全国の

鷹取城・鷹取山城
高取城・高取山城

・・・・・攻城記・・・・




 みなさまにとっては殆んど興味ないお城と思います。たまたま某の姓に似た名前のお城が全国に散見されるのを知り、軽いルーツ探しのような気持ちで各地の城めぐりと一緒に探訪しております。
 どちらかと言えば九州・中国・近畿方面に比較的多くあるようです。
ある姓氏関係の書籍によれば美作の豪族鷹取氏は大和の高取出身とか、高取も鷹取のルーツと同じのようでして共に似たお城として訪城して居ります。
 国指定史跡の奈良の高取城(別名、鷹取城)は日本三大山城とかで、愛好家には有名ですが、 訪城した城は殆んどはマイナーの山城で、規模も小さい中世の山城です。しかしやはりそこには数百年の歴史を有し探した山城の頂きに立てば、いささかの縁を感じ、それなりに往古を忍んでおります。
 さて全国地図を見ると、同名の山や地名が全国に30以上はあるでしょうか。ある方に、鷹取山は鷹を獲っても良い山で、鷹巣山は獲れない山、とか教えて頂きましたが、面白いお話でもご存知の方が居られましたら是非お教え頂きたいと思います。また同名のお城をご存知でしたら、情報提供頂ければ、大変幸せです



写真をクリックすると、拡大表示します。
(1)鷹取山城(福岡県直方市)               


山頂の虎口跡


山頂の石垣、奥の山は福知山


福知山に登られる京都の方と


本丸にて整備の方と


右側の山が鷹取山
別名: なし
所在地: 福岡県直方市内ヶ磯
城の形態 山城(標高633m、比高560m)
築城年代: 当初、永承元年(1046)・最終、慶長6年(1601)
築城者: 当初、永井因幡守宗久・最終、母里太平衛友信
最後の城主: 手塚孫太夫光重
廃城年代: 元和元年(1615)一国一城令
遺構: 曲輪、石垣、虎口、大堀切 、空堀、畝状竪堀
歴史:  殿様のたっての命令で、
「♪ 酒は飲めのめ飲むならば日本一のこの槍を・・・」の日本名槍伝で有名な黒田家重臣
「母里太平衛」1万4千石の城です。
 この地は以前から筑前と豊前の境界のため、筑紫氏、菊池氏、大友氏、大内氏等の勢力争いの絶えない所で、古くは永承元年(1046)
「永井因幡守宗久」が築城、南北朝時代は「筑紫氏」が代々居城したが、応永6年(1399)肥後の「菊池氏」に攻略されたといいます。
 慶長6年(1601)
「黒田長政」が筑前に入国、この境目の城を、家老の母里太平衛友信の居城とした。
現在の城は黒田時代のものと言われます。
雑感:  ★黒田筑前六支城の一つで、関ヶ原合戦後の近世の城のなかでは最も比高の高い所に築かれた城とも言われ、要害を利用した堅城です。
 山頂に石垣や門跡などがいまでも残ってます。
また山頂近くから麓に向かって、防御のための見事な畝状竪堀が10数本連続して見られます。(写真は失敗しました)
標高633mの山頂からは360度の眺望が格別です。
 麓近くの芦屋焼で著名な陶芸家のYさんに紹介頂き、やはり麓の明元寺のなんと同姓の住職さんに昔のお話をたくさん伺えました。お寺の内部まで見せて頂きました。
 周辺はお城の屋敷跡でしょうか。案内頂いたYさんは驚いたことに岡城主の緒方氏の末裔との事でした。こうした触れ合いも、お城巡りの醍醐味ですね。
登城口(車): 市内より中小企業大学校直方校の先に白雲ラインがあり、林道入口まで車で行けました。登山口から山道を登り50分ほどで山頂に着きます。(福知山と同じルート)
攻城日: H14/11/20
参考文献:日本城郭大系             参考・関連リンクHP:
(2)鷹取城(福岡県吉井町)               

山頂が城跡


右側に浅い畝状竪堀


山頂の説明板


地元の高校の先生の撮影
別名: なし
所在地: 福岡県浮羽郡吉井町鷹取
城の形態 山城(標高802m、比高750m・10m)
築城年代: 戦国末期
築城者: 星野中務大輔鎮種
最後の城主: 不明
廃城年代: 天正14年(1586)頃
遺構: 本丸、曲輪、堀切 、空堀、畝状竪堀
歴史:  この城は「星野中務大輔鎮種」により築城され、「星野吉実」が居城したといわれます。
星野氏は南北朝期は宮方についていたのですが、戦国期になると
「大友氏」の家臣であったようです。天正6年(1578)、「大友宗麟」が日向耳川の戦いに敗れると、島津側に付き、天正14年(1586)「島津義久」の北九州侵略戦の時、島津の重臣「秋月氏」に属して、城を守リました。しかし「秀吉」の島津討伐軍に追われた島津軍が八代に引き上げたため、立花山城主、「立花統虎」(後の宗茂)に攻められ落城、星野氏は討ち死にしたと言います。
雑感:  ★城はスカイラインに接してます。車は路上に駐めました。
芝も綺麗に刈られ、スカイラインの最高峰の展望台になっていて、以外にも数人の若い人達がいましたが、お城跡には全く関心なく嬉々としてました。
 遺構としては右側の斜面にに畝状竪堀が見えます。その先には空堀があるようでしたが、見損ないました。
 曲輪の東方に馬責場、射場の地名が残っているようですが、昔はこんな道路もないし、水利もなさそうで、星野氏館も城下にあることから、砦の役目だったでしょうか。
こちらの眺望も360度のすばらしい見晴らしでした。
高良山側の屋根伝いのさほど遠くない道際に発心城も見学することが出来ました。
登城口(車):  久留米市から車で「高良神社」に向かい、高良山神籠石を見て、耳納スカイラインに乗り、山頂の道を行くと、発心山城が左にあり、さらに一番高い峠を目指して進むと、開けた場所があり、小高いところに左の写真の見晴台が鷹取城でした。案内と説明板があります。
攻城日: H14/11/23
参考文献:日本城郭大系                参考・関連リンクHP:
(3)鷹取城(熊本県菊池市)               


栗林の上部が本丸


殆んど栗林


山頂本丸の樹の下の鎮西八郎源為朝の供養板碑


左の山が城跡、道路際に標識があります

ちゃんと説明板も
別名: 染土城
所在地: 熊本県菊池市龍門鷹取字染土
城の形態 山城(標高242m、比高120m)・階段状地形
築城年代: 南北朝時代か
築城者: 主要城主、原田五郎・菊池則隆・隈部親永
最後の城主: 不明
廃城年代: 永徳元年(1381)菊池城落城後、九州探題今川了俊によって、落城後廃城か?
遺構: 階段状曲輪、土塁
歴史:  永徳元年(1381)「深堀文書」によれば、菊池城落城後、九州探題の今川了俊によって、菊池本城が落城、続いて菊池浦染土城に今川勢が押し寄せたところ、「口宮御所退散○}と記載あり、この城に後征西将軍宮「良成(ながなり)親王」が在城していたといいます。
菊池氏は
「良成(ながなり)親王」をこの城に退避させたようで、歴史的なことはあまり解明されていないようです。
 肥後における中世の有力豪族の
「菊池氏18外城」(菊池城の支城)の一つの城です。
雑感:  ★殆んどが栗林でした、本丸は背丈ほどの草で進軍は容易でなかった。傾斜地には小さな曲輪が何段にもなってますが規模は小さく見えます。また自然地形が空堀になっています。
 山頂から
「為朝」が放った弓矢はかなり遠くまで飛んだと伝えられてますが、鎌倉の材木座近くにも確か矢の落ちたという井戸跡があったような。
余談ですが前日に熊本のnさんの紹介で「こなこく城」という立派な天守閣ホテルに宿泊したのですが、この部屋がたまたま、この鷹取城を紹介する菊池18外城の一つの部屋でした。
登城口(車):  菊池神社(菊池氏本城)から133号線を龍門ダム方面に向かい北上、雪野の先、少し登り坂の道路左側に案内と説明板があります。登城口から10分ほどで山頂にの城域に着きます。
 前夜、熊本でお世話になったお城の友達の夏さんのご手配でお城風のホテル、
「こなこく城」に宿泊しましたが、その部屋が菊池18外城、「鷹取城の室名」を手配して頂いたようで、部屋の床の間にお城の絵が飾られてまして、何ともうれしい旅情となりました。
攻城日: H14/11/25
参考文献:日本城郭大系                 
(4)高取城(奈良県高取町)               


本丸天守台側

二の丸からの累々たる石垣群

見上げると重畳の石塁

大手門跡

女性武者も石塁の道を行く
二の門東側の水堀

本丸から外郭を見下ろす
六甲山や比叡山、畝傍山等が一望の国見櫓跡からの眺め
二の門入り口にある縄張り図本丸説明板
石井医院の移築城門とか
旧城主の植村氏宅の移築長屋門
別名: 鷹取城(案内板にありました)・芙蓉城
所在地: 奈良県高市郡高取町高取
Tel 0744−52−3334(町役場)
城の形態 山城(標高583m、比高390m)国指定史跡
築城年代: 南北朝時代・天正12年(1584)
築城者: 越智氏・筒井順慶・豊臣秀長
最後の城主: 植村氏
廃城年代: 明治6年(1873)
遺構: 石垣・井戸跡・本丸・ニの丸・三の丸・枡形虎口他
歴史:  「高取城」は備中松山城、岩村城と並んで日本三大山城の一つといわれます。
 奈良盆地と吉野山地方との間に障壁のように連なる山塊中の高峰にあり、近世の山城としては異例の高さと規模を有し、石塁・城壁等実に良く残されています。
 明治初期の
古写真(高取町教育委員会所蔵)を見ると実に威容な城郭が写されていて、この高い山頂によくもここまでととほとほと感歎してしまいます。
 日本城郭体系に拠れば、この城は確証はないのですが、正慶元年(元弘2年1332)に
「護良親王」の挙兵に応じた南朝側の大和における有力者の「越智邦澄」によって築かれたといわれます。越智氏が南朝方で活躍した過程で当時吉野朝廷の第一線防御の城だったのではないでしょうか。
 永享9年(1437)から翌年にかけて、
「越智維通」が幕府軍に対抗して「高取城」に立て籠もった伝承があります(『南朝紀伝』『十津川記』)。当時「高取城」「越智氏」の本城「貝吹山」の重要な防衛上の詰の城でしたが、越智氏はやがて2流に分れ、民部少輔系統が「高取城」を本城とするようになったといいます。
 本格的城郭として改修されたのは戦国期に入ってからのようです。
 天正8年(1580)
「織田信長」の一国破城令により高取城もいったん破却されたが、信長の死後、天正12年(1584)に大和の支配者「筒井順慶」が廃城を復興させようとし、同13年には「豊臣秀吉」の弟の「秀長」が100万石の太守として郡山城に入城して、「高取城」には重臣の「脇坂安治」に次いで「本多正俊」が入り、「秀長」の命で、同17年(1589)から本格的な城としての大拡張工事が始まった。
 本丸、三の丸、侍屋敷などを石垣で囲み、大・小天守と27の櫓、33の門を持つ壮大なものだった。
「本田氏」は寛永14年(1637)継嗣なく改易となり、城主はその後、寛永17年(1640)に美濃源氏の流れを汲む「植村家政」が2万5千石で入城して後、14代234年藩政を司り明治に至った。
 慶長5年(1600)関が原合戦では大坂方2千の軍勢を退け、幕末には
「天誅組」とも戦って撃退させた、難攻不落の名城であった。
 城内の諸郭はすべて石垣で固められ、武家屋敷の屋根瓦が今でも至る所に散乱しています。またこの城は広大な屋敷地を備えた山城としてめずらしく、さすがに平時に不便で西の山麓に下屋敷や家臣屋敷が作られたのですが、山上の建物も幕府に普請許可を取り維持保存したといわれます。
雑感:  ★「高取城」は日本一の山城とも言われ、お城ファンの方なら知らない人もないくらい有名です。小生のHNと同じなので特に攻城したい城でした。晴れの予報が外れて曇ってしまい写真の方はいまいちでした。
 城址は遺構が多く、中世の痕跡は殆んどないようですが山里の山城ということで遺構が殆んど残されたわが国の貴重な城跡で、壮大な石塁が累々と残り、誠に見ごたえがあります。
 城跡からは花の吉野山や大阪も一望でき、訪城した日は休日で近隣の方やハイカーの訪れも多く、一緒になった方は犬の散歩に毎日来ているとのことでした。
 高取町では例年11月23日に戦国を彩る武者行列などお城祭りが盛大に行われています。
また城郭整備保存には町をあげて努力して頂いているようで、大変有難く思いました。

 ★★H18/11/23 
「たかとり城祭り」にあわせて再訪、地元のML会員のN氏のお勧めで、今回は壺坂寺からでなく、大手の宗泉寺側から登りました。
 AM8時から標高584mの本丸めざし山道を登りますと、480mの所でまず「二の門跡」があり、案内図と大きな水堀や累々と築かれた石垣が見られました。ここから本丸までの比高100mの間に10ヵ所もの枡形門跡や、壮大な石塁は言葉に尽くせないほどのすごいものでした。
 本丸までは1時間かけ見学しながらゆっくり登りました。
 城内の各所には地元の係の方々が待機しており、さまざまなイベントを用意して、各所で暖かい歓迎を頂きました。大手門から二の丸、本丸と山頂部全域を数段に固めた石塁を見事な紅葉が彩りその景観のすばらしさ。本丸では法螺貝の音、下山の時は、国見櫓跡での勝鬨の 大声が山中に響き渡るなか、林道からは登城者が後から後から登ってきます。なんと250名もの登城者なのでした。城下では時代行列も楽しく拝見でき最良の一日でした。
 
「司馬遼太郎先生」『街道を行く 大和・壺坂道 城跡の森』の文中に、『高取城は石垣しか残っていないが、かえって蒼古としていい。その石垣も数が多く、種類も多いのである。登るに従って、横あいから石塁があらわれ、さらに登れば正面に大石塁があらわれるといったぐわいで、まことに重畳としている。それが自然林に化した苔むしつつ遺っているさまは、最初にここにきたとき、大げさにいえば、最初にアンコールワットに入った人の気持ちがすこしわかるような一種のおそろしさを感じた。』とあり、実に同感する名文でした
登城口(車): 初めての方は壺阪寺を目標にしたほうが良いでしょう。
攻城日: H13/2/10
参考文献:日本城郭大系・高取町観光協会資料
参考・関連リンクHP:「高取町観光協会」
(5)高取山城(岡山県岡山市)               


 本郭


 三の丸


堀切


堀切


本丸からの眺望
別名: なし
所在地: 岡山県岡山市長山、邑久郡邑久町豊原
城の形態 山城(標高162m、比高160m)・連郭、輪郭折衷式
築城年代: 文明年間(15世紀後葉)
築城者: 主要城主、島村貴則
最後の城主: 宇喜多直家か
廃城年代: 1559年以降
遺構: 曲輪、堀切、井戸
歴史:  日本城郭体系によれば、この城は、備前守護代「浦上氏」の重臣、「高取備中」が居城したとの伝承があり、築城時期は定かでないようです。その後、『備前軍記』によれば、「浦上村宗」の重臣として、高取城主「島村弾正左衛門貴則」の名が見え、千町平野南部を拠点に台頭した浦上氏に仕えた島村氏が3代居城したと推定されています。
 
「貴則」の子の「島村豊後守」は天文3年(1534)に砥石城の「宇喜多能家」を攻め破り、勢力を伸張したのですが、永禄2年(1559)能家の孫、「宇喜多直家」に謀殺され落城しました。
 
「直家」は祖先ゆかりの「砥石城」を直轄の出城としたため、隣接したこの城は自然と廃城されました。
 現存の城跡は
「島村氏」の後期の天文年間(1532〜55)以降の城郭遺構と言われます。
雑感:  ★行きがけに砥石城にも寄りました。そんなに離れていませんでした。地元の方に聞きながら邑久町の東谷の墓地を見当にしました。人家の裏手の山の傾斜地に墓地が見えたので、麓の方に聞き墓地の脇を登ります。勾配のきつい殆んど直登でした。山頂本丸まで20分から25分ほどあります。本丸手前に浅い堀切がありその上の帯曲輪の上に51×30mの本丸、東方に三の丸と出曲輪と堀切、、北方には7m下って腰曲輪が2段あり、その先に二の丸を構え堀切で固めています。小規模で単純と言える縄張りですが、総延長200mにわたる城郭が良好な状態で残っていました。
 山頂の曲輪は写真のように、有難いことに伐採や下刈がされていて大変助かりました。ここまで整備できるなら案内板の一つくらいあってもいいですね。
ただ井戸は3ヶ所あるのに1ヶ所しか確認できませんでした。
 砥石城に立派な石垣があったのに、ここでは見つけられませんでした。砥石城の石垣は時代が後のものかと思われます。
登城口(車):  邑久町の堀川沿いの道を山側に小さい橋を渡ります。
山裾に墓地がありますが、道路は狭く、駐車場も特にありません。墓地の先の道脇に駐めました。
案内板も説明板もありません、地元の方に聞きませんと分かり難いです。 
参考文献;
日本城郭大系
攻城日: H15/3/21
(6)鷹取山烽火台(神奈川県津久井郡藤野町)               

登城口


中腹畑からの全景


山頂郭


山頂から上野原町を望む

鐘撞と旧陸軍時代の参謀本部が据えた三角点か

鷹取山神社お供えも
別名: 鐘撞堂跡
所在地: 神奈川県津久井郡藤野町上沢井・佐野川
城の形態 屋根城(標高472m、比高100m)
築城年代: 永禄年間(1558〜70)
築城者: 小山田信茂
最後の城主: 不明
廃城年代: 不明
遺構: 曲輪10×10
歴史:  日本城郭体系によれば、「鷹取山烽火台」は、津久井郡にある一連の烽火台群中、裏丹沢の鐘撞山烽火台に次いで甲州に一番近く、『新編相模風土記』によれば、
 
「鷹取山 山名の起こりは審らかならず。頂上に鐘撞堂跡と唱ふる所在り。村民伝え説く。永禄・天正の頃武田家の所領せし時、小山田左兵衛尉信茂命を承りて不慮の警備に洪鐘を是山の頂に懸けて合図をなせし所なりと云ふ。」とあり、鐘撞堂跡と呼ばれていたことが知られる。とあります。また『津久井県地誌捜索御用筆記』にも「鐘撞堂跡、佐野川村小名トドリ山上に有り」と記されているとあります。
 鷹取山の山麓にある下岩部落は甲州裏街道の重要な中継地点で、甲斐、相模の出入り口として近世まで往来が盛んであったようです。また山頂から南東方向の間山と嵐山の間から小田原北条氏の津久井郡の拠点であった
「津久井城」が眺望できるなど、戦国期に甲斐、相模の情報伝達上の最前線であったと考えられる。ともあります。
 素人の私見ですが、この山は登って見ますと甲州県境の道志城ヶ尾と猪丸城山とも比較的近く、かなり烽火台としての役割を果たせたかと考えます。たまたま津久井城下の小川良一氏著
『築井古城記』を図書館で見つけて拝読致しましたが、鷹取山烽火台に数行触れておりまして、武田氏滅亡後北条氏に復帰したとありました。
復帰の意味は分かりませんが、武田北条両氏の地理的にもかなりの情報上重要なのポイントであったと考えられます。
雑感:  急峻な山道、松虫に倒された松の木が中腹の小道を遮ったりしてます。頂上に新しい小さな祠が祀られて、鷹取山神社とあります。2000年度に小さな鐘撞が吊るされていました。鐘を一つ撞くと意外と良い音色で、静かな山の樹立ちに吸い取られるように響きました。360度の景観で津久井城方面、西側の上野原町も見渡せることが出来、中継烽火台としても絶好の場所でしょう。
 山頂は10m四方ほどで他に遺構はありません、地元の愛好家によって新しい碑が建てられてます。大変嬉しいことでした。
登城口(車):  藤野駅から佐野側に向かい、麓の上沢井のバス停際の橋を渡って右側山裾に赤い屋根の家が見えます。裏に鳥居がありそこから登ります。山道を辿ると山頂まで40分くらいで着きます。
山頂には別方向への道があり、ハイキング道になっているようでした。というわけで登山口は他にも1ヶ所ありはずです。
攻城日: H16/2/27
参考文献:日本城郭大系             参考・関連リンクHP:
(7)耳取城(鷹取城)(長野県小諸市)               

館跡にある鷹取山玄江院

寺と墓地の間の堀切、埋めてしまうのか?

東側県道沿いの土塁か
堀切が西側県道で消滅分断された曲輪が林になっていた
北側は谷地に畑と住宅も
山門の額

説明板によれば室町時代建造厨子が寺庭に、鯱が乗っていた
別名: 鷹取城
所在地: 長野県小諸市耳取字古城
城の形態 平山城(標高m、比高m)式
築城年代: 弘安年間(1278〜88)
築城者: 主要城主、大井又三郎行氏
最後の城主: 不明
廃城年代: 不明
遺構: 曲輪、堀切
歴史:  日本城郭体系によれば、この城は、小諸城から南5kmの地点にあり、千曲川の断崖を利用した平山城です。
大井庄地頭
「岩村田大井氏」の分流「耳取大井氏」累代が居城したといいます。
 大井庄地頭
「大井光長」の四男、「又三郎行氏」が弘安年間(1278〜88)ここに居を構えたと伝えられ、以後近世初期まで大井氏の城でした。
 応永7年(1400)時の城主
「大井光矩」は守護職「小笠原長秀」と反対勢力の代表「村上満信」をこの城に招いて、守護権確立の協定仲立ちをしたことが知られ、このことからも宗家を凌ぐ勢力を維持していたと思われます。
 その後、天文12年(1543)頃、佐久に侵入した武田氏に服し、武田氏滅亡後は一時北条氏に属したが、天正10年(1582)に城主
「大井政成」「徳川家康」の将、「依田信蕃」に降伏、信蕃とその子の「松平康国」に仕えました。しかし後に康国の上野藤岡移封に従って城を去ったといいます。
 城には現在5つの曲輪がほぼ確認できますが、それらを区切る堀切は、崩れ易い火山灰のため大きく削られて殆んど自然の田切り地形に見えます。
 館は城の南の現在ある曹洞宗
「鷹取山玄江院」の地籍にあり、玄江院は弘治年間(1555〜58)に「大井民部小輔」が南方の万福寺を移設し、自らの法号をとって名付けたと言います。
雑感:  平山城ということで少しは山に登るかと想像してましたが、曲輪が5つあり、殆んどが玄江院の敷地で南側に畑地が広がり、東側は県道をまたいで住宅地、西側にはやはり県道で分断された曲輪が林で残り、崖下は千曲川に接しています。南側は谷津になって曲輪が畑になったり数軒の住宅があります。
 遺構は少なく道路建設により分断ほとんどの堀切は消失しています。
 唯一の堀切も土で半分ほど埋められている最中のようでした。残念なことです。
住職にお会いしていろいろお伺いしょうとしたですが、生憎先方の都合で叶いませんでした。
 寺内には教育委員会の案内板のある貴重な建物もあるのですが、お城の案内は何もなく少し寂しく思った次第です。
登城口(車): 小諸城から南5km、曹洞宗玄江院、院内駐車
攻城日: 16/6/24訪問。
参考文献:日本城郭大系             参考・関連リンクHP:
(8)高取城(埼玉県越生おごせ町)               


越生神社内高取城説明板

本郭階段下の標識杭

本郭にある祠

三段目の郭の西側の横堀

横堀西端、竪堀跡か


二段目の郭

越生神社(越生氏館)

城は越生神社の横を登る
別名: 越生要害城
所在地: 埼玉県越生町越生字高取山
城の形態 山城(比高150mほど)
築城年代: 不明
築城者: 越生氏?
最後の城主:
廃城年代:
遺構: 曲輪・横堀
歴史:  「高取城」の歴史は定かでない。「越生氏」は武蔵7党の「児玉党」の同族武将の一人と言われ、「児玉資行」の第三子「有行」「越生新太夫」を名乗った。その子「越生右馬允有弘」は文治5年(1189)の奥羽征討に参戦している。有弘の時代には『報恩寺年譜』によると鎌倉初期、本領の越生郷のほか越辺川上流流域や浅羽氏領に近接する入間川流域の一部なども安堵され、地頭職であったという。
 これらの所領は承元2年(1208)有弘からその子
「左馬允有高」に譲られ幕府より安堵されている。更に宝治元年(1247)有高の子「左兵衛尉末永(有直)」に譲与されている。この譲状は現存している。
 承久3年(1221)の承久の乱の時「
有高」は武功をあげ、その恩賞として但馬国気多郡日置郷の地頭職を与えられたが、生越氏はその主流を越生に置き、西国に下向せず、鎌倉時代を通じて本貫地の所領経営・知行を続けていたようである。
 越生の法恩寺は氏寺であり、越生氏関係の古文書を残すがその西の字、高取に今は越生神社になっている
「越生氏居館跡」があり、その裏山の高取山に詰の砦を構えたものであろうか。
 写真で見る現地の説明板によれば
「源頼朝」の命により法恩寺を再興した「越生次郎家行」を氏神として越生神社に祀ったとあるが詳細な説明はなく、史実に今ひとつ物足りない感があります。
 
雑感:  ★比企方面に史跡めぐりの機会があり、ついでに朝駆けして「高取城」を訪城する。梅で有名な越生は、いまやあちらこちらの桜が満開、絶好な登城日和でした。お城めぐりの先輩の余湖さんからあらかじめ登城道を伺い、越生駅前から目標の法恩寺へ行く途中の「越生氏館跡」という越生神社を目指しました。
 早朝なので神社の空き地に車を置かせて頂き、参道を少し登り、高取山方面へのハイキングコースの標識を左に入り、二股道を右の参道へ、富士の文字の彫られた石碑を過ぎ、15分程で本郭の下の鳥居を構えた石段に着く、ここが
「高取城」でした。
 本郭には鳥居や祠があり10mほどの方形で、神社の東側は崖状で、西側に郭が2段あり西端の郭の南側に横堀が設けられており、横堀の西端部に竪堀らしい痕跡がある。想像したより遺構はシンプルであり、築城時期は鎌倉初期の砦なのでしょうか。神社の説明には二重、三重の空堀や土塁が残されているとあるが、そのような遺構は発見できませんでした。
 
登城口(車): 越生神社(越生館)内に留めさせて頂く
攻城日: H17/4/9
参考文献:『安田元久著・武蔵の武士団』参照   
参考HP: 「余湖くんのホームページ」
(9)鷹取山城(鷹取城)(愛媛県今治市)               

登城口前の「林道古谷小鴨部線終」標識


登城道入り口を上から


堀切


本郭西側の堀切、竪堀に


西端の曲輪周囲は急斜面
30×80mほどの広さがあった


西端の曲輪の入り口側の土塁



本郭下斜面の石積み


本郭の城碑


城碑裏の碑文
別名: -
所在地: 愛媛県今治市古谷
朝倉役場 Tel:0898-56-2500
城の形態 山城(標高240m、比高130m)・階段状地形
築城年代: 戦国時代か
築城者: 主要城主:正岡氏
最後の城主: 正岡紀伊守
廃城年代: 天正13年(1585)落城後か
遺構: 階段状曲輪・堀切・土塁・石積み?
歴史:  「鷹取山城」は今治平野の南部から北流する頓田川が下朝倉付近で東流しながら大きく蛇行する左岸の鷹取山山頂に立地しており、東北部には今治平野が展開しており、南に「龍門山城」、南東に「世田山城・笠松山城」、東には頓田川を隔てて「霊仙山城・国分山城」を望む山地要地にあります。
 築造年代ならびに築城者が誰であるかは明らかでありませんが、「河野家重臣」の
「正岡氏」が戦国時代に築城したとほぼ推定されています。
 
「予陽河野家譜」などに拠ると、大永3年(1523)7月に鷹取山城主「正岡紀伊守経貞」が盟主「河野通直」に対して謀叛を計画したとして、「通直」は家臣団の「重見・来島氏」に命じて討伐にあたらせたところ、「経貞」もついに降伏、身柄は来島家にお預けとなりました。城には城代として「高山左近将監(中川組)「得重石見守(正岡組)」両名が入城しましたが後に、「紀伊守経貞」は罪を許されて、再び「河野氏」の旗の下で活躍したようです。
 60年後の天正13年(1585)、
「鷹取山城」は秀吉の四国征伐により、「小早川隆景」の大軍によって攻撃され城主「正岡紀伊守」(経貞とは別人で経長か)は戦いもせず落城、これ以後、廃城となったといわれます。
 旧朝倉村の上古谷にある
「竹林寺」には「正岡紀伊守経長」の五輪塔が祭祀されており、この竹林寺には若き「河野通堯」「世田山城」落城の際にこの寺に匿われたとも伝えられます。
 また村内には今でも正岡氏の重臣であり、一門でもあった
「清水姓」の人々が古くより会を作り「鷹取祭」と称し、城碑を建て、正岡氏を崇祀しております。城下の田谷でやはり清水さんの姓の会の方に奇特なうれしい話を聞くことが出来ました。
雑感:  ★前日夕、登城道が不明で、翌朝を期して今治駅前のホテルに投宿、こちらのオーナーが、なんと城主と同じ姓の正岡さん、「正岡会」の方で、事情を話したら、正岡氏の「鷹取城」(鷹取城といってました)のことも参考資料と共に詳しく教えて頂きほんとに助かりました。
 更に幸運なことに翌早朝にホテルに参られた「鷹取山城」にくわしい古谷在住の方に、登城口の
「保安林の看板」まで、ご案内を頂く果報に恵まれました。誠に感謝に尽きないことでした。こうした思い掛けないラッキーがなければ山中の登城口を見つけることは不可能でした。
 さて縄張り図も無く、平素の城めぐりの感に頼り、ひたすら教えて頂いた山頂方向を目指しました。
 蜘蛛の巣をはらいながら、山稜を横切るように尾根の杣道をまず20分ほど登りますと、尾根の切れる場所に出ます、ここから斜面を50mほど一旦下りまして、道は左へ登り道が続いています。ここから道なりにしばらく尾根を行きますと堀切が2本あり、その先に削平された尾根上郭が見られます、さらに少し行きますと本丸直下の堀切で杣道が途切れます、その正面の裸面の急な斜面を少し直登しますと、篠群のなかに石積みが現れます。この石は青石で表面がいまでも新しい肌のままの石です。積み方が雑な感じで後代のものかも知れません。このすぐ上が最上部の本郭でしょうか、わずかな空き地を作り地元の清水姓の方々の建てた立派な碑文入りの石碑がありました。その先は篠藪でもう入れません。
 一旦元の堀切に戻り、堀切の西側の雑木林の斜面の細道をしばらく入りますと、右手上の本丸の西側尾根の先端に深い堀切が見え、更にその先端尾根には30×80mほどの曲輪がありました。虎口には土塁も見られました。
 
「鷹取山城」は河岸段丘上に聳える山頂を削平して築城され、山頂より70m付近までは傾斜は急で、主軸方向は南北を志向しており、郭配置は中央部が高い階段式形態となっています。期待以上の遺構があり、すっかりうれしくなりました。
 この城の遺構がこれだけ残っているとは、お城フアンの方でもあまり知られていないのではないでしょうか。お勧めしたい城でした。所要時間は1時間25分でした。でも猪には要注意とのことです。
登城口(車):  「田谷(たや)」の「多岐神社」の「赤い大鳥居」を目指し、その鳥居をくぐったら、舗装された一車線の林道を「窓の峠」という峠を目指します。ちょうど峠の分岐点辺りで道路の工事中でしたが、ここを右にカーブして少し入ると写真のような林道古谷小鴨部線終点」の道路標識と「保安林の看板」の看板がすぐ目に入ります。この看板の裏に少し広めの道があり、ここから道なりに登ります。尾根伝いに上記のように攻城するとよいでしょう。
 車は看板の前に1台ほどの余地があります。林道はここから下りになり麓の村落に通じていますが、標識のすぐ下の道路際に保安林の説明板がありました。
 登城ポイントはこれら看板だけで、お城の関係は何もありません。是非教育委員会で案内板を建ててほしいと思います。
攻城日: H18/9/30
参考文献:日本城郭大系・「正岡一族」正岡族系研究会発足記念出版・
関連リンクHP:
「正岡氏ゆかりの史跡を行く」
(10)高取城(島根県飯石郡飯南旧赤来町)                

近景

近景2

堀切跡か

付近の小山

山頂

城跡より周辺を
別名: なし
所在地: 島根県飯石郡飯井南(旧赤名町)下赤名字福田
城の形態 山城
築城年代: 天文11年(1542)
築城者: 清原守信・安則
最後の城主: 同上
廃城年代: 永禄3年(1560)
遺構: 切岸、堀切?
歴史: 「布野村清原氏系図」によると、天文11年(1542)の大内氏の出雲攻撃に対して、「清原守信・安則」父子は「高取城」を築いて抵抗したが俄の築城で守りきれず敗れ、父「守信」は自刃した。また、永禄3年(1560)の「毛利元就」の攻撃にも敗れ、「安則」も自刃して果てたという。<引用文献:日本城郭大系>
雑感: 島根県の城廻りをと調べたところ日本城郭大系に「高取城」があり、管轄の飯南町教育委員会に問い合わせのところ、ご親切に城跡の位置を教えて頂き訪城しました。また町史のコピーまで頂きました。
 町史によれば、高取城の築城などについては、わずかに
「布野村清原氏系図」、或は「清原義則墓碑」などにより、この城址の戦国時代における一時期を伺い得る程度に過ぎないといいます。同上の「安則」自刃の折、嫡子「清原太郎真人義則」は密かに城を落ちて、布野村に隠れ住んだといい、その墓碑は布野村発電所西にあります。
 城跡は福田の集落中央の人家の裏山で低い小山が残されているだけで、周辺の状況から見ると、昔の城山は崩されて畠や平地にされた感じでした。
 城といっても10mほどの高さで城郭という感じではありません。急斜面を登ったのですが、曲輪というほどの削平地もありません。ただ少し登ったところに堀切跡のような形跡が見られました。また20mほど離れた所に左のような山の残骸のような小山もみられました。
 地元の方に話を聞きたかったのですが、不在であきらめました。形だけでもこれだけの山を残してあるので、やはり城跡なのでしょう。
 悲運な歴史の陣城で、寂しい訪城でした。
登城口(車): 駐車場は100mほど先の赤名湿地帯植物群落入り口の道路際にあります。
攻城日: H19/11/16
(11)鷹取城(岡山県津山市余野)                

教えて頂いた城山ですが




写真とは違う淀川の反対側の山脈
別名: 余野山屋敷
所在地: 岡山県美作市余野
城の形態 山城(標高180m)
築城年代 定かでない
築城者: 鷹取佐利
最後の城主: 不明
廃城年代: 不明
遺構: 曲輪・井戸
歴史: 第25回国民文化祭津山市実行委員会発行の『美作国の山城』によれば、元禄3年(1690)の鷹取氏書上(東作誌所収)には、大和国から来た「鷹取彦次郎種佐」は、「小吉野庄内余野村山屋敷」を築いて住んだとといい、京都猪熊合戦で討死、種佐の弟で余野村の「風呂屋之土居」「鷹取源右衛門」は「宇喜多氏」に奉公し美野村を知行したととある。「日本城郭全集」は余野山屋敷の別名を「鷹取城」として「種佐」が同所に城を構え居住したとし、城跡の本丸には始祖の「佐利」の碑が建ち二の丸には鷹取家代々の墓があり、三の丸跡の下には城井戸という小池があり、今も水が溜まるという。(転記)
雑感: 美作の山城巡りをしているついでに、上記の『美作国の山城』の記事を頼りにとにかく尋ねることにした。鷹取城は淀川左右の丘陵に二城に分かれている。『美作国の山城』の写真を参考に余野の集落に向かった。何とこの集落が鷹取姓の家ばかりで驚いたのですが、お城についてはなかなか分からず、やっとお年寄りの方にお会いすることが出来ました。「あの山と言われているようだ」と教えられました。
 上記の本の写真に比べると山の流れが相似しているので、間違いなさそうです。前にも調べていった方もいたとも聞きました。
 探索したかったのですが、先の予定があり、残念ながら遠景写真だけ撮って次に廻りました。
登城口(車): 路上

攻城日: H23/4/11
参考文献:『美作国の山城』  参考・関連リンクHP:
(12)近江高取山城(滋賀県彦根市男鬼町)                

縄張図・中井均氏作図

西曲輪から


前方に堀切土塁

櫓台か

曲輪と土塁

堀切を渡って

北東端3重堀切

3重堀切側から曲輪を
西段曲輪と土塁

主郭西堀切
別名: 高取城
所在地: 滋賀県彦根市男鬼(おおり)町と犬上郡多賀町甲頭倉の山林
城の形態 山城(標高685m、比高600m、比婆神社から400m)・250×100m
築城年代 戦国期
築城者: 京極氏か
最後の城主: 不明
廃城年代: 不明
遺構: 曲輪・土塁・堀切・竪堀・石積み・櫓台
歴史:  『歴史群像2009/2月号』「中井均氏」の記事によればこの城は、ほとんど資料に登城せず、街道も通らぬ山間部に孤立して構えられた「謎の城」という。
 わずかに江戸時代に編纂された地誌
『近江木間攫』に「男鬼村 仏生寺村ノ巽ノ山奥ナリ。往古此所ニ川原豊後守在城ナリ。ソノ城跡今存セリ。」とあり、これが「高取山城」のことを記したものと考えられている。
 また地元の伝承では、「男鬼畑から比婆神社へ通じる道のあたりに
年貢道という山道がある。この道は高取山に通じており、この山に高取城という城があったといわれている。」と城跡の存在を伝えている。
 想定であるが、この城の周辺には
「京極高広」「高吉」の勢力中心であった坂田郡南部から犬上郡には、八講師城、高屋城、桃原状など後背地よりさらに山中に入った場所に構えられた山城が点在しており、城主は不詳であるが、京極氏の伝承が伝えられている。戦国後半期の京極氏が浅井氏と対抗するためこのような山間部に城を築き平野部への進出を虎視眈々と狙っていたのではないだろうか、あるいは山間地帯でのゲリラ戦用根拠地なのかとも論じられている。
雑感: この城はすっぽりと山々に囲まれ、隠し砦のように、弧立している山城でした。
 その縄張は砦のような規模ではではなく、2重、3重の堀切や竪堀、土塁や、石積み跡も残り、戦国時代の高度に発達した技術を駆使した城郭構造を呈しています。
 誰しも、その立地状況から、これほどまでにと驚かれることでしょう。
 特に北東端曲輪先の3重堀切は巨大で、驚きました。堀切も岩盤を穿っておるなど高い土木工事が窺えます。
登城口(車): 目標の「河内の風穴」先、比婆神社の鳥居内から一車線の急崖の砂利道を登り、奥の院の駐車場に駐める。奥の院の左側尾根を25分ほど隣の山まで歩く。7,8分で山頂、50mほど先の尾根道に「117」標識がある分岐点を左折して斜面を降りた先の急斜面の山を登ると西曲輪に着く。
 上記林道は大変危険ですので少し歩いても麓の神社での駐車をお勧めします。
攻城日: H23/4/29
参考文献:『歴史群像2009年2月号』・関連HP:『ぶんの備忘録』






トップページへ



ご意見/ご感想はこちらまで