP






















































別名: 馬陵城
所在地: 福島県相馬市中村字北町(馬陵公園)
Tel 0244-37-2117 (相馬市役所)
JR相馬駅徒歩15分
種類・指定 平城県指定特別史跡
築城年: 慶長16年(1611)
築城者: 相馬利胤
遺構: 曲輪・城門・土塁・石垣・水堀・井戸
 「中村城」の歴史は古く、平安時代初期の延暦20年(801)蝦夷を討った「坂上田村麻呂」の東夷征伐のとき「菅原敬実」という者に舘を築かせたのが始まりといいます。また中世には、「源頼朝」が奥州平定の帰途、ここの館に宿営したとも伝えられています。南北朝期以降もこの地に勢力を持つ者に利用され、城郭として形づくられてきました。
 
「相馬氏」「平将門」の子孫であるともいわれますが、下総国相馬郡を所領していた時の文治5年(1189)「源頼朝」の奥州平定に従軍し、その功績によって奥州行方郡を与えられました。鎌倉時代末に行方郡に移住し、南北朝期以降の動乱のなか、隣接する標葉郡と宇多郡にも勢力を伸ばし領主権を確立していきます。
 奥州で最初の居住地となったのは、行方郡太田村(南相馬市原町区)の
「別所の館」でした。 約3年後には、そこから南に位置する小高村(南相馬市小高区)に移り、以後3世紀にわたり「相馬氏」の居城となる「小高城」を築きました。  この間に勢力を広げた「相馬氏」は、16世紀半ばから半世紀にわたって戦を続けてきた奥州の大藩「伊達氏」に備えるため、慶長16年(1611)7月に17代「相馬利胤」が中央に便利な小高から、相馬藩領の北端に近い「中村(相馬市中村)」の地に工事奉行を「木幡勘解由」に命じて本格的に築城し、移り住みました。これが「相馬氏の居城」としての「中村城」の始まりです。
 歴史を今に伝える
「中村城」は別名を「馬陵城」とも呼ばれ、江戸時代初期以降「相馬氏6万石」の居城として移り住み、13代、260年を経て明治に至りました。
 本丸のまわりには、二ノ丸・三ノ丸・岡田館を配置し、その間に堀・空掘をめぐらして、城の北方には、蓮池・外堀・土橋などがあることから、
「伊達氏への警戒」からか北方を意識した守備堅固な縄張りといわれています。
 築城時、本丸の西南隅に3層の
「天守」が建てられましたが、寛文10年(1670)5月4日夕刻、落雷のため焼失してしまいます。ときの藩主19代「相馬忠胤」は、 再建をすれば藩士や領民を苦しめることになるため再建せず、また幕府に憚ってか、その後の藩主もこれにならい再建しませんでした。
 夏の相馬は、一千有余年の歴史と伝統を持つ
「相馬野馬追」の舞台となります。甲冑に身を包んだ騎馬武者たちが、城址内の「相馬中村神社」「出陣式」を行います。毎年、この勇壮な光景をひと目見ようと、県内外から多くの観光客が訪れています。<参考:ほぼ相馬市HPより転載>

 ★H16/4/18訪城。
 有名な三春の観光名物、
「滝桜」の見学も兼ねて、「霊山城」から念願の「中村城」へ。
 公園になってましたが、遺構は良く残っていました。桜はすこし散ってましたが、散策する人もわりといました。初期は本丸と本丸に接する曲輪だったものを、慶長の築城で、大拡張したのでしょう。石垣も随処に見られます。枡形虎口も数ヶ所みられました。
 天明・天保の大飢きんで、相馬領内の田畑が荒れ、人口は最盛期(約9万人)の約3分の1に激減するなど、かつてない大被害が起き、 この飢饉を救ったを
「二宮尊徳翁」を顕彰すろ銅像が建てられてました。お勧めは「相馬野馬追」の見学と併せての訪問でしょうか。


[蓮池の先は北三ノ丸]

[天守と大手門]

[搦め手口、北側裏門へ]

[裏門下矢倉跡、右上は石垣]

[城碑と説明板]

[本丸奥跡・奥は秋田氏供養墓]

[本丸下段曲輪]

[藩校明徳堂の移築表門]

[三春の滝桜]

陸奥
三春城







自治体HP















































別名: 舞鶴城・大志田山城
所在地: 福島県郡山市田村町
Tel 0247-62−2111(三春町役場)

JR三春駅より「三春清水」行で10分「三春町役場」下車徒歩15分
城の種類 平山城
築城年: 永正元年(1504)か
築城者: 田村義顕
遺構: 曲輪・石垣・土塁・竪堀・門(三春小)
 「三春城」はNHK大河ドラマ「伊達政宗」の正妻「愛姫めごひめ」のふるさととして一躍有名になりました。
 歴史があるのに町のHPにPRもなく、指定史跡にもならないのは何故なのでしょう。
 「三春城」は永正元年(1504)に
「坂上田村麻呂」の後裔と称するこの地の豪族「田村義顕」が、平城の「守山城」からこの三春の大志田山に新たに城を築いて本拠を移したといいます。
 
「義顕」から「隆顕」「清顕」の三春3代の80年間は、交通の要所でもある三春の仙道地区に進出しようとして、奥州の「伊達、芦名、畠山氏」などの群雄が入り乱れて鎬を削っている時代でした。
 天正7年(1579)3代
「清顕」は11歳の一人娘の「愛姫」「伊達輝宗」の嫡男13歳であった「伊達正宗」に嫁がせ、女婿の「伊達家」に頼ってお家の安泰をはかりました。
 ところが同14年(1586)戦国の雄「清顕」が嗣子なく逝去、
「田村氏」は廃絶寸前のところ、老臣らが奔走して「正宗」を頼り、許されて所領を全うしたといいます。
 しかし、同19年には
「豊臣秀吉」によって「正宗」は岩出山に転封され田村氏の旧臣も小田原征伐に参陣せず、「秀吉」の不興を買い、改易処分となり、「正宗」に従いました。
 その後、寛永年間(1624-44)
「正宗」の孫の「宗良」が幕府の許しを得て「田村家」を再興、「一関藩主」となりました。
 以後、田村氏旧領は
「会津藩領」となり、城代管理となります。
 寛永4年(1627)会津藩主
「加藤嘉明」の次男「明利」が3万石で入城、翌年には、「松平長綱」が入って城と城下町を、それまでの戦国城館的なものから近世城郭として整備しました。
 正保2年(1645)に
「秋田俊季」が5万5千石で常陸国宍戸から移封して入り明治維新まで存続しました。
 現在の
「三春城」の構造は、「秋田氏」が松下氏時代の山城のスタイルを、更に近世的な平山城に構築したものといわれます。縄張りは、本丸、二の丸、三ノ丸を中心に形成され、本丸には表門、裏門、3階櫓などの建造物がありましたが、明治初年廃城となり、建物など多くの遺構を廃失しましたが、石垣、土塁の一部が今でも良く遺されています。
 <参考:日本の名城古城事典・日本城郭大系>
 
 ★H16/4/16訪城。
 一度行っただけですが忘れられないお城の一つです。本丸からは桜花爛漫の城下町が見渡せます。一万本の桜の町です。有名な
「三春の滝桜」も併せて見学できれば、生涯の思い出になるでしょう。しかし、「三春の滝桜」の有名に隠れて、近くにこの城があると知る人は意外と少ないのが残念です。
 お城は桜祭りの最中でした。今は城山公園となり、児童公園になった曲輪もあります。日本城郭大系によれば、この城は多くの支城を配置して、出張攻撃に専念してきた経過をもっており籠城に不向きな立地・構造だと記されてもいますが、本丸も広く、階段式に多くの曲輪が構成され、兵の収容力はかなりと思いました。
 帰りに城主の居館跡だった
三春小学校の校門が秋田氏8代「倩李」が開いた「藩校明徳堂の表門」というので見学、いまでも桜の美しさが忘れられません。

[本丸への道橋の下は空堀]

[主殿、接見、儀式を執り行う]

[馬屋]

[中舘にある本丸模型]

[正月の儀式]

[出陣の場面]

[家臣屋敷跡か]

[めずらしい祈祷の間]

陸奥
根城
















八戸市博物館














































別名: 八戸城
所在地: 青森県八戸市根城
TEL 0178-43-9156(八戸市教育委員会)

JR八戸線本八戸駅より徒歩5分
種類・指定 平城・国指定史跡(S16)
築、廃城年 建武元年(1334)・寛永4年(1627)
築城者: 南部師行
遺構: 曲輪・空堀・土塁・井戸
 「根城」は馬淵川下流の右岸、標高約20mの段丘上に築かれ5つの曲輪からなる平城で、指定面積が約21万2千m2もある広大な城域です。
 この根城に鎌倉時代末には北条氏御家人の
「工藤氏」が館を構えて治めていたといわれます。
 築城の時期は、建武元年(1334)鎌倉幕府を滅ぼした
「後醍醐天皇」が北条氏の影響の強かった北陸奥を治める拠点として、「北畠顕家」を国司とし、皇子「義良親王」を奉じて陸奥に下向の折、甲斐源氏の流れを汲む波木井(現在の身延町)の地頭職であった「南部師行」が国司代として同行、糖部郡を支配するよう命じられ、その根拠地として八戸石懸村八森に城を築いたのが始まりといいいます。
 城名についてはその完成を祝い
「顕家」「根城」と命名したとも伝えられますが、公称は「八戸城」ともいわれ定かでありません。
 5代「政光」の時、南北朝は合体、以後「南部氏」は甲斐の本領から離れここに移ります。
 南北朝時代、「南部氏」は最後まで北奥最大の南朝方として活躍をしました。
 天正18年
「豊臣秀吉」の小田原征伐の際、三戸南部氏が参陣して領地を安堵され、以後根城南部氏は「三戸南部氏(のちの盛岡南部氏)」の支配下に入りました。
 根城南部氏の入城からおよそ260年、天正20年(1592)
「秀吉」の諸城破却令により城は城としての機能を失いますが、寛永4年(1627)22代「南部直栄(八戸直義)」が岩手県遠野へ転封するまで居城していた事実から、城の破却は一部であったようです。
 遠野に移封後、根城は廃城となりますが、その後、寛文4年(1665)この地方は新しい八戸藩2万石
「南部氏」の治世となりました。
 
「根城」の広大な城郭は長期に亘って拡大整備されたようですが、今でも堀、土塁、土盛りなどの遺構が良く確認できます。
 昭和53年(1978)から発掘調査、環境整備工事が行われ、岡前舘の深さ2.8m、上幅5.6mの薬研堀、本丸の土塁状遺構、大型竪穴遺構など、さらに遺物では中国製青磁、白磁、染付、日本製の美濃や志野の陶器、平安時代の鎧の小札など多くが出土されました。
 平成9年に
「史跡根城の広場」となり、本丸跡の主殿、厩、鍛冶工房などが復原されています。
 平成18年4月6日、(財)日本城郭協会から「日本100名城」に認定されました。
<参考:青森県HP・日本城郭大系・パンフレット>

 ★
H11/5/1訪城。
 もう9年前のことで、当時はお城については、知識が少なくガイドさんの案内で本丸を主に説明を受けただけでした。今思うと離れた東善寺舘、岡前舘などの曲輪の空堀 を見学しなかったのが悔やまれます。
 この城が(財)日本城郭協会より青森県では
「弘前城」「浪岡城」と並んで「日本の100名城」に選定されました。
 ガイドさんの話のなかで、南部氏のルーツである山梨の身延の桜だったと思うのですがこちらに植樹されたといううれしそうな顔が忘れられません。あの桜も今では成長して見事な花を開かせていることでしょう
 機会見て再訪したいお城です。

[ポンモイチャシ近景;納沙布岬、丘先式チャシ、空濠・弧状2]

[オンネモトチャシ:温根元、丘先式チャシ、小丘を弧状の濠が囲む]

[ヒリカヲタチャシ;温根元、丘先式チャシ、空濠・弧状2]

[トウシャム2号チャシ;温根元、面崖先式チャシ] 

[ノッカマフ2号チャシ;牧の内、面崖先式チャシ、弧状濠] 

「[ノッカマフチャシ説明板」

[サツコタンチャシ;豊里、丘先式チャシ、くの字濠]

[チャルコロヒナチャシ;温根沼、面崖式チャシ、3重濠]
[「チャルコロヒナチャシ近景」
]
「チャルコロヒナチャシ説明板」 
蝦夷
根室チャシ跡群


















根室市HP
































別名: なし
所在地: 北海道根室市
Tel 0153ー24−0257(根室支庁)
Tel 0153−25ー3660(根室市歴史と自然の資料館)
種類・指定 台地城砦:国指定史跡
築城年: 15世紀後か
築城者: アイヌ
遺構: 土塁・堀、濠
 「根室チャシ跡群」は(財)日本城郭協会により「日本100名城」の一つに選定され、一躍全国お城フアンの話題になっております。
 根室半島には一帯にわたりチャシ跡が存在します。そのほとんどは海抜約5mから50mの海岸断崖上の台地の平坦部にあり、海岸台地上に半円形または四角形の濠を巡らせています。濠は一本のものが多いですが、大型のチャシ跡では2重、3重に巡らせています。
 その形態は大きく
「丘先式、面崖式、丘頂式、孤島式」の4種類のチャシに大別されますが、根室半島のチャシは前の2種が多い。
 チャシ跡は、北海道内では400ヶ所ほど確認されており、一般的には砦跡とされていますが、その機能、構造など未解明な点が多く、祭祀を行う聖域ではないかとか、漁業のための見張りや魚船の出入りの監視の用途にも使われたとかさまざまに考察されています。
 また成立年代についても15世紀、16〜18世紀頃とされていますが、詳細については今後の研究が待たれているのが現状です。
 根室市内には30ヶ所のチャシ跡の存在が確認されていますが、保存状態が良好で他地域と比較して分布の密度が濃いことで有名です。
 また根室のチャシは
「寛政アイヌの蜂起」(クナシリ・メナシの戦い)との関連についても注目され、北海道内のチャシでは末期のものとされています。
 歴史学、考古学上チャシは
擦文文化期に続く文化期に一しますが、この時代については不明な点が多く、チャシはその鍵を握る重要な遺跡です。 
 
「根室半島チャシ跡群」は昭和58年に21ヶ所、翌59年に3ヶ所が追加指定され、現在は24ヶ所が国指定とされています。
 <参考資料:根室市教育委員会2005年「根室市文化財マップ」の文抜粋>
 ここではその代表的チャシ跡のいくつかを風景写真に近いものですがご紹介しました。
 平成18年4月6日、(財)日本城郭協会から「日本100名城」に認定されました。

 ★H20/5/30 訪城。
 自分としては(財)日本城郭協会選定の
「日本の100名城」最後の記念になる訪城となりました。
 神奈川県藤沢から、一路納沙布岬まで車で2日掛り1600kmほどありました。青森港から函館間往復は夜行のフェリーにして、観光で小樽にも寄りましたが往復3370kmの走行距離となりました。
 根室最東の納沙布岬にある、
「ポンモイチャシ」から西方の温根元の「チャルコロヒノナチャシ」まで、何とか13ヶ所のチャシを一日掛けて踏破することができました。
 事前に「根室市文化財マップ」をお送り頂いた猪熊学芸員さんへお礼にかたがた、途中、「根室市歴史と自然の資料館」へ立ち寄りましたら更に貴重な冊子を頂き大変理解が深まりました。 厚くお礼を申し上げます。 
「根室市文化財マップ」は見学には必携の資料でした。それとお城仲間の訪城記録やHPの情報などを参考に場所確認も意外と順調でした。
 他にチャシ跡の大部分には、根室市教育委員会のご好意により
「白い標柱」が建ち草原の彼方でもチャシ跡が見つけやすく、これがなによりも有難かったです。
 
根室チャシ跡は専門家の方も指摘されるように、本州のお城のイメージとは大分違い、その規模は堀も浅く、驚くほどシンプルなものが多く、「チャルコロヒノナチャシ」などを除けば防御上の砦というより、平面的、区画的要素が強く、或はアイヌの酋長間の連携上の会合の場かとも思われる遺構でした。
 帰路、釧路から伊達市間の南海岸沿いのチャシも見学しましたが、こちらには防御、監視を備えた山城も見られ
チャシ跡の形態の多様さを再び考えさせられました。
 チャシについては今後の更なる研究により新たな発見や総合的検証がされて行くことが期待されます。

[現地説明板)]

[斉藤慎一氏作図縄張図・図説中世城郭事典より]

[本丸(一曲輪・実城)城標付近]

[二の丸(二曲輪・中城)]

[二の丸からの会津若松市街の景観]

[長大な竪堀]

[横堀]

[堀切と残石]

[H15年本丸調査ヶ所・柱穴が検出されている]
会津
向羽黒山城







会津美里町HP



















































別名: 岩崎城・巌城
所在地: 福島県大沼郡会津美里町(旧本郷町)字船場、白鳳山公園
Tel (0242)54-2368(町生涯学習課 )
JR会津本郷駅から徒歩?分
種類・指定 山城国指定史跡標高408比高180m
築城年: 永禄4年(1561)
築城者: 蘆名盛氏
遺構: 曲輪・土塁・石垣・空堀・虎口
 国指定史跡の「向羽黒山城」は会津盆地の南辺に聳える向羽黒山山上に築かれた堅城です。
 標高408m、その東斜面は断崖絶壁で奇岩が屹立し、眼下に阿賀川が流れ、西、北斜面は比較的ゆるやかに会津盆地に続いています。
 城跡からは、磐梯山、会津若松城などの城下の全容が見渡せる、攻防の要地にあります。
 
「源頼朝」の鎌倉幕府草創を支えた「三浦氏」一族の「佐原氏」を祖とする「蘆名氏」は、16代「蘆名盛氏」の時、「黒川城(後の会津若松城)」を根拠に会津一円のほか、その周辺の領主である「結城氏」「二階堂氏」「畠山氏」「新国氏」らを服属させ、戦国大名として、その勢力は東北の雄「伊達氏」と並び称されました。
 「向羽黒山城」は永禄4年(1561)ここ岩崎山に、「蘆名盛氏」が隠居所として築城を開始し、8年を費やして同11年ようやくこれを完成させたといいます。地勢的に
「黒川本城」の詰の城としての機能も併せていたといわれます。
 しかし、天正3年((1575)嫡子の
「葦名感興」が早世したため、「盛氏」は再び本拠の黒川に帰って施政をすることになり、一度「向羽黒山城」は廃城となりました。
 その後「盛氏」の死後、さしもの隆盛を得た
「蘆名氏」でしたが、その勢力もやがて次第に衰えて、天正13年(1585)会津北部に侵略する「伊達政宗」との「摺上原の戦い」では一族の裏切りもありついに大敗し、「蘆名氏」は滅亡してしまいました。
 念願の
「蘆名氏」を制圧した「伊達政宗」も、「豊臣秀吉」の奥州仕置きによって、「岩出山城」に転封され、代って、天正18年(1590)「蒲生氏郷」が会津領主として入封、「黒川城」を大改修して名も現在の「若松城」と改めました。
 同時に併せて
「向羽黒山城」も改修されたといいます。
 慶長3年(1598)
「蒲生氏」も宇都宮に移封、越後から「上杉景勝」が120万石で会津に入り、「向羽黒山城」はさらに改修され、時を置かず「徳川家康」の会津征伐に備えて、周辺も整備されたかと推定されます。
 慶長5年(1600)
「関ケ原の戦い」で西軍についた「景勝」は、敗戦後の仕置きにより、翌慶長6年(1601)わずか30万石に減封され、「米沢」へ転封となりました。
 「向羽黒山城」はこの後、会津に入封した
「加藤嘉明」の時、「一国一城令」により廃城となったといいます。
 
「向羽黒山城」は実に堅固な縄張りで、スケールも壮大な山城です。左の写真に斉藤慎一氏の縄張り図をご覧頂ければ想像できるかと思いますが、曲輪も20以上あり、複雑な堀や虎口、横矢など、通常の山城の3つ分の内容があります。
 現在の調査では
「葦名氏」以降の「蒲生氏」の時とされる大石を使った野面積み石垣や礎石なども発見されているが、生活遺物はほとんど出土しないといいます。
 
「向羽黒山城」は、小学館発刊、村田修三氏総監修の城の縄張り観点からの『日本名城百選』の一つに選定されています。
 <参考:日本城郭大系・図説中世城郭事典・日本名城百選(小学館)・現地説明板>

 ★H15/12/1訪城。
 実はお城の60%ほどしか見学していません。しかし、このお城の威容さ、壮大さ、多様な防御施設などが今でも思い出されます。機会があれば時間をかけてゆっくり再訪したいお城です。
 然し、国指定なのに、県、町のHPにお城の紹介や説明が無く何ともさびしいことです。
 白鳳山公園となり、城内に駐車場もWCもあり、助かります。


[本丸]

[本丸南切岸]

[二の丸]

[堀切]

[本丸南側曲輪]

[三ノ丸西畝状尾根]

[登城口]

[小山彦造氏作図縄張図
(日本の名城百選掲載より)]

[屋敷跡のような麓の多宝院]

出羽
檜山城


登城日
H15/11/26

















能代市HP


















別名: 霧山城
所在地: 秋田県能代市檜山字古城(高清水公園)
Tel 018−73-5285(生涯学習課)

東能代駅から檜山行きバスで15分
種類・指定 山城・国指定史跡
築城年: 明応4年(1495)
築城者: 安藤忠季
遺構: 空堀・腰曲輪・土塁・枡形虎口・古寺跡・館神堂
 「檜山城」は米代川の支流、檜山川南の標高145mの霧山に築かれた山城です。霧山およびその山麓の馬蹄形の地形を利用して築城されたもので、主郭はその南側の最頂部に位置し、西側に1段ずつ低くなって、二の丸、三の丸と連なります。 
 「檜山城」は、中世に秋田県北部一帯で勢力を張り、後に戦国大名に発展し北羽に名を馳せた「檜山安東氏」の居城です。その石高は文禄3年(1594)の検地で7万石を安堵されています。
 明応4(1495)年に「安東忠季」
によって完成されたといわれ、馬蹄形の尾根全体を天然の要害とした山城です。近世の郭にみられるような天守閣や石垣はありませんが、曲輪、腰曲輪、堀切などの遺構を随所にみることができます。
 「安東氏」は青森県十三湊に起こり、北海道、青森、秋田地方に勢力を伸ばし特に「檜山安東氏」は戦国時代末期にその黄金時代を迎え、日本海沿岸、敦賀湾までの制海権を持った。
 室町時代、
「安東家」「湊」「檜山」にわかれ、併存しながら戦国時代を迎え、「愛季・実季」の時が全盛でした。
 しかし、天正15年(1587)
「愛季」が亡くなり、檜山に居た「実季」が跡を継ぐと、同17年、領内支城の城主である叔父の「豊島道季」が本家から独立せんと、同調者と共に謀反を起こした(湊騒動)「実季」半年近く苦戦しながらも、応援も得て、一族の争いをようやく鎮圧、居城を秋田の「土崎湊城」に移し、「秋田城介」と名乗ります。
 慶長7年(1602)
「佐竹氏」の秋田入部により「木場義成」が、同15年には「多賀谷氏」が居城しますが、元和6年(1620)元和の一国一城令で廃城となりました。
 昭和55年に「檜山城」は北の
「大館」、西の「茶臼舘跡」と併せて国指定となりました。 
 <参考:日本城郭大系・能代市HP・日本の名城百選(村田修三総監修)・日本の名城古城事典(小和田哲男監修)

 ★H15/11/26、
かなり以前の訪城になります。
城跡は公園としてよく整備されており、車で本丸脇まで登れました。車で三ノ丸方面への登城道を登ると左側に東西に続く尾根曲輪に連続した堀切が見えます。三ノ丸際に駐車して、早速本丸周辺を探索、本丸の南側の切岸は6,7m近い高さがあり見事なものでした。その下は腰曲輪になって通路も兼ねているようでした。ここから西側の曲輪に通じており、尾根の両端は急斜面となり、頂部平場には背隠しのような複雑な土塁の高まりが多く見られました。この城の形態は説明板では蝦夷舘式馬蹄形山城とありました。
 
日本の名城百選」に掲載の「小山彦造氏」の作図による縄張図を拝見して、その巨大な城域と曲輪の多さに今更ながら、驚嘆しております。3つの山城で構成されていたようです。
 今回はお恥ずかしいことですが、
「舘神堂跡」「古寺跡」一帯の遺構を見落としてしまいましたが、周辺の「桐山天神宮」、「浄明寺」「多宝院」は帰路見学出来ました。




トップページへ

ご意見/ご感想はこちらまで