九州・沖縄地方の名城




熊本 熊本城」人吉城」肥後富岡城
福岡 「小倉城」福岡城」大野城」・「豊前長野城」「長岩城」
佐賀 「唐津城」佐賀城」名護屋城」・「☆吉野ヶ里」・「岸岳城」
長崎 島原城」平戸城」「福江城」「清水山城」「金田城」
大分 「中津城」岡城」「杵築城」大分城」豊後臼杵城
宮崎 「綾城」「延岡城」飫肥城」
鹿児島 鹿児島城」「志布志城」「知覧城」
沖縄 首里城」今帰仁城」中城城」
印・・・は(財)日本城郭協会選定「日本100名城」

        写真をクリックすると、拡大表示します。

 












♪「お城は石垣七重に八重に 堀は深堀武者返し」
<民謡・肥後五十四万石の一節>・・日本古城名城物語より。

「熊本に石ひきまはす茶臼山 敵にかとうの城の主かな」

<清正が喜んだといわれる狂歌>・・海音寺潮五郎、日本名城伝より。







肥後
熊本城










自治体HP






















別名: 銀杏城・千葉城
所在地: 熊本県熊本市本丸町、二の丸町Tel 096−352−5900
種類・指定: 平山城・国特別史跡
築城年: 慶長12年(1607)
築城者: 加藤清正
遺構: 石垣・門・堀・宇土櫓〔重文)・土塀・本丸・二の丸・数奇屋丸
 「熊本城」は戦国の名高き名将「加藤清正」によって、慶長6年(1601)に着工、なんと7年の歳月をかけ築城された日本三大名城の一つだ。 城域98万平方メートル(当時)、7層6階の一の天守閣、2層4階のニの天守閣・櫓49・櫓門18・城門29の壮大無比、世界に誇れる城である。
 名築城家、
「清正」が技術を結集して築いた清正流石垣は「武者返し」とも呼ばれ上部に急勾配の反りがあり、その曲線美はなんとも言えない芸術的な感興がある。
 寛永9年(1632)
「加藤氏」「清正」亡き後2代「忠広」の時幕府より不都合があるとされ改易された。
 代わっては
「細川忠利」が小倉より54万石で入封され、以降明治4年まで11代239年間「細川氏」が代々世襲し居城とした。
 細川家のとき、剣豪の
「宮本武蔵」がこの城で晩年を過ごしたとも言う。
 明治10年(1877)
「西南の役」に際しては「西郷隆盛」率いる薩摩軍を相手に50日余も籠城して固守、難攻不落の城として真価を発揮したが、惜しいことにその時に原因不明の失火があり、宇土櫓他12棟のみを残して多くを焼失している。  
 平成18年4月6日、(財)日本城郭協会から「日本100名城」に認定されました。 

 ★H10/8/13訪城、
 S35年天守閣が復原、一の天守閣とニの天守閣からなっています。重文の
「宇土櫓」は貴重な遺構で「第三の天守」(3層5階)とも呼ばれ、かっては宇土城の天守閣を移築したと伝えられていましたが、現在では熊本城創建当時から今の場所に立っていたということが調査で分ったようです。
 ★★H14年11月に幸運にも晴天に恵まれ再訪できました。地元の熊本城大フアンの夏先輩に詳しくご案内頂きラッキーでした。
 壮大な天守群の構成と美観は勿論、20mもある高石垣とその曲線美、また刻印石や、めったに見れないお城のトイレまで、見所にこと欠かない。見学の3時間があっという間に過ぎました。
 城内二の丸側の4つの櫓と門などの復元工事も急ピッチで行われていました。
 最後に隣地の隈本古城の遺構の石垣などもついでに見学出来ました。こちらも最近遺跡の発掘調査で貴重な出土品がでたもようです。
 清正公の毅然たる銅像もすこし離れてありますが、やはりこの城のシンボルの一つでしょう。この名城の魅力は何度訪城しても見尽せないと感銘しております。

 ★★★15/3/30再々訪、本丸にて夜空に浮かぶ熊本城を見ながら、九州のお城ファンの方々と楽しい花見の宴が出来、良い思い出が出来ました。皆さんにすっかりお世話になりました。
 H20年4月には御殿も復元され、いつか再訪できたらと夢見ています。
 今やささやかな一口城主でござる。

<模擬天守>




肥前
唐津城













自治体HP
















別名: 舞鶴城
所在地: 佐賀県唐津市東城内
Tel 0955ー72ー5696
城の種類: 平山城(島城)
築城年: 慶長7年
築城者: 寺沢広高
遺構: 石垣・天守台・本丸
 「唐津」の地名は古くから唐の国へ向かう船の集まる゛津″(港)から来たらしい。
 玄界灘に望む要衝として、この辺りに勢力を張った
「松浦氏」の水軍の基地でもあり、一族の「波多氏」の城があった。
 文禄2年(1593)
「岸岳城」を本拠としていた「波多守親」は朝鮮に出兵していたが、「秀吉」の不興をかい改易された。
 代わって慶長7年(1602)秀吉の臣「寺沢志摩守広高」が入封、それまでの「岸岳城」があまりにも峻険でもあること、また秀吉の朝鮮出兵の本営である「名護屋城」の後詰の城として「唐津城」築いた。
 虹の松原に続く松浦・波多川の砂州上の海抜43mの満島山に7ヶ年を要して、川の大改修や土地の造成も併せて行い築城したという。
 城は白砂青松の美しい東西の浜を両翼にして別名「舞鶴城」とも呼ばれた。
 
築城には九州諸大名の援助を受け、今でも諸藩の名を付した長州堀、佐賀掘、肥後堀、薩摩堀などの地名が残されている。また資材は
「名護屋城」の解体資材が多く用いられたという。
 寛永14年(1637)
「広高」の子の「堅高」の時、「天草の乱」が起こり不手際により領地は没収のうえ自刃してお家は断絶した。
 その後大久保・土井・水野と城主が代わり文化14年(1817)
「小笠原長昌」が6万石で入封して以降、6代世襲して明治維新を迎えた。
<参照:日本の名城の旅・井上宗和著>

 ★H10/8/13、
 昭和41年、5層5階の優美な模擬天守閣が建てられ郷土資料館となっている。天守から美しい唐津湾と海洋が一望でき感動する。城下町も合わせて再度訪問したい。

<復興天守>



<大手門跡>


<埋門跡>



<天守より>



























豊前
小倉城
















自治体HP





















別名: 勝山城・勝野城・指月城・湧金城・鯉ノ城
所在地: 福岡県北九州市小倉北区城内
Tel 093−561−1210〔資料館)
城の種類: 平城
築城年: 慶長7年(1602〜)
築城者: 細川忠興、39万9千石
遺構: 石垣・堀・天主台
 「小倉」は九州の玄関口であり、軍事、交通、商業の要地であったため戦さが多かった。
 「小倉城」は諸説あるが鎌倉時代、この地の豪族
「緒方惟重」がここに城を築いたという。
 その後城主交替が実に多くされている。
 城は永禄12年(1569)中国の「毛利氏」によって当地に築かれ、その後「高橋鑑種」が入城、天正14年(1586)
「秀吉」の九州討伐の際、城主「高橋元種」は小倉城を開城、秀吉に降った。九州平定のため「秀吉」「毛利勝信」に6万石を与え居城させた。
 しかし
「勝信」は秀吉の没後、関が原の戦いで西軍に属して出陣中の留守を豊前中津城主「黒田如水」に攻撃を受け除封となった。
 その後筑前を与えられた
「如水」に代り、慶長5年(1600)関ヵ原の戦功により、「細川忠興」が39万9千石の大名として「中津城」に入国したが、「忠興」は貿易、政治に適した「小倉」の地を定め2年後から40万石にふさわしい「小倉城」の大改修に着手、ここに壮大な城造りを行った。
 寛永9年(1632)配置替えにより
「細川氏」は熊本に移り、「小笠原氏」が明石より入国して、城下町は一層整備された。以後世襲して明治に至った。
 幕末期の慶応2年(1866)には政乱激動して「高杉晋作・坂本龍馬」らの長州藩側に攻められあえなく敗れた。
 
「天守閣」「唐造り」と呼ばれ、4階と5階の間に庇がなく、5階が4階より大きく外にはみ出して、破風の無い独特の造りで、津山・高松城の手本にもなり、石垣は野面積みで素朴「忠興」自慢のものといわれたが、惜しくも天保8年(1837)火災により全焼して後は再建されなかった。
<参照:お城のパンフ・日本の名城の旅・井上宗和著>

 ★昭和34年天守閣(4層6階、内部は展示室)と続櫓が再建され細川氏自慢といわれる野面積の石垣と共に往時を偲ばせてくれます。城跡は勝山公園となり桜祭りも催される市の名所です。公園内には当地が生んだ大文豪
「松本清張氏」の偉大な業績を称えて「松本清張記念館」なども建設されています。

 ★★15/4/1熊本城の帰途再訪、
 桜祭りの最中で、城内で宮本武蔵展が開催されてました。
 館内でしばらくかっての城下町のビデオを見て、小倉の歴史を少し知ることが出来ました。今回改めて石垣をよく見学しましたが、野面積みの石垣も見応えがあり、復元天守とともになかなか威容のあるお城です。
 石垣の間に井戸があるのは初めてです。
復元されていた着見櫓は「つきみ亭」という料亭が利用してます、贅沢なものです。開店前でしたがきっと食事も旨いんでしょう。周辺は大変な建築ラッシュで残念ながら高層ビルからお城が見おろされてました。

<復興天守>


















肥前
島原城








自治体HP










別名: 高来城・森岳城
所在地: 長崎県島原市城内
Tel 0957−62−4766
城の種類: 平城
築城年: 元和4年(1618〜)
築城者: 松倉重政
遺構: 石垣・堀・土塁・本丸・二の丸
   「島原城」は雲仙岳の裾野の森岳にあり、「島原の乱」で有名な哀史を秘める城だ。
 雲仙普賢岳の噴火で全国的に注視された島原市は
「島原城」の城下町から発展した。
 島原半島は代々
「有馬氏」の領地であったがキリシタン政策に失敗して慶長17年(1612)「有馬氏」は日向「延岡城」に転封された。
 「島原城」は元和2年(1616)に築城の名手
「松倉重政」が6万石で入部、有馬氏の支城があった「浜の城」付近を選び「原城」などの各村にあった城を壊し、一国一城令の幕令に応え元和4年(1618)から延べ百万人といわれる人夫を動員して、7年を費やして築いた城である。
 城は7つの城門と33の平櫓を構え、外郭には二百八十一軒の武家屋敷が並び、この面影は城下に今も一部残っている。内郭には16の櫓、、本丸には五層の天守があったという。
 
「重政」は領民に重税を課し、キリシタン弾圧があまりにも過酷であったため、寛永14年これに反抗した信徒たちが、「天草四郎」を盟主として、有名な「島原の乱」を起こした。島原の乱は収まったが「松倉家」はその責任をとり断絶した。以来城主は「高力・深溝・戸田氏」と代わり、安永3年(1774)「深溝忠怒」が7万4千石で入封して世襲し明治に至った。
 平成18年4月6日、(財)日本城郭協会から「日本100名城」に認定されました。 
 <参照:日本の名城の旅・井上宗和著>

 ★H10/8/14訪城、 
 昭和35年天守閣
(島原資料館)が、装飾的な破風の無い層塔風総塗込式で復元され、美しい白亜の勇姿を見せて市のシンボルとなっています。また昭和48年巽櫓なども次々と復元され、郷土の大彫刻家「北村西望氏」の展示記念館ともなっています。歴史を思うと悲しいが、美しい城下町の雰囲気のある街でした。城下の鉄砲町には藩政時代の武家屋敷が残され公開されていました。











「おもいをく 言の葉なくて ついに行く 道はまよはじ なるにまかせて」
<黒田如水の辞世歌・59才没>

「此ほどは うき世の旅にまよいきて いまこそかへれ あんらくの空」
<黒田長政の辞世歌・56才没>・・本山一誠著「黒田如水と二十五騎」より

筑前
福岡城



















自治体HP





別名: 舞鶴城
所在地: 福岡県福岡市中央区城内
Tel 0927−11−4111(市観光課)
種類・指定: 平山城・国指定史跡
築城年: 慶長12年(1607)
築城者: 黒田長政
遺構: 天主台・櫓・石垣・土塁・堀
 「福岡城」は関ケ原の戦いの功績により、筑前52万石となった「黒田長政」が軍略家で築城家でも有名な父「如水」と共に、慶長6年(1601)築城した城である。
 6年の歳月を要して、慶長12年(1607)天守閣こそないが
「舞鶴城」と呼ばれる美しい城が完成した。
 城郭は九州随一で内堀は25万平方米あり、その外側に城下町を包含する外堀・入り江・那珂川があった。本丸の壮大な天守台には、幕府への遠慮からか天守閣こそ建てなかったが、城内には祈念・月見・潮見・武具の他大小47の櫓、10以上の門を構えたという。
 朝鮮の堅城、「晋州城」を手本にしたとも言われ、また熊本城を築いた剛胆な
「加藤清正」が感歎したともいわれる。地名も「黒田氏」の出身地の備前邑久郡福岡郷に因んで「福岡」と名付けられ現在まで使われている。
 
「黒田家」はその後お家騒動などに巻き込まれたりしたが、この名城に12代260年世襲して明治に至った。
 現在残る
「重文」の二の丸南郭にある「南丸多聞櫓」は江戸時代から残っている数少ない建物である。この多聞櫓は16の小部屋が独立しており、石落としのみで窓がない部屋もある。
 その他で石垣と内堀が残っている。
 平成18年4月6日、(財)日本城郭協会から「日本100名城」に認定されました。 

 ★
「黒田如水」といえば、「竹中半兵衛」と共に戦国一流の軍師として有名ですが、その異彩故、主人の「秀吉」に警戒されるほどの人物だったようです。「家康」にも「自分に続く者があるとしたら如水であろう」とやはり懸念され、一目置かしたほどの軍略家だったともいわれます。茨木城主「荒木村重」「信長」に謀反の時、和平の説得に行きまして逆に牢に入れられて足を損なったりしたが、「秀吉」の島津平定の際の戦功により、「中津城」12万3千石を拝領しました。
 
「如水」は城の完成間近の慶長9年に没しますが、その子「長政」も名君と言われ先代の遺訓を忠実に守り、この城の完成を早めたとのことです。

 ★私も誰もいない静かな石塁にたって過ぎた昔にしばし浸りました。大手門は最後になりましたが部分的に残されていて少し乱雑になってましたが、周辺の水堀には蓮が密かに咲いて居りました。
 帰りに城下で
「黒田節」で有名な黒田家の家臣「母里太兵衛」屋敷の長屋門も覗けました。

 ★H22/2/25 再訪
対馬、壱岐の城めぐりの合間に、その豪壮な石垣を見ながらお城を一巡しました。あらためてその威容さに感嘆しました

<享保11年の鯱の門>

「鈍劣 余の如きも、亦凡ならず」

<鍋島直正(閑叟)の辞世の言葉>

「武士道というは死ぬことと見つけたり、二つ二つの場にて早く死ぬほうに片づくばかりなり」

<鍋島藩士・学者 山本常朝>


「ただ皇天后土の わが心を知るのみ」

<江藤新平佐賀の乱の後すべてを諦観、神々の支配する天地ばかりが我が本心を知るとの意。41歳没>・・中西進著『辞世の言葉』より
肥前
佐賀城












自治体HP








別名: 栄城・亀甲城・沈み城
所在地: 佐賀県佐賀市城内
種類・指定: 平城・県指定史跡
築城年: 慶長6年(1601)
築城者: 鍋島直茂・勝茂
遺構: 鯱の門(重文)・石垣・堀・天守台
 「佐賀城」は慶長6年(1601)「鍋島直茂・勝重父子」により「龍造寺氏」の本城だった「村中城」を拡張して12年を要し慶長18年に完成した城である。
 本丸に5層の天守があった。別名
「沈み城」とも言われ、城は自然を利用した要害であり、クリーク(小運河)に囲まれ、いざ攻めこまれた時は田布施川の水を引き、本丸を除いて水没する仕組みになっていた堅城だったようだ。
 維新時の佐賀藩主
「鍋島閑叟」は藩の改革をして、倹約を第一とした藩政を行ったため殖産産業が盛んになり、日本最初の洋式反射炉を構築して大砲の鋳造などに成功、近代的軍事兵器の開発をして、薩長の後塵を拝しながらも維新の大きな原動力となった。
 城は度々の火災で天守や本丸二の丸が焼失し、廃藩後の明治7年(1874)には征韓論に敗れた
「江藤新平」らの「佐賀の乱」で再びほとんどが焼失された。
 名城と言える程の遺構は少なく、重文の青銅製の鯱が乗る
「鯱の門」(1726建造)と、石垣が使用されたのは天守台と本丸北と西側のみで、城周囲に防備上の主役となった幅80m程の長大な美しい堀がよく残されている。「鯱の門」には佐賀の乱の襲撃で受けた弾痕が遺されて有名。
 平成18年4月6日、(財)日本城郭協会から「日本100名城」に認定されました。 

 ★H10/8/13、
 佐賀と言えば葉隠武士で有名だ。
「武士道といふは死ぬことと見つけたり」を信条とする鍋島氏の家訓である。死ぬことを全く恐れない体質を持っている集団とは、いまの時代では考えられないのですが、そういう覚悟っていまでもいい意味で施政者には必要かも知れませんね。
 現在、見事な本丸御殿が復元され、県立佐賀城本丸歴史館として幕末に活動した佐賀城に関係する資料なども展示されて見学者も多いようです。

<模擬天守>


<天守より>


<天守より>


















豊前

中津城













自治体

















別名: 扇城
所在地: 大分県中津市中央区二ノ丁本丸
Tel 0979−22−3651
城の種類: 水城
築城年: 天正16年(1588)
築城者: 黒田孝高(如水)
遺構: 本丸・石垣・堀・模擬天守
 「中津城」「黒田如水」が九州平定を果たした「秀吉」の命により、鎌倉時代以来の城主「宇都宮氏」に代わって、豊前6郡16万石を拝領して、周防灘に臨む中津川の河口に新たに築いた城である。
 しかし旧勢力の
「宇都宮鎮房」らの抵抗に遭い平定にはかなり苦心したようだ。
 天正17年(1589)春、娘婿となっている
「宇都宮鎮房」と家臣達を城内に招き、宴半ばに謀殺するという悲話がいまでも残されて、大佛次郎の「乞食大将」、海音寺潮五郎の「城井谷崩れ」の小説に書かれているようだ。
 
「如水」の跡継ぎの「黒田長政」は関ヶ原の戦いで東軍側につき、その戦功により加増となり、筑前福岡に転封し、替って中津城には慶長5年(1600)に「細川忠興」が入城して、築城工事を継続、大規模の改修工事を行った。
 総面積約2万3千坪、8門、22櫓の城郭と大堀と城下町が完成したと言われる。城地が扇形の縄張りで
「扇城」とも呼ばれた。
 その後寛永9年(1632)
「細川忠利」が肥後熊本に52万石で転封、替わって「小笠原長次」が城主にとなったが、5代目に継嗣無く断絶、享保2年(1717)家康縁故の「奥平昌成」が丹後宮津より10万石で入城、以後奥平氏の居城として明治に至った。 

 ★
「中津城」はかっては高松城、今治城とならんで「日本三水城」の一つと言われます。
 石垣から城の土台を堀側にはね出して、5層の黒塗りの模擬天守が昭和39年に建てられ、実に威風堂々として美しく、かって天守が存在したかどうか不明らしいのですが、やはりあったと信じたいのが人情でしょう。
 また天主台の石垣は
「黒田氏」の大きい石積みと「細川氏」のやや小さい石積みとのアンバランスが分かり興味深く、黒田氏の豪快さと細川氏の繊細さの対比を眺めるようでした。
 現在大鳥居近くで天正時代の石垣がかなり発掘確認され、かなりの修復工事が進められていました。
 なお今回は寄れませんででしたが明治の先覚者
「福沢諭吉」は当藩出身でしてその旧居が国指定史跡として中津公園に保存されて居ります。

<三の丸の見事な石垣>



 <大手口>


  <大手門から西の丸方面>


<滝廉太郎の像>


<本丸から家老屋>

















豊後
岡城


















自治体



























別名: 竹田城・臥牛城
所在地: 大分県竹田市竹田
Tel 0974−63−1541
種類・指定: 山城国指定史跡
築城年: 文治元年(1185)・文禄3年(1594)
築城者: 緒方惟栄・中川秀成
遺構: 石塁・櫓台・井戸
 「岡城」は二流の川に囲まれた標高325mの狭い阿蘇溶岩台地上の天険の地に築かれている名城である。
 四方は足の竦むような絶壁だ。
 古くは鎌倉時代に豊後の豪族
「緒方惟栄」が逆境にあった「源義経」を迎えるため築城したとも伝えられるが、真実かどうか詳らかでない。
 南北朝時代、
「大友氏」の支族「志賀貞朝」がここに拠り城を改修、拡張をして本城とした。
 天正14年(1586)から翌年にかけて、
「島津義弘」が率いる3万5千の大軍が豊後に攻め入り、当時わずか18才の「志賀親次」は千人の少数で籠城し、敵の降伏勧告を蹴って、善戦して撃退し城を守った。その功積により「秀吉」からは感状を拝領し、難攻不落の名城としての評価を高めた。
 しかし文禄2年(1593)
「大友氏」が豊後の領地没収となると共に、日田郡内に移り、替わって文禄3年(1594)播磨「三木城」から「中川秀成」が入部し近世城郭としての城の大改修を行った。 
 
「中川氏」「志賀氏」の大手は搦手とし、新たに大手を西方に設け、本丸西隅に見事な3層の天守、二の丸には2層の月見櫓、三の丸には藩主の邸宅など、多年を要して普請がなされた。
 寛文3年(1663)には西の丸御殿が造られ、山城、平山城、平城的殿舎が一体的構成となって近世城郭史上特異な城ともされている。
 「中川氏」は13代、270年間と続き明治に至ったが、城は明治4年(1871)、「志賀氏」の代から538年間の歴史の幕を閉じ、ついに取り壊された。
 平成18年4月6日、(財)日本城郭協会から「日本100名城」に認定されました。 

 ★H14/11/30訪城、
 
「滝廉太郎」「荒城の月」であまりにも有名な城、駐車場に着くとお土産屋さんから荒城の月のメロディーが。夕暮れで少し降ってきたので、急いで入城券を。あれぇ入場券が小さな巻物、これなんですかと聞くと、「ミニの掛け軸なんです」とのことでまず驚いた。入城券分と別にお土産に7本も買っちやっいました。
 さて大手から入城、とにかくすごい石垣のようだ、まず大手道の沿ってのカマボコのように芸術的に綺麗にRに加工された手摺の石垣の上部が、門跡まで続く。またその石塁はコケ蒸しているのか石質か、カビが生えているような灰白色でいかにも古城の雰囲気を感じました。
 何か石垣の巨大な迷路のなかに紛れ込んだようでした。書物で見た西洋の城塞のようだ。さらに本丸へ、いやぁ、もう息をのむ光景でした。
 城は比高が100m、最も高い谷底からは130mもあるそうで、石垣の上から覗くと、下界に引き込まれそうな恐怖感がわきます。
 東西2700m、南北364、最狭部54mの城郭全体が、すばらしい石垣、石垣でした。
 色鮮やかな一面の落葉の美しさも格別の風情でした。そのかみの天守や月見櫓での春高楼のきらびやかな花の宴・・・を想像して終いました・・・あぁ、いいですね。また桜の時に来たいな。
城下町もいいです、いい温泉もあり、一泊して、
また翌朝も登城して仕舞いました。超お勧めのお城です!

 ★★15/3/28再訪、
 ちょうど桜祭り、屋台で生ビールを頂きながら、満開の桜のお城の探訪をたっぷり楽しみ、最高!何も言うことはありませでした。
初めての観光の方や遠方からこられた方も多く、感想はやはり感嘆しきりで満足してたようでした。

<ちょつと逆光で失敗しした<模擬天守>






















日向
綾城











自治体HP


















別名: 竜尾城
所在地: 宮崎県東諸県郡綾町北錦原
Tel 0985−77−1223
城の種類: 山城
築城年: 元弘年間(1331−1334)
築城者: 細川小四郎義門(綾氏)
遺構: 空堀
 「綾城」の始まりは足利尊氏の家臣の「細川小四郎義門」が今から670年程前の元弘年間(1331−1334)にこの地を領して城館を構え、姓を「綾」と称したと言われる。
 
「綾氏」は数代城主としてこの地を治め室町時代八代将軍「義政」のころ、日向の国の「都於郡城」を根拠とした一大豪族「伊東氏」の家臣となり、城は伊東氏四十八城の一つとなり、山東の拠点として重要な役割を果たした。
 永正元年(1504)伊東氏に属する城主
「長倉若狭守」は、領主「伊東尹祐」と後嗣のことで争い、隣の垂水の城主と共に戦うことになったが、「伊東氏」に城は攻め落とされた。
 永正7年(1510)に落城、両氏は自刃し、綾城には永正年間(1558−1570)
「佐土原遠江守」が城主であった。
 天正5年(1577)薩摩の
「島津氏」が侵攻、「伊東氏」は本拠の都於郡城と支城を挙げて反撃したが、ついに敗れて豊後の「大友氏」を頼って落ちた。
 日向を領有した
「島津義久」「都於郡城」「鎌田政親」「綾城」には「新納久時」を置いた。
 天正15年(1587)
「豊臣秀吉」はついに島津討伐の軍を進め、日向から大隈方面にはまず「羽柴秀長」が進軍した。「島津義久」は都於郡城にあって迎戦したが、前衛線の「高城」での激戦で退却、後衛であった「綾城」も開城となった。
 戦後、
「島津氏」は薩摩一国を安堵され、「綾城」には城代が置かれたが、元和元年(1615)一国一城令で廃城となった。
<参照:お城のパンフ・日本の名城の旅・井上宗和著>

 ★H14/11/30訪城、 
 
「綾城」は昭和60年日本で初めて戦国初期の天守櫓の様式が日本城郭協会の「井上宗和氏」によって考証想定され、綾町のみなさんによって建築された。しかしこのような建物が歴史上存在したかは詳らかにされてない。
 すべて木造で、1,2階が歴史資料館として使われ、二層の屋形の上に望楼が搭載された様式で、近世城郭の源流を示唆しているといいます。
 周囲が杉の樹立ちに囲まれ、その黒い櫓が竜尾台の頂きに見える、その見慣れない容姿は、なかなか中世臭い。
 館内は資料館となり、展示品やビデオを見て時代背景なども勉強出来ます。

<櫓と平戸湾>



<復興天守>


♪「酔いどれも踊り疲れてぬくい雨」
<本丸跡のS7種田山頭火歌碑より>




















肥前
平戸城












自治体HP


















別名: 亀岡城・日之岳城
所在地: 長崎県平戸市岩の上町
Tel 0950−22−2201
城の種類: 平山城
築城年: 慶長4年(1599)元禄17年(1704)
築城者: 松浦鎮信・松浦棟
遺構: 石垣・櫓・門・曲輪・空堀・模擬天守
 「平戸城」は平戸港の三方を海に囲まれた亀岡山に水軍を擁する「松浦氏」が築いた名城である。
 慶長4年(1599)松浦氏26代
「松浦鎮信」はこの地に「日之岳城」を築いたが、慶長13年、原因不明の火災により焼失した。その原因は幕府の外様潰しへの対策として自ら焼いたとも言われるが、その後は対岸の「御館」に移り、平戸6万1千7百石を守った。
 元禄17年(1704)
「鎮信」の子の30代「松浦棟」は念願の城再築許可が幕府から下り城の普請を始めた。それまでは亀岡山上の古城と館が離れており完成後は館もここに移した。
 城の
縄張りは「赤穂城」の築城を手がけた「山鹿素行」が師弟の間柄で、その弟の「山鹿義昌」が山鹿流兵法を指導したといわれる。山鹿流とは屈折多く、城郭はなるべく小さく丸く、第一は水、第二に山険にして四方谷深く峰は続かず、等々であり、ほぼ類型されたようだ。
 また亀岡山全体が城地になり、本丸には天守閣、御殿、数多くの櫓や門が造られた。
 この後
「松浦氏」は8代170年間明治まで続いたが、山上の建物は惜しくも明治4年殆んどが破却された。
 建物の遺構としては、北虎口門、狸櫓が僅かに残る。現在の天守はS37年にコンクリート造で復元されている。
 平成18年4月6日、(財)日本城郭協会から「日本100名城」に認定されました。 
<参照:日本の名城の旅・井上宗和著>

 ★H14/1130訪城、
 真っ赤な平戸大橋を車で渡ると直ぐ右側の丘が平戸城でしたが、標識はなんとすべて
「亀岡城」でした。観光的には「平戸城」の方が分かり易いのにと思う。
 まず亀岡神社の鳥居のある
「一の大手」から入城することにする。門手前で空堀を確認、次に大手門の枡形虎口の屈折の多いのに驚きました、石塁もなかなか見ごたえがあります。
 城域は公園になっており、かなり広く、3層の天守、見奏櫓、懐柔櫓、地蔵櫓などが要所に復興されて一廻りするのに1時間ほど掛かりました。山頂からは白亜の建物と海の青さがマッチした360度の景観は美景でした。
 この港は長崎港以前の最も貿易の盛んな所で、かっては外国船が沢山入港して大変賑わったようで、海を眺めてしばし昔日に思いを馳せました。
 また公園は桜の名所です。
 帰りに現在
「松浦資料博物館」になっている「平戸御館」に寄りました。丁度訪問した数日前に天皇陛下が、お出でになったとの事でしたが、この地は鎌倉時代からの「平戸松浦氏」のルーツであり、建物は明治27年に建てられた旧藩主松浦氏の旧邸で藩主関係資料の展示が多くありました。館は山を背にして前面の高石垣がよく残っており見応えありました。 

<模擬天守>




























豊後
杵築城












自治体HP





















別名: 木付城・臥牛城・勝山城・台山城
所在地: 大分県杵築市大字杵築字城山
Tel 0978−62−4532(資料館)
城の種類: 平山城
築城年: 応永元年(1394)
築城者: 木付頼直
遺構: 石垣・堀・庭園・模擬天守
 「杵築城」は大友氏支族の「木付氏」累代の居城である。
 その歴史はかなり古い。
大友氏2代
「大友親秀」の6男「親重」が、建長2年(1250)鎌倉幕府より、八坂郷木付荘に七千石を頂き、竹の尾台に、竹の尾城を築いたのが前身といわれる。その時地名の「木付」を氏としたという。
 
豊後の「大友氏」を宗家としている木付氏の四代「木付頼直」は、応永元年(1394)城を竹の尾城から、要害堅固の城山台地に移築、「木付城」と呼んだ。
 別名、
「台山城、臥牛城」ともいうが、台山は築城台地に因み、臥牛は台山の姿が牛の寝た姿に似ていることに由来している。また木付氏16代「鎮直」の時、島津の武将「新納武蔵守」の大軍に囲れながら、これをついに撃退以来、「勝山城」と言われた。
 宗家
「大友義統」が朝鮮の役の後、「秀吉」の怒りに触れることになり滅亡すると、木付氏17代「統直」は門司の浦に自刃入水して運命を共にし、「木付氏」340年の統治もはかなく幕を閉じた。
 文禄3年(1594)、太閤検地も終り、
「前田玄以」の入部の後、「杉原氏」が木付城を地続の北方平地に移す事に着手、その後も「細川氏」「小笠原氏」と藩主が交代、「能美松平英親」3万2千石の時、城の平地移転を完了した。
 
「杵築」といわれるのは、正徳2年(1712)、将軍家宣下賜の朱印文に木付が杵築と書き違いがあった時、伺いをたて、変えたものという。
 
「松平氏」はその後、10代227年を経て、明治に至った。・・<参照:お城のパンフレット> 
 
 ★日出城から10kmほど北上すると、もう海岸線近くに見えてくる杵築城の容姿は、周囲の景勝に調和して実に美しい。この3層の模擬天守は、昭和45年に城山公園内の本丸跡地に建てられ、現在は歴史を偲ぶ市立の資料館となってます。

 模擬天守閣の展望台からの眺望も何とも言えない美観でした。地元の方のお勧めでも、大分随一と言えるこの城下町、なるほど雰囲気があります。城は海に突き出た台地にあり、城下町には武家屋敷や寺町が残り、酢屋の坂、勘定場の坂、飴屋の坂などが見られ、古い土塀と坂の多い城下町といった印象でした。また高台の住宅地には石畳道と人家の石垣が多く見られ、石材が豊富な土地柄のようでした。

<城門>


<石垣と濠>


<校門内部>


<非常時の忍び通路>





肥前
福江城
石田城












自治体HP










別名: 石田城
所在地: 長崎県五島市福江町
Tel 0959−72−2963(観光協会)
種類・指定: 平城海城)・県指定
築城年: 嘉永2年(1849)
築城者: 五島盛成
遺構: 石垣・門・堀
 「福江城」は五島列島の福江港に近く築かれた、日本で一番新しいと言われる幕末の「五島氏」の城である。
 小藩ゆえに陣屋住まいの
「五島藩」は、近海に頻繁に出没する異国船への海防上の不安から、築城への願望止みがたく、再三幕府に願い出たというが許されなかった。
 
「五島盛成」の時、海防を理由に請願を重ね、嘉永2年(1849)7月、遂に幕府より許可が下り、父祖三代に亘っての築城の望みが叶えられた。直ちに工事に着手、以後15年の歳月と、工費2万両、人夫延べ5万人を要して、文久3年(1863)に城は完成を見る。
 城郭は東西291m、周囲1346m、本丸と二の丸からなり、内濠外濠が巡らされ、海防目的のため石火矢台場(砲台)が各郭の隅に設けられている。
 城内の本丸跡は現在五島高校になっているが、累々とした石垣に囲まれている。
 城は誠に残念ながら廃藩置県後の明治5年(1872)に一部の楼門のみを残して、完成後から僅か9年にして解体されてしまった。

 ★H15・3・31訪城、
 地元のI氏のご好意で長崎港真近かの国史跡
「魚見岳台場」を案内して頂き、すれすれで12時発の「福江港行き高速船ジェットフォイル」に乗りました。1時間25分で福江港に着船。なんと生憎こちらは小雨が、残念ながら傘さしての攻城となる。日帰りで帰船は4時30分一本でしたが、時間はまず充分ありそう。
波止場では行きも帰りも人事異動の時期で、見送りのグループの人々がそれぞれ演奏したりしてかなり喧騒を極めていました。
 城跡は歩いて波止場から5分ほどの近さで、城跡に建つ歴史資料館は生憎月曜日で休館、とにかく食事してお城を一周することにしました。本丸内の
「五島高校」や築山跡の「城山神社」「藩主の庭園」、さらに「武家屋敷」などを廻って2時間ほどあっという間に過ぎたのに驚きました。
 強く印象に残っているのは、やはり延々とした石塁と水濠です、それと犬走り付きの石垣、庭園心字池入り口の非常時の抜け道、あと武家屋敷通りの雰囲気もいいです、城門さながらの校門なども古風で趣があります。
 珍しい風景ですが、枡形の石垣の上が学校の渡り廊下の部分になってました。また裏の住宅街は嬉しいことに
「武家屋敷という町名」でした。神社の桜も満開で、思い切って訪問した甲斐がありました。出来れば泊まってゆっくり島の景勝地でも見たいですね。

<昔のままの石垣と濠>


 <枡形虎口>


 <眺望抜群の城山>


<鹿児島市街と桜島口>


 <磯庭園の正門>


♪『ふたつなき 道にこの身を捨小船 波たたばとて風ふかばとて』
<西郷隆盛の辞世歌>
・・経営技術研究会編著「辞世」より

♪『世のなかの 米と水とを酌みつくし つくしてあとは 天津おおぞら』
<島津義久の辞世歌>
・・HP「戦国の館」より

♪『春秋の 紅葉はついにとどまらず 人も空しき 関路なりけり』
<島津義弘の辞世歌>
・・HP「戦国の館」より


♪『いにしえの道を聞きても唱えても 我が行ひにせずばかいなし』
<島津忠良が薩摩武士の団結をを歌った「いろは歌」の始めの歌、後まで教育規範となったという>

薩摩
鹿児島城

<鶴丸城>










自治体HP

































別名: 鶴丸城
所在地: 鹿児島県鹿児島市城山町
Tel 099−222−5100(黎明館)
種類・指定: 平山城・国指定史跡
築城年: 慶長7年(1602)
築城者: 島津家久
遺構: 石垣・堀
 「鹿児島城」は日本本州最南端で、明治維新成立の原動力となった島津77万石の本城です。
 しかし城は大大名としては実に小規模で、天守閣はもとより重層櫓もない館形式の簡素な城で、現在は堀と石塁を残すのみでした。
 薩摩藩島津氏の初代
「島津忠久」「源頼朝」の庶子とも伝えられ、頼朝より薩摩、大隈、日向の守護に任じられ都城に赴任、やがて薩摩の「木牟礼城」を築き南九州の足掛りとしました。
 島津氏は15代
「貴久」、16代「義久」の頃勢力を拡大して一時ほぼ九州全土を勢力下に置きましたが、「秀吉」の九州討伐により征服され、島津領は薩摩、大隈に減封されました。その後、秀吉の死後、17代「義弘」の時に、関ヶ原の合戦では西軍についたため負け戦となり改易の恐れもあったが、幸いにも旧領が安堵されました。
 慶長7年(1602)
「義弘」の子18代「島津家久」は、かってこの地の小豪族「山上氏」の古城だった錦江湾を望む「城山」を詰の城として、その麓に念願であった城館を築き城下町を建設します。城の地形が鶴翼に似ていることから以後「鶴丸城」と称したといいます。
 城構えは簡素でしたが、島津藩独特の
「外城とじょう制」により、周辺の要所には砦程度の防衛施設が100以上温存されていて、「郷士」と呼ばれる武士が配置され農耕の傍ら文武を磨いておりました。「西郷隆盛」はこの郷士出身の英傑であり、やがて日本の政治を変える第1人者になります。その西郷さんですが明治10年(1877)の西南戦争で遂にこの城を枕に戦い遂に「城山で自刃」、50才の生涯を閉じました。同時に「家久」から170余年続いた歴史ある「鹿児島城」の殆んどの遺構が少し前の大火災と併せてこの時点で失われたようです。
 平成18年4月6日、(財)日本城郭協会から「日本100名城」に認定されました。  
 <日本名城の旅・日本城郭大系参照>

 
 ★H14/11/27訪城、
 初めて「鹿児島」を訪問、詰城だった
「城山」(国史跡)からの眺望が忘れられない。錦江湾を一人占めの「桜島」が燦々たる陽光に輝いて美しかった。西郷さん達もこの島を朝晩見て居たかと思うと自分もその時代に居るような不思議な錯覚に陥りそうでした。この城山で西郷さんらは自決、男の本懐だったのでしょうか。城山からはかっての薩摩隼人の城下町が一望です。
 麓の本城跡は、堀と石垣しか残ってなく、これだけの歴史があってなんとも少し物足りない限りでした。城碑名は
「鶴丸城」でした。
 本丸跡には立派な歴史資料センター
「黎明館」があり、見事な「志布志城」の山城の模型や「出水外城」などが展示されて居りました。二の丸は博物館、図書館などが建ってます。
 夕方も近く、ここから市内の島津氏別邸、仙巌園、俗称
「磯庭園」に車で向かいました。入館料が千円とちと高かったですが、庭園は6万5千uと広く、明治14年から島津氏の本邸として使用され、「島津斉彬」が造った反射炉や尚古集成館という博物館、重文級の門など見所が多く美しい一級の庭園でした。ここから眺める桜島も天下一品でした。また裏山は山城の雰囲気があり、つい「千尋巌」という岩の見える中腹まで登ってしまいました。散策は小1時間、鹿児島での忘れられぬ思い出です。

<首里城正殿>



<漏刻門>



<守礼門>






















琉球
首里城







首里城公園HP


























別名: 中山グスク
所在地: 沖縄県那覇市首里金城町城内
種類・指定: 平山城・世界遺産・国指定
築城年: 14世紀末ころ
築城者: 中山王察度か
遺構: 石塁・庭園・復元正殿(国宝)
 「首里城」は南海は琉球王国の府城で、今でもその城跡はかっての栄華の面影と威容を誇る名城です。
 今次大戦に依り建物などすべてを破壊されましたが、かっての城域は沖縄最大規模で東西400m、南北270mという見事な総石塁の城であり、平成4年には豪華な正殿や壮麗な諸門、石塁部分などが逐次復元され、現在は城跡が世界文化遺産に指定されました。中国と日本の文化が混合した琉球独特の彩色建築など見事で見所も多く、また地理的情勢から中国と日本の二面外交を余儀なくされた歴史が窺われます。
 首里城の歴史は遠く、伝説によれば一千年ほど前、沖縄の最初の王、
「天孫氏」がこの地に築城したのが始まりといわれます。
 1406年
「尚思紹」が中山王となり、1429年、には、その子の「尚巴志」が察度王統を滅ぼして北山、中山、南山の三山を統一して「琉球国」としました。この時代を「弟一尚氏期」といい、統一王朝の王宮が造られたのもこの頃と言われます。
 その後は文明2年(1470)別系統の
「第二尚氏の王朝」となり初代「尚円王」から、明治12年(1879)19代「尚泰」の琉球王朝が「沖縄県」になるまで続きました。
 しかしその間、慶長14年(1609)7代
「尚寧王」の時、「徳川家康」「島津家久」に琉球の支配をまかせたので、島津勢の侵攻を受け、城を出て降伏、以後王朝存続は認められたが、薩摩の支配下に置かれました。
 また首里城は1660、1709年の2度の焼失がありましたが再建され、1853年には
「ペリー提督」が来城しております。

 
平成18年4月6日、(財)日本城郭協会から「日本100名城」に認定されました。 
 <参照:お城のパンフレット・日本の名城の旅> 

 ★H15/1/15訪城、
 訪問は2度目ですが、ツアーだと時間が限られるので今回はレンタカーで行きゆっくりと散策しました。建物群も見応えありますが、何と言っても石塁の見事さに驚きました。城は内郭と外郭の2重城郭で、高さ6mから15m、厚さが4mの独特な曲線のある芸術的で雄大な石積みが延々と囲っています。石は
「珊瑚石灰岩」で本州の石とは違い布積みで整って見えました。また「石造洪門」(アーチ形石門)も珍しい見落とせない城門でした。こんな石塁を500年以上前によく築いたものですね。
 凄いのは
「首里城」ばかりでありません、これから訪ねた「中城、今帰仁城、勝連城」なども是非余裕があれば攻城をお勧めいたします。お暇があればTOPのささやかな「私の写真」でそれらの写真等ご覧下さい。

<大手道>



<三之丸からの本丸虎口>



<本丸>



<本丸にある句碑から眺める玄界灘の夕景>



<山里丸虎口、この郭は3万uと広く秀吉の居館、書院・御座所・大台所・風呂屋・数奇屋・能舞台などがあり、日常生活の場になっていたといわれます。郭周辺の石塁は壮大な野面積みです。>





肥前
名護屋城



















佐賀県立名古屋城博物館HP

























別名: なし
所在地: 佐賀県東松浦郡鎮西町大字名護屋
Tel 0955−82−4905(県立名護屋城博物館)
種類・指定: 平山城・国指定特別史跡
築城年: 文禄元年(1592)頃
築城者: 豊臣秀吉
遺構: 石垣・堀・諸曲輪
 「名護屋城」は有名な名古屋城とは全く違うのです。
 天下統一を果たした
「豊臣秀吉」は晩年になって、なんと無謀にも中国大陸を征服せんとし、まず朝鮮国への出陣基地として、天正19年(1591)9月朝鮮半島に最も近い天然の良港をもつ東松浦半島の北端、波戸岬の丘陵(以前から名古屋氏の居城、垣添城があった)を選び、「加藤清正」らに縄張りを命じて5ヶ月という突貫工事で城を築きました。
 当時としては
「大坂城」に次ぐ、全域14万4700uに及ぶともいう壮大なもので、贅を尽した5層7階の天守閣を併せ持つ大城郭を完成させたのです。この地に全国大名諸侯と総勢30万近い人員を集結させ、この一寒村を突如京に次ぐ一大新消費都市に変貌させたのです。
 この
「文禄・慶長の役」(壬申・丁酉の倭乱)は前後7年にわたり、戦禍は朝鮮半島全土に及び、慶長3年(1598)8月「秀吉」「大坂城」で逝去するまで続けられました。この戦いが無意味な侵略戦争であったばかりか、さまざまな面で国力を疲弊させ、以後の日本史の動静に大きな影響を残すことになりました。
 城は本丸を中心に二の丸・三の丸・弾正丸・東出丸、北方下段に遊撃丸・水手郭、さらにその下段に山里丸・台所丸を設けた9曲輪3段構えの渦郭式構造です。城門も大手口他5門設けられていました。
 また周辺3kmには
「諸大名の陣屋が約120ヶ所」も設けられ、現在でもその半数の石塁や土塁などの残存が確認されています。
 戦略上だけに築城されたこの廃城に、いまも残る壮大な石塁や堀を眺め、本丸から望む玄界灘の美しい光景に、訪れる人々は言い知れぬ感慨を覚えるでしょう。
 平成18年4月6日、(財)日本城郭協会から
「日本100名城」に認定されました。 
 
<参照:日本城郭体系・お城のパンフレット>
 
 ★H14/11、15/3/29、と二度訪城、秋と春、夕と朝の違う雰囲気で見学できました。2度目は城内の
「県立名古屋城博物館」の見学ができ、昭和40年頃発見されたという当時の屏風絵「肥前名護屋城図」など多くを見学することが出来ました。なかなか立派な施設でした。また博物館の裏庭には「木下延俊陣屋」もあり館内裏口から見学できました。
 大手口から、東出丸、三之丸から本丸への虎口までスケールも壮大で、さすがに
「秀吉」の天下城という実感に圧倒されます。雄大な野面積み石垣も随所に見られます。本丸からの眺望は北面がよく見渡せ、夕陽の沈む玄海灘の景観はまさに美観といえます。天高く聳えた天守から「秀吉」は何を想い見たのでしょう。本丸の『太閤が睨みし海の霞かな』という「青木月斗」の句碑が海を背にして一際目立ちます。
 帰りに
「堀秀治陣屋」「豊臣秀保陣屋」「前田利家陣屋」「島津義弘陣屋」にも車で廻りました。前2陣などはもう立派な城の遺構がありました。畑道や丘上の陣城を訪ねて、かってここが日本の歴史の中心地とはなかなか実感がついていきません。とは言ってもやはり名城の一つではないでしょうか。

<大手門と橋と復元多門櫓>

<川面に映る多門櫓>

有名な<武者返し>

<御下門跡・二の丸の入り口>

<三の丸から二の丸、本丸を>

<苔むした石垣>



肥後
人吉城
















自治体HP





別名: 相良城・三ヶ月城・繊月城・涅槃城
所在地: 熊本県人吉市麓町
Tel 0966−22−5610(市役所)
種類・指定: 平山城・国指定史跡
築城年: 平安末期
築城者: 相良氏
遺構: 石垣・礎石・諸曲輪
 「人吉城」は鎌倉時代から明治維新後まで35代、670年もの長い歴史を有する「相良氏の本城」でした。このような例は「島津氏」「宗氏」ぐらいで極めて稀でした。
 城は交通、軍事上の要所、人吉盆地の天然の堀となる珠磨川と胸川が合流する地点の丘上にあります。
 歴史としては平安時代末、
「平氏」の代官、「矢瀬主馬助」が在城しておりましたところ、建久9年(1198)「源頼朝」から直後に地頭を命じられた「相良長頼」が旧領遠江相良より当地に下向、承服しない「矢瀬氏」を滅ぼして入城、支配基礎を固めました。翌年には城の修築を始めたところ、三日月紋様の奇岩が発見され城は「三ヶ月城・繊月城」とも呼ばれたと言うことです。
 城の大改修は
「島津氏」の支配下にあった天正の末、18代「相良義陽」の時始めました。築城奉行同士の刃傷沙汰や戦時に跨り幾度か中断しながらも、江戸時代初期にかけて迄続けられ、完成を見たのはなんと80年後の寛永16年(1639)とも言われます。
 永く名脈を保った
「相良氏の歴史」は、戦国の習いに漏れず、実に争乱と苦難に明け暮れており、「豊臣秀吉」の島津征伐の際には「秀吉」に恭順して助かり、関ヶ原の合戦時は西軍から東軍に寝返るなどの誠にきわどい危機を経験しています。
 明治10年の西南の役では、鹿児島との旧来からの深い関係により、人吉は
「西郷軍」を応援しましたが、政府軍に破れ降伏、以後新しい時代を開くことになりました。
 
 ★H14/11訪城、
 人吉は温泉の町であり、歴史情緒ある城下町です。晴天、早朝の静かなお城を訪ねました。お城は珠磨川の流れ川に沿いながら、苔むす石垣に無言で覆われて清閑の感がありました。話題の有名な国指定
「武者返し」(石垣頂部を羽根出し石で被せ敵の侵入を防ぐ特殊な築法)も見ることが出来ました。城内の曲輪は広く、川口に開く水の手門、御下門、井戸など見所があります。やや離れた胸川の袂の大手門周りと川沿いの復元多門櫓もなかなかの美観です。城下では寺院も多く「相良氏の歴代墓所」や、西南の役時の「西郷隆盛」が滞在した屋敷などもついでに見学出来ました。ざっと見学は車で廻り2時間ほどでした。
 

<石垣と水堀、見事な犬走りが見えるが当時のもでしょうか?>


<ライトアップした
復元西の丸隅櫓>


<天守台石垣に海岸から
持ってきた石もあった>

<花頭窓を持つ西の丸
復元大手門>

<正面の復元廊下橋は北の丸と西の丸を結んでいた>


♪『終夜ともす蛍の火も消えて 池の真菰にはひかかりけり』
<大友宗麟>







豊後
大分城

府内城



















自治体HP



















別名: 府内城・荷揚城・白雉城
所在地: 大分県大分市荷揚町
Tel 0955−82−4905(県立名護屋城博物館)
種類・指定: 平城・県指定史跡
築城年: 慶長2年(1597)
築城者: 福原直高
遺構: 石垣・堀・櫓・天守台 
 大分は古の豊後の国府の地、鎌倉時代から400年も続いた「大友氏の本拠」だった。当時の居館は府内町にあったが、有名な21代のキリシタン大名「大友宗麟」は九州の大半を手中におさめ「島津、竜造寺氏」と三分して覇を争う戦国大名となっていた。しかしその跡を継いだ「大友義統」が朝鮮の役の不手際で失脚、「秀吉」に所領を没収され、その後この地は天正の役や慶長の大地震やらで荒廃、廃墟と化したという。
 大友氏時代が終焉して「秀吉」の天下となり、「大分城」は慶長2年(1597)「石田三成」の妹婿である「福原直高」が12万石で入城して築城が始められた。
 築城以前、この辺りは小運河を利用した“荷落”という地名だったのを築城後、縁起の良い“荷揚”と改め、
「荷揚城」と称した。
 当時城は北方を海とし、三方に水堀と土塁を巡らした総構の中に町屋、その内側に本丸、二の丸、三の丸を配し、本丸北側に帯曲輪を置き船番所も設け海からの攻撃に備えていたという。
 「福原直高」は築城中に改易となり、代わった
「早川長敏」も関ヶ原の役で西軍「石田三成」に組して滅びた。慶長6年(1601)には「秀吉」の軍師で名高い「竹中半兵衛」一族の「竹中重利」が入城、「加藤清正」の援助を仰ぎ未完成の石垣の築造を完成、また城下町を建設、翌慶長7年(1615)には4層の天守閣や楼閣など、現在の規模に近い城の全容を完成、城名も「府内城」と改めた。
 
「竹中家」もやがて不正事件で断絶、次いで寛永11年(1634)下野壬生城主の「日根野吉明」が入城、幕府の信任も厚く、産業開発や経済復興を進めたがついに無嗣断絶となった。
 万治元年(1658)松平家一門の
「御給松平忠昭」が入封後からは、ようやく平安が続き2万石余の譜代大名として10代200年間を経て明治に至った。
 平成18年4月6日、(財)日本城郭協会から
「日本100名城」に認定されました。 
<参照:現地お城の案内・歴史と旅・日本城郭事典他>
 
 ★H14/12/1訪城、
 ライトアップのお城を見た後一泊して再度早朝に訪ねました。現在は大分城址公園となってます。大正8年に城内に大分県庁が建設された時、堀の大部分が埋められたらしいのですが、うれしいことに期待以上の見事な堀や石垣、復元櫓なども昔の姿で残っていました。天守閣は寛保3年(1743)の城下からの失火で焼失、その後再建されませんでしたが天守台が今でも残っています。その石垣に貝殻の付着した石も混在して、築城当時の石不足で苦労したという伝説も実感できました。
 明治10年に西郷軍に呼応した
「中津隊」に襲撃され、土塀の2段からの銃眼で威力を発揮でき、撃退した城でもあるようです。 
 また菊池寛作
「忠直卿行状記」の主人公「松平忠直」は家康の第二子「結城秀康」の嫡男で、越前北の庄75万石の大名でしたが関ヶ原の恩賞への不満から精神異常を来たした後出家して「一伯」と号し、府内城主「竹中采女正重義」にお預けとなり、後半生をここで過したといいます。
 今回残念なことは中世の
「大友氏館跡」に寄れなかったことです。かなり発掘調査が進んでいるようですが。

<高石垣の手前が下部が
“千人殺しの石垣”>


<二の丸虎口>


<さまざまな刻印石垣、丸に+が多い>


<西南の役で太鼓台が焼失後、鐘楼が建てられ昭和まで梵鐘により時を告げていた>


 <復元北大手門>



♪『なつかしき城山の鐘鳴りいでぬ をさなかりし日聞きしごとくに』

<二の丸にある延岡出身の若山牧水の歌碑から>
日向
延岡城

nobeoka




















市観光協会HP































別名: 縣(あがた)城・亀丸城
所在地: 宮崎県延岡市東本小路(城山公園)
Tel 0982ー34ー2111
(市観光課)
城の種類: 平山城
築城年: 慶長8年(1603)
築城者: 高橋元種
遺構: 石垣・郭・櫓台
 「延岡城」「千人殺しの石垣」の伝説が有名です。この石垣は三の丸から二の丸へ登る二の丸北面の、22mもの高石垣にあり、もし敵兵が三の丸から攻め込めば、基底石を一つ外して石垣を全部崩し、一度に千人を殺す仕組みになっているという造り話としても凄まじいものです。
 
「延岡」は古くは、「縣」(あがた)とよばれ、天平の頃より宇佐八幡宮の神官の出であった「土持氏」の所領であったが、天正6年(1578)「大友宗麟」に滅ぼされ、次いで「島津氏」の支配地となりました。
 天正15年(1587)
「豊臣秀吉」の九州征伐時、一番に味方についた「高橋元種」が豊前「香春岳(かわらだけ)城」から5万石で入国、しばらく前身の「松尾城(延岡市松岡町)」に居城したが、慶長6年(1601)隣地の五ヶ瀬川とその支流大瀬川に囲まれた延岡山の要害の地に、新に近世式の築城を始め、同8年ここに移りました。2つの川を外堀とし、更に人口の内掘を縦横に引かせた名城といわれます。
 慶長18年(1613)
「高橋元種」は幕府の罪人を匿った咎により磐城国棚倉に配流され、替わって「有馬直純」が島原から入封して、高橋時代の城に大改修を加え、本丸三階天守や「延岡七町」の城下町を完成させます。
 この頃地名が延岡となったといいます。天守は天和2年(1682)に焼失し以後再建されませんでした。
 
「有馬氏」も元禄4年(1691)越後糸魚川に転封となり、以後、「三浦・牧野氏」を経て、延享4年(1747)「内藤正樹」が磐城平より7万石で入封、以後8代120年間続き明治を迎えました。
<参照:城と城下町、日本の名城・古城事典>

 ★H14/11訪城、「千人殺しの石垣」を見た。話題の基底石だけ大きく黒々としていかにも外したらという雰囲気の石積みでしたが、石垣の斜度や重量から見て、何ともこの高石垣が崩れ落ちるとは物理的に想像できなかった。他に訳があるのでしょう。
 しかし慶長期の豪壮な石塁や、石垣虎口などなかなか見応えがありました。また石垣には家紋らしい刻印石が面白いほど散見出来、往時を彷彿させます。
 少し歩いた西の丸跡は有馬氏時代の藩主居館跡で遺構の門を構えた
「内藤記念館」があり天守の模型や内藤氏ゆかりの品が多く展示されていました。
 初代城主
「高橋元種」は名門「筑前秋月氏」の出で、名将と謳われた柳川城主「立花宗茂」とはお互い養子の身であったが義兄弟で右近太夫、左近太夫と並び称されたといいます。
 帰りに中世の旧城
「松尾城」への行き道を記念館で伺い訪城してみました。自然の丘地を要害とした四つの曲輪を配したなかなかの堅城でした。


 
<大宰府口城門礎>

 <大宰府口石垣>

 <増長天地区建物跡>

 <長大な百間石垣>

 <百間石垣説明板>


「基肄城」

 <水門と門石碑>

「水城」

 <林内が土塁>




















筑紫
大野城













自治体HP




































別名:
所在地: 福岡県糟屋郡宇美町・大野城市・大宰府市
Tel 092−501−2211(大野城市)
種類・指定: 朝鮮式山城(標高426m)・国特別指定史跡
築城年: 天智天皇4年(665)
築城者: 天智天皇
遺構: 土塁・石垣・門跡・建物跡
 「大野城」は663年朝鮮半島の「白村江の戦い」でわが国と百済の連合軍は唐・新羅連合軍に完敗、大陸からの「大宰府」侵攻に備え、前年築かれた平地の「水城」に続いて、万が一「水城」が敵に破られた時に備えて、「天智天皇」4年(665)に大宰府北方の大野山(774年新羅の呪詛を払う目的で四天王寺が建てられた後四王寺山とも)全域に、急遽広大な詰めの城として築かれました。また翌664年には南の基山に「基肄城」も築かれ、これらの城は記録に現れる「日本最古の城」といわれます。
 
「日本書紀」によれば城は百済の亡命貴族の指導により築かれ、古代朝鮮山城と同じ形式に類するので「朝鮮式山城」と現在では史家に命名されています。
 これら山城による日本の防衛線は、西は対馬の
「金田城」から北九州、瀬戸内海を経て東は大和の「高安城」まで点在する実に大掛かりで強固な体制が敷かれ、当時の国民の強い危機感が伝わってきます。当サイトの中国地方の
「鬼ノ城」もその一つです。
 
「大野城」は今でも遺構を多く残し、土塁は大野山の稜線にめぐらされ、総延長は9km弱、その形状も基底部8m、高さ2m位あり、土を固めた版築状になっています。なお南北は二重土塁にもなっています。土塁の谷部は、長大な百間石垣・小石垣・大石垣などで堅固に塞ぎ、城入口には遺構が良くわかる大宰府口門など4ヶ所に城門を設け、それらに囲まれた中の建物群8ヶ所からは約70棟分の礎石も発見されております。これらは殆んど籠城時や非常時の食料や物資収納の倉庫といわれますが、他の目的用途もあったかも知れません。。
 山頂各所から大宰府・筑後方面、水城、有明海をも見渡せる絶好の要地のようでした。
 やがて奈良時代に入ってから外敵への心配も無くなり、大宰府政庁の衰退もあり、その後は信仰の山になったようです。
 
平成18年4月6日、(財)日本城郭協会から「日本100名城」に認定されました。 
<参照;日本城郭大系・大野市HP>

 ★H14/11/21訪城、
「大宰府政庁跡」「天満宮」に寄り、大宰府の「歴史資料館」を見学してから、宇美町に抜けられる林道から大野城の下に隣接した戦国歴史に名高い「岩屋城」も見て、すぐ山上の「大野城」へ。
 山上近くから立派な公園
(県民の森センター)になっていて、「大野城」の駐車場に車を置き、右手下の巨大な大宰府口城門跡を見学、巨大な門側の土塁や側壁の石積を見学しました。城門の上方では水が流れているのに城門付近から下には流れが見えず地下水路の構造になっているようだす。近くには石垣や高台に岩屋城主の「高橋紹運公」辞世歌碑もあります。建物礎石もPの上方にありました。
 朝鮮式山城のなかでも最大の城らしい。少し興奮気味で山頂に、全部見るのには一日近く掛かるので、先の予定もあり山頂の土塁などを見た後、車に戻り離れた
「百間石垣」に廻りました。林道から見上げると実にこの石垣は長大のもので感動します。翌日から「水城」「基肄城」にも廻り、「基肄城」の石塁や水門、土塁などにもすっかり魅了され、これら高い山城の山頂や遺構を前にすると、土や巨石を運ぶ古人の掛け声が聞こえるような錯覚を感じたことでした。

<大手の復元平郎門・左右には短冊形の狭間が見られる>

<門裏側の堅固な石塁>

<連郭式曲輪を囲む堅固な石塁>

<南端の急崖と城壁>

<平郎門の南西の「カーザフ」(谷間の意)という巨大な窪地と石塁>

<大隈(ウーシミ)曲輪を囲む蛇行する長大な見事な城壁>

<本殿跡にある北山の神々が祀られている『火の神』>
琉球
今帰仁城

nakijin-gusuku














今帰仁村HP













別名: 北山グスク
所在地: 沖縄県国頭郡今帰仁村今泊
Tel 0980ー56ー2101
(村商工観光課)
名護市から今帰仁行きバス「今帰仁城跡入口下車10分
種類・指定: 平山城・国指定・世界遺産
築城年: 12〜13世紀頃か
築城者: 北山王・中山王
遺構: 石塁・礎石
 「今帰仁城」は沖縄の中では、「首里城」に次ぐ規模を持つ名城です。
 城域はおよそ南北350m、東西180m、面積は3万7千u、標高は100m余りのところに位置しています。南は断崖、北は海に接した天然の要害で万里の長城を模したともいわれる石灰岩を野面積みにして築かれた城壁が曲線を描いて二重、三重に巡らされ、城壁の総延長は1.5kmほどに及び、7つの曲輪をもつ連郭式という縄張りです。
 築城時期は不明ですが、城は三山鼎立時代の元亨2年(1322)、北山王の
「怕尼芝(はにじ)」が居城してからしばしば修築して、今日見る沖縄屈指の堅城になりました。
 それから95年後、最後の王が
「攀安知(はんあち)」となります。
 応永23年(1416)、時の中山王で琉球統一の志に燃える
「尚巴志」は、北山で勢力を伸張する「攀安知」を討つべく当時としては大軍団の連合軍3千余名の兵を集め、海陸両道から「今帰仁城」に攻めよせました。天険に拠る強兵の守りは固く、3昼夜攻め立てたものの再三撃退されるため、謀略をもって敵将「本部平原(もとぶていはら)」を内応させてようやく、この堅城を攻め落とし、北山王朝を滅亡させました。
 その後の
「今帰仁城」「尚巴志」の北方防衛の基地となり、応永25年(1422)北山監守が置かれ、北山討伐に功のあった「尚忠」が配されたが、「尚忠」以後は王の子弟が任に就きます。しかし慶長14年(1609)徳川新政権の「琉球征伐」の許可を得た「島津軍」の襲来により城は焼き払われしまい、寛文5年(1665)「首里」に引き揚げ廃城となりました。
 その後は地元の人々の霊場となって現在に至ったようです。
 昭和55年から本格的な発掘調査が始まり、館跡の遺構や、中国、朝鮮、日本のほか、タイ、ベトナムからもたらされた交易品が大量に出土しました。
 2000年12月に開催されたユネスコの世界遺産委員会で
「座喜味城跡、勝連城跡、中城城跡、首里城跡、園比屋武御嶽石門、玉陵、識名園、斎場御嶽と共に今帰仁城跡」の九つの資産が「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産リストに登録されました。
 平成18年4月6日、(財)日本城郭協会から「日本100名城」に認定されました。 
<参考文献:日本城郭大系、日本の城・名城探訪ガイド他>

 ★H15/1/15訪城、
沖縄の城に来て、まず驚くのは、城壁石塁の見事さでしょう。単に防御上ばかりでなく芸術的ともいえるその曲線のうつくしさにすっかり魅せられてしまいます。これだけの石積みが中国の影響があったにしても、本土の織田信長以前の時代にすでに築かれていたことに驚嘆します。
 今でも霊場として参詣者が絶えない、沖縄が誇る城跡でした。

<技巧を凝らしたアーチ型城門:1853年、黒船でペリー提督一行が沖縄に立ち寄った際、エジプト式と評した精巧な造り>

<壮大な石塁・石材は石灰岩>

 <曲線の美しい城壁>

 <高さ12mほどの壮大な城壁>

<遥拝所(御嶽)>

<米軍上陸時に飲料水として利用された涸れない井戸跡>

<縄張り図:中城村役場HPより抜粋>

琉球
中城城

nakagusuku













中城村HP




地図
別名:
所在地: 沖縄県中頭郡中城村字泊
Tel 098−935−5719(中城城跡管理協議会)
那覇市から石川行きバス「石平」下車徒歩45分、タクシー15分
種類・指定: 山城・国指定史跡・世界遺産
築城年: 13〜14C頃か
築城者: 護佐丸
遺構: 石塁・井戸
 2000年12月に世界遺産へ登録された「中城城」跡は、沖縄東海岸中部の中城湾にそった標高167メートルの高台上に、 北東から南西にほぼ一直線に連郭式に築かれた城で、さきの第二次大戦の戦禍をまぬがれ、県内でもっとも原型をとどめている、沖縄築城史上屈指の名城として有名です。
 眺望の地として知られ、城跡に立つと東に中城湾(太平洋)、西に東シナ海を望み勝連半島、知念半島、さらに周辺の洋上の島々までも見渡すことができます。
 規模も大きく、面積は122,399平方メートルにおよび、人気があり古くから観光の名所となっています。
 築城技術という点でも注目され、城は多郭式で六つの城郭から成り、南は絶壁、北は急傾斜地になっています。城壁は、琉球石灰岩の切石を基本にして、自然の岩石と地形をたくみに利用した曲線の美しい石壁で囲まれており、一の郭・二の郭が
「布積み」「石切積み」 、三の郭は「亀甲乱れ積み」の二通りの手法を用いていて、芸術的ともいえる技巧に驚嘆させられます。
 表門を入ると一の郭、二の郭、三の郭と続き、
「首里城」を遥拝したり、雨ごいのための「御獄」など、いたるところに拝所(沖縄の多くの城にはほとんどあります)があります。
 
《歴史》 「中城城」は、「尚泰久王(しょうたいきゅう)」時代(1454年〜1460年)に、「護佐丸」が築いた城とされていますが、 はっきりとした年代は不明です。築城の名人といわれた「護佐丸」は読谷山按司(日本でいう宮家・首長)でしたが、娘が琉球統一を成した「尚巴志」の后であったことから頭角を現し、琉球統一事業の際には、武名を轟かせました。しかし「尚巴志」の死後、王位を巡って一族間で流血事件が起き、王位継承も混沌となり、後嗣の次男「尚忠」王が早逝、その子「尚思達」も在位5年で死去して、「尚巴志」の末子の「尚泰久」が越来の一領主でしたが、幸運にも六代王となります。
 「護佐丸」はこの「尚泰久」の信頼が厚く近くの
「中城城」に居城を移し、以前の城を大改修したといわれます。
 しかし
「護佐丸」のこうした動きを快く思わない勝連按司の「阿麻和利」に長禄2年(1458)「護佐丸」に謀反の動きありと、王に讒言され、王命による討伐軍に城を囲まれ濡れ衣のまま、ついには滅ぼされてしまいました。この時幼い3男は母親と共に逃れ、後に「尚円」に登用された豊見城按司「盛親」となります。 
 平成18年4月6日、(財)日本城郭協会から「日本100名城」に認定されました。 
 <参考文献:中城村役場HP&パンフレット・日本城郭大系日本の城・名城探訪ガイド

 ★H15/1/15訪城。
沖縄の城を二日間で世界遺産を主に9城見学出来ました。どの城も石塁やアーチ門や霊場など、類似したすばらしさがありますが、中城城はその中でも特筆する名城でした。ペリーの沖縄来航時、その調査隊がこの城の築城術に驚嘆されたともいわれますが、あの感動が今でも忘れられません。桜の咲く頃また訪問したいものです。


<復元大手門>

<大手門の内枡形>

<大手門内枡形から中の丸へ>

<本丸と飫肥杉林>

<本丸北裏門>

   <復元松の丸書院>

<中の丸下南東の曲輪>

<石垣の残る武家屋敷通り>

<大手門前橋下に延びる堀

日向
飫肥城

obi











市観光協会HP





























別名: 舞鶴城・県城・亀井城
所在地: 宮崎県日南市飫肥
Tel 0987ー23ー1111
(市商工観光課)
JR日南線飫肥駅下車、徒歩15分
種類・指定: 平山城・市指定史跡・城域のうち石垣や旧本丸など、保存状態のいい部分については、
国重要伝統的建造物群保存地区のエリア内
築城年: A)正平年間(1346−70)・B)天正15(1587)
築城者: A)土持氏・B)伊東祐兵
遺構: 石塁・堀・復元城門、御殿・武家屋敷
 「飫肥城」は鎌倉時代の名門である「伊東氏」「島津氏」とが百年近く争奪戦を繰り広げた城で有名だ。
 城の創建は明らかでないが古書には康安2年(1362)に飫肥の城に立て籠もった兇徒を
「土持豊後守頼宣」が征伐したとあるので、これ以前から、砦程度のものがあったらしい。
 長禄2年(1458)薩摩の守護職である
「島津忠国」日向国で勢力を拡げる「伊東祐国」の南下に備え、家臣の「親納近江守忠統」「志布志城」より「飫肥城」に移したと『日向記』に記されている。
 文明16年(1484)
「伊東祐国」「飫肥城」に出陣、一度はここを陥れたが、翌年の戦いには敗れて戦死する。
 その後、飫肥城主は4代替わり、天文10年(1541)祖父の恨みを晴らすべく勇名を誇る都於郡城主の
「伊東義祐」が飫肥にしばしば出陣した。
 翌11年には2万の大軍を率いて攻めること146日、遂に城を落とし、次男の
「伊東祐兵(すけたけ)」を城主に置かしめた。
 しかし天正5年(1577)に伊東氏は
「島津義弘」軍に大敗を喫して、城も捨て豊後に亡命した。
 「飫肥城」
は伊東氏から再び島津氏の手に渡り島津方の
「上原尚近」が入城した。
 その後「伊東祐兵」「豊臣秀吉」に仕えて軍功を挙げ、天正15年(1587)の
「豊臣秀吉」の九州統一後、飫肥は再び「伊東祐兵」の領地として安堵され旧領を回復する。
 以来、「飫肥城」は伊藤家飫肥藩5万1千石の本城となった。
 ここに日本最長、百年に及ぶ有名な攻防戦もやっと終焉、その後は14代、280余年を経て明治に至った。
 初期の「飫肥城」は周囲2.5kmの広大な城地に空堀が巡らされ11の曲輪があったが、貞享元年(1684)11月6日、五代藩主
「祐実」の時、大地震により著しく損壊して、8年に及ぶ大改修が行われた。現在残る遺構はその改修時のものという。
 明治4年(1871)廃藩置県で官舎楼閣は悉く廃棄され、跡は熊本鎮台の分営となり廃頽した。昭和50年頃から復元の声があがり、やがて
「藩校振徳堂」、「大手門」、「松尾の丸」などが次々と復元、また武家屋敷の町並み保存も併せて行われた。
 平成18年4月6日、(財)日本城郭協会から「日本100名城」に認定されました。 
参考文献:日本城郭大系、日本の名城・古城事典、日本の城・名城探訪ガイド他

 ★H19/12/20訪城、
 宮崎で唯一つ日本城郭協会の
「日本の100名城」の一つに選定されたのですから、自分としては今回の南九州お城めぐりの本命で念願のお城です。宮崎空港からレンタカーで、「宮崎城」、「佐土原城」、「都於郡城」、「月山日和城」と廻って南下、「飫肥城」に着いたのはやっと閉館近く、「大手門」の前から団体の最後の観光客が出て来たところでした。
 
「松尾の丸」の内部はすでに入れなかったのですが、城内は思ったよりシンプルで一通り見学出来、写真も撮れラッキーでした。
 重厚な2層建て櫓門、
「大手門」から中に入ると石垣に囲まれた枡形虎口と内側から見る門構えの造作など実に見ごたえありました。また苔むした石垣や、「飫肥杉」の林立する本丸は、土手に囲まれて一段高く、土塁なども見受けられ古城の面影にしばし侵れました。大手門の橋の下の堀は昔の遺構でしょうか。L型に良く遺っています。
 
「武家屋敷通り」も散策、なかなか情緒があり、「小村寿太郎の生家」も見学出来、通りで逢った小学5、6年生くらいの女の子達がさわやかに挨拶をしてくれました。地元市のHPには「飫肥城」の詳しい紹介が見当らず淋しいことです。

<現地説明板>

<登城口と近景>

<本の丸、周囲は土塁>

 <本の丸H4m櫓台>

<本の丸土塁>

<切り通し竪堀道>

 <中野久尾曲輪の西側横堀、堀底は更に8mも下になる>

 <本の丸南側の堀切道、そそり立つ切岸>

 <本の丸南側曲輪建物跡が出た>
大隅
志布志城
しぶし















志布志市HP
別名: 内城
所在地: 鹿児島県志布志町砧
Tel 099ー474−1111(志布志支所)
種類・指定: 平山城(標高55m・600×300m)・国指定史跡(H17/7/14)
築城年: 平安期(日本城郭大系18記)または南北朝期か
築城者: 畠山直顕(日本城郭大系18記)・島津氏、新納氏
遺構: 曲輪・空堀・土塁
 「志布志」は万寿3年(1026)、「平季基」が都城に鎮西「島津荘」を開いてからは、近くの港「志布志津」として、また日向、大隅国境の要所であり重視されていた。要地に位置する「志布志城」は古くより山城としての形態をある程度整えていたようだ。
 現在主体部の内城(志布志城は、内城、松尾城、高城、新城の総称)内に残る、雄大な空堀の規模、縄張りの明解さ、保存の良さを総合すると、
「鹿児島県下随一の名城」といわれる。
 「志布志城」の最初の築城年代は明確でないが、南北朝期における
「島津・畠山・肝付・楡井氏」などの諸豪族と、戦国期における島津一族の「豊州島津氏と新納・肝付氏」などの争乱期を経て次第に拡大され、強化整備されたという。
 この間、島津氏一族の
「新納氏」が180年間城主として在城したが、島津荘から戦国末期までの領主は、「救仁院(くにいん)氏・楡井氏・畠山氏・新納氏・島津氏・肝付氏」と換わり400年に亘る豪族興亡の歴史を繰り返した。
 天正5年(1577)に島津領となり
「鎌田出雲守政近」が初代地頭となり、島津氏最重要の支城の一つとなった。
 城は南北朝期迄は主郭と矢倉場の曲輪のみだったが、
「新納氏」の時代に中野久尾、大野久尾曲輪と拡大し、内城主郭下に居館を置いた。戦国期に現在見られるような直線連郭式の山城となり支配者の居城であったが、徳川幕府の「一国一城令」により廃城となった。
 <参考文献:日本城郭大系・図説中世城郭事典・現地説明板>
 
 ★H14/11/29訪城、H19/12/21再訪。
 
初めての鹿児島の城めぐりの時、鹿児島城内にある
「黎明館」「志布志城の模型」を見て、その見事な縄張りさに驚いて訪城、あれから丁度5年経ちますが、その感動を再度体感したくなり再訪しました。
 志布志小学校北側の登城口を入り、正面道路脇の小箱の城跡内
「散策コースマップ」をまず頂く。 コース順路の全周60分コースで廻ることにしました。縄張り図付で、城内のポイント、ポイントにはコース案内が親切に掲示されていて助かります。
 曲輪は6つ、空堀は大まかにいうと丘陵をほぼ東西に横断する5本の大きなものと、これに直角に交わり丘陵と平行して長く続く東西の2本とからなってます。
 空堀横堀は想像を絶する雄大なもので、切岸も高さが4,50mもあり、切り通しのある竪堀にや見上げれば上から石を落とされそうな恐怖を感じる堀底道が続きます。特に中野久尾曲輪の西側の大空堀は巨大です。調査の方に聞けばなんと堀底はさらに8mも下とのことでした。
 城の三方面は厳しい絶壁で、城内は横矢掛りだらけで、この城が落城したことがあるなんて信じられない思いです。  
 丁度本丸南下曲輪の建物跡の遺構の埋め戻し作業中で、責任者の方に「このお城は自然地形なのでしょうか」と尋ねたところ、南北に通る屋根を削って曲輪にしているので、人工がかなりあるとのことでした。
 とにかく南九州のシラス台地の城は土壌が軟らかいので、お城の縄張りに共通性がありますが、それにしても
「志布志城」はすごすぎでした。

<現地航空写真>

<現地説明総合版>

<駐車城手前に登城口がある>

<すぐ堀切に>

<本丸虎口と城碑>
<本丸>

<本丸側から蔵之城虎口側を>

<蔵之城曲輪>

<堀切から本丸、蔵之城への枡形虎口>

<空堀も曲輪の広さが、更に7m下迄深かった>

<今城の枡形虎口>

<城下町、知覧麓>
薩摩
知覧城






















案内図



























別名: 上木場城
所在地: 鹿児島県南九州市知覧町永里城内
Tel 0993-83-2511 (市役所)
種類・指定: 山城(標高170m)・国指定史跡(屋敷群併せて22.4万u)
築城年: 不明
築城者: 不明
遺構: 曲輪・土塁・空堀・虎口・掘立柱建物跡・櫓台・竪穴遺構
 「知覧城」は薩摩半島の中南部、御仮屋の南西1km、高台を利用して築かれ、今もその遺構を良く残した国指定の名城である。
 
「志布志城」「伊作城」などに伍して勝るとも劣らない縄張りと思われる。
 鎌倉時代、当地は
「知覧院」とよばれ薩摩平氏の一族である「平忠益」が郡司として治めており、地頭には「島津氏」初代「忠久」が臨んでいた。
 建久年中(1190頃)「伊作平次郎良道」は三男「忠永」に頴娃・揖宿・知覧・給黎・薩摩郡を与えている。「忠永」は頴娃氏祖となり、その子「四郎忠信」「知覧院」を与え「知覧氏祖」とした。 
 その後、南北朝時代の文和2年(1353)に、4代太守
「島津忠宗」の三男「忠光(佐多氏祖)」に北朝方軍功の恩賞として「足利尊氏」から知覧領が与えられた。これは名目上の二重支配者をつくった。
 応永年間(1394−1427)に至り、隣の
「給黎久俊」「知覧城(上木場城)」を攻め「知覧氏」を滅ぼした。しかし、応永27年(1420)9代太守「島津久豊」は押領地の返還を求め「知覧城」に攻めいり、勝利して再び「佐多氏」の領有地とした。
 佐多氏11代
「久慶」のとき家人の海賊行為が、「島津義弘」に知られ川辺宮村に転封となり、「島津氏直轄領」となった。11代の時、「知覧城」は出火し、系図・文書伝記等を焼失している。
 その後、太閤検地に伴い一時
「種子島久時」の所領となったが、慶長15年(1610)12代「佐多忠充」の時、知行地を宮村から知覧に替えられ、本領の地頭として復帰した。
 延宝5年(1677)16代
「久達」の時、知覧は「私領地」となり、その後家老を務め、「島津姓」を許された。
 宝暦年間(1751−64)18代
「久峰」(島津藩主継豊の三男)のもとで、領主仮屋を中心とする「麓屋敷」が整備された。
 その後も「知覧城」は何らかの形で利用されたと思われる。
 「知覧城跡」は、シラス台地のへりにできた浸食谷を利用して空堀とし、10余りの郭(平坦なところ)を築いて、これらを本丸の周辺に配置した山城で、外郭には2重の深堀が巡らされている。遺構の保存が極めて良好で規模も大きく、南九州中世城郭を代表する城である。
 特に
「蔵之城跡」は本丸・今城・弓場城等からなる知覧城郭群の中枢となる曲輪の一つである。
本丸と蔵之城の入城ルートは中心部分の
「外舛形虎口」を中継しており、このことから、本丸と同様に重要な曲輪であることがわかる。
その名称から物資供給の蔵、または矢倉等が存在したことが想定される。
 <参考文献:南九州城郭談話会HP引用・現地パンフレット・日本城郭大系>

  ★城跡には立派な駐車場と、説明板がありパンフレットも備えてあります。
 
「登城道」は駐車場の東側、防空壕のある方にあります。いきなりすごい堀切り道になるので驚嘆します。
 道なりに進むと堀底から枡形虎口を抜ける曲輪群の中心部になります。
 ここから本丸、蔵之城にまづ上がるのですが、、城内は完璧に整備され、標識も随処にありました。
 枡形虎口や坂虎口なども凡ての曲輪でよく見れます。空堀深さは調査で更に7mの下まであったようです。全体を廻るには一日掛かるかも知れない大城です。南側外郭
に廻ってみましたら巨大な空堀が道路わき下で見られました。
 町中の観光客で賑わう武家屋敷街の
「知覧麓」も延々と続く石垣と生垣の美景にすっかり感動してしまいました。

<案内図>

<遠景>

<主祭殿と2重堀>

<外壕>

<堀の奥は貴人の墓地>

<北内郭近景>

<南内郭から北内郭方面>

<復元歴代王の甕棺>

<出土品、剣か>

<主祭殿周辺図>
肥前
吉野ヶ里城










吉野ヶ里歴史公園HP


マピオン地図



































別名: なし
所在地: 佐賀県神埼郡吉野ヶ里町田手1843
Tel 0952−55−9330(吉野ヶ里公園管理センター)
種類・指定: 環壕集落・国指定特別史跡
築城年: 弥生時代
築城者: 不明
遺構: 環壕・墓
 「吉野ヶ里遺跡」は国の特別史跡であり、更にH19年、(財)日本城郭協会により「日本100名城」の一つににも選定されました。
 弥生時代の大変貴重な環壕集落の遺跡です。何故お城なのかという違和感がありましたが、訪問してびっくり、中世以降の城郭遺構の縄張りにも勝る長大な二重堀など防御を極めたお城の形態であることが良く理解できました。
 「吉野ヶ里遺跡」は佐賀県神埼郡の神埼(かんざき)町・三田川(みたがわ)町・東脊振(ひがしせふり)村の 3 つの町村にまたがった我が国最大の遺跡で、1070年代からの数次の発掘調査により弥生時代における
「ムラ」から「クニ」に至る中心的な集落の全貌や、弥生時代 600 年間の移り変わりが出土品などから明らかにされ、今貴重な資料や情報により次々と古代の歴史の一端が解き明かされようとしています。
 
「吉野ヶ里遺跡」は1070年代の発掘調査で銅剣鋳型、木製品、炭化米などが出土され、更に1989年には大規模な環壕集落や墳丘墓が発掘されました。
 「吉野ヶ里遺跡」では弥生時代の初めに人が住み始めたと考えられており、この頃から集落を取り囲む大規模な
「環壕」が掘削されています。 弥生前期には2.5ha規模の集落であった吉野ヶ里は中期には20ha,,弥生後期にはついに40haを超す国内最大規模の環壕集落に発展します。
 後期には大型の祭殿を持つ
「首長の居住」や祭祀の場と考えられる「北内郭」、高階層の人々の居住区と考えられる「南内郭」「高床倉庫群」が設けられていました。
 特筆すべきは中期以降の600mに及ぶ長大な
「列状埋葬墓地」、やや高所にある細形銅剣やガラス管玉を副葬した高階層(歴代の王)の人々だけを葬った「巨大墳丘墓」が発見されたことです。
 これが本年2月よりすばらしい保存状況で公開されていました。
 次に復元された環壕です、集落を守る
「内壕」と全体を守る「外壕は総延長が2.5km」に及ぶもので、V字型、深さが4m近い壮大な防御施設です。
 
「吉野ヶ里遺跡」は日本の様子を記した最古の記録である 「魏志倭人伝」に出てくる「邪馬台国」の時代を彷彿とさせるものといわれ、一躍全国の注目を集めたのですが、再現したロマン溢れる古代風景にしばし時を忘れたことでした。
 平成18年4月6日、(財)日本城郭協会から「日本100名城」に認定されました。 
 
<参考文献:吉野ヶ里歴史公園パンフレット>
 
 ★H20/3/15、訪城。車で14時間、東名、名神、山陽、中国、九州自動車道を経て、念願の「吉野ヶ里遺跡」へ。99城目、やっと(財)日本城郭協会選定の
「日本100名城」には「根室半島チャシ跡群」を残すのみになりました。
 広大な公園の想像的復元集落内を歩いて、まさに古代人になったような気がしました。堀にはびっくりしました。城のような具体例を挙げれば、主祭殿のある
「北内郭」「二重の堀」に囲まれ、出入口は2重の内枡形風となっており内部を遮る城柵に囲まれ、前面には2つの物見櫓が設けられ、出入口には突出部があり側面攻撃も可能のよな縄張りでした。
 
「主祭殿」は古代の天守閣の威容がありました。城柵は外堀の内側に沿って延々と連なって、まさに大城郭だと納得しました。
 土の城がすでに弥生時代からあったとは実に驚嘆するばかりです。

<突き当たりが右が林道入口>

<畝状竪堀群>

<畝状竪堀群2>

<畝状竪堀群3>

<尾根>

<主郭と櫓台>

<土橋部>

<空堀>

<縄張図・村田修三、千田嘉博両氏の共同作図>

<護念寺で頂戴した周辺図と上の縄張図>

豊前
長野城



























北九州市HP
































別名: なし
所在地: 福岡県北九州市小倉南区長野
Tel 093−671−8181(市コールセンター)

R日豊本線下曽根駅下車、西鉄バス長野下車徒歩60分
城の種類: 山城
築城年: 保元2年(1157)
築城者: 平修理判官康盛
遺構: 曲輪・土塁・空堀・畝状連続竪堀
 「長野城」の畝状竪堀はすごい。大規模な上、尾根曲輪には130条に及ぶ大小の連続竪堀が櫛の歯状に取り囲んでいる。この種の縄張り規模では全国でもぴか一と思われる。
 もし敵兵がこの山城を攻めるなら山腹に設けたこの竪堀をひたすら駆けあがるしか攻撃するルートがない。然し山頂に近づくや、待ち構えた籠城側の伏兵に、竪堀頂部から銃弾や投石を見舞われ、手ひどく撃退されてしまう。この城には縄張り図の如くこうした竪堀の防御施設が、人工で連続して造られている。この堀を形状が畝状になるので畝状竪堀と言はれている。
 
「長野城」は長野集落の南、標高230mの通称城山の山頂にあり、平安時代の末期、保元2年(1157)豊前の国司としてこの地に下向した左大臣「平時盛」の六男「平修理判官康盛」「長野氏」を名乗って、この城を築いたという。
 その後、城域も拡張され、今現存する城跡は約430年前の戦国時代末期の
「長野氏」の遺構として良く残されている。(説明板)
 
「長野氏」はこの「長野城」を本城にして豊前国企救郡(現小倉北、南)を中心に支城20城も擁した勢力を誇示していた。
 
「長野氏」についての資料は乏しく「豊前古城誌」によれば『八代豊前守種盛の時、大三岳、小三岳、下長野、丸口、福相、稗畑、椎ノ城、皆長野氏の父子兄弟居城とせり』と記されていて、戦国武将としてかなり有名であったようだ。
 然し戦国時代の長野の地は、
「大内氏、大友氏」の強大な勢力が政争している境目であり、両者が度々戦い、「長野氏」「大内氏」に続いて「大友氏」に従属した。
 やがて
「大友氏」「毛利氏」と衝突、永禄十一年(1569)には「毛利氏」の大軍が豊前に送り込まれ、大三岳を始めとする「長野氏」の居城も次々と集中攻撃を受けた。「長野退治」と称され、全城ことごとく落城して一族は四散し、一部のものは豊後の「大友氏」を頼って落ち、「長野氏」はわずかにその命脈を保つのみとなったらしい。
 天正15年(1587)
「豊臣秀吉」の九州征伐の時、「高橋秋月氏」側に組していた「長野氏」は筑後に国替えさせられ、そのころ「長野城」も廃城したという。
 城は堅城でも歴史の趨勢と戦力の多寡には抗すべくもなかったのだろう。
 縄張りの複雑さから、戦国末期の遺構とされるが、「長野氏」が大国の狭間で当時の軍事的緊張から領国を挙げて大防御工事を行ったものであろうか。
  <参照:現地説明板・図説中世城郭事典・護念寺で頂いた資料・>

 ★H15/3/27訪城。
 お城めぐりFANのMLのSさんの情報を得て、九州に入って一番に訪城しました。まず城下の
「護念寺」に駐車、寺内のお住まいにご挨拶、幸運にもこちらで「縄張り図付きの周辺案内図」を頂きました。九州東縦貫道路工事中のため寺からは徒歩で35分ほど掛けて二の丸登城口へ到着。道路には城への標識があり分りやすかったです。現在は道路状況が変っているかもしれませんが。
 城内山中にも要所にテープの目印があり大変助かりました。
 U字型に巡る城郭尾根を一時間ほど見学後、西尾根から降りました。効率的に一巡できるお勧めコースでした。降り口の樹木の枝にビニール袋に入れた縄張り図が吊られていました。こちらも登城口のようでした。
 
「主郭(本丸)」は76×60mの広さで中心に櫓台があり、西に一段下がって土塁に囲まれた腰曲輪がありその北に枡形的虎口が開いています。主郭から北へ階段状の曲輪が続き20×10mの2郭に達します。更に北に細長い曲輪を経て、20×13mの長方形台地の3郭(2の丸)です。図を見て欲しいのですが城内は果てしない「畝状竪堀」で、とにかく堀に酔って夢を見ている心地になりました。これだけの遺構、是非市の指定史跡にして欲しいものです。 

<現地パンフレット>

<現地説明板>

<登り石垣>

<登り石垣2>

<砲座(石積櫓)>

<砲座側から尾根から馬場側尾根を見る>

<虎口>

<登り石垣を上から>

<砲座へ行くにはこの6m近い梯子を昇る>

<本丸虎口>
豊後
長岩城


















関連HP
中津市ようこそ耶馬渓へHP















別名: 府内城・荷揚城・白雉城
所在地: 大分県中津市耶馬渓町川原口
Tel 093-951-4111(小倉南区役所)
JR中津駅下車、レンタカーか。
種類・指定: 山城・町指定史跡か
築城年: 建久9年(1198)
築城者: 野仲(宇都宮)重房
遺構: 曲輪・石塁・石垣・塹壕・砲座(石積み櫓)・堀切 

 「長岩城」は豊前国守護「宇都宮信房」弟の「重房」が下毛郡野仲郷を分与され、「野仲氏」
称し、建久9年(1198年)創築して初代城主となった。以後「野仲氏」は次第に勢力を拡大し、下毛郡の政治軍事を掌握し、22代390年間の居城となった。
 
「野仲氏」は南北朝期には、「大内氏」続いて「毛利氏」に従い、戦国期の弘治2年(1556)22代「野仲重兼」の時「大友義鎮(宗麟)」と対戦して善戦したが寡兵で敗れた。敗れたが「義鎮」は「重兼」のその勇猛に感じて一字を与え「鎮兼」と名乗らせたという。
 然し、その
「大友氏」「耳川の戦い」「島津軍」に大敗すると勢力を失い、天正7年(1579)乗じて「野仲氏」は反大友の兵を挙げ、旧領を復させた。
 天正15年(1587)天下統一を目指す
「秀吉」の命を受けて「豊前中津」に入国した「黒田孝高(如水)」には「長岩城」の名族「野仲氏」は大きな障害でした。
 「長岩城」は天正16年(1588年)4月「後藤又兵衛」を先陣とする「黒田長政」の大軍3千5百に攻められ、守勢千5百余にて善戦するも、多勢に無勢、3日間の激戦の末、重臣の寝返りで遂に落城、城も廃城となった。

 この長岩城は川原口にある山岳城で、今日の遺構は南北朝、戦国時代に増改築された。
 城は急峻な円錐形をした扇山(標高530m、比高230m)と、その一帯の支峯や谷窪等に築かれている。この一帯は、険阻な断崖絶壁地帯である。城はこのような天然の要害を巧みに取り入れ、断崖の合間等の敵の侵入し易い所には人工的に石塁や、砲座、塹壕等の防備施設を補完した独創的にして要害堅固な山岳城である。
 城の構成としては、本城(本丸)は主峰扇山の頂上にある。この山は7合目所を高さ4〜10m位の斬石が東、北、西の3面を取り巻き、南面は深い谷窪となり、後方は尾根続きで岩山の連山に連なっている。西方の支峯に
「西出城」(西之台)、東方の中腹に東出城(東之台)、これと谷を隔てて相対する岩山にも「出城」を設けてある。谷川に沿って「一之城戸、二之城戸、三之城戸」と3段構えで防備を固めていた。陣屋跡や馬場の跡も残っている。
 「長岩城」の特色は、規模が大きく地方豪族の中世山城としては九州において最大規模であり、石塁や砲座等の優れた石積みの構造物が多いことである。石積みの類は20余ヶ所で延べ700余mに及ぶ。特に銃眼のある「石積櫓」(楕円型砲座)は、石造の櫓としても、銃眼の設置としてもわが国最古のものであり、全国に類例を見ない貴重な遺構である。また、石積みの石が扁平な鉄平石状のものに統一してあるのも特徴である。城址は昭和59年に一部修復工事を行った。
<参照:左記HP・日本城郭大系・現地説明書・保存会説明資料・戦国の城(中)>
 
 ★H15/3/27訪城、
 この城は名城というべきか実にユニークな遺構を遺しています。立地する天険な地形の上に延々と山上に向かって築かれた
「登り石垣」や700mも散在する石塁、歩くのも危険な絶壁尾根終端部に写真のような「砲座」ともいわれる石積櫓があります。何となく異様で恐ろしい雰囲気のある山城でした。生憎小雨のなかの行軍で写真も良く撮れなかった。機会があればもう一度ゆっくり尋ねてみたいお城です。


<厳原町資料のコピー図>

<三の丸部の遠景>

<枡形虎口>

<門跡虎口>

<平坦な二の丸>

<山頂本丸から景観>

<三の丸上の累々たる石垣>

<金石城門跡虎口>

<鏡石を配した石垣>


















対馬
清水山城












自治体HP



































地図






別名: なし
所在地: 長崎県対馬市厳原町西里
Tel 0920−54−2341厳原支所文化財課)
種類:指定 山城・国指定史跡(S59)
築城年: 天正19年(1591)
築城者: 宗義智・相良長毎・筑紫広門・毛利高政
遺構: 石垣・曲輪・堀切
 対馬の「清水山城」は天正19年(1591)の「文禄・慶長の役」に際して、本城の「肥前名護屋城」、壱岐の「勝本城」などと共に、日本と朝鮮半島への「つなぎの城」として「秀吉」の命により築かれました。ここに出兵する国内の最前線基地が完成されたと思われます。
 築城者については
「宗義智ほか3名」の説と、「毛利高政」築城の2説があるようです。
 「清水山城」の南麓城下にはすでに享禄元年(1528)に
「宗氏」の代々の居城の「金田城」が築かれており、「清水山城」の築城も当然「宋氏」の助力なしでは考えられないところです。
 急峻の「清水山城」の本丸に登れば眺望もよく、城下や、厳原港の内外も一望であることから、戦略・通信上、重要な役割を担っていたとも考えられます。
 
城は標高206mの山頂から中腹までの馬のせ状を呈した稜線にほぼ南北に500mに及ぶ石垣でもって築かれ、居住性がさほどない三つの郭が両端と中間上部にあります。
 頂上の本丸(一の丸)は円形の石垣に囲まれて、50×40mの楕円状で不平坦ですが城門跡や内枡形状の虎口を備えており、二の丸、三の丸もほぼこれに準じています。(縄張図参照)
 二の丸は平坦地で東西に門虎口が開かれ、上下の郭に連絡しており、200mもはるか下方の三の丸への下り尾根には、高い石垣が絶壁の両脇に累々と連なり、ミニ万里の長城のように聳えて見事です。
 三の丸は60×20mの小判型で外囲いもなく大きな石塁と急崖に築かれた石垣の上の平場で、景観も良く見晴らし場としても絶好でした。
 平成9年発行の「厳原町誌」の文末に、
「清水山城」の遺稿として、「秀吉」の御座所に当てられた建造物の形跡が判明しないのは、南麓の「宋氏」「金石城」が御座所にあてられ、この山城はその背後の要塞にしたのではないかとありますが、小生の見学した限り、城郭はかなり線的で、陣城としての用途のほかに、見せる城でもあったとかと思いました。
 
「清水山城」は実に短命の城で「慶長の役」後には廃城されますが、現在でもその原型をほぼ留めて保存され、私達に貴重な歴史遺産を偲ばせてくれています。誠にうれしいことでした。 
 この城は、
縄張りからの『日本名城百選』(村田修三総監修小学館)に選ばれた名城の一つでもあります。
 <参照:日本城郭事典・厳原町誌・日本の名城百選>

 ★H22/2/22訪城、
 時々、
「朝鮮通信使」とか「倭館」のこと、また「倭城」のことなど風聞するので、当時の渦中にあった「対馬」は歴史上に於いても憧憬の地でして、やっと訪れて、そして感動するいくつかのお城にも出会いました。先攻したお城の友人の情報を頂いて計画を立て、早朝7時に厳原港のフェリーを下船、その足で徒歩で目標の「清水山城」を目指しました。
 麓には
「金石城」があり、その裏山に登城道があります。港から登城口まで30分ほどで、立派な登城道に着きます。登城口には韓国の観光客のためにハングル文字の案内もありました。 舗装した登城道を登ってまっすぐ行き着いた処が、城の二の丸と三の丸の中間でした。
 まず本丸を目指します。登り石垣に沿って急峻な道を辿りますと、二の丸、本丸と城門石垣が次々と聳えるように見られ驚嘆しました。かなり大きな石も見られます。
 最後に下端の絶壁上の三の丸から二の丸方面を見上げた眺めも石塁が見事で息を呑む思いでした。
 城下の
「金石城」の城門跡や外周堀の石垣も想像以上に見ごたえがあり、すっかり満足しました。さらに助かったのは探すべきレンタカー屋さんがその石垣沿いにあったことです。
 お陰様で役場の文化財課の方から頂いた資料も参考に、
朝鮮式山城(国指定)の「金田城」などにも足を伸ばせることが出来ました。お世話になった方々にはここにお礼を申し上げます。

<説明板>
<三ノ城戸の城壁石垣>

<三ノ城戸の城壁石垣>

<山頂日露戦争時の砲台跡>



「金田城には防人と呼ばれた兵士たちが配備され、辺境の守りについていたもと見られるが、この防人として覇権されたのは、遠くの東国の若者だったという。彼らが故郷を起つときの別れの歌が「万葉集」に多く収められている。」

♪「対馬の嶺は下雲あらなふ上の嶺にたなびく雲を見つつ偲はも」












対馬
金田城

















自治体HP



地図

























別名: 黒瀬城
所在地: 長崎県対馬市美津島町黒瀬城山
Tel 0920−54−2271
(市教育委員会 美津島事務所生涯学習班)
種類・指定 朝鮮式山城・S57国指定特別史跡
築城年: 天智天皇6年(667)
築城者: 大和朝廷
遺構: 城壁・石垣・城門跡・望楼跡
 「金田城」の歴史は古く、今から1300年以上溯ります。
 朝鮮半島において百済が西暦660年(斉明6)、唐・新羅連合軍の攻撃によって滅亡しました。 隣国日本は百済復興を支援するため、663年(天智2)、大軍を派遣し唐の水軍と錦江の河口付近で戦いましたが大敗を喫して撤退しました
「白村江の戦い」
 その結果、時の大和朝廷は唐・新羅の来襲に備え防備を調えることが急務となりました。
 
「日本書紀」によれば、大和朝廷は665(天智4)に「大野城」(福岡県)、「基城肄」(佐賀県)、「長門城」(山口県)の3城を、更に667年(天智6)に「高安城」(大阪府・奈良県)、「屋島城」(香川県)、「金田城」(対馬)を築き国土防衛の備えとしました。
 その防衛線は対馬から北九州一帯、長門から
 瀬戸内を経て畿内へと拡がっていきました。
 
「金田城」は日本進攻の最初の軍事通過地点であり、国防の最前線基地として築かれ、見張り、通信上においても重要な役割を担っていた要塞でした。
 山頂には烽があり、島から大宰府までの通信体制が確立していたといわれます。
 城の位置は、古より大陸に渡る交通の要衝、浅茅湾港の南岸に屹立している標高274mの岩山が城山で、3方を断崖絶壁に覆われた、人が登るのには難渋する天然の要害です。
 山腹東側の斜面は比較的緩やかで浅い谷があり、、ここが城の中心となっていて、三つの谷を抱くように山の中腹を石垣が取り囲み、この城壁がえんえんと続いています。
 谷の名称は一ノ城戸、二ノ城戸、三ノ城戸と伝えられ現在も城門跡が残っています。谷底には水門があり、この築城法は、明らかに
「朝鮮式の山城」といわれます。
 いまでも残る石垣は、山頂を基点に、東面、南面に延々と2.8kmに及ぶといい、そのスケールの大きさには吃驚します。
 但し防御上では死角があり、籠城用の逃げ込む城ではとも考えられます。
 <参照:対馬市教育委員会冊子・パンフレット・日本城郭大系>
 
 ★H22/2/22訪城、
対馬は中世の一時期には倭寇の巣窟となり、応永26年(1419)には朝鮮の軍船二百余艘が尾崎浦を攻めたという。文久元年(1419)にはロシアの軍艦が来泊し、日清・日露戦役の頃は海軍の根拠地となったこともある。大陸に一番近く
、国際的な交通・軍事の要衝でした。
 晴天、この城の山頂からの眺望は、60km先の韓国本土も見えそうである。いや見えていたのかも知れない。
 山頂には海軍の砲台跡が残っていて、その周辺兵站部の跡もよく残っていた。
 登城は、中腹近くまでまで車で上れるが、そこから山頂まで1時間強かかる。
 途中の三ノ城戸から、急斜面に直下する長大な石垣が忘れられない(写真)。
 岡山の
「鬼の城」でも驚いたが、古人の土木技術にはよほとほと驚かされる。
 現地では、文化財課の方々が日々調査中でした。H5年より発掘調査がされていますが、建物跡、柵列、土塁、門礎石など次々と発見がされており、更に今後の成果が期待されます。


<現地説明板>

<遊歩道沿いに尾根曲輪が続く>

<二の堀切>

<石段の埋門跡らしい>

<二の丸手前二の堀切>

<二の丸館跡の波多氏一族供養塔>

<岩盤の三の堀切、上に木橋が懸けられている>

<絶壁からの景観>

<物見台の上旗竿石の穴>

<二の丸の井戸>
肥前
岸岳城









自治体HP





地図




















別名 鬼子城・岸嶽城・吉志峯城
所在地: 佐賀県唐津市相知町佐里・北波多岸山
Tel 0955-72-9111唐津市)
種類:指定 山城
築城年: 平安時代末期
築城者: 波多氏
遺構: 石垣・堀切
 「岸岳城」は標高320mの急峻の岸岳の稜線に沿って東西に1km余に及んで築かれ、松浦党の首領であった「波多氏」17代450年の居城である。
 城の起こりは定かでなく、資料によれば、平安時代末期かと推定され、城の築かれたのは南北朝(1336〜1392)ともいわれる。
 城は松浦地方では比類のない規模を有し、急峻な崖によって守られた天然の要害を利用した堅城である。
 
『松浦家世伝』によれば、延久元年(1067)に「渡辺綱」の曾孫「源久」は、松浦郡の御厨検校となり、検非違使に補されて当地に下向し「松浦氏」を名のり、松浦党の祖となった。
 
「松浦党」は鎌倉時代の史書に多く記されているが、その結束の強固な武士集団としてよく知られていた。
 応永年間(1394〜1428)頃から
「波多氏」は次第に頭角を現し、諸家の中心的役割を果たすようになったが、戦国動乱の16世紀半ばに入ると、肥前の「龍造寺隆信」の攻勢的進出により一進一退の戦いの後、やむなく天正元年(1573)には和議を結んだ。
 
「波多氏」は遠祖「源久」の系譜を引き、代々一字名を継承、戦国時代末期の15代の「興」の時に、近隣諸豪族と巧みに婚を通じたりして、最盛期を築いたいう。
 永禄12年(1569)17代藩主
「波多三河守親(したし)」の時、本、分家の身内内で、豊後の「大友氏」「龍造寺氏」かの支持が分れて内乱の末、城は「龍造寺氏」に一度は奪われたが、天正5年(1577)「隆信」の養女安子姫を娶ることで、両者の平穏が保たれたようである。
 松浦地方は、西北九州、現在の唐津市から松浦市、伊万里市他を含み、「波多氏」はやがて文禄の役の前線基地になる名護屋の領主でもあった。それ故一時は
「秀吉」の厚遇を得たが、「親」は時流にのることが出来ず、文禄3年(1594)渡鮮して武勲もあげたが帰国の船上で突然、常陸国筑波に改易の命がなされ、やがて破局に至った。
 
「波多氏」の改易の原因については、九州征伐の折りの遅参、また美人の妻秀の前(安子姫)の哀話が今に伝えられている。
 
「波多氏」の後、文禄3年(1594)「岸岳城」には「寺沢志摩守広高」が入城して、後に「唐津城」に移った。城は元和元年(1615)一国一城令により破城された。
 <参照:日本城郭事典・図説中世城郭事典・現地説明板他>

 ★H15/3/29訪城、
 車で、山の奥まで入れて、
駐車場もありました。
 指定史跡でないのが不思議なほど、遺構もよく残り
遊歩道もあり整備された山城でした。峻険ですが、尾根は平坦です、主要部は織豊期らしい総石垣で破城らしい崩れが多いですが実に見事なものでした。西に続く尾根には「波多城」があり、こちらが初期の本城で、「岸岳城」は詰城だったようです。弘治2年(1556)動乱の頃、城は改修され大手を南の佐里側に変え、東方三左衛門殿丸側に防備を強化したようです。
 
鬼子嶽末孫之碑が建てられ、一族供養塔もある古城で昔を偲ぶ人々の息吹を聞くような訪城でした。 

<説明板縄張図>


<本丸から二の丸をみる>


<復元中の二の丸から本丸へ>


<二の丸と本丸間の堀切>


<本丸と景観>


<復元城壁>


<麓の袋池の野面石垣>


<内堀の袋池>





肥後
富岡城

















観光協会HP



地図













別名: 富岡臥龍城
所在地: 熊本県天草郡苓北町富岡
Tel 0969−35−2111(町教育委員会) 
種類・指定 平山城・町指定史跡
築城年: 慶長5年(1605)
築城者: 寺沢広高
遺構: 石垣・城門跡・堀切・袋池・復元櫓
 訪城後もう10年も経ちますが 「富岡城」も忘れられない城の一つです。
 城は天草半島の北西端に蕾のように海に突き出て陸繋島で知られる富岡の丘陵に築かれた梯郭式の平山城で、見事な石垣に囲われた山頂部に本丸、2の丸、出丸を置き、麓に三の丸を設けています。
 城の南には内堀の役割を果たした
「袋池」があり、東部には砂嘴に囲まれた巴湾が天然の土塁となって海からの外敵を防衛する役割を果たしており、また陸からの攻撃は砂州のみしかなく、極めて攻撃し難い「天然の要害」を形成しています。
 私の訪城時は丁度、石垣の復元修復をしている状態でしたが、  平成6年(1994年)より平成17年(2005年)までの城の発掘・復元が行われ、現在は国立国会図書館にある
『肥前甘艸富岡城図』をもとにして丘陵上の本丸には、石垣や櫓、塀などが立派に復元され、美しい城の容姿を外観させてくれます。
 城の歴史ですが、慶長5年(1600年)当地の領主
[小西行長]が関ヶ原の戦いで敗れて斬首され、翌年、天草領は東軍に参陣して戦功があった唐津城主・「寺沢広高」に天草郡4万2千石が与えらました。「広高」は慶長7年(1602年)から慶長10年(1605年)にかけて「富岡城」を築き城代を置いた。
 寛永14年(1637)に
「天草島原の乱」でキリシタン一揆勢、1万2千人の攻撃を受け二の丸まで抜かれたが必死の防戦により落城しませんでした。寛永15年、「原城」が落ち、島原の乱が鎮圧されると、「寺沢堅高」はその責を問われ改易となり、その後に築城の名手といわれる「山崎甲斐守家治」が四万石で入り城郭の大修復を行い、百間塘と呼ばれる土手道を整備し、袋池を構えて内堀の代わりとし、また大手門を造営した。しかしわずか3年で「家治」は讃岐丸亀に転封されました。
 その後,天草は天領となり、
「鈴木重成」が代官として赴任、実情から幕府に四万二千石の半減を訴えて自刃します。
 
寛文10年(1670)に「戸田伊賀守忠昌」「富岡城」の維持修復のため郡民が過重な負担を被っていたのを解消するべく、三の丸のみ残して城を破却、後世善政と称されています。そして天草は再び天領となり明治維新に至りました。
 <参照:・日本城郭大系・ウィキペディア観光協会HP>
 
 ★H14/11/26訪城、
 訪城したときは、石垣の復元がかなりすすんでいました。
 その石垣の白さがめずらしく、城の全体感に西洋の白亜の城の雰囲気が感じられたことでした。
 城からの茫洋たる有明海と巴崎を望む景観はすばらしく、
「新くまもと百景」に選ばれているようです。
 現在、本丸の富岡ビジターセンターでは、天草地域の自然景観、歴史、文化環境等についての情報発信を行い。また二の丸に初代代官の「鈴木重成」他四体の銅像が建 てられています。


<断崖上の鐘も見える現存畳櫓>

<大手口、鳥居を入ると枡形虎口に>

 <中ノ門跡と畳櫓>

  <本丸と二の丸間の大空堀>

<複製の国崩し砲>

<二の丸>

<亭櫓台跡>


<二の丸復元櫓門>

<説明板縄張図>

<明治初期撮影の二の丸>
豊後
臼杵城


















市観光協会HP
別名: 丹生島城・亀城・亀ヶ城
所在地: 大分県臼杵市臼杵丹生島91 (JR日豊本線 臼杵駅下車徒歩10分
Tel 0972−63−1111(市文化財課)
種類・指定: 平山城県指定史跡
築城年: 永禄5年(1562)
築城者: 大友(義鎮)宗麟
遺構: 曲輪・二重櫓2基・石垣・空堀
 「臼杵城」は永禄5年(1562)キリシタン大名として有名な「大友宗麟」によって、臼杵湾に浮かぶ周囲を断崖に囲まれた天然の要害である丹生島に築かれました。
 
「宗麟」は当時、北九州の覇権を争った周防の「大内氏」に代わった「毛利氏」との戦いでは、前年の永禄4年の門司の戦いで破れ、続く豊前北部でも大敗して、その追撃に備える必要と、長く居城とした、府内の「大友屋形」では城としての機能、防御面で不安もあり、かねてから目していた丹生島の地を本城と定めました。
 「大友屋形」には子の21代
「大友義統」を配し、ここ「臼杵城」を己の隠居城としましたが、実権は「宗麟」にあり、寒村であった臼杵は、築城と共に城下町が形成され、東九州の政治、経済の中心地として、南蛮貿易港としても繁栄を極め、実質的な府城となりました。この年、出家して「宗麟」と号した彼は晩年、引退するまで、20年近い全盛時代をここで過ごしました。この間、臼杵は日本の「キリスト教布教の拠点」となり、「フロイス」「日本史」によれば、城内には豪華を極めた教会堂などが建てられたと記されています。
 城の縄張は重臣の
「角隅石宗」と当時浪々の「明智光秀」が行い、構え堅固に築かれました。
 日向にキリストの理想国建設を夢見た
「宗麟」「耳川の戦い」直前、宣教師の「フランシスコ・カブラル」から洗礼を受け、洗礼名を「ドン・フランシスコ」と名乗り、正式にキリスト教徒となります。
 そして打倒
「島津」に燃えて南方に打って出ますが、武運拙く「耳川の合戦」で島津軍に大敗しました。
 天正6年(1578)、
「島津家久」の軍勢は戦勝した勢いで、大友氏本拠の豊後になだれ込み、天正14年(1586)「臼杵城」も包囲されます。この時、「宗麟」はポルトガルより入手した「国崩し」という大砲二門をもって敵陣に発弾、その轟音と威力で、島津大軍を退却させ戦国武将としての意地を見せたと伝えられます。
 天正15年(1587)、内政面でも紛糾あり、いよいよ衰退して、自力では
「島津氏」に対抗できなくなった「宗麟」「豊臣秀吉」の援助を仰ぎ、九州征伐軍による島津氏降伏直前に逝去してしまったようです。
 その後「臼杵城」には文禄2年(1593)朝鮮役の失敗で、大友氏除国後、
「福原直高」「太田一吉」「井伊直政」が相次いで城主として入府、慶長5年(1600)には「稲葉貞通」が美濃「郡上八幡」より移封して5万石を領し、明治4年の廃藩置県まで15代270年の居城となりました。
 
<参照:・日本城郭大系他>
 ★H14/12/1訪城。
 訪城してからかなり経過しました。現在はかなり整備復元がされたことでしょう。「臼杵城」
「亀城」ともいわれ海城だったようですが、今では周囲がすべて埋め立てられて住宅地となり昔の面影はありません。
 城址には貴重な現存櫓も残っており、内閣文庫の
「正保城絵図」には3層4階の天守が本丸西北に描かれているようです。外周には31棟の櫓もあったらしい。現在石垣に見られる符号の十字やL、Hなどの欧字もキリシタン関係のものともいわれてます。
 城下町も戦災を受けずよく保存され見所も多くあります。

 


トップページへ


ご意見/ご感想はこちらまで