日本の名城100選
(Since 2000/8/20)


アクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンター


私も、「何でお城巡りなんですか?」

とよく人に聞かれます。正直なところよく分からないのです。唯お城に行くと何故か胸せまるものがあります。専門的なことも判らぬまま、
名ドライバーがパートナーで、日本中走り廻っております。
幸せなことにパートナーはハイウエイクイーンなどと申してハンドル握ったらなかなか離しません。
お蔭で某は助手席でチョットばかり城攻めの名将?気取りです。
 このホームページで私共が攻城した日本の代表的なお城を、城主の詩歌なども探しながら、シンプルですが素人なりにご紹介いたします。
中世の山城などにつきましては数も多く、「私の写真室」で写真が主ですが少しずつご紹介できればと思います。
 21世紀を迎えて、IT文化の華開く時代ではありますが、温故知新,有史有魂!400年以前の歴史のひとこまを、
皆様にご笑覧頂ければこれ以上の喜びはありません。
<参照・引用させて頂いた参考文献などは個別又はプロフィールに記載しております>

印・・・(財)日本城郭協会選定「日本100名城」

<お蔭さまで現在の攻城数(含砦・城館・陣城・台場)が『2089となりました(^^♪>



・・・・私の大好きな<但馬竹田城>です・・・・

H12/12/9早朝、兵庫県の天空の城、「但馬竹田城」(虎が臥せたように見えるので別名「虎臥城」標高353m)城址に登りました。スモッグの濃い山道を登り山頂近くの雲海を抜けるとその上にはなんと青空が一杯に拡がっているのです。古城に聳える石垣の頂きから眼下を見下ろすと、一面にたなびく雲海は朝陽を背に山なみの間をはるか彼方へ向かって迸るように躍動しています。筆舌に尽せない絶景でした。
 ラッキーにもこの大自然の美景と戦国の堅城のすばらしい壮観に恵まれ、その感動がいつまでも忘れられません。
 この城は、関が原の戦いのすぐ後に廃城になったお蔭で、今も4世紀前の見事な城址の姿を残すことが出来た、貴重な「わが国屈指の山城」と言われます。
 お城の建造物もすばらしいですが、こうした石塁が累々とした山城も、スゴイの一語ですね。
 お蔭でその後はすっかり山城ファンになってしまいました。(^^♪          (近畿地方掲載)


<お城の数って?>

<お城の数>ですが資料により違いがありますが、広義の城は全国におよそ25000から30000城ほどあり,
それらの中で戦国末から江戸初期までの半世紀間の築城史上の最盛期には大小
併せて3000近く乱立したようです。
 それが元和元年(1615)の
「大阪夏の陣」後、徳川幕府の「一国一城令」により170城まで整理され、明治維新に至りました。
維新後も旧体制の象徴にされた城は無用とされ、公共の所有になり、残念にも破却されたり民間に売却されたりいたしました。
 明治6年(1873)の
「廃城令」では更に三分の二の城郭が破却されました。
残された城郭も太平洋戦争の軍用施設に使用されたときにかなりを解体され、
また第二次大戦時の爆撃の目標になり、名古屋城などが焼失し大きな被害を蒙りました。
また現代においても都市開発の進展等により、貴重な城の遺構が失われることはしばしば聞かされます。
 そんななかでも城は郷土を愛する人々により、各都市に於いて、郷土と市民のシンボルとして、
焼失した天守閣や櫓・城門などの再建・復興が盛んに進められました。
 現在一般的に見学出来るメジャーな城は、模擬天守閣や整備された石垣だけの城も含めて
200城を越えてているでしょう。
その他にも古代・中世の支城、砦なども入れると
5000城以上、
いや各地の小豪族の山城や館跡、村の城など山中に密かに眠る埋もれたお城をいれたら、10000余城にもなるのでしょう。
 城郭史のさまざまな歴史的考察ができるのは、後世に建てられたの建造物でもなく、
これら往古から残るお城の土塁、石垣、堀、曲輪や館跡、発掘出土品などでしょう。
なかんずく山中に眠る埋もれた多くの
「中世城郭」の遺構遺跡の調査・発掘や整備保存が
全国各津々浦々にて市町村の教育委員会など城郭関連者のご努力により日夜鋭意進められており、
中世以降の城の遺構が随時見学できることも、お城フアンの私どもにとって大変感謝に尽きないことです。



<現存12天守>

 
誠に残念なことに江戸時代以来現存している文化遺産である天守建築は、
12棟弘前犬山松本丸岡彦根姫路松江備中松山丸亀宇和島高知松山のみの淋しさになっています。


<私の好きな名城!!>

お城は私達の心のふるさとなのでしょうか。私も訪ねてみて、有名な姫路城」「熊本城」「松本城」「名古屋城」「大阪城の雄大さ、
明治天皇が惜しんで残させた
彦根城の華麗さ、山城の備中松山城」「但馬竹田城などの城壁の壮大さ、
一山が見事な石塁だらけの岡城」「丸亀城」「津和野城」「高取城、また今も草深い山中に密かに眠る多くの
中世の巨大な空堀や土塁で築かれた「箕輪城」「諏訪原城」など土の芸術といわれる名城などにも感動しました。
昔の人達は人力でどうやってこんな山中に大工事が出来たのでしょう!
その優れた世界的土木建築技術の遺構はいまでも、いやいまこそ一見する価値があると思います!




【お城巡り友人の歴史作家‘’伊東潤氏‘’の好評代表作品】
【伊東潤氏の公式HP】
【歴史作家伊藤潤のプログ】
2016/6『天下人の茶』が直木賞候補中

“2013/7,『巨鯨の海』直木賞候補に”
“2013/1/6,『国を蹴った男』が直木賞候補及び
第三十四回吉川英治文学新人賞受賞”
“2012/1/6,『城を噛ませた男』が直木賞候補作品”
“2011/11/22『黒南風の海』はオール読物2011年度時代小説大賞受賞”




    
(TOP目次へ)

メール/ご意見/ご感想はこちらまで