バナー 

 
  青森県鯵ヶ沢町の「種里城」にて

私の
プロフィール

 以前「城と城下町」というお城写真集に魅せられて、老後のささやかな趣味で始めたこのお城のサイトですが、今ではこの世界のあまりの奥行きの深さに、素人なりに当惑、困惑したりしております。それも楽しい悩みで、多少の向学心への原動力になっています。
 お陰様で多くの
同好の方々や、諸先輩、各地のお城の関係の皆様のお世話になりながら、日本中の山城巡りをしているこの頃です。今では山中を分け入りながら中世の山城の石垣や土塁や空堀を見学する楽しさが言葉に尽くせないほどです。
 城めぐりを始めていつしか20年を越え、いまや訪城数も2000城を超えました。もう少し数じゃなく、内容の充実した城めぐりをしなければと最近は再登城にも心掛けておりますが、あまりにも数多い戦国の城への征服欲に、シーズンになると、つい東奔西走しております。

        ライン



「晩節を貫きゆかん城の道」
 (楽)
お城の写真に占領された我が家
身の上調べ
 姓   名 鷹取@藤沢
 生 年 月 :  1936/9
 出 生 地 :  東京都
 故   郷:  山梨県
 現 住 所:   神奈川県藤沢市
 趣   味:  お城巡り、囲碁、ゴルフ
          好きな作家、司馬遼太郎
          趣味広い?のですが、浅いのが難点です          。
 友   人:  城とさくらと青空、それとお城仲間
好きな武将:  武田信玄・清水宗治・真田幸村・高橋紹           運他、悲壮な最期をとげた武将たち。

          ライン


 
 『日本の名城100選』の主な参考資料


※『城と城下町・東の旅』
  『  〃   ・西の旅』

 発行者:品川惠保
 日本通信教育連盟

※『名城探訪ガイド』
 監修:南條範夫
 発行者:品川惠保
 日本通信教育連盟


※『日本城郭事典 上・下』

 歴史と旅 臨時増刊号
 (第二十一巻第五号)

 H6年 \980円

※『定本日本城郭事典』
  
編著 西ヶ谷恭弘
  (株)秋田書店 H12 \3200円+税

※『日本の城ハンドブック』
 
 監修 南條範夫
  (株)三省堂


※『日本の名城・古城もの知り事典』
  
監修 小和田哲男
  (株)主婦と生活社
 
  
2000年 \2100円+税

※『新・日本名城100選』
 編著 西ヶ谷恭弘
 発行所 秋田書店 
 H10再版 \1667円+税

別冊歴史読本1997年99号・
 『日本古城名城物語』
 発行所 新人物往来社 
 
1997年 \2060円

※『城の鑑賞基礎知識』
 
著者 三浦正幸
 
発行所/至文堂
 1999年 \3060円+税

古写真で見る『失われた城』
 
監修 平井聖・小沢健志  
 (株)世界文化社 \3800円+税


※『東海道の城を歩く』
   著者 泉 秀樹
   
 立風書房

※『日本名城の旅』
  
東日本編・西日本編
  
執筆・撮影;井上宗和
  (株)ゼンリン 各\1200円


『日本の名城・古城事典』
  
監修 南条範夫・
      奈良本辰也 
  潟eイビーエス・ブリタニカ
    \3204円+税

『日本城郭大系』各巻
 発行所 (株)新人物往来社)

※『城の見方歩き方』
    別冊歴史読本
 
発行所 (株)新人物往来社)
    \2200円+税

※『新・日本名城図鑑』
    別冊歴史読本
 
発行所 (株)新人物往来社)
  \2200円+税

※『維新激動の300藩』
 別冊歴史読本
 発行所 (株)新人物往来社)
 2002年 \1800円+税

※『かながわの城』
   
三津木國輝 著
    かもめ文庫44

 
  1993年 \700円

※『戦国武心伝』
 歴史群像シリーズ66
 発行所 (株)学習研究所

 
2002年 \1500円+税

※『辞世』
 時代を駆けた110人の言葉
 経営技術研究会編
 発行所鰍ャょうせい

 H11、 \2600円

※『名将言行録』上・中・下
 岡谷繁実原著・北小路健、
 中沢恵子訳
 教育社新書(原本現代訳16、17、18 )発行所・葛ウ育社 
\700円

『図説中世城郭事典』
 1・2・3
 編集:村田修三

『城』全8巻
 監修:平井 聖・
 発行所・毎日新聞社
 平成9年


『戦国の城』
 上・中・下・総説編
 西ヶ谷恭弘著
 発行所 (株)学習研究所 1992年

古写真でみる『失われた城』
 監修/平井聖・小沢健志
 発行所 (株)世界文化社 
 2000年
\3800円+税

『戦国の堅城』
 『戦国の堅城U』
 発行所 (株)学習研究社
 
 2004年
\1900円

『日本の城』
 監修/大和田哲男
 発行所 (株) 小学館 
 2005年
\3800円

図解『戦国合戦50』
     別冊歴史読本
 
発行所 (株)新人物往来社)
    \2200円+税

※『ふるさと古城の旅』
     水野 茂著
 発行所 海馬出版
 1998年 \1600円+税

※『神奈川の城 上・下』
 西ヶ谷 恭弘著
 編者 朝日新聞横浜支局
 S53年再版 各\1100円

※『箱根をめぐる古城30選』
   <箱根叢書-7
 著者 小田原城郭研究会
 発行所 神奈川新聞社
 S62年9月 \920円

※『世界の古城をたずねて』
 著者 井上 宗和
 発行所 朝日新聞社
 1986年7月 \2200円

※『城』 全8巻
 監修 平井 聖
 発行所 毎日新聞社
 平成8年12月 \2718円

※『日本城郭史・名城が語る
 日本の歴史』
 著者 鈴木 亨
 発行所 鞄圏m書院
 1996年11月 \2000円

※『日本の名城百選』
 監修 村田 修三
 発行所 鰹ャ学館
 2008年9月 \3800+税

※『日本の城』
 監修 小和田哲男
 発行所 鰹ャ学館
 2005年3月 \3800+税

※『戦国の堅城T&U』
 発行所 滑w習研究社
 2004・2006年 各\1900
       
       他


<雑記帖>















<舞台裏話し>















<夢














<さくらと城と歌>























(館山城訪城時、博物館で大鎧を試着、何と30k以上の重さ!)












(小田原城復元「銅門」前で)
































(笠懸・道寸祭)


















                                                                               

  
   … <我輩の楽しみ> …

 
実は町内の理髪店を経営している、I さんと言ますがH10/4より毎月一城ずつお店に飾らさせて頂いております。
時にはお客様が郷里で親しんだお城だったりで、大変喜ばれる事もあります。
 ある方は四国の
<丸亀城>の高い石垣に、少年の頃登って降りられなくなり、消防自動車に救急されたとのお話しでした。
又、四国の
<今治城>の水に映えるお城の写真がセミプロの方に褒められたようです(^。^)
<広島城>も近代高層ビルの対比が良いと何人かの方にお世辞で褒められました。
我が家にリホーム工事で来た棟梁さんには、郷里の宮城県の
<涌谷城>の写真があるので、すっかり喜ばれ、楽しい思い出話しに花が咲きました。
 
その他にも楽しい話が沢山あります!

     … <撮影失敗ばなし> …

折角、晴天を選んで訪ねたものの撮りたいお城が逆光、青空 が曇天とは!…<姫路城>
 先日、また
<姫路城>へ順光の午後に行って、やっとこ撮れたまではOKでしたが、今度は小天守が工事で、テントに覆われていた次第。…(^^;)
 強行軍で5時過ぎて訪問、閉館。そのお陰でライトアップの美しい天守閣が撮れていた!…
<西尾城>
 ニ度行ったが松の大木がニ本も前にあり、どうしてもお城の全景が撮れない!…<岡崎城>(みなさんから、近くのホテルから撮れますと教えて頂き有難うございました。)
 おなじようなお城。<横手城、大垣城、久保田城、明石城>
 少し離れた山の上の校庭のフェンスの隙間から、望遠レンズでやっと撮らせて頂いた!…
<福知山城>
 ツアーの少ない合間で、駆け足で撮った!…
<松江城><大坂城>その後ゆっくり拝見しました。
 お城がデッカク城内が狭く小生の安いカメラに入りきれなかったお城…
<彦根城>
  内部には正月と天皇誕生日しか入れない…
<江戸城>etc

      … <夢> … <Dream> …
桜と化しての、城廻り!!…
可能なら桜前線に併せて、九州から北海道まで満開の桜の城めぐり!

 ホームページの作成に通暁したい!根本的に作り直したい。

 実は、前述のI店主人より、お店に月一城でなく、お店の壁に沢山飾ってみたいと依頼あり、現在は4ヶ月に一度お城10選を展示中です。新世紀の
小生の小ギャラリーにして頂いてます。
嬉しいことはI店のお客さんで楽しみにしている方も居られ、店主の話しのタネにもなったり、問い合わせがきたり、喜ばれて居ります。
ネタが切れそうですが、なんとか続けており、かなりの展示数となりました。
問題は山城の写真ですね。似たようなスポットばかり(~_~;)

 城巡りして、何時も周囲に桜の樹があるかどうか、咲いたらどんなだろうと、咲かない時季にいっては、思うのです。よし!今度は咲いてるときに来るぞ。幸いにも咲いてるとき行くと、よし!また来るぞでニ度三度のお城です。

    
  …  桜  … 
さくらが お城をたべている
お城が さくらをたべている

    … さくらが人を食べてます …
背中に咲いた彫り物の遠山桜、見事に散らせるものなら
散らしてみろい!…
<遠山の金さん>

     …ソメイヨシノ…(生産地:東京都染井村)
生まれたのは150年まえ、品種改良のたつた一本の原木の接木から増えたのだそうです。
その後沢山植えられたのは、明治39年(1906)日露戦争戦勝記念時と昭和11年(1936)私の生まれた年なのですが、昭和9年の室戸台風のあとにも植えられ、現在多く残っているのは昭和15年(1940)紀元2600年記念時のソメイヨシノのようです。

…儚く 美しい日本の花「ソメイヨシノ」、 それ以前の桜は「やまざくら」が主流のようですね。でも今では随分品種が出来てます、園芸種では300種とか新聞に出てました。

 ねがはくは花のしたにて春死なん
      そのきさらぎの望月の頃    
<西行>

   春ごとの花に心をなぐさめて
     六十路あまりの年を経にける  
<同>

 
西行法師は願いどうりに如月の望月(釈迦が涅槃に入ったという2月15日)に74歳でその生涯を終えました。
 出来れば小生もあやかりたい。
    

        <春望>
♪ 国破れて  山河あり
   城春にして  草木深し
   時に感じては  花にも涙をそそぎ
   別れを恨んでは  鳥にも心を驚かす
 <杜甫>

 
杜甫先生も花が桜だったらもう少し明るくなれたと思いますが。
 
       <黒田節>
♪ 花より明くる  三芳野の
   春の曙   見渡せば
   唐土人も  高麗人も
   大和心に  なりぬべし

 
槍おけば 大杯に映る 花の宴…という所ですか?

      … <やまざくら?> …

  春さらば挿頭(かざし)にせむとわが思ひし
  桜の花は散りにけるかも
   
    <万葉・巻16・3786>
    
(新桜の精神史・牧野和春著より)

  桜よりまさる花なき花なれば
  あだし草木はものならなくに 
       

                    <紀貫之・古今集>


  久方のひかりのどけき春の日に
  しず心なく花のちるらむ 
          
                       
<紀友則・古今集>

  吹く風を勿来の関と思へども
  道もせに散る山桜かな
    <源義家>
                   
(新桜の精神史・牧野和春著より)
  敷島の大和心を人問はば朝日に匂ふ山桜花

                      
  <本居宣長>
 
 世の中にたえて桜のなかりせば
  春の心はのどけからまし 
      <在平業平>

  行き暮れて木の下かげを宿とせば 
  花やこよひのあるじならまし
    <薩摩守忠度>

  こころある風はふかじなよしのやま 
  はなのさかりを雪と見るまで
   
                 <太閤秀吉・歌会にて>
                
(新桜の精神史・牧野和春著より)

  
こころある人に見せばや山ざとの
  おのづからなるはなのけしきを  
 <小堀遠州>

  うらうらとのどけき春の心より
  匂い出でたるやまざくらかな   
  <賀茂真淵>

  
色香をばよしのの奥にとめおきて
  惜しまずにちる山さくらかな    
  <吉田松陰>

  風さそふ花よりもなほわれはまた
  春のなごりをいかにとやせむ
  <浅野長矩>

  
限りあれば吹かねど花は散るものを
  心短き春の山風          
   <蒲生氏郷>

  
今日もまた桜かざして武士の
  散るとも名をば残さざらめや     
 <水戸烈公>

  木のもとに汁も鱠も桜かな    <芭蕉・七部集ひさご>
  
さまざまのこと思い出す桜かな  <芭蕉・笈の小文?>
  
花の雲鐘は上野か浅草か    <芭蕉>

  いざさらば死にげいこせん花の雨
  死に支度いたせいたせと桜かな
  <小林一茶>

  
花ちらす風のやどりはたれかしる
  我にをしへよ行きてうらみむ(古今)
    
<素性法師・三十六歌仙の一人

  命あらばまたの春べにたづね来む
  山の桜をながめがてらに
   
<良寛、(新桜の精神史・牧野和春著より>

  仏には桜の花をたてまつれ
  わが後の世を人とぶらはば
         
<西行>

  手折り来し花の色香はうすくとも
  あはれみたまへ心ばかりは
         
<良寛>
  <良寛は前歌の西行の歌に応じて西行法師の墓前で詠まれたとい  う。冬柊二「良寛の人と歌」>


  とし月をこころにかけし吉野山
  花の盛りを今日見つるかな
   
   <秀吉、文禄3年吉野山の花の宴にて>

  君が代は千年の春も吉野山
  花にちぎりの限りあらじな
      <家康、文禄3年吉野山の花の宴にて>

  千早振る神の恵みにかなひてぞ
  今日き吉野の花を見るかな
 
    <利家、(文禄3年吉野山の花の宴にて>

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
潔く華やかで儚き桜・・・・あぁ、たくさんの桜の歌になってしまいました。古来から文人・武人達は己を桜に託して、実に美しい歌を残してます。

 生も死も一如に城の桜かな…えェ、それダレノ?

 ※参考文献:『桜の精神史牧野和春著 




トップページへ


ご意見/ご感想はこちらまで