近畿地方の名城



兵庫 姫路城」「洲本城」「出石城」竹田城」明石城」
「龍野城」丹波篠山城」赤穂城」「波賀城」「置塩城」
「感状山城」
滋賀 彦根城」「長浜城」安土城」小谷城」観音寺城」
京都 「福知山城」「伏見城」二条城」「田辺(舞鶴)城」
大阪 大坂城」「岸和田城」千早城」・「芥川山城」
奈良 「大和郡山城」高取城」
和歌山 和歌山城」「新宮城」
印・・・(財)日本城郭協会選定「日本100名城」

※三重県は東海地方にあります

               写真をクリックすると、拡大表示します。

 


  <桜の姫路城>

<・・姫路城がお庭というyujiさんの写真がすばらしいのでお借りしています。禁転載。>




  <紅葉の姫路城>
うむぅ工事中でした(^^;

♪「千姫の春や昔の夢の跡」
     
<西の丸句碑>

♪「初秋の風を簾にまきとりて・・・池田忠刻

軒端におほふ竹の葉の露・・・千姫」

大安宅船にて中秋名月の夜、一家の繁栄を祝い連歌会を催した時の連歌)・日本古城名城物語より
播磨
姫路城















⇒自治体HP

別名: 白鷺城
所在地: 兵庫県姫路市本町
Tel 0792−85−1146
種類・指定: 平山城・世界文化遺産・国宝〔天守)・国特別史跡
築城年: 正平元年(1346)・慶長14年(1609)
築城者: 赤松貞範・池田輝政
遺構: 天守・渡り櫓(国宝)・櫓・門・石垣・堀
 「姫路城」は世界に誇るわが日本の名城である。
 播磨平野の中央に空高く聳え天守はその名も
「白鷺城」と呼ばれ、その言葉に負けない白亜の勇姿に誰もが讃辞を惜しまない。
 この城は播磨の守護職
「赤松則村」の次男「赤松貞範」が正平元年(1346)城を構えたのに始まり、その後「赤松氏」の武将の「小寺氏」、小寺氏の重臣「黒田氏」が據っていた。最近の研究では築城は16世紀中頃の「黒田重隆・職降」の時とする説もある。
 「小寺氏」「御着城」を築いて移り、天正8年(1580)黒田氏の
「黒田官兵衛孝高」が在城の折、彼の勧めで、「羽柴秀吉」が西国攻略の根拠地として入城し、翌9年、3層の天守閣を完成させた。
 その後は「羽柴秀長」
「丹羽長秀」と続き「関ヵ原の戦い」の後、「家康」の女婿「池田輝政」(52万石)が入封し、慶長6年(1601)から8年の歳月を費やして、南の外濠を現在のJR山陽本線付近とするほどの大きな規模に城域に拡張し、姫山に5層7階の天守を築いた。
 「池田氏」3代のあと15万石で入封した「本多忠政」は長男「忠刻」とその室「千姫」のために、西の丸を整備し、元和4年(1618)現在の「姫路城」の全容を整えた。その後城主は松平氏、榊原氏と変わり、寛延2年(1749)「酒井氏」が入封して明治を迎えた。
 平成18年4月6日、(財)日本城郭協会から「日本100名城」に認定されました。 
 
<姫路城パンフレット引用>


H
7/11/19初訪H18/3再訪
 「姫路城」は1992年「世界文化遺産」に指定された。城郭の主要部が完存している日本一の遺構である。現在,大天守と三つの小天守、これを連立する渡り櫓(国宝)・櫓27棟・門15棟・土塀約1000m(重文)、千姫のお化粧部屋まで現存されてます.
 今はお城の壁などの修繕もすみ、眩しいほどの白亜の城になり、何とも言えぬ美しさです。
 この城の凄さは建物ばかりでなく、攻めてくる敵に対しては何重にも、防御の工夫がされていることです。次回は自分も城造りの妙を実地体験したいと願ってますが、出来ればガイドをお願いしたいと思ってます。
 百聞は一見に如かず、まだでしたら是非一度訪城下さい!

<模擬天守>



































淡路
州本城










自治体HP

























別名: 三熊城
所在地: 兵庫県洲本市三熊山・山手
城の種類: 平山城
築城年: 大永6年(1526)・天正13年(1585)
築城者: 安宅治興・脇坂安治
遺構: 天守台・曲輪・石垣・堀・模擬天守
 「洲本城」は洲本の一番の景勝地である三熊山にある。よって「三熊城」ともいわれた。
 洲本は古来より海路交通の要所であった。
 この地に最初に城を築いたのは大永6年(1526)
「阿波三好氏」の重臣「安宅治興」であり、「安宅氏」は熊野灘を本拠とした豪族で海賊退治のため来島、三好党と結び、島内8ヶ所に一族を配して勢威を振るった。「洲本城」はその重要な居城の一つと言われる。
 
本能寺の変の後 「秀吉」「洲本城」「安宅清康」を降ろし、淡路攻略を遂げ、天正10年(1582)「仙石秀久」を但馬「出石城」より入城させ、四国の「長宗我部氏」に対する備えとした。
 四国平定後の同13年(1585)
「脇坂安治」に替え3万石を与えた。
 
「脇坂安治」は水軍を組織化してまもなく城郭の整備にかかり、在城24年、今日の規模の基礎を造った。この間、朝鮮にも水軍を出陣させ、軍船73艘が撃沈される大敗もあった。
 関ヶ原合戦後、慶長14年(1609)
「脇坂安治」は伊予大洲に移封となり、その後「洲本城」、には慶長14年((1609)「藤堂高虎」が淡路を領有したが翌15年姫路城主「池田輝政」の三男「池田忠雄」が入城、「洲本城」は廃城となり、まず岩屋に、次に由良成山に新城を築いた。
 元和3年(1618)大坂の陣の功により阿波藩
「蜂須賀至鎮」に淡路が加封され、淡路由良城代として「稲田示稙」が入城した。
 しかし交通の便が悪いなどの理由から寛永7年(1630)幕府の裁可を得て、「由良城」を廃して
「洲本城」に再び本拠を移した。洲本の新城の築城と城下町の移転が行われた。世にこれを「由良引け」と言った。この後、山城の城は使わず北麓に居館を築き政務が行われたという。
 その後
「稲田氏」は代々相続し陪臣ながら大名格として1万4千石を領し明治まで16代続いた。
 しかし明治3年にいたり、本家
「蜂須賀家」に対して「稲田藩独立運動」の紛争が起き、気の毒にも政府の裁定により「北海道移住」を命じられた。

 ★H10/5/3訪城、

 「明石大橋」
が出来たので橋の見学も兼ねて訪ねた。現在の天守は昭和3年昭和の御大典を記念して、鉄筋コンクリート造の模擬天守隅櫓としては第一号で建てられたそうです。また現在残る見事な石垣遺構は「蜂須賀氏」の再築との説もありますが、古い積み方から「脇坂時代」のものといわれます。本丸に至る石垣もなかなか見ごたえがあります。また紀淡海峡、大坂湾を一望できる景勝の地でした。この城が大坂城の西方を守る水軍の城であったことがよく分ります。
 もう一度訪城して、有名な登り石垣や他の水軍の城を見学したいと思っています。

<復元天守>

<壮大な高石垣>

<近くの高層ホテルよりの全貌>

<巨大な蛸石は武威の象徴>

<普請大名家の刻印が何処でも見られる>




♪「つゆとをち つゆときえにし わがみかな なにわの事も ゆめの又ゆめ」

<秀吉辞世の辞世歌・63才没>


摂津
大坂城















大阪市HP


























別名: 金城・錦城・浪華城
所在地: 大阪市中央区大阪城
Tel 06−941−3044
種類・指定: 平城・国特別史跡
築城年: 天正11年〜慶長4年(1583〜1599)・元和6年(1620)
築城者: 豊臣秀吉・徳川秀忠(元和6年〜)
遺構: 門・櫓(重文)・蔵・石垣・井戸(重文)
 「大坂城」の歴史は、明応5年「浄土真宗」「蓮如上人」が今の「大坂城」の付近に一宇の坊舎を営んだことから始まった。
 これが大寺院
「石山本願寺」となったが、天正8年(1580)11年もの戦いの後「信長」に陥落された。
 その後
「信長」の跡を継いだ「秀吉」が天正11年(1583)から15年を要し、慶長4年(1599)天下無双と評される絢爛豪壮な「大坂城」の城郭が完成された。
 築城時の労働者は一日に3〜10万人、石垣を運ぶ舟は200〜1000艘を数えたと言う。
 しかしこの城も16年後の元和元年(1615)
「豊臣秀頼」の時、内外堀を埋められ裸になってしまい、さしもの難攻不落といわれた名城も、「大坂夏の陣」であっけないほど短期で敗北、「徳川家康軍」の兵火により全焼してしまった。
 戦後に
「松平忠明」が入城したが、将軍「秀忠」は大阪を直轄地として、元和6年(1620)から、さらに10年の歳月を掛け、旧城をはるかにしのぐ巨大な石垣や堀をもつ名城「徳川大坂城」を完成させた。
 しかしこの時の天主は寛文6年(1629)に落雷により惜しくも焼失、残った建物もS20年の空襲であらかた失われた。
 
<大阪城パンフ引用>

 ★H6/8/13訪城、H15/4/3再訪、
 現在の天守閣は、戦後になって、いかにも大阪らしく
「秀吉時代の城」を回顧して、昭和6年(1931)に5層8階で復元されました。戦災を免れ、この天守台は13.3m、天守閣の高さ39.8m、鯱2.1m,延べ城の高さは海抜88.2mという偉容を誇っています。
 
「大坂城」は大阪のシンボルであり、本丸、二の丸だけでも約73万u、公園全域では約107万uの広大な史跡公園となっています。見学者も年間130万人以上とのことです。ちょっと驚きです。
 ここで世界的な大合戦が繰り返され、歴史が大きく変転したことを思うと感慨無量です。

 平成18年4月6日、(財)日本城郭協会から「日本100名城」に認定されました。 

 ★★H19/3/25オフ会、
 お城めぐりフアンの地元会員の尽力で
「豊臣期大坂城地下石垣遺構の見学オフ会」が開催され再訪、今回は半日掛けてゆっくり見学できました。「日本古城友の会」尾原会長さんがお忙しいなかご一緒下さり、改めて大坂城のスケールの大きさと築城技術のすばらしさに感動した次第です。豊臣期地下石垣遺構はほんの発掘部分の一部しか見れませんが地下深く3ヶ所に眠ってました。今後のボーリング調査は地盤変動のおそれもあり行われないとのことで今回は貴重な機会に恵まれました。
 資料によれば、本丸地下石垣は火災の痕跡が残り、石の隙間から風が吹き抜けて、現本丸石垣間で栗石が接している可能性もあるようです。
 また内堀を歩いて驚いたのは
「刻印石の多さ」です。肉眼では見難いのですが算木積みの石にも沢山あり、「日本古城友の会」の同行の方はずっと刻印調査を続けておられて、その苦心談なども聞かせて頂き、地道な研究に敬服したことでした。写真の「蛸石」は奥行きは薄いとのことでした。高層ホテルのレストランからの景観は晴れていればなお最高でしょう。

<国宝天守>


<登城道>


<天秤櫓と廊下橋>


<虎口>


<豪壮な石垣>


♪「咲きかけし たけき心の ひと房は 散りての後ぞ 世に匂いける」

<井伊直弼が桜田門外の変の前日、家臣に所望されて詠む。
安政7年1868年>









近江
彦根城














自治体HP




















別名: 金亀城
所在地: 滋賀県彦根市金亀町
Tel 0749−22−2742
種類・指定:
平山城・国特別史跡
築城年: 慶長8年(1603)
築城者: 井伊直継
遺構: 本丸・天守閣(国宝)・櫓4棟(国宝,重文)・石垣・堀など多数
 、徳川四天王の一人「井伊直政」は慶長5年(1600)の関ケ原の戦功により「石田三成」の旧領の江州「佐和山城」へ15万石城主となって入城したが、山が急峻のため琵琶湖畔の亀山を城地に選んで、新たに城を築こうとした。
 しかし慶長7年
「直政」が亡くなったため、嫡男「直継」が、先代の意思を引継いで「彦根城」を築城した。
 天下普請で7か国12大名の協力のもと3年後に完成したが、更に元和2年(1616)から2期工事を行い、元和8年(1622)迄20年の歳月を費やして完成させた名城である。
 この時期、
「大坂城」には「豊臣秀頼」が居り、大阪と西国諸藩への備えの意味もあり、「家康」も援助したようだ。
 はじめは上記の備えのため急いでの城造りだったため、廃城となっていた
「大津、佐和山、安土」などの旧城から、石材、瓦、材木などを運んでの突貫工事だった。天守閣も「大津城」から移している。
 いまも国宝の天守・三重櫓・天秤櫓など多くの貴重な遺稿が残存している。
 関が原の戦いの後、「井伊氏」は戦功により数度の加増により、35万石に大大名となり、城もその石高にふさわしい規模であった。

 よく知られる井伊家13
代藩主「井伊直弼」は大老職をつとめ開国を断行したが万延元年(1860)「桜田門外の変」で水戸浪士らに暗殺され、10万石を減封され幕末には25万石であった。
 
井伊の「赤備えの兵」の強さは天下一としてよく知られた。
 
「彦根城」は明治10年から城内の建物の取り壊しが始められたが、幸いにも「大隈重信」らの尽力により「明治天皇」の命により天守を初め主要な建物は、保存されることになり今に残ったといわれる。
 天守閣は3層3階、2層と3層の唐破風は漆塗りで金箔押し飾り、金具付きで装飾の多様さで、我が国随一と言われる。また3階の花頭窓や見せかけだけの廻り縁からは外観を重視された建築が読みとれるという。 
 平成18年4月6日、(財)日本城郭協会から
「日本100名城」に認定されました。 
 <日本の名城の旅・西日本編、井上宗和著参照>

 ★H2/8/16訪城、
 何といっても
「現存12天守の一つ」で、国宝天守の煌びやかさは見ごたえ充分です。
 また堀の周囲から眺める、天守と櫓の姿も誠に美しい姿です。天守、櫓、堀、石垣、門、橋と遺構が実に多い。城内の博物館(復元表御殿)には赤備えの具足など展示品もかなりありました。
 城下の庭園の観覧券がセットでした、こちらも国史跡でした。また城下町通りは寺社が立ち並び昔の面影が彷彿とする感があります。
 余談ですが
「石田三成」本城の「左和山城」に登って山頂の天守が良く見えて感動しました。
 残念なことは、2度訪城しているのに、いまだに山中にあるという「登り石垣」を見落としていることです。

<復元天守、市郷土資料館>



































丹波
福知山城















自治体HP



















別名: 横山城・臥竜城・八幡城
所在地: 京都府福知山市字内記
Tel 0773−22−6111
城の種類: 平山城
築城年: 天正年間(1573〜92)
築城者: 明智光秀
遺構: 石垣・堀跡・銅門続櫓・模擬天守閣
 「福知山城」「明智光秀」が築いた名城の一つといわれます。
 由良川と土師川の合流点にある当時の横山の丘上に、清和源氏の支族という
「小笠原長清」の後裔「塩見大膳頼勝」が掻揚げの城を築いてが立て籠もったのが始まりという。
 「頼勝」の子「頼氏」は横山の地に因んで
「横山姓」を名乗り、城も「横山城」と呼ばれるようになった。「福知山城」の前身である。
  天正7年(1579)天下統一を急ぐ
「織田信長」の命で「明智光秀」「横山信房」が守る「横山城」を落とし、丹波を平定した。
 
「光秀」は功により丹波を与えられ横山を「福智山」と改め、「藤木権兵衛」「三宅弥平次」を城代に置き、近世城郭への大改修を企て、名も「福知山城」と改めた。
 ここを丹波統治の本拠とし善政を敷いたという。
 また城郭の大改修の際は、石の調達が困難を極め、石垣には石塔や墓石までも使用して、今でもそれが残されている。
 天正10年(1582)
「光秀」「山崎の合戦」で敗死すると、「秀吉」の支配となり、養子の「秀勝」が丹波のほとんどを領し「杉原家次」が城を守った。
 その後
「杉原家次」の没後、「小野木重勝」の時、関ヶ原の戦いで西軍に属し、「田辺城」「細川幽斎」を攻め、逆に幽斎の子「忠興」に攻め落とされ落城した。
 戦後は徳川氏が領し
「有馬豊氏」の時ほぼ現在の遺稿に見られる城に、城下町も建設されたようだ。
 以後
「岡部長盛」「稲葉紀通」「松平忠房」と城主はよく代わったが、寛文9年(1669)に「朽木稙昌」「土浦城」より入り、200年間、13代に亘って明治に至った。
 
<参考名城探訪・南條範夫著>

 ★H12/5/4訪城、
 昭和61年(1986)古絵図をもとに
「天守閣が復元」してます。3層4階の大天守、2層2階の小天守と、さらに続櫓を付属させ、市郷土資料館・産業館として利用され,福知山のシンボルとなっています。
 城内には井戸の深さ50メートルの(城郭内湛水井としては日本一の深さ)
「豊磐井(とよいわのい)」があります。
 見所というのも変ですが、石垣に五輪塔や宝篋印塔が沢山使われていいます。これほど異種石が入っていると、少し異様な感じもしますが。
 天守の壁の木肌の色が独特であり、個性的です。建物全体の写真を離れた学校のヘンス越しでようやく撮ることに成功しました。

 ★★H18/8/21、写真を撮りにお城に寄ったところ、何と
「お城めぐりFAN」で有名な岡管理人さんと奇遇、忘れられない思い出となりました。

<模擬天守>



































山城
伏見城














京都市HP




















別名: 桃山城・指月城
所在地: 京都府京都市伏見区桃山町大蔵
Tel 075−611−5121
城の種類: 平山城
築城年: 文禄元年(1592)
城者: 豊臣秀吉
遺構: 堀・大手門(移築)・模擬天守
 「伏見城」「秀吉」晩年に築かれた城である。
 文禄元年(1592)木幡山の南西、指月に隠居所として築かれた。
 ところが慶長元年(1596)の大地震により大破され大惨事となった。「秀吉」は直ちに再び新城築城を命じ、翌2年には、昼夜兼行の作事で本丸に続き、天守閣と殿舎を完成させた。
 それもつかの間の慶長3年(1598)
「秀吉」「伏見城」で没し、代わって「家康」が入城した。
 2年後の関ケ原の戦いに時、
「石田三成」の命を受けた西軍「小早川秀秋」「島津義弘」らに攻められ、守将の「鳥居元忠」は戦死、城も炎上陥落した。
 しかし同6年(1601)に
「家康」は直ちに再建に取り掛かった。
 その後、
家康・秀忠・家光の三代が将軍宣下式を受ける城ともなり、「徳川家の本拠」となった。
 同10年、当城での秀忠将軍宣下にともなって
「家康」が駿府に隠居したため、幕府は「駿府城」の改修を重んじ、「伏見城」は役割を終えたとされた。 
 やがて元和9年(1623)「伏見城」は廃城となり、建物や石垣は他の城に分散され潰されたが、いまもその遺構が著名な城に残っている。
江戸、福山城の伏見櫓がそれだが、確証は知らない、あくまでも伝えである。

 ★H10/5/4訪城、
 NHKの大河ドラマ
「葵三代」にも放映されたのでご存知の多い居ると思います。
 慶長元年の大地震の時に、城内に居た
「秀吉」を、「加藤清正」が謹慎中を構わず真っ先に救助に駆けつけて「秀吉」を喜ばせ、「地震加藤」の異名を生んだ城としても知られているようです。
 現在建っている天守閣はかっての「伏見城」のお花畑山荘跡地に、
「伏見桃山城キャスルランドの展示館」として建てられたものです。 昭和39年(1964)旧岡山藩主「池田家」に伝わる屏風絵に基づいて、5層の大天守、3層の小天守をもつ連結式城郭が復元されたと言われ、桃山時代の華麗さを忍ばせて呉れます。
 周辺は遊園地の家族ずれでかなり賑わっていました。 城フアンには遊園地なので少し不評のようですが、館内に
「黄金の茶室」や「桃山屏風」など多数の貴重な展示がされ、天守の壮大華麗さにも驚きます。
 誠に残念なことに、H15より遊園地の
閉園がきまり、この立派なお城も解体するとか市が買い取るとかのお話があります。このお城も幻になるかも知れません?

<二の丸御殿>



<水堀と隅櫓>
























山城
ニ条城












京都市
HP













別名: 二条新御所・二条新屋敷
所在地: 京都市中京区二条通堀川西入二条城町
Tel 075−841−0096
種類・指定: 平城・国史跡
築城年: 慶長8年(1603)〜
築城者: 徳川家康
遺構: 御殿(国宝)・櫓・門・石垣・堀
 「二条城」は慶長7年(1602)「徳川家康」が京都御所の守護と将軍上洛の際の宿所として築城を初め、翌8年、「伏見城」で将軍宣下を受けた「家康」は、同9年「二条城」に入城する。
 以来、大坂冬・夏の陣の際にも本営となった。 寛永3年(1626)、
「後水尾天皇の行幸」が行われるため、3代将軍「家光」により大改修が行われ完成した。
 将軍の権威の誇示から5層の天守も建てられたが、これは
「伏見城」から移築したものであった。この天守は「淀城」に移されたらしく、次に新築された天守は寛延3年(1750)落雷で焼失、天明8年(1788)には本丸御殿も大火で類焼している。
 慶応2年、15代将軍
「慶喜」はこの「二条城」で将軍宣下を受けたが、翌3年「大政奉還の奏請書」を提出した。この策は土佐の「坂本龍馬」が計画し、その建白書を「慶喜」に提出したのは「後藤象ニ郎」であった。
 その後
「二条城」は朝廷に接収され、明治4年(1871)「京都府」に移管され二の丸御殿に「府庁」が置かれました。明治17年(1884)離宮となり、昭和14年(1939)には京都市に下賜されました。<お城のパンフレット参照>
 
「二の丸御殿」(国宝)は唯一現存の城郭内の武家風書院造りの代表遺構です。「本丸御殿」は1847年に建てられた皇族の御殿の唯一の遺構です。御殿には多くの障壁画を有し美術面でも国宝級とされます。
 平成18年4月6日、(財)日本城郭協会から「日本100名城」に認定されました。 

 ★H10/8/15訪城、
 NHK
「葵三代」でも放映された「二条城」
京都でも年間160万人もの観光客が訪れる名所で、歴史的エピソードもあり、庭園も美しく一度は訪れた方が多いと思います。
 豊臣の後の天下を望む
「家康」がここで「秀吉」の遺児「秀頼」と会見することになり、「加藤清正」が鬼神の如く付き添い「秀頼」の警護をしたという話もあります。
 御殿のどの部屋も一面の
「狩野派の豪華な絵」が描かれ、欄間のこった彫刻などにもすっかり魅了されました。
 なお
「織田信長」の築いた「旧二条城」は周辺の京都御苑内から平安女学院周辺にありますが遺構は破壊されておりました。

<模擬天守・市歴史博物館>
























近江
長浜城

















自治体HP








別名: 今浜城
所在地: 滋賀県長浜市公園町
Tel 0749−63−4611(歴史博物館)
種類・指定: 平(水)城・市史跡
築城年: 天正2年(1574〜)
築城者: 羽柴秀吉
遺構: 石垣・濠の一部・本丸跡・模擬天守
 「長浜城」若き「秀吉」が初めて一国一城の主となり築いた城である。
 古くは
「今浜城」といい、婆沙羅大名が居城していたと言われる。
 天正元年(1573)
「織田信長」により「浅井氏」が滅び、その戦功により、まず「小谷城」に入った「秀吉」は、天正2年(1574)水陸路の要衝のこの地に築城を始めた。琵琶湖畔の「水城」であり、安土築城と平行して建てられ、城は安土と舟運の便でも近く、「安土城」北方の拠点としての役割も担っていたと見られる。
 地名も
「信長」の一字を取り「長浜」と改め、精力的に町造りをし、城下町の振興を図り繁栄をさせた。
 この城は天正10年(1582)「信長」が本能寺で斃れた後の後継争いの
「清洲会議」の合議の条件で、「柴田勝家」に譲渡され「勝家」の甥の「柴田勝豊」が入城したが、早くもその年の11月に「秀吉」は5万の兵をおこし「勝豊」を攻略して城を奪い返してしまった。
 
「秀吉」は天正11年(1583)の「賤が岳の戦い」には、ここを根拠として大勝し偉名を天下に轟かせた。
 天正13年(1585)に
「山内一豊」慶長11年(1606)には「内藤信成」が入城、城の大修築を行った。
 関ヶ原の戦い後、元和元年(1615)「内藤信成」
「信正」が城主の時、「高槻城」に移封となり、湖北支配の役割を「彦根城」に譲って廃城となった。
 建造物や石垣の大半は湖上を舟で
「彦根城」構築のために移されたといい、「彦根城の天秤櫓」もその遺構と伝えられる。<お城パンフレット参照>

 ★H9/11/22訪城、
 長浜の人は秀吉フアンが多いと言います。昭和58年、天正期の
「秀吉の長浜城」を想定して、3層5階の白壁造りの模擬天守閣が市民の熱望により建てられ、現在は「市立歴史博物館」として開館しています。天守からは美しい景色も楽しめます。城跡は「豊公園」となっており、桜の名所でもあります。最近の調査で本丸跡から当時の石垣が発見されました。湖畔に大井戸跡もあります。本丸近くの湖畔には水鳥や渡り鳥が沢山羽を休めてなかなかの景観が楽しめました。
 ★★H16/12/25再訪。

<復元櫓>













大和
郡山城










自治体HP



別名: なし
所在地: 奈良県大和郡山市城内町
Tel 0743−53−1151(市役所)
種類・指定: 平山城・県史跡
築城年: 天正8年(1580)〜
築城者: 筒井順慶・豊臣秀長
遺構: 石垣・堀天守台・復興櫓・復興門
 「郡山城」は郡山の基礎を築いた「筒井順慶」「豊臣秀長」によって創築された城である。
 郡山は古くから大和地方の中心で、この地の豪族、
「郡山氏」が城を築いていたという。
 最初は天正8年(1580)「信長」から「松永久秀」を打ち破って大和国を与えられた「筒井順慶」が築城した。
 普請には
「明智光秀」が目付けとして加わっている。そのせいか構えが「福知山城」に似ているとも言われる。
 やがて
「信長」は大和一国の城郭破却を命じたが「郡山城」だけは残された。
 時代は移り天正12年
「秀吉」の義弟「秀長」が入城、大和・紀伊・和泉100万石の大名として、ふさわしい城の改修、拡張工事を開始した。 しかし「秀長」が変死し完成をみたのは、次ぎの城主、五奉行の一人「増田長盛」の代になってからである。
 徳川の時代になってもこの地は重要視され、城主は
「水野勝成」「松平忠明」「本多政勝」と信任厚い譜代大名が15万石にて歴任した。
 その後
「本多氏」の時、お家騒動が起こり移封され、亨保9年(1724)に「柳沢吉里」「甲府城」から入城し15万石の居城として明治に至った。

 ★H10/5/2訪城、
 現在柳沢神社や公園が敷地内にあり、遺構の堀を巡る壯然とした石垣があちこちから鑑賞できました。また
「秀長時代」の天守台は今でもよく残って居り、昔あった5層8階の天守閣が偲ばれます。
 上の写真は復元された
「追手東隅櫓」ですが、時や変を知らせる太鼓櫓とも言われて居たようです。
 伊賀上野の鍵屋の辻の仇討ちで名高い
「荒木又右衛門」「河合又五郎」はともに「松平氏」の時代、「郡山藩」の剣術指南役だったそうな。
 城下町にはいまでも昔の名前がいくつも残っている歴史の街のようですね。





  
<模擬天守と隅櫓> 
















和泉
岸和田城
















自治体HP









別名: 千亀利城・勝城
所在地: 大阪府岸和田市岸城町 Tel 0724−31−3251(市立郷土資料館)
種類・指定: 平城・府史跡
築城年: 慶長2年(1597)
築城者: 小出秀政
遺構: 本丸・二の丸・石垣・堀・模擬天守
 「岸和田城」は大阪と和歌山を結ぶ紀州街道の要衝の城です。
 古くは南北朝時代の建武元年(1334)攝津、河内、和泉の守護職となった
「楠木正成」の一族の「和田高家」が「岸」という今の野田町あたりに築いたのが始まりと言われてます。
 その後、和泉守護
「細川氏」や守護代「三好氏」、「松浦氏」などが居城とし、その間に現在地に移されたがまだ天守閣もなく堀や土塁を巡らせた程度の城館であったようです。
 天正11年(1583)
「秀吉」の武将「中村一氏」、天正13年には甥の「小出秀政」を城主とし「雑賀・根来衆」らの北上に備えさせたほか、慶長2年(1597)新たに本丸を設けて5層の天守閣も完成した。
 
「豊臣氏」滅亡後、元和5年(1619)には「松平康重」が入城、城下町を整備した。 
 
「松平氏」3代を経て、寛永7年(1640)、摂津高槻より「岡部宣勝」が5万3千石で入城し、以後13代230年間を経て明治維新にいたっていろ。
 往時の天守閣は文政10年(1827)落雷により焼失した。
 昭和29年3層5重の白亜の模擬天守が再建され、昭和44年隅櫓と城門も再建され、美しい姿を見せている。
 内部は郷土資料館となっていて、
「岡部氏」の遺品、美術品などの展示がされて居る。
 
<お城のパンフレット引用>

 ★H8/4/29訪城、
 本丸跡には
「諸葛孔明」の八陣法をテーマにした石庭「八陣の庭」がありお城にはめずらしい庭園でした。
 桜の満開の時に訪ねられラッキーでした。お堀の周囲からさまざまな角度で撮影しましたが、どこから見ても素晴らしく美しい威容でした。
 堀に通じる石垣の階段も見られました。石垣が見事です。周辺にはいくつかの武家屋敷も見られるようです。
 帰りに近くの
「だんじり会館」により、実物模型の動く御輿に乗って楽しい城廻となりました。お勧めです。
 ★★H19/3/25オフにて再訪





 <復元天守>


















紀伊
和歌山


















自治体HP







別名: 虎伏城・竹垣城
所在地: 和歌山県和歌山市七番町23
Tel 0734−22−8979
種類・指定: 平山城・国史跡
築城年: 天正13年(1585)
築城者: 豊臣秀吉
遺構: 岡口門・追廻門(重文)・塀・石垣・堀・復興天守
 「和歌山城」は徳川御三家の紀州徳川家の居城です。
 天正13年(1585)、
「豊臣秀吉」は紀州を統一後、根来・雑賀討伐に戦功をあげた弟「秀長」に和泉・紀伊・大和の太守としてこの「和歌山城」を築かせた。普請奉行には「藤堂高虎」「羽田長門守」を任命し築城させた。しかし「秀長」は大和郡山城にあり、その後和歌山の地に戻ることはなかった。
 翌天正14年(1586)に、
「秀長」の家臣「桑山重晴」が城代として3万石で入城、14年間の在城期間に本丸部分を中心に築城を進め、はじめて「和歌山城」と称した
 慶長5年(1600)関が原合戦で軍功のあった
「浅野幸長」が37万6千石をもって入城、「桑山氏」は移封となった。
 「浅野氏」
は19年間の在任中に二の丸部分の整備、一の橋門を大手にして、城下町の建設にも着手、城は大拡張された。
 元和5年(1619)
「浅野氏」は安芸広島へ移封される。
 替わって
「家康」の第十子「頼宣」が55万5千石で入封して、南の丸や、砂の丸を増築、御三家にふさわしい大城郭に大改修を行った。
 以後
「和歌山城」「御三家紀伊徳川家」の居城となり「南海の鎮」として、幕府の西国支配の拠点としてその威容を誇っていたが、弘化3年(1846)天守閣などが落雷により焼失する。
 当時幕府の制として天守閣の再建は許されなかったが、御三家故か特別な計らいで許可され、嘉永3年(1850)工事竣工し旧態に戻った。
 その後明治維新までの250年間、その繁栄を誇った。
 平成18年4月6日、(財)日本城郭協会から「日本100名城」に認定されました。 
 
<参考:お城のパンフレットより>

 ★H8/4/29訪城、H13/2/11再訪、
 昭和20年不幸にして戦災で城は焼失。33年3層の天守閣が旧天守大工棟梁、
「水島平次郎」の子孫「栄三郎」が所蔵する詳細な天守図と「御天守御普請覚張」を参考に、旧態どうり復元されたとのことです。
 広大な城跡全域が史跡であり、四季折々が美しく、お城からの素晴らしい眺望には、往事が偲ばれます.また市街各所から見られるお城はそれぞれの雄姿で美しい。

<一山重畳たる石塁>

<二の丸>

<大手門跡>

<二の門跡脇の水堀>

<本丸、二の門から更に100m高い>

<奈良産業大学によるCGによる再現図>

<武者行列>



♪「たつみ高取雪かとみれば 雪でござらぬ土佐の城」

<大和盆地から城を望むわらべ歌>
たつみ・・・東南
土佐・・・高取山の麓の地名





















大和
高取城



















自治体HP















































別名: 鷹取城・芙蓉城
所在地: 奈良県高市郡高取町高取
Tel 0744−52−3334(町役場)
種類・指定: 山城・国史跡
築城年: 南北朝時代・天正12年(1584)
築城者: 越智氏・筒井順慶・豊臣秀長
遺構: 石垣・井戸跡・本丸・ニの丸・三の丸
 「高取城」日本三大山城の筆頭の城といわれる。
 石塁・城壁など今でも良く残されている。明治初期の
古写真(高取町教育委員会所蔵)を見ると実に威容な城郭が写されていて、この山頂によくもと感歎するばかりである。 
 この城は元弘2年(1332)に
「護良親王」の挙兵に応じた南朝側の「越智邦澄」によって築かれたといわれる。当時吉野朝廷の第一線防御の城だったようだ。
 この後天正8年(1580)
「織田信長」の一国破城令により「高取城」もいったん破却されたが、「信長」の死後、天正12年(1584)に大和の「郡山城」「筒井順慶」が廃城の復興を始めたが、まもなく死去した。
 近世城郭として本格的な築城は
「豊臣秀吉」の弟の「秀長」が天正13年(1585)100万石の太守として「郡山城」に入城して、重臣「脇坂安治」に次いで「本田氏」の手で詰の城として本格的に修築拡張がされた。
 本丸、三の丸、侍屋敷などを石垣で囲み、大・小天守と20の櫓、13の門などが建造された。 
 文禄4年(1595)
「秀長」の跡を継いだ「秀保」が急死して、「本田氏」が1万5千石で自立する。「本田家」は慶長5年(1600)関が原合戦では大坂方2千の軍勢を退ける軍功により加増され2万5千石になったが、寛永14年(1637)断絶となぅた。
 寛永17年(1640)に
「植村家政」が2万5千石で入城して明治に至った。この城は高地に屋敷群を内包した近世の山城であったが、数年後に山麓に城主の下屋敷が作られ家臣達も随って武家屋敷を作った。
 「高取城」は幕末には「天誅組」とも戦って撃退させた難攻不落の名城でもあった。
 平成18年4月6日、(財)日本城郭協会から「日本100名城」に認定されました。 
 <参考:日本城郭大系>

 ★H13/2/10訪城、
 「高取城」は日本一の山城とも言われ、別名が小生のHNと同じでもあり特に攻城したい城でした。晴れの予報が外れて曇ってしまい写真の方はいまいちでした。
 城址は遺構が多く、中世の痕跡は殆んどないようですが山里の山城ということで遺構が殆んど残されたわが国の貴重な城跡で、石塁が累々と残り、誠に見ごたえがあります。
 初めて訪問される方は登城口が他にもあるのでまず目標は壺阪寺方面から登るのが迷わない道です。
 城跡からは花の吉野山や大阪も一望でき、休日で市民やハイカーの訪れが大勢おりました。
 高取町では例年11月23日に戦国を彩る武者行列などお城祭りが盛大に行われています。
登城口がいくつもあり、山城としてすべてを見るのには、1日ではかなりキツイようです。もう一度ゆっくり拝見したいと思っています。


 ★★H18/11/23再訪、
 「たかとり城祭り」
と日本城郭協会による「日本100名城」選定祝いイベントに併せて再訪、発足以来、晴天に恵まれたそうで、曇っているが明るみだした空模様の中、当日の登城者250名の中、早朝一番で攻城する。。さすが日本三大山城、ほぼ一日城下のお祭りを含めて楽しんで過ごせました。
 今回は地元のN氏のお勧めとご指導も頂き、大手道側から登りました。二の門脇の標高480mにある水堀、更に本丸まで100mの比高を葛籠折りに続く累々たる石垣群、10ヶ所の門跡やその枡形虎口、国見櫓からの眺望、縄張りや紅葉に赤く彩られる標高483mの本丸と天守台の景観、言葉に尽せないような感動がありました。
 城下町には旧藩主ご子孫の植村氏宅に「長屋門」、石川医院に「新御殿表門」が移築されてました。
 町の観光の関係者がスタンプ場所に多数待機して、城下のおまつりも官民一体で町ぐるみの熱意はさすが歴史の町と感激いたしました。

 <復元櫓>


♪「古も今もかわらぬ世の中に 心の種をのこす言の葉」
<細川幽斉が秘伝書に添えた和歌>

















丹後
田辺城

舞鶴城
















観光協会HP




別名: 舞鶴城
所在地: 京都府舞鶴市南田辺
Tel 0773−62−2300(舞鶴市役所)
城の種類: 平城
築城年: 天正8年(1580)〜
築城者: 細川藤孝(幽斉)
遺構: 本丸・二の丸・天守台・石垣・復興櫓、門
 「田辺城」「舞鶴城」とも呼ばれ、その築城は天正8年(1580)「織田信長」より丹波一国12万石を与えられた「細川幽斉」が、子の「忠興」と共に縄張りをして完成させた。
 「幽斉」
は時勢と人をよく見極め当代一の教養人とも言われ、「足利将軍」の側近であったが、「織田信長」に属し、天王寺の変の時も「忠興」の舅にあたる「明智光秀」より「忠興」の妻、「ガラシャ夫人離縁させたりして、窮地をしのぎつつ戦国群雄のなかで生き残った知将であり、また歌聖ともいわれた。
 さて
「秀吉」の死後は「家康」についたが、関ヶ原の戦いの時の慶長5年(1600)、敵となった「石田三成」方、1万5千の大軍に攻められた。「幽斉」は、わずか5百の兵で籠城し50余日戦ったが、到底勝ち目は無い戦況であった。
 そこで、思案の末、
「古今和歌集」の秘伝の継承者である「幽斉」は、その系譜が絶えることを恐れ、八条宮「智仁親王」に古今相伝の秘伝書を贈ることを申し出た。それを受けた朝廷は大阪石田方に停戦の勅諚を出し、双方が名誉ある開城に同意したという。芸が身を助けた話の好例である。
 その後
「忠興」は関が原の戦功により「豊前中津」40万石に転封して、「田辺城」には「京極高智」が入城し、大治水工事を起こして城の拡張を行った。
 以後は
「京極氏」の後、寛文8年(1668)に「牧野親成」「京都所司代」として入城して、明治まで10代200年間牧野氏の統治となった。

 ★H12/5/3初訪、
「田辺城」は東西に川がながれ、南は湿地、北は海という、城郭の立地要素を充分満たしていたようです。それ故、戦時少数で防戦できたのでしょうか。
 現在の遺構は天守台の石垣が残っている程度ですが、いま城跡に建つ2層櫓と付多聞櫓は彰古館として、全国の城ブームに先駆けて昭和15年復元されており、最近では大手門も復元され、規模は僅かで見る時間も殆んど要らないのですが、舞鶴公園としては、訪れる人も多いようでした。
 すぐ近くのお店で食事して見納めながら、次の目的地の
「福知山城」へ向かいました。

 ★★H18/12/23再訪。

<前景。背後の山は有子山>


<本丸隅櫓S43復興>



<辰鼓櫓のある大通り、正面突き当たりがお城>



<本丸復興隅櫓>










































但馬
出石城


















観光協会H














































別名: 高城・有子山城
所在地: 兵庫県豊岡市出石町
Tel 0795−52−3111(出石町)
種類・指定: 平山城・市指定
築城年: 天正2年(1574)・慶長9年(1604)
築城者: 山名氏政・小出吉英 
遺構: 石垣・復元隅櫓
 「城下町出石」は但馬の小京都と言われ、但馬文化の発祥地としても「古事記、日本書紀」にもその名が見えるといいます
 
「出石城」の歴史は古く、元弘の変(1331〜33)以後「但馬山名氏」は中国・山陰11ヶ国の守護となり、8代に亘り出石神社の北方の「子盗山」の「此隅山城」を本拠としていました。
 しかし永禄12年(1569)に
「羽柴秀吉」に攻められ落城します。
 天正2年(1574)に応仁の乱で有名な「山名宗全」の後裔の「山名祐豊」
「氏政」親子はその南方の要害、再起を期して有子山に新城「有子山城」別名高城」を築きます。
 「祐豊」は先の敗戦の経験から、
「有子山城」には山名氏のすべてを注ぎ、大規模な石塁と深い堀切で主郭を囲んだ。
 しかし天正8年(1580)毛利側に付いたため再び
「秀吉」「但馬攻め」により攻められ落城し、200年続いた「山名氏」は遂に滅亡してしまいました。
 
それから、「木下昌利」「青木勘兵衛」「羽柴秀長」「前野長康」と城主が代わります。
 文禄4年(1595)に
「小出吉政」が播磨「龍野城」より5万3千石で入城し、慶長9年(1604)「吉政」に替わって領した子「吉英」の時、山城を廃して有子山の北麓に新しい「出石城」を築城しました。平地に堀で囲まれた三の丸が築かれ、下郭、二の丸、本丸、稲荷丸が階段状に築かれた。縄張りは町全体を城内に入れる構造でした。なお、一国一城令では「出石城」は但馬国唯一の城郭となっています。
 
「小出氏」9代100年の後、無嗣改易、元禄10年(1698)「松平忠周」が入城、その後宝永3年(1706)「仙石政明」が上田より入り5万8千国を領有、8代160年を経て明治に至りました。
 城下には大手門脇の
「辰鼓楼」や仙石騒動の立役者「仙石左京の長屋門」などの見るべき遺構が残ります。

 ★H12/12/9初訪
昭和43年本丸東西の隅櫓が木造、総塗籠、桃山期の様式で復元されています。
 私が早朝行った時は残念な事に大変な霧で視界が良くなかったのですが、深紅の紅葉の落葉が、雨後のお堀の周辺や、神社の参道の周辺に散り敷いて、靜もる古城の雰囲気はなかなかの情緒がありました。
 
「司馬先生」「幕末」という小説に、「桂小五郎」が一時、宿場の松本屋とかに一時潜伏していたと読んでいたので、そんなこんなで前からどんな町か来たかった町でした。
 早朝で、お城の前の広場で、朝市の準備を町の人が数人、段取りしていましたが、残念ながら霧が斉れず、
「竹田城」に向かいました。
 後で分かりましたが、やはり史跡として、その宿屋の跡が今でもあるんですね。でも帰り掛けに、かって登城時の太鼓を鳴らしたという
「辰鼓櫓」のある町並みも雰囲気がありました。昔を感じる宿場町です。是非また機会が欲しい出石でした。
 
 ★★H18/12/25再訪、
 またも但馬は霧の町でした。背後の有子山もけぶっています。今回の出石は未踏の
「有子山城」とその本城であった北側の「此隅山城」の攻城が主目的です。 
 だんだん幾分霧も上がって
「出石城」の写真も何とか撮れまして、裏山の「有子山城」に攻城しました。すごい急坂の直登道でした。でもすばらしい山城でした。下山してくると、ラッキーにも教育委員会の方が出石城の本丸の庭園や北口門上部、本丸の古図の虎口などの調査をしてまして、その成果を詳しくお聞きすることが出来ました。
 出石は名物そばの町でもあり、昼食での
「葱、トロロ、卵で三通り食べ分けるそば」の味は格別、良い土産ができました。




































但馬
竹田城
















和田町観光協会



























別名: 虎臥城「とらふせじょう」
所在地: 兵庫県朝来市和田山町竹田
Tel 0796−72−3301
(和田山町役場)
種類・指定: 山城・国指定史跡
築城年: 室町時代
築城者: 山名宗全・大田垣氏
遺構:  石垣・堀切(郭の境を仕切るために山の尾根を断ち切ること)・竪堀(山の斜面を縦に分割して敵兵の横の動きを封ずる)・土塁・・・S18「国史跡」指定
 「竹田城」は但馬街道に沿う竹田町の古城山の山頂にあり、播磨、丹波から但馬への通ずる街道の関門になる城である。
 ここに着眼した但馬守護「山名宗全」の慧眼はさすがと言われ、城は
「宗全」に服属した国人の「大田垣光景」が築城したと言われる。
 太田垣氏は調べによると、勇猛な武将として、応仁の乱の時、かなり活躍されたようだ。 また領内の生野銀山の開発に努めて、興隆したという。
 城は
13年の歳月を費やして築かれたが
「秀吉」の中国攻めを受け、天正5年(1577)戦わずして明渡された。
 その後、
「秀長」の家臣の「桑山重晴」が入城、次いで天正13年(1585)に、もと播磨龍野の城主「赤松広秀」が2万2千石で入り、現在の遺構に見られる規模に城を修築した。
 山頂に見られる累々たる石垣は
「広秀」の時、完成したと見られる。
 彼は民生に励み、
「藤原惺窩」のパトロンともいわれ、名君であったが、慶長5年(1600)関ヶ原で西軍に味方して、西軍敗北と知ると「鳥取城」を攻めて安堵を図るが、「宇喜多氏」から嫁を迎えていたため、城下放火したことを理由に「家康」に詰め腹を切らされたようだ。
 
「惺窩」「家康」に招かれたが、友人の「広秀」を自刃させた「家康」への憤りからか、高弟の「林羅山」を代わりに推挙したようだ。
 
(日本城郭大系引用)
 
その後、城は廃城となった。幸い廃城後も石垣は破壊されず当時のまま姿を残す貴重な遺構と言われ、
わが国屈指の山城である。
 平成18年4月6日、(財)日本城郭協会から「日本100名城」に認定されました。 
 <参考:城と城下町>

 ★H12/12/9訪城、
 登り口に「日本一の山城」の看板があった。
 大手門のある山腹の駐車場から徒歩で急坂の整備された山道を20分強程直登して標高353メートルまで登り詰める。
 400年の風雪に耐えた山頂に連なる石垣が見事である。
 眼下にはたまたま幸運にも白雲が一面にたなびき、ぽっかりと突き出た山なみが朝の陽に色鮮やかに輝いた!何という美しさ!おそらく年間中を通じても絶好の景観のチャンスに恵まれたようだ。
 頂上は虎の臥せた姿から
「虎臥城」とも呼ばれているその城壁が、雄然と下界を見下ろして居る。雲海が波のように打ち寄せる古城、なにか神の国に来たかのような敬虔さに打たれました。日本にこれだけのお城があることに感慨無量であった。
 現実に戻ったのは、何とこの山頂まで突然家内の携帯メールのメロディーが響いたことです。タイムショック付きの忘れられない訪城となった。
 城愛好家の垂涎の山城であり、この城に比肩できるとなると「荒城の月」で有名な大分県竹田市の
「岡城」であろうか。いくら褒めても褒めたりない、このお城も幸せなお城です。

 <巽櫓と坤櫓>








播磨
明石城










自治体HP
別名: 喜春城・錦江城・鶴の城
所在地: 兵庫県明石市明石公園
Tel 078−918−5080(市観光協会)
種類・指定: 平山城・国指定史跡
築城年: 元和3年(1617)〜
築城者: 小笠原忠真 
遺構: 巽櫓・坤「ひつじさる」櫓(重文)・石垣・堀
 「明石」は山陽道と四国明石海峡を押さえる徳川幕府の要衝の地である。
 「明石城」は元和3年(1617)西方の備えとして、京都、大阪を守るため、「秀忠」の命により、大阪夏の陣で戦功があった「小笠原忠真」が信濃松本から10万石を拝領して築いた城だ。
 岳父である姫路城主の
「本多忠政」がこれを援け、足掛け2年を要して築かれた江戸初期の名城といわれる。
 天守台が築かれているが、天守は完成を見なかったようだ。
 寛永9年(1632)
「忠真」が豊前「小倉城」15万石で栄転し、その後、「松平(戸田)、大久保、松平(藤井)、本多氏」と代わり、天和2年(1682)に越前大野から「松平直明」が入封、その後10代186年続き明治に至った。
 <城と城下町・発行者品川恵保・日本通信教育連盟より引用>
 ★H10/5/3訪城、
 
「明石城」にH10初訪時は阪神淡路震災の被災に会い修復工事中で痛ましいばかりでした。いまは白亜の3層の「巽櫓」「坤ひつじ櫓」(重文)が東と西に互いに優美な姿を競っています。
 東西の櫓を一緒に写真を撮るのに苦労する長大な城です。城郭は3万坪(10万u)近くもあるようです。
 一帯は管理も行き届き爽快でした。白亜のお城に重なって、現代最新技術の粋で作られた美しい
「明石大橋」も間近かに眺められ、いい感じでした。
 当時、
「本多家」に仕えていた「宮本武蔵」「小堀遠州」が町割りや造園を手伝ったとか言われていたり、築城地となった人麿山には「柿本人麻呂」を祭る人丸社と人丸塚があり、頂上を平坦にして築いたそうです。余談ですが現在の人丸社は柿本神社として近くの地に祭られ、安産祈願などの、明石の名所となっているようです。

 ★★H12/12/9再訪、櫓は阪神大震災の被害を被った修復工事中で痛ましい限りでした。

<復元櫓>


♪「夕焼け小焼けの赤とんぼ 負われて見たのは いつの日か」
    <三木露風>

「ほのかなる人のなさけに似るものか 龍野醤油のうす口の味
<吉井勇>







播磨
龍野城













商工会議所HP



別名: 霞城・台山城
所在地: 兵庫県たつの市龍野町上霞城
Tel 0791−63−3131(龍野市役所)
城の種類: 平山城
築城年: 明応8年(1449)
築城者: 赤松村秀
遺構: 石塁・土塁・復元隅櫓城門(移築)
 「龍野城」は山陽、篠山、作州三街道が通る交通の要衝に「赤松政則」(置塩城主)の庶子「赤松村秀」が明応8年(1499)頃この鶏籠山上に城を築いた。
 以後4代続いて、「村秀」の子「政秀」の時が全盛の時代であった。政秀のあと4代「広秀」「秀吉」の中国攻めに従い、天正5年(1577)城を明渡しその配下に入った。
 同年、秀吉は
「石川光元」を城主とし、「光元」は城を麓に移し、これが「龍野城」の前身となったといわれるが、諸説があり確かでない。
 天正9年(1581)
「蜂須賀正勝」が5万3千石で入城したが、同13年に阿波徳島に移った。 その後、実に7氏8人の城主が交替した。
 寛文12年(1672)には信濃飯田から
「脇坂安政」が入城、廃城だった「龍野城」を再建した。
 元禄14年(1701)
「脇坂安照」は、「浅野内匠頭」江戸城刃傷の際、赤穂城受け取りの大役を全うしたことでよく知られる。
 以降
「脇坂氏」は10代200年間世襲して明治に至った。
 
「龍野城」は最初は標高210mの山頂にあったが、山が高いので山麓に居館が設けられ、近世大名の居城は山麓の構築物が主体になった。南山麓には城主の御殿や政庁などの建造物があった。城下には今でも多くの遺構が見られる。
 ★H13/7/22訪城、
 かっては天守閣が聳えていたといわれるが今は無い。詰城のある鶏籠山を背にして2層隅櫓が復元されています。
 周辺は
「3000本の桜の名所」、春が楽しみ。城内には歴史文化資料館がある。実に古びたたたずまいの城下町で、静かな細い路地道が多く少し歩けば、すぐ史跡にぶつかるような感じだった。
 童謡
「夕焼け小焼けの赤とんぼ」「三木露風」の居宅跡や「国木田独歩」の父祖の家、武家屋敷跡も見られ、「播磨の小京都」と呼ばれているようでした。残念ながら裏山の詰城には登っていませんです。 

<復元大書院>

<整備中の広大な曲輪>


<天守台>


<石塁>


<南土塁馬出>


<大土塁壁>


<土橋の先が大馬出>
丹波
篠山城












自治体HP
















別名: 桐ヶ城
所在地: 兵庫県篠山市北新町
Tel 0794−52−4500
種類・指定: 平山城・国史跡
築城年: 慶長14年(1609)
築城者: 徳川家康 
遺構: 石垣・堀・復元二の丸大書院(H12年)
 「家康」は関ヶ原の合戦で勝利した後、豊臣家の大坂城と西国大名達への抑えの拠点として、、慶長14年(1609)家康の実子「松平康重」「常陸笠間城」から移し、篠山盆地の笹山の小丘に「篠山城」の築城を命じた。
 普請総奉行に「池田輝政」(姫路城主)、縄張奉行には
「藤堂高虎」(津城主)らの大物が指揮を執り、15ヵ国、20大名と、人夫延べ8万人を動員した突貫工事により、わずか1年足らずの天下普請で築城した。20藩諸大名の一人土佐藩主「山内一豊」もこの築城の助役に携わり家老「百々越前」をはじめとして2000名を「篠山城」築城に派遣した。
 
「百々越前」は名前を安行といい「山内一豊」の命で「高知城」築城の総奉行となり自らも鍬を取り築城に従事したといわれている。
 また城下町の完成には40年も費やしたともいう。
「家康」はこの城は堅固過ぎると叱ったという。
 その後、
「松平氏8代、青山氏6代」と、徳川譜代の有力大名に引き継がれ、260年余の幕藩体制のもと明治を迎えた。
 
「大書院」は京都ニ条城の二の丸御殿に匹敵して壮大華麗であったが、S19年焼失した。H12/3に総合的な学術調査が実施され復元されている。
 平成18年4月6日、(財)日本城郭協会から「日本100名城」に認定されました。 
 <参考:篠山市HP他>

 ★H12/11/18訪城
城郭は国の史跡に指定され、城下の町並み保存と共に史跡公園として整備され、町のシンボルになっています。また丹波の桜の名所です。
 遺構としては、堀や石垣が広大で、虎口を守る二の丸表門の2重枡形と裏門埋門遺構、東と南馬出しと、本丸と二の丸に14m〜19mの2つの深い井戸が見られます。本丸の井戸は掘るのに2年もかかったと伝えられてます。
 また新築された大書院は出来て直ぐ行ったのですが、木の香りがまだツゥンとして、とにかく堂々たる木造復元建物で、内部で歴史関連品が沢山展示されておりました。
 町内には城下町の面影が一部残っていました。

 ★★H18/3/25再訪、
 お城の整備が継続されていましやが、本丸を囲む石垣や東西南北の馬出しなど改めて確認、改めて感じいったことでした。

<復元櫓>


♪「風さそふ 花よりもなほ われはまた 春のなごりを いかにとやせむ」

<浅野内匠守長矩の辞世歌・35歳没>(風にさそわれて散るさくらよ、それよりも春が名残り惜しい私はどうしたら・・)


♪「あら楽し思いは晴るる 身は捨つる 浮世の月にかかる雲なし」

<大石蔵之助良雄の辞世歌、元禄15年>


♪「夫や子の待つらんものを いそがまし 何かこの世に思い置くべき」

<小野寺十内の妻、幸右衛門の母、後を追う小野寺丹子の辞

















播磨
赤穂城











自治体HP
















別名: 加里屋城
所在地: 兵庫県赤穂市上仮屋
Tel 0791−43−6858
(赤穂市教育委員会)
種類・指定: 平城・国史跡
築城年: 慶安元年(1648)
築城者: 浅野長直
遺構: 石垣・堀・天守台・本丸・復元隅櫓
 「赤穂城」は元禄の赤穂浪士討ち入りの忠臣蔵で有名な「浅野氏」の城です。
 
「赤穂城」の歴史はは古く、室町時代に「赤松満祐」の一族「岡豊前守」が居館を築き「加里屋城」と称したという。
 天正年間(1573−91)には
「宇喜多秀家」が支城を築き、関ケ原の戦いで「宇喜多氏」が滅びると、姫路にはいった「池田輝政」の領となり、元和元年(1615)五男の「政綱」に5万5千石を分封させた。
 正保2年(1645)に
「浅野長直」が常陸国笠間から入封し、幕府の許可を得て慶安元年(1648)から築城工事を起こしました。
 甲州流小幡軍学者
「近藤正純」と山鹿流兵法者「山鹿素行」などの協力を得て縄張りを決め13年の歳月をかけ寛文元年((1661)完成します。現在の規模はこの期のものです。
 城は軍学の見本のような構造で、その一つは、本丸が不整形の八角形で、突角の部分には敵を反撃するためのひずみ郭を張り出している。また、
「赤穂城」は東の千種川と西の塩屋、南の塩田内の幅広い千種川の旧水路を、自然の外堀に見立てて外郭は造らぬ代わりに、大手門などは石垣の厳重な桝形虎口を有している。本丸と二の丸は「輪郭式」、二の丸と三の丸の関係は「梯郭式」で、城郭史上では非常に珍しい「変形輪郭式」の海岸平城である。
 天守台のみ築かれ、天守は構築されなかった。
 有名な
「浅野内匠守長矩」は三代目である。浅野家断絶後は「永井家」が3万3千石で入城、宝永3年(1706)に「森家」が備中西江原から2万石でで入り11代を経て明治に至った。かっての浅野時代には塩田で潤ったが、森藩主の禄高の減少に応じて台所も大変だったという。
 明治になり旧物破壊の波に、惜しくもこの歴史ある名城も破却されてしまった。城跡はS46国史跡に指定され、S60年から本丸整備事業が次々と進み、復元整備されている。
 平成18年4月6日、(財)日本城郭協会から「日本100名城」に認定されました。 
<日本の名城の旅・井上宗和著引用>

 ★H8/4/27訪城、H13/7/22再訪、
「赤穂城」を5年ぶりに再訪しました。丁度「忠臣蔵300年祭」の最中で櫓が開放され、内で能面展が催されていました。面師の貴重な話しも伺えました。
 城内は、本丸御殿が復元され、昔の間取りが良く判ります。天守台の石垣に登って見ると門や櫓が良く見えます。城内の小池に鷺が数羽遊浴して、水堀には大きな蓮が満開でした。
 再び国宝の
「大石宅、「近藤宅の長屋門」を廻り、「大石神社」にも寄り、参道の「四十七士の像」を見て、それなりに往時を偲びました。 

 
 [山頂の模擬天守]















但馬
波賀城












自治体
HP



別名: なし
所在地: 兵庫県宍栗郡波賀町上野字城
Tel 0790−75−2220(観光協会)
城の種類: 山城
築城年: 鎌倉時代
築城者: 不詳
遺構: 石垣・曲輪・模擬櫓
 「波賀城」は山陽道と日本海側を結ぶ因幡街道や、それと千草を結ぶ街道、三方に通ずる街道を眼下にする戦略的な要衝の地に築かれていた。  13世紀の初め頃、鎌倉幕府の御家人の秩父丹党「丹治氏」の一族の「中村氏」「大河原氏」が地頭として当地に赴任していたという。 
 「中村氏」は20代にわたっての城主だったと言われ「赤松氏」などの支配下にあったらしいが史実は詳らかでない。
 鎌倉時代末期の元亭3年(1323)、備前国長船派の刀工
「景光」が一振の「短刀」を作った。これが国宝(埼玉県県立博物館所蔵)としてあるが、これと皇室にある「御物太刀」の文字に歴史的な共通点が見られ、銘文によると武蔵七党のひとつ丹党「中村氏」の一族、「大河原氏」の依頼により作刀したといわれ歴史上の関連を推測されているようだ。 
 室町時代には
「芳賀氏」が築城居城したらしい。「赤松氏」との通信手段として、この山頂で「狼煙」を用いていたようだ。
 (お城パンフより引用)

 ★H13/11/23訪城、
 予定外の攻城だった。山陰方面の城めぐりへの行きがけで早朝交通標識に城名があったので車を山に向けてみました。立派なPがあり、山全体が
「ふるさと創生事業」で立派な史蹟公園に整備されている。しばらく夜明けを待ち攻城しました。
 城山の山頂には犬山城を模したと言う二層の櫓が絶壁の上に建っていました。ちょっと比較しにくい小櫓ですが、雰囲気はいいのです。また山頂には「大国主命」と「波賀城主」を祭る宝殿神社がありました。
 櫓の周りに残存したという石垣が、この地に産する
「波賀石」という「布積くずし積み」の石垣で特徴があり美しく見えます。部分的でなく、山全体が城郭のような地形でした。朝日の昇る時の山々の紅葉がまたすばらしい絶景でした。街道も一望です。名城とは言い難いですが景観が忘れられません。

 
[大手道]

 [秀吉館]

 [上から大手道を]

 [大手道に]

 [天守台へ]

[天守台礎石]
[信長廟]

[信長の館の模型]



「♪さえのぼる月にかかれる浮雲の 末ふきはらへ四方の秋風」
<織田信長>

近江
安土城
















町商工会HP

























別名: 安土山城
所在地: 滋賀県近江八幡市安土町下豊浦
Tel 0748−46−7201(安土町観光協会)
種類・指定: 平山城・国特別史跡
築城年: 天正7年(1579)
築城者: 織田信長
遺構: 天守台・曲輪・石塁
 「安土城」は天下統一を目前にした「織田信長」が、それまでの中世的築城概念を一変させて築き、近世城郭の端緒を開いた画期的な名城でした
 
「信長」にとってこの地は京にも近く、政治的にも戦略的にも、また楽市楽座の自由商業都市を形成するにも最適地であったといえます。
 また城の東に中仙道、北に北国街道、南に東海道、西に琵琶湖の水運を控えた交通の要衝です。
 城は天正4年(1576)重臣
「丹羽長秀」が普請奉行となり着工、3年後にはわが国初の5層7階という、本格的な豪壮華麗な大天守(高さ30m)をそなえた大城郭を完成しました。この天守閣は「ルイス・フロイス」の手紙によれば外部は各重に異なった赤、青、白の色を塗り、座敷の内側はすべて金箔を用い、龍の彫刻、天人などの絵で飾られたと言われます。或いは切支丹文化の影響があったかも知れません。
 しかし残念なことに、完成3年後の天正10年(1582)6月2日の本能寺の変で
「信長」「明智光秀」に討たれ、更に6月13日には「山崎の合戦」「光秀」「秀吉」に敗れるという歴史上の大事件が発生、続く6月15日に、「織田信雄」の放火か、終戦混乱時の類焼か、原因は諸説あり不明ですが、僅か竣工後3年にして建物が炎上、灰燼に帰して「幻の天守」となりました。
 その後の「安土城」は一時
「織田信忠」の嫡男、「三法師」の後見として「織田信雄」が居城とします。1年後の天正11年(1583)二の丸には「秀吉」がいまに残っています信長廟を築造しています。翌天正12年3月に「信雄」「秀吉」とが決裂、「家康」を味方にしての「小牧・長久手の戦い」「信雄」が破れて失脚、城も廃城となったようです。
 平成18年4月6日、(財)日本城郭協会から「日本100名城」認定されました。 
 
<城と城下町・発行者品川恵保、日本城郭体系参照>

 ★H9/11/24訪城、H15/12/12再訪、
2度目の訪問で、生憎雨が降りそうでしたが、とにかく団体の見学者をやり過ごしたりして、今度こそ何とか写真が撮れました。嬉しい。見学は大手口から天守台迄登りハ見寺口へ下りた。まず石塁の雄大さに改めて驚嘆する。延々と天守に登る幅広い大手石塁の道、両側の伝秀吉、利家、家康ら重臣達の苔むす石垣に覆われた館跡や門跡、寺社周辺、寂古とした二の丸の信長廟、礎石の残る本丸、8角形の天守台、そして帰路の三重塔や仁王門など、実に見応えありました。しかしかってはここに輝くような天守閣が聳え、大都市が栄えたとは夢のようですね。
 近くの
「信長の館」で天守閣の最上階の復元建物や模型、重臣の館の想定模型など多くの資料が見れます。その隣のレストランでは真珠貝で造ったお城の小形模型が飾られていました。また安土駅前の「資料館」にもやはり模型があり、駅の反対側の広場に「信長の銅像」もありました。一層親しみが湧いたことでした。
 その後継続した発掘調査が行われて、新しい遺構も多く出土して、新しい解明が次々と進んでいます。見学も有料になったと聞きます。
 

[遠景]

[馬洗い池]

[本丸]

[本丸石垣]

  [山王丸曲輪と土塁]

 [山王丸南側石垣]

[堀切]
 [城下景観]

[現地案内図]



♪「けふもまた尋ね入りなむ山里の花に一夜の宿はなくとも」  <浅井長政>
(続武家百人一首)・・HP「千人万首」より

近江
小谷城

odani


















自治体H































別名: なし
所在地: 滋賀県長浜市湖北町伊部
Tel 0749-78-8309 (湖北町教育委員会)
種類・指定: 山城・国指定史跡
築城年: 永正13年(1516)とも大永年間とも
築城者: 浅井亮政
遺構: 輪・土塁・空堀・石垣
 「小谷城」[織田信長の妹、「お市の方」が嫁いだ戦国大名「浅井長政」の居城としてかなり有名な城です。
 東に伊吹山、西に琵琶湖、北に自然の要害、南に豊かな穀倉地帯を抱き、更に交通の要所にあるこの要害堅固な山城は、
「浅井氏」の本拠で3代に亘り修築拡張が重ねられています。
 「浅井氏」の出自には諸説あり、「藤原氏」を称していたとも言い、一般には地名を負う姓氏から、江北の旧家名族とも考えられています。応仁・文明の乱後の大永3年(1523)近江守護職「京極氏」の被官であった初代「浅井亮政」は、「京極氏」の継嗣問題の内紛に乗じ実権を得、その後も天文元年(1532)「六角氏」と和睦、次いで「越前朝倉氏」と結び、その地歩を逐次固めて行ったようです。
 天下布武を目指す
「織田信長」「朝倉氏」攻めの時、3代「長政」「朝倉氏」との同盟関係を断てず、義兄「信長」に叛旗を翻し雌雄を決しました。3年にわたる攻防の末、元亀元年(1570)織田・徳川連合軍との「姉川合戦」により遂に大敗を喫し、以後敗勢となり、天正元年(1573)8月,浅井氏の重臣が次々と「秀吉」側に降誘して離反し、孤立の中、総攻撃を受け京極丸から攻め落とされついに落城、「浅井久政・長政父子」は城にて自刃しました。
 落城後、
「小谷城」には戦功のあった「羽柴秀吉」が入城したが、やがて「秀吉」は今浜に「長浜城」を築き、この城を破毀しました。
 しかし
「浅井氏」の血脈は3人の娘により引き継がれ、「京極高次」「豊臣秀吉」「徳川秀忠」に縁づきそれぞれ戦国のドラマの渦中を生き続けることとなります。
 平成18年4月6日、(財)日本城郭協会から「日本100名城」に認定されました。 
<参考文献:日本城郭大系・定本日本城郭事典>


 ★H15/12訪城、
 
「小谷城」は山城の典型、何かと関心を持ち、期待が多かった城です。駐車場に車を置き比高298mのお城を目指して整備された山道を心躍らせながら登りました。城域近くに案内板などありまず状況が把握でき助かります。やがて連郭式山城で、金吾丸、番所、お馬屋、桜馬場、大広間、本丸、中の丸、京極丸、小丸、山王丸、六坊など上に登るに従い次々と多くの曲輪が現われ興奮します、土塁や堀切、高い石垣や竪堀、虎口や井戸など貴重な遺構が屋根沿いに楽に見学出来ます。崩れた石垣の残石もそのままに残され、保存状態が良く、いかに気遣っているかが良く分りました。遺構が多くこの紙面ではとても表せませんが、信長が3年も攻めたというその堅城さがよく実感できました。
 近江には山城の名城が沢山あるようですが、日本の名城の一つなのではないでしょうか。
 残念なことは、時間の都合で詰の城の
大嶽城(更に560m)に登らなかったことです。
 今回は所要2時間あまり、往古を偲び、廻りきれぬルートの遺構に心を残しながら下城、近くの
「虎御前山の織田軍陣城」に向かいました。

 ★★H20/4/29、再度訪城。
今回は一日掛けて小谷城攻城25周年記念という地元のぶんさんにほぼ全域の案内をして頂き、改めてこの城のすばらしさを満喫できました。大嶽城・山崎丸・福寿丸・大手の清水谷道・月所丸・出丸など見所満載、ぶんさんに感謝、感謝でした。お城は時間をかけてじっくり見るものと改めて痛感。内容はリンクさせて頂いた「ぶんさんのすばらしいHP」をご覧下さい。 

 
[石段の大手道]

[本丸]

 [本丸の折のある虎口]

[平井丸曲輪城戸の石塁]

[平井丸から本丸側への道]
[
[池田丸]

 [山中斜面の石垣]

 [観音正寺からの景観]


近江
観音寺城















町商工会HP































別名: 佐々木城
所在地: 滋賀県近江八幡市安土町石寺
Tel 0748−46−3141(安土町役場)
種類・指定: 山城・国指定史跡
築城年: 応仁・文明年間(1467〜87)
築城者: 佐々木六角氏
遺構: 曲輪・石垣・土塁・井戸・門跡
 「観音寺城」は近江守護職を歴代つとめた宇多源氏「佐々木氏」の本城である。
 「佐々木氏」は鎌倉幕府創業の功績により、近江から中国、四国を中心に17ヶ国を領した名族であり、
「佐々木氏」「京極・六角・朽木」各氏に分れたのちは、この城が「六角氏」宗家の本拠となった。
 城は
「安土城」の東側に聳立する海抜445mの独立峰、観音寺山全域に自然の要害を利して築かれた日本最大級の石垣で築かれた山城だ。
 城内の
「観音正寺」からの眺望はすばらしく、眼下に近江国全域が広がり、この城が戦国時代、穀倉地帯である湖東平野を掌中にして、中山道を扼する政治的にも戦略的にも非常に重要な要衝であることが推察される。
 
「太平記」には建武2年(1332)「佐々木氏頼」奥州から攻め上った「北畠顕家軍」を阻止すべくここに立て籠もったとあり、これが史料での「観音寺城」の初見とされている。当時はこの山岳寺域が臨時の砦として利用されていたという。
  その後の「碧山日録」などによると、応仁文明の乱(1467〜)の時には
「六角高頼」「山名氏」に属して東軍の「細川氏」方の「京極持清」と戦い、しばしば「観音寺城」に籠城したとあり、このころ逐次、城郭の大要が整ったといわれる。
 「六角氏」が湖東を平定し強大になったのは、文明3年(1471)「六角高頼」が同族の箕作山城の「六角政堯」を破って寺社領に進出してからだ。それが幕府軍との交戦に発展、逆に打ち破って室町政権の実力者となった。
 天文18年(1549)には城下町の石寺はわが国最初の
楽市(租税免除)として賑ったらしく、また天文8年(1539)2月の『鹿苑日録』には、この城郭の主殿に2階以上の建物があったことが記されている。

 「観音寺城」は数次に亘り改修されたが、
「六角義賢」の代、鉄砲での戦いに対応するためから、弘治2年(1556)に城の近代化が計られた。石垣石や材木などを徴発したことが史書にも見られ、当時が偲ばれる貴重な史実とされる。
 戦国の栄枯盛衰の例に漏れず、永禄11年(1568)観音寺城の
「承禎、義弼」父子は、将軍「足利義輝」を奉じて上洛した「織田信長」軍への抵抗もむなしく、観音寺山の南の「箕作山城」が陥されるや、ついに城を捨て甲賀へ走り、以後城は廃城となったという。
 平成18年4月6日、(財)日本城郭協会から「日本100名城」に認定されました。
 
 
<戦国の城(西国編)・日本城郭体系・図説中世城郭事典参照>

 ★H15/12/11訪城、
 強烈な印象が残り、3年経った今でも忘れられない名城の一つです。車でなら、中腹まで有料道路が通じていて、Pから参道を15分ほど歩いて観音正寺に着きます。参詣客が実に多いのですが、そこから15分ほどのお城に行く人はなく、このお寺の周辺がすべて有名な城跡であるなど、知る人は少なそうでした。3時間ほど城内を見学しましたが、すべては見れません。日本でも数少ない広大な山城です。
 城跡は堅固な石垣や土塁に囲まれ多くの曲輪の遺構も保存状態がよく、城内にはある程度遊歩道が巡っています。山中の斜面にも樹間越しに高い石垣が見られたり、とにかく、ここまで頑張って来た甲斐がありました。
「安土城」に近いのでセットでの見学できるお勧めの城です。 

[本丸]
 [二の丸の千早神社]

[険しい登城道]

[登城口説明板]


♪「帰らじと兼ねて思へば梓弓 なき数にいる名をぞとどむる」

<楠木正行22歳没・辞世歌・四条畷合戦に赴く際、吉野の如意輪寺の門扉に矢じりで彫ったことも有名である。その時決死の覚悟の一族・郎党143名の名前を記入した過去帳と自らの遺髪を奉納する。>

♪「とても世に 永らうべくもあらう身の 仮のちぎりを いかで結ばん」
<楠木正行が後村上天皇よりの弁内侍賜嫁を拒否








河内
千早城















自治体HP











案内図


















別名: 楠木詰城・金剛山城
所在地: 大阪府南河内郡千早赤坂村千早
Tel 0721-72-0081(産業振興課)
近鉄長野線富田林駅から「金剛山ロープウエイ前」行きで「登山口」下車30分
種類・指定: 山城(標高673.9m、比高175m)・国指定史跡
築城年: 元弘2年(1332)
築城者: 楠木正成
遺構:
 「千早」は昔より大和五条と南河内とを結ぶ千早街道を扼する交通、軍事の要衝でした。 
 歴史に名高い
「楠木正成」「千早城」
千早川の渓谷を利用して、三方を峻険な深い谷に囲まれ5つの曲輪を設けた山城です。
 城の背後にはわずか一筋の金剛山へ通じる道があるのみです。小城とはいえ、無策に攻めれば多大な犠牲が想定される縄張りでした。
 元弘2年(1332)2月、
「楠木正成」「赤坂城塞群」の本城「上赤坂城」が落城したので、最後の防衛点であるこの詰城に籠城して再起を計りました。
 そして攻め寄せる幕府軍に抗して、日本の戦史に残る知略、謀略を尽くした防衛戦を繰り広げました。
 その様子は
『太平記』に細かく描かれていますが、山城のもつ構築物がいかに効果的に敵の攻撃を防ぐかを実演して見せ、後の「軍学や城郭史に大きな影響」を残したといわれます。
 この城で
「正成」は100日間籠城し、数万という鎌倉勢を僅か数千の少勢で釘付けにしました。
 鎌倉幕府の大軍が
「千早城」一つを攻めあぐねている間に各地では反幕勢力の蜂起が相次ぎ、隠岐に流されていた「後醍醐天皇」も島を脱出して伯耆の「名和長年」に擁され「船上山」にて挙兵し、「足利高氏」も丹波篠村で幕府に叛旗を立てました。時を擱かず東の上野国から「新田義貞」らが鎌倉へ攻め込み、5月29日には鎌倉幕府を滅亡に追い込みました。
 この後、政争が繰り返され
「湊川の戦い」「正成」が討ち死にしますが、「千早城」「楠木氏」の本城として存続、「正行」「正儀」を経て、明徳3年(1392)城主「正勝」の時、「畠山基国」の兵に攻められ落城、築城以来60有余年で廃城となりました。
 今でも地名には鎌倉幕府軍が城の攻略のために橋を架けようとしたところに
「架け橋」、また「馬駆場」「大手前」など謂れのある名称が残っているといいます。
 平成18年4月6日、(財)日本城郭協会から「日本100名城」に認定されました。 
 
<参考文献:日本城郭大系・日本城郭史(鈴木亨・東洋書院)他>

 
★H13/2/10訪城、
少年期に戦記本から強烈な影響を受けた歴史ロマンに溢れる千早城、とうとう還暦過ぎての攻城となりました。感慨無量でした。
 登山口より1.5k、430余段の大手道を登ります。本格的山城の初登城の経験で、きついやら、楽しいやらでした。「楠木正成」という武人は、戦前まではわが国の忠臣の代表的人物で、お陰で敵役の「足利尊氏」は優れた政治家でありながら、近年までお気の毒に歴史上の大悪臣のようなレッテルを押されていました。しかし今ではその評価が見直されています。
 「正成」は有名ながらその出自は不詳のようです。太平記を信じての話ですが、かなりの軍略家でした。怒涛のごとくしゃにむに攻める大軍に、崖から大石や大木を落として数千人の死傷を与えたり、敵に2重の城壁の模擬外壁を倒させたり、藁人形に偽装の甲冑を着せて欺いたり、誠に不思議なほど攻めての無知を笑うが如き機略を成功させています。
 そそり立つ山城郭に立ち、眼下を見下ろせば、かつての歴史上の主人公かのような錯覚におちいりそうになったことでした。
 H18、
「千早城」は(財)日本城郭協会より日本100名城に選定されました。善哉。

[切込接算木積み石垣と虎口]

[枡形虎口前景]

[天守台]

[天守台上部]

[登城道]

[積み方違う傾斜地石垣]

[熊野川景観]

[現地説明板]


♪「高く立ち 秋の熊野の海を見て 誰ぞ涙す 城の夕べに」
<城址の与謝野寛詠碑より>
紀伊
新宮城













観光協会HP



















別名: 丹鶴城・沖見城
所在地: 和歌山県新宮市新宮字丹鶴7688-2
Tel 0735−23−3333
(新宮市教育委員会)
JR新宮駅より徒歩8分
種類・指定: 平山城・市指定史跡
築城年: 元和4年(1633)
築城者: 浅野忠吉
遺構: 石垣・堀・天守台・井戸
 「新宮城」は和歌山県の東南端、三重県境に接した熊野川河口を背にした高台にあります。
 城跡は河口をこえて東に熊野灘を一望できる景勝地で、別名
「沖見城」ともいわれました。また当地は昔はよく鶴が舞い下りて「田鶴原」と呼ばれていました。
 平安時代の末、熊野三山を支配していた当地の
「熊野別当」の娘が、「八幡太郎義家」の孫「源為義」に通われて一男一女をあげ、その女の子の名前が「丹鶴たづる姫」といい、成長して「第19代熊野別当行範」に嫁いだことから、この丘が丹鶴山と呼ばれ、城も「丹鶴城」といわれました。
 また源氏挙兵を
「頼朝」に勧めた、かの「新宮十郎行家」は丹鶴姫の弟(子)ともいいます。
 現在城跡は景勝
「丹鶴公園」として人々親しまれています。
 
「新宮」の歴史は古く、平安時代以降勢力を誇った「熊野別当」が根拠を構え、南北朝時代には源氏の子孫である「新宮周防守」がこの地を支配していました。
 その後戦国時代に奥熊野を統一した
「堀内氏」の根拠地となりました。
 「堀内氏」が関ケ原の戦で敗れると、代わって戦功のあった
「浅野幸長」が紀伊一国を与えられ入国します。
 元和元年(1615)に一国一城令で一旦廃城となった
「新宮城」に、元和4年(1633)幕府より特に再建許可が下り、「幸長」の次男「浅野忠吉」が2万8千石を分封されて入城、丹鶴山に新たに「新宮城」の築城をしました。
 ところが翌年
「忠吉」は安芸三原に転封、工事は中断して、元和5年(1634)紀伊に「徳川家康」の10男、紀州藩主の初代「徳川頼宣」が入国するや、付家老である「水野重仲」が代わって入城、この築城工事を継続しました。凡ての完成を見たのは何と34年後の寛文7年(1667)3代城主「重上」の代といわれます。
 その後、
「新宮城」「水野氏」10代相次いで、名君にも恵まれ善政を敷いて明治に至りました。
 
<参考:日本城郭大系・日本の名城・古城もの知り事典・観光協会HP>

 ★H19/2/17訪城、
 地理的に紀州東南端のため、遠方でなかなか機会もなく今年の城めぐりはじめにやっと攻城できました。車で相模から夜行でまず早朝新宮に行き、それから東進、伊勢志摩へ戻る訪城ルートです。
 
「新宮城」は高台にあり、本丸を中心に鐘の丸、松の丸を連ね、これらの曲輪下には二の丸を置き、主要部はじめ傾斜面を見事な石塁で技巧的に固めた縄張りです。城郭の北は熊野川が天然の掘割の役目を、南は日和山の丘が塁壁をなし、北に水の手を置き、船の出入りの便を計るなど、自然地形を最大に利用した名城のようでした。
 詩人の
「佐藤春夫」はこの城をこよなく愛してやまず詠ったといいます。
 古人はやっと完成したこの城郭の累々たる石塁の上の美しい天守から、何を見ていたことでしょう。

 
 [登城口、脇には置塩家墓所]

[現地案内図]

[山頂の本丸]

[二の丸と三ノ丸間堀切]

[二の丸土塁]

[南西の大石垣]

[本丸西曲輪石垣]

[登城口前の河川運動場に休日で花見を兼ねた多くの家族連れ]
播磨
置塩城
















姫路市HP


マピオン地図

























別名: 藤丸城
所在地: 兵庫県姫路市夢前町宮置・糸田
Tel 0792−21−2786(市文化財課)
指定・指定: 山城・国指定史跡(H10/1)
築城年: 文明元年(1469)
築城者: 赤松政則
遺構: 空堀・石垣・土塁
 「置塩城」姫路の北方約10km標高370mの姫路市街が一望できる景観のよい「置塩山」の頂上にあります。
 嘉吉元年(1441年)播磨国、美作国の守護
「赤松満祐」は時の将軍「足利義教」を自邸に招き暗殺した「嘉吉の乱」の事後、幕府軍に敗北して没落します。 
 文明元年(1469)その子孫の
「赤松政則」「応仁の乱」に乗じて「細川勝元」側に与し再び勢力を挽回、代々の居城であった「白幡城」に変えてこの「置塩山」に新城を築き本城としました。 
 そして播磨に攻め入り政敵の
「山名氏」から旧地の播磨・備前・美作を奪回し守護ともなります。
 その後、「置塩城」は度々の戦乱を経ますが、天正8年(1580)の「織田信長」の武将
「羽柴秀吉」の播磨平定に至るまで、「赤松氏5代百余年の居城」となりました。
 また周辺に多くの支城や構えを置き、南麓に城下町が形成されました。
 この時、5代目城主の
「赤松則房」「秀吉」に降り、阿波へ転封となります。
 「置塩城」城への攻撃は免れましたが、やがてその施設は天正9年(1577)
「秀吉」「姫路城」築城の時、用材をすべて持ち去られ廃城したといわれます。
 城山の山頂部には現在でも4ha以上にわたり、曲輪・城道・石垣等の遺構がよく残っており、播磨では最大規模を誇ります。平成13〜17年の発掘調査により、伝ニの丸跡から
「庭園遺構」「大規模な建物跡」や、また、最も高い位置にある伝本丸跡からは「堅牢な建物跡」が発見されており、「赤松氏」の室町時代から受け継ぐ権威、文化レベルの高さが窺われています。
 城は自然地形を利用し、主郭の虎口付近の石積みを除くと築城初期の防御施設がほとんどといわれ、散在する土留めの石垣や、大手口の石段、井戸、折のある土塁や掘割など見所が多く山城フアンにはお勧めのお城です。
 

<日本城郭体系・図説中世城郭事典・市HP参照>

 H18/4/9訪城、
 兵庫には中世の名城が多く、今回は
白旗、感状山、上月、光明山、岩尾、黒井、八木各城見学でき大満足でした。
 その中でも、とりあえず忘れられない
「置塩城」を紹介させて頂きました。
 
「櫃蔵神社」の近くの登城口から「城跡へ18丁」の標石があり本丸(主郭)まで50分ほどでしょうか。縄張りはそれぞれの尾根方向に連郭式に伸びる曲輪が60ヶ所とか大城郭です。
 
「伝本丸」は東方面に一際高く離れてあり、絶壁の頂部に土塁を持たない方形の平場で、ここからの眺望は360度で晴れの日は気持ちよい眺めでしょう。胴体部の「二の丸」の方は折のある土塁の造りなどから、後期改修での主郭であったかと推測されているようです。
 とにかく標識も多く、整備もよくすばらしい中世の山城でした。
 


[市パンフレット縄張り図]

[城域へ]

[物見岩から南曲輪主郭方面を]

[二の丸土塁]

[T曲輪]


[北U曲輪]

[威圧感がある南曲輪の半円型石垣]

[崩落石が見られる段曲輪石垣]

播磨
感状山城



























姫路市HP


マピオン地図







別名: 瓜生城、下原山城
所在地: 兵庫県相生市矢野町森、瓜生
Tel 0791−23−7144(市生涯学習課)

JR相生駅から神姫バス榊行き20分、瓜生下車徒歩20分羅漢の里登山口より城跡まで30分
指定・指定: 山城・国指定史跡(H8/3)
築城年: 鎌倉時代
築城者: 瓜生左衛門尉か赤松則祐
遺構: 曲輪・石垣・石塁・建物跡・井戸
 「感状山城」は標高301mの山陽道を臨む感状山(瓜生山)の屋根上に築かれ、見事な「総石垣」で築かれた西播磨地方の代表的な中世の山城です。
 規模雄大で眺望もよく、遺構が比較的損なわずに遺された貴重な戦国の城の一つでしょう。別名を
「瓜生城」ともいいました。
 築城された時期については、
『播磨古城記』『岡城記』などによると、、鎌倉時代(1192〜1333)に「瓜生左衛門尉」が築いたとする説と、建武3年(1336)「赤松円心(則村)」の三男「則祐」が築いたという2説があります。
 建武年間(1334〜1336)
「足利尊氏」を追討していた「新田義貞」の率いる軍勢が「感状山城」に攻め寄せました。この時「赤松則祐」「感状山城」に籠城して新田軍を引きつけて奮戦50余日にわたり足止めをしました。
 
「尊氏」がやがて西国で再挙して東上した戦いにも「則祐」は先陣を受け持って勝利に多大の貢献をします。
 
「尊氏」は天下統一後、その重なる功績に対して「感状を与えた」のです。
 以後は
「瓜生城」「感状山城」と呼ぶようになったといいます。
 その後城には、
「岡豊前守」「赤松義村」が在城し、ついで「晴政」「義祐」と経て「則房」に至りますが、天正5年(1577)「羽柴秀吉」の播磨攻略に遭いこの城も落城したと伝わります。
 「感状山城」は総石垣による曲輪の構えから、当初のものでなく、後世に改修を加えたもので、戦国時代(1467〜1568)にこの周辺を支配した
「宇喜多(浮田)氏」の手で改修されたのではないかという説もあります。
 この城は屋根上に築かれた
「直線式梯郭城」で、各曲輪を囲む石垣は野面積みで高さ3,4m平均で、石垣技術の未成熟期に造られたものでしょうか隅石が鈍角で直角でありません。崩れた石も山腹にごろごろしていますが、南曲輪には全長21mに及ぶ石垣も残っていて驚かされます。
 発掘調査の遺構で特筆すべきはT曲輪の
「本丸御殿跡」、南U曲輪の「隅櫓と大規模な建物礎石群」、V曲輪群からの「倉庫跡」と、その周辺から出た「瓦」などが検出されたことでしょうか。これからも更に歴史の解明が進むことでしょう。
 <日本城郭体系・図説中世城郭事典・市HP参照>

 H18/4/8訪城、
 
少し遅くなりPM4時30分からの攻城でした。下山したのが夕暮れの6時でした。
 
「羅漢の里」の食堂で市の資料を入手出来助かりました。「登城口に記帳ノート」があり、拝見すると、何と同郷のお城仲間のまことさんがほんの数日前に記帳していてすれ違い、頑張っているなぁと感服したことでした。
 とにかくすごい石垣、石垣のラッシュのお城で縄張りや山容もすばらしく、古城の雰囲気たっぷり、いいお城だと感動しました。
 機会があればもう一度ゆっくり訪城したい城です。
 城名も面白く気に入ってます。

[現地縄張り図]

 [竪土塁]

[喰い違い堀切と土橋]

[堀切]

[石垣1]

[主郭]

[深い堀切]

[石垣2]

[登城口]

[原の集落から城山を]


















摂津
芥川山城

















高槻市








案内図

































別名: 芥川城・原城・三好山城
所在地: 大阪府高槻市原(三好山)
Tel (072)674−7111(教育委員会)
JR高槻駅から市バスで「塚脇」下車、城跡まで徒歩で30分程
種類・指定: 山城 (標高182m、比高70m)
築城年: 永正12年(1519)
築城者: 細川高国
遺構: 輪・空堀・土塁・石垣・土橋・竪土塁
 「芥川山城」は、摂津峡東岸に聳える参階上約00m四方に展開する戦国時代屈指の城郭です。
 けわしい地形を巧みに利用して土橋や土塁、石垣を随所に構築し、最高所に主郭、防御正面に追手を配置した壮大なつくりになっています。三島平野の最奥部に位置し、芥川越しに淀川流域を一望できる城構えは、実戦に対応する山城の面目躍如たるものがあります。
 16世紀前半(永正年間)に、室町幕府の管領、
「細川高国」配下の「能勢氏」が西国勢と北摂津武士団への備えとして築いた城砦にはじまるとされますが、本格的な山城となったのは、天文22年(1553)、阿波徳島から攻め上ってきた「三好長慶」が管領「細川晴元」を擁し入城したときといわれます。
 その後、
「長慶」「晴元」を追放、永禄3年(1560)に「河内飯盛城」(四条畷市・大東市)に移るまで、この地を根拠に畿内近国八ヶ国を支配しました。
 
「長慶」は芥川の灌漑用水整備など領地支配にも力を注ぎ、真上・郡家の「水論採決状」「井出絵図」は市の有形文化財に指定されています。
 また連歌や茶の湯を愉しみ、堺の文化人と交わる一方、キリシタン布教を認め、家臣が集団で洗礼を受けています。
 
「長慶」の後、その子「義興」が城主になりますが、永禄6年(1563)に死去。
 永禄11年(1568)の
「織田信長」の摂津進攻により、「三好一族」は放逐され、「和田惟政」が城主となりますが、翌年、「高槻城」へ移り、「芥川山城」は廃されました。
 
主郭の発掘調査では礎石を配した立派な建物跡を検出したのをはじめ、陶磁器、銅銭、碁石などが出土しています。
 都市化がすすむ高槻にあって、広大勇壮な往時の姿を伝える「芥川山城」。私たちは郷土の歴史を語るこの貴重な文化財を大切に守り伝えていかなければなりません。

 
(平成16年・高槻市教育委員会の現地説明板より転載) 
 平成20年、小学館発刊、村田修三監修、縄張りから厳選「日本名城百選」の一つにも選ばれています。 
 
<参考文献:日本城郭大系>

 
★H18/2/11初訪、H19/3/24再訪、
 す。
 「芥川山城」は再訪してその遺構の良さをほぼ見学できました。大きな土塁をめぐらした曲輪、長大な竪土塁(登り土塁)、喰い違いの堀切と土橋や、巨石も見られる石垣、2重堀切や大堀切など見所が随処にあります。かなりの広域な城で、高所地から四方に分岐して多くの階段状の曲輪がつくられ、見落としもまだかなりありそうでした。 
 上記説明板記の廃城期について、日本城郭大系により少し補足すると、「和田惟政」は元亀2年(1571)「白井河原の合戦」「池田・荒木村重」に破れて「中川瀬兵衛清秀」に首を取られ戦死、その後、長子「惟長」「芥川山城」「高槻城」も併せて継いでいましたが、元亀4年「高山右近」によってついに城を追われ、代って
「高山氏」が城主となったといいます。「芥川山城」の廃城はこの頃のようであり、およそ60年の城史が閉じたとあります。
 さて
「登城道」なのですが初訪は「高槻城」を見学後、車で向いました、原の集落の目標は「高槻黄金の里老人ホーム」なのですが、一車線の道に入るのでちょっと迷いましたが、ホームを過ぎた先、すぐ右側に登城口の標識があり、その道下に幸運にも駐車余地があり助かりました。2度目は「お城めぐりフアン」の関西オフの参加で歩きでした、地元の幹事さん方に大変お世話になりました。
 



トップページへ

ご意見/ご感想はこちらまで