東海地方の名城


静岡 掛川城」「西尾城」「浜松城」「小山城」駿府城」
山中城址」「諏訪原城」「高天神城」・
「大給城」
愛知 名古屋城」「☆犬山城」「清洲城」「吉田城」「☆長篠城」
「小牧山城」
「☆岡崎城」
「古宮城」
岐阜 「大垣城」「☆岐阜城」「郡上八幡城」「神岡城」「☆岩村城」
「菩提山城」
三重 「伊勢津城」「☆伊賀上野城」「☆松阪城」「田丸城」

印・・・(財)日本城郭協会選定「日本100名城」

写真をクリックすると、拡大表示します。

 







♪「天下様でもかなわぬものは 金の鯱鉾あまざらし」
  
<当時の里謡>
尾張
名古屋城












自治体HP














別名: 金鯱城
所在地: 名古屋市中区本丸 
Tel 052-231-1700
種類・指定: 平城・国特別史跡
築城年: 慶長15年(1610~)
築城者: 徳川家康
遺構: 本丸・二の丸・西の丸・櫓(重文)・城門(重文)・本丸御殿障壁画(重文)
 「尾張名古屋は城で持つ」「金の鯱」(小判にして1万8千両を使用した)で有名な「名古屋城」は尾張徳川家61万石の居城である。
 築城史に残る大工事は慶長15年(1610)に起工され、17年に完成した。工事は豊臣恩顧の20の大名に負担させ、財力を消耗させると共に、徳川氏の威光を天下に知らしめた。
 本丸御殿も完成し
「家康9男義直」が入城、以後16代250年を経て明治に至った。
 天守閣は延床面積、1340坪ほどあり、後に建造された江戸城天守をも上回り
「史上最大の天守」であったといわれるが、惜しくもS20年の戦災で焼失した。
 現在の大天守閣(地下1階地上7階)は、昭和34年に再建された。
三櫓、三門、
「本丸御殿障壁画」などは、戦災に会わず重要文化財として保存されている。
 平成18年4月6日、(財)日本城郭協会から「日本100名城」に認定されました。

 ★H9/8/15、H15/4/3訪城、
 もう説明も要らない有名な城。名古屋市民ばかりでなく日本のシンボルでしょう。鯱の盗難歴のテーマだけとっても多くの小説が書かれているほどです。
 誰しも一度は行きたい城だし、行っているのではないでしょうか。とにかくあらゆる点で、壮大そのものですが、取り壊しと戦災により多くを焼失してまして、往時を偲び誠に残念になります。
城内で実物模型の鯱がありその大きさにビックリしました、その上に人がまたがっても倍ぐらい尾っぽが高かったです。(笑)



「♪昨日なし明日またしらぬ人はただ 今日のうちこそ命なりけり」
<今川義元>



















遠江
掛川城









掛川城ナビ





自治体HP





別名: 雲霧城・松尾城・懸河城
所在地: 静岡県掛川市城内 
Tel 0537-221146
種類・指定 平山城・二の丸御殿が国指定
築城年: 永正9年(1512)頃
築城者: 朝比奈泰煕(やすひろ)
遺構: 太鼓櫓・二の丸御殿(重文)・石垣・土塁
 「掛川城」は今川氏が築城した後、「山内一豊」によって完成した東海要衝の城である。
 城の歴史は駿河守護大名
「今川義忠」が遠江支配の拠点として、重臣「朝比奈泰煕」に築かせたことに始まる。
 桶狭間の戦(1560)で
「今川義元」「信長」に斃されると、永禄11年(1568)「義元」の子「今川氏真」「武田氏」に駿河を追われ、「掛川城」に立て籠った。「家康」はすかさず大挙してここを攻め、和睦により開城させた。 
 天正18年(1590)
「秀吉」が全国を平定して家臣の「山内一豊」が5万石で入城、初めて天守閣が造られ、城下の整備も行われた。
 その後、関ヶ原の戦功により
「山内一豊」が土佐に転封となり、その後は城主が次々と代わった。
 延享3年(1746)
「大田資俊」が入封後は7代続いて明治維新に至った。

 ★H8/4/7、H9/4/7、H12/2/5訪城、
 平成6年
「山内一豊」創建したものをモデルに、わが国で初めての木造天守閣(3層4階)が復元されています。
 東海道が目の前を通り、往時は外観が美しい端麗な容姿で
「東海一の名城」と謳われ親しまれたと言います。
 復元城はまだ木目も新しく、綺麗な説明板も随所にあり、見学しやすくなっていました。
 遺構の
「二の丸御殿」は現存する城郭御殿としては当城と二条城・川越城・高知城しかない貴重な建物です。御殿の裏側には土塁が残ります。
 周辺地のさまざまの角度で天守の美しさをが堪能出来ました。
 近くの中世の掛川古城が北東へ歩いて10分ほど第一小学校の北側にあり、土塁、堀切が残されています。時間がある方にお勧めします。
 H18年日本城郭協会より
「日本100名城」に選定されました。

 ★★H17/12/10再々訪。
 [復元丑寅櫓]
















三河
西尾城














自治体HP

別名: 西条城・鶴城・錦丘城
所在地: 愛知県西尾市錦城町
Tel 0563-56-6191
城の種類: 平山城
築城年: 鎌倉時代、承久年間(1219~21) 
江戸時代、永禄3年(1560)
築城者: 足利義氏・酒井重忠
遺構: 石垣・土塁・水堀
 承久3年(1221)「足利義氏」が承久の変の軍功により三河国守護となり築城、「西条城」と呼ばれた。「義氏」の長男「長氏」がこの城を与えられ、「吉良氏」を称し14代居城した。
 永禄4年(1561)
「牧野成定」が城主のとき、家康の武将「酒井政家」が吉良氏嫡流の「義広」と共に攻め寄せたため、「成定」「牛久保城」に逃れた。
 天正13年(1585)2月から11月迄、徳川家康は諸将に命じて、
「西尾城」の大々的な改修を行った。そして3層の天守閣を聳やかす城が完成、落成祝いに家康が来て、「鶴城」と命名した。近くの「刈谷城」「亀城」と呼ばれたので鶴亀の縁起によったものと言う。
 本丸丑寅櫓と鍮石門が再建されている。
 
 ★H9/8/15訪城、
 平成8年復興、三重櫓がライトアップで美しい。周辺の整備が良く、城下町の雰囲気が溢れています。毎年7月14,15日の祇園の夏祭りには、町人による大名行列が古来から行われているとのことでした。

 遺構が殆んど失われて残念ですが、周辺は夜でも照明で明るく、お城もライトアップして雰囲気は楽しめます。

























美濃
大垣城















自治体HP



別名: 巨鹿城(きょろくじょう)
所在地: 岐阜県大垣市郭町
Tel 0584-74-7875
城の種類: 平城
築城年: 天文4年(1535)頃
築城者: 宮川安定
遺構: 石垣・堀
 「大垣城」は、「美濃」を制するものは天下を制する、といわれた濃尾平野にあり、西国と東国とをつなぐ戦略上要衝の城である。
 天文4年(1535)美濃守護職
「土岐氏」の被官「宮川安定」もしくは明応9年(1500)「竹腰尚綱」が築城をしたとも言われるが定かでない。その後城主は転々として、
 天正10年(1582)
「織田信長」の死後、天正11年(1583)「池田恒興」が城主となったころ城郭として整備され、文禄4年(1595)「大事の要」として「大垣城を重視した「豊臣秀吉」「伊藤裕盛」を城主として天守閣を造営したという。
 この城は400年間、大変優美で知られ、歴史上貴重であり、S11年国宝に指定されたがS20年戦災で惜しくも焼失した。
 天下分け目の関が原の戦いでは、慶長5年(1600)
「伏見城」を攻め落とした「石田三成」がここを西軍の拠点として入城、娘婿の「福原長尭」と兵7500人を残して、ここから関ケ原へ向かい歴史的戦いをしたが、ついに東軍に敗れた。
 「大垣城」
もその時東軍の「水野勝成」に攻められ7日間に及ぶ籠城のすえ「長尭」は自害、ついに落城した。
 戦後は慶長6年(1601)
「石川康通」が入城、寛永12年(1635)には「戸田氏鉄」が10万石で入封してようやく落ち着き、以降11代、235年間世襲して明治に至った。
 <参考:名城探訪ガイド・南條範夫監修


 ★H6/11/19初訪、H8/11/24再訪、
 城郭は大垣公園となっています。昭和34年に、4層4階の珍しい天守閣がそのままに美しく復元されています。
 4階の展望台は気象通報所の役目もしてカラーの吹流しで「赤玉が出たぞ、台風が来るぞ」などと、市民の方はいつもお城を眺めて暮らした時もあったといいます。

[観光天守]
































駿河
小山城










自治体HP




















別名: なし
所在地: 静岡県榛原郡吉田町住吉
Tel 0548-33-2122
(吉田町産業課)
城の種類: 平山城
築城年: 室町時代・元亀2年(1572)
築城者: 今川氏の後、武田信玄
遺構: 元三重三日月堀・土塁・曲輪
 「小山城」は、吉田町の中央の唯一の高台である能満寺山の山頂にある。
 遠州南部の交通の要衝であり、城は攻防が繰り返されて今川氏から武田氏、徳川氏と支配が変転するが堅固の城であったといわれる。
 
「小山城」の本格的の築城は「武田信玄」「馬場美濃守信房」を奉行に「高天神城」攻略のために修築させ、城代に「大熊備前守」をあてた。
 武田、徳川の13年間も攻防のあった城だが、
「信玄」没後の天正3年(1576)5月、「武田軍」「長篠の合戦」で織田、徳川の連合軍の鉄砲隊のまえに大敗、天正8年(1580)ごろから武田軍は次第に孤立して勢力を失い、要の「高天神城」も徳川軍によってついに攻略された。
 「小山城」は維持機能を失い、天正10年(1582)2月自ら城に火を放ち甲斐に落ちて、廃城となった。<参考:名城探訪ガイド・南條範夫監修>

 ★H9/8/15訪城、
 観光天守の回廊式展望台からは近郷一円が一望されます。  この城には天守閣は造られずに、城郭だけだったのですが、昭和62年3層5階の模擬天守閣が「犬山城」
をモデルにして、市のシンボル(展望台施設)として新設されました。現在史料展示をされています。
 同時に史跡公園として、遺構はかなり破壊されていますが、武田流の築城技術を伝える
「馬出曲輪」や、資料に基づく三重三日月堀などが復元され、公開されていました。
 城の登り口の名刹
「能満寺」には国の天然記念物、「日本三大蘇鉄」があり通りすがりに見ることが出来ます。
 ここからは有名な
「高天神城」も近いので、セットでご覧頂けたらと思います。




「白帝城は老樹蓊鬱たる丘陵の上に現れて、紛壁鮮明である。小さい白い三層楼、何と典麗なしかもまた均斉した美しい天守閣であろう」
   <北原白秋>


「楚王宮の北は正に黄昏なるに 白帝城の西は過雨の痕 返照は江に入りて石壁に翻り 帰雲樹を擁して山村を失す」

    <杜甫>
尾張
犬山城










観光協会HP






別名: 白帝城
所在地: 愛知県犬山市犬山
Tel 0568-61-5611
種類・指定 平山城・国宝天守
築城年: 天文6年(1537)・慶長4年(1599)
築城者: 織田信康・石川光吉
遺構: 天守(国宝)・石垣
 「犬山城」は現存12天守の一つで「白帝城」とも称された名城である。
 天文6年(1537)尾張守護代の
「織田信康」が築いたと言われる。
 永録7年(1564)
「信康」の子の「織田信清」が城主の時、「織田信長」に攻められ落城した。
 その後城主が次々と変わり、文禄4年(1595)に
「石川備前守光吉」が入り城の改修に着手した。慶長4年(1599)には天守も含めほぼ完成するが、慶長5年(1600)の関が原の戦後、徳川氏の持城となり「小笠原吉次」が城代として入城、近世の城郭として完成された。
 更に
「平岩親吉」のあと、元和3年(1617)「成瀬正成」が3万石で城主となり以後明治まで世襲した。
 
「犬山城」は昭和28年旧藩主「成瀬氏」に城を修理する条件で譲られた唯一の個人所有の城であり、昭和2年には「昭和天皇」が登閣され、同10年国宝に指定された、わが国の少ない名城の一つである。
 平成18年4月6日、(財)日本城郭協会から「日本100名城」に認定されました。

 ★H元/8/15、H9/11/24訪城、
木曽川の舟下りで左岸の山頂に美しく聳える天守が眺められます。見るからに縄張りの堅固そうな美しい城です。
 これだけのお城なのに城郭が狭く、少数の収容力しかないせいか、大軍に弱いは当然ですが、永禄7年(1564)の
「織田信長」に攻められた後、関ヶ原の戦いで東軍の「福島正則」との戦いまで4度も落城したとは随分悲運なお城です。
 天守は
「日本最古」の桃山風の典型的な望楼型3重天守で、「広島城」「岡山城」の両天守を戦災で失ってからは、現存する最古の貴重な遺構と言われます。
 江戸時代の儒者・
「荻生徂徠」「李白の詩」を引用して「白帝城」とも命名され、爾来人々に親しまれてきました。観光コースにもなってますので、行った方は多いと思いますが、昔のままの天守から眺める眼下の美しい木曽川の流れや、奥美濃の山並みなど、実に何とも言えない秀景でした。

[復興天守] 




♪「捨ててだにこの世のほかはなき物を いずくかつゐのすみかなりけん」

<斎藤山城入道道三が明日決戦のまえの辞世歌・京都妙覚寺にあった遺言状の中に>・・司馬遼太郎の日本史探訪より。


「一家出家、九族天に生ずといへり、このごとく調え候も一筆泪ばかりなり」
<斉藤道三1494?~1556が長男の義龍に攻められた時、末子に宛てた遺言状という。歴史人2011/12月号より引
用>














美濃
岐阜城




















自治体HP


















別名: 稲葉山城金華山城・井の口城
所在地: 岐阜県岐阜市大宮町
Tel  0582-63-4853
城の種類: 山城
築城年: 建仁元年(1201)
築城者: 二階堂行政
遺構: 石垣・復興天守
 「岐阜城」は長良川のほとり交通の要衝である、標高329米の金華山の頂きにあり、「斉藤道三・織田信長」ゆかりの城で有名である。
 古くは
「井の口城、稲葉山城」とも言われ、建仁元年(1201)鎌倉幕府の執事「二階堂行政」の築城と言われる。
 応永年間(1394-1427)
「土岐氏」の守護代「斎藤利永」は永く廃城になっていたこの城を修築して居城したが、その後再び廃城となった。
 天文8年(1539)守護
「土岐氏」の重臣の「斎藤道三」「稲葉山城」を大修築し、美濃を手中にした。
 その後永禄10年(1569)「信長」はこの難攻不落の堅城を、苦心の末やっと「稲葉一鉄」ら西美濃三人衆を内応させ
「稲葉山城」を奪取した。
 そして城を大改修して、
「岐阜城」と改名、全国覇業の本拠として城下町の大規模な改造を始めた。
 そして史上最初に
「天主」(天守)と命名した高楼を建て近世城郭の基礎を築いた。
 ポルトガル人宣教師
「ルイス=フロイス」その著書『日本史』「信長」の城館について多くを書き残している。その文中によれば、宮殿は4階建て、1階には20の部屋があり、壁や屏風戸はすべて塗金と絵画で飾られていたようである。また岐阜の人口が8千から1万と言い、その繁栄は古代オリエントの都市バビロンもかくやと思うほどだったと記されている。
 本能寺の変の
「信長」の死後、「神戸信孝」が城主になったが、「秀吉」との確執から攻められて開城した。その後、「池田元助」「豊臣秀勝」「織田秀勝」などと城主が替わって、文禄元年(1592)「信長」の孫の三法師、「織田秀信」が35万石で入封、関ヶ原の戦いでは「秀信」が西軍に属したため、攻められて落城、「秀信」は高野山に逃れた。その後「家康」は建物のほとんどを「加納城」の築城のため移築して、城は廃城となった。
 平成18年4月6日、(財)日本城郭協会から「日本100名城」に認定されました。
 <参考:名城探訪ガイド・南條範夫監修>

 ★H7/11/18訪城、
 昭和31年、3層の復興天守が再建されました。4階は360度のパノラマ展望台になっています。眺望は雄大ですばらしい。高いところには何とか登ってみたいし、まして歴史に縁深いお城があると聞けば、なんとしても行きたいのが人情でしょう。それに、「岐阜城」は天守まではロープウエイ(左)が通っていますし、自信のある方には歩く山道もあります。歩いた方がやはり昔の武士の息吹きを感じるでしょう。

[観光天守]







[城下景観]
美濃
郡上
八幡城









自治体HP




別名: 積翠城・東殿山城・郡城
所在地: 岐阜県郡上市八幡町城山
(上八幡駅よりタクシー10分)
Tel  0582-63-4853
城の種類: 平山城
築城年: 永禄2年(1559) 
築城者: 遠藤盛数
遺構: 石垣・城門
 「郡上八幡城」は城下町や長良川、そして飛騨と越前を通る街道を見下ろす絶好の地、八幡山上にある。奥美濃の景勝地としても広く知られている城跡である。
 城の歴史は鎌倉時代の承久元年(1219)に
「東胤行」「阿千葉城」を築いたのが始まりとされている。
 「東氏」は後に
「篠脇城」「東殿山城」を築いて居城を移したが、永禄2年(1559)「東常慶」の時、支族の「遠藤盛数」がこの城を奪い、新たにこの山頂に城を築いた。ここに「東氏」の11代340年の歴史も絶えた。
 「遠藤盛数」
の子の「慶隆」
「秀吉」に背いて移封され、代って入城した「稲葉貞通」が城の縄張りを一新する。
 しかし
「貞通」は関が原で西軍に組して移封となり「慶隆」が再び旧領に2万7千石で入封、城の増築をし、土塁を石垣に改めたり現在の町割りを行ったといわれる。
 その後
遠藤・井上・金森・青山の各氏、19代の城主が城の改修築を繰り返しながら310年間に亘って居城した。
 
「青山氏」の代には山麓にあった二の丸を「御殿」と称し、山頂には幕府への遠慮からか、あえて天守が置かれなかった。
 <参考:名城探訪ガイド(南條範夫)・日本名城の旅(井上宗和)>


 ★H7/11/18訪城、
 岐阜から長良川に沿い東海北陸自動車道で北上、八幡インターでおりると昔からの姿かと思える古びた雰囲気の八幡の町並に出会う。
 車でお城までいけるが、かなり狭い道でした。
 昭和8年(1933)天守台跡に大垣城を模して模擬城として、天守閣・隅櫓・高塀が建てられています。天守台一帯の石垣がS30年岐阜県史跡に指定されました。
 城からは眼下に山の谷あいの城下町が昔の風情で眺められました。
 当地の「郡上踊」りは「遠藤慶隆」が奨励したのですが国の無形民俗文化財としても有名のようです。
 周辺の山々の紅葉が丁度熟れたような鮮やかさを見せてくれました。
 お城の前にはお店があり、一休みしながら旅情に浸れます。紅葉の頃がお勧めでしょうか。
























三河
吉田城








自治体HP













別名: 今橋城・豊橋城
所在地: 愛知県豊橋市今橋町
Tel 0532-51ー2421
城の種類: 平城
築城年: 永正2年(1505)
築城者: 牧野古白
遺構: 本丸・二の丸・石塁・土塁・堀・復興櫓
 「吉田城」は永正2年(1505)駿河の「今川氏」の豪族「牧野古白」により築かれ、初めは「今橋城」と呼んだ。「吉田城」と改めたのは「今川義元」といわれる。
 永正2年
「牧野氏」は三河の「松平氏」に滅ぼされた。
 その後
「戸田氏」が領したが、大永年間(1521~)初期に「牧野古白」の孫「成三」の時再び城を奪回した。
 その後も戦いは繰り返されたが桶狭間以後は故地に復帰した
「徳川家康」の家臣の「酒井忠次」が入領した。
 天正18年(1590)に
「家康」が関東に移封され、「秀吉」の命により「池田輝政」が15万2千石で入城、中世風の出城に新たな縄張りを施し、豊川を背負った本丸を中心に二の丸、西の丸、三の丸を配しその周囲に堀を巡らせた「半輪郭式」の拡張修築を行った。
 慶長5年(1600)年
「輝政」は姫路に転封して、後任の城主に引き継がれたが城郭つくりは未完に終わったという。
 のち諸侯に城主が代った後
「大河内松平氏」が7万石で入封、以後7代世襲して維新に至った。
 明治初年に城は破却されたが当時の面積は広大で11万平方mもあった大城といわれる。
 <参考:名城探訪ガイド・南條範夫監修

 ★H7/9/30訪城、
 「豊橋」は明治以前は
「吉田」と呼ばれ東海道五十三次の宿場町、城下町として賑わいを極めたと言われます。  
 昭和29年に再建された3層の
「入道櫓」といわれる天守が豊川に接してその堅城な風格を見せています。
 豊川沿いに長い石垣が2段になり、今でも川まで石段が通じる遺構が川下から眺められました。かって船着場があったようですね。
 公園である城内には昔の土塁なども残されていて天守台の廻りの石垣は昔の面影をわずかに見せています。
 城内はかって今川、徳川、武田氏などの政争の地とは思えない静かさに佇んでいました。
 写真のお城の裏側に大きな近代建築が見え、ちょっと雰囲気に難がありました。

[模擬天守]

♪『人生50年、下天の内をくらぶれば、夢まぼろしの如くなり、ひとたび生を得て、滅せぬ者のあるべきか…』

と謡曲<敦盛>を謡い、信長はこの城から桶狭間へ出陣する。


♪「思いがけない名古屋ができて、花の清須は野になろう」
清須越し当時の臼引歌より・・パンフ引用
尾張
清洲城










自治体HP




別名: 清須城
所在地: 愛知県清洲市清洲町朝日
Tel  052-409-7330
城の種類: 平城
築城年: 応永12年(1405)
築城者: 斯波義重
遺構: 本丸土塁・堀・復興天守
 「清洲城」「織田信長」が桶狭間の戦いに出陣し、本能寺の変の後では織田政権の後継体制を決定した「清洲会議」を開催した有名な城である。
 この城の歴史は室町時代の応永12年(1405)に東西交通の要所である清洲に尾張守護
「斯波氏」が築城したことに始まった。
 その後弘治元年(1555)に
「織田信長」「那古野城」から入城して本拠とした。
 
「桶狭間の戦い」の時、有名な『人生50年、下天の内をくらぶれば、夢まぼろしの如くなり、ひとたび生を得て、滅せぬ者のあるべきか…』と謡曲『敦盛』を謡い、この城から出陣して大勝したことが有名である。
 また天正10年(1582)
「本能寺の変」の後、ここで「清洲会議」が開かれて「三法師」「信長」の後継者に選ばれ、「秀吉」が後見人となり、天下人の地歩を確保した城でも知名である。
 
「信長」の没後、城主は「織田信雄」「豊臣秀次」「福島正則」、関ケ原戦後は「松平忠吉」・「徳川義直」と城主が変転した。
 天正14年(1586)
「織田信雄」が城の改修に着手、大小天守を築き、三重の堀を巡らせ東西1.6km、南北2.8kmの大城郭に整備した。
 やがて徳川の時代となり慶長15年(1610)
「家康」は清洲から「名古屋城」への移転を決意、清洲の住民や建物の大部分を移した。これを「清洲越し」という。以後は廃城となった。
<参考:名城探訪ガイド・南條範夫監修

 ★H8/11/24訪城、
 現在の天守閣(3層4階)は町制100周年記念事業として、平成元年に復元され市のシンボルとなっている。勾欄、廻廊付望楼型で、色彩も美しく桃山時代の天守建築を彷彿させている。
 城跡は清洲公園として、園内には天守跡が見られるが、この写真のある模擬天守は対岸の清洲文化公園にあるので、そちらにも廻ってほしい。
 なお名古屋城の御深井丸の西北櫓は
「清洲櫓」とも呼ばれ、清洲城を移した資材が使われているようです。

[復元天守]

『五万国でも岡崎様は、お城下まで舟がつく』
    <俗謡>









三河
岡崎城










自治体HP
別名: 龍城
所在地: 愛知県岡崎市康生町561
Tel 0564-22-2122
城の種類: 平山城
築城年: 康生元年(1455)頃
築城者: 西郷稠頼(つぎより)
遺構: 石垣・堀・井戸(家康が産湯に使ったという)・天守の心柱礎石(望楼型天守で現存の姫路城を別にすると唯一らしい)・復元天守閣
 「岡崎城」「家康」誕生の芽出度い城である。
 享禄3年(1530)
「松平清康」「西郷氏」を逐い松平氏三代の居城とした。
 孫の
「家康」は天文11年(1542)ここ岡崎城内で誕生した。然し6歳で「織田信秀」、8歳で「今川義元」の人質となり12年もの間辛酸をなめる。
 永禄3年(1560)の桶狭間の合戦で
「義元」が戦死、「家康」19歳の時、「岡崎城」にやっと帰城し、ここを拠点に三河一帯の平定に乗り出した。
 その後
「家康」は本拠を「浜松城」に移し嫡男「信康」を岡崎の城主とした。
 天正18年(1590)
「家康」の関東移封後、「秀吉」の部将「田中吉政」が入城、大規模の城郭の整備拡張を行い、4.7kmに及ぶ総堀「田中堀」を造った。この時最初の天守が建てられた。
 また関ケ原の役後、元和3年(1617)
「本多康紀」の時に3層3階、地下一階の複合天守が再築され現在の規模が完成されたという。
 明治6年に城は破却されたが、昭和34年(1959)市民の思いは強く、ほぼ昔どうりに天守が復元され、雄姿を見せている。
 平成18年4月6日、(財)日本城郭協会から「日本100名城」に認定されました。
<参考:名城探訪ガイド・南條範夫監修

 ★H7/9/30訪城、
 『五万国でも岡崎様は、お城下まで舟がつく』の俗謡で謡われた「岡崎」は城の西と南を流れる矢作川と菅生川の水運に恵まれ昔は大いに賑わったらしい。
 写真は天守が松の木に遮られて折角の雄姿が撮れない。教えて頂いたのですが近くの高層ホテルからバッチリ撮れるそうなのです。でも再訪の機会に恵まれないでいます。徳川フアンならここも必見でしょう。

復元櫓


「♪なかなかに世をも人をも恨むまじ 時にあはぬを身のとがにして」
<今川氏真1538~1615晩年の歌>



駿河
駿府城






静岡市HP
別名: 府中城・静岡城・霧隠城
所在地: 静岡県静岡市追手町5-1
Tel 054-254-2111
(市公園緑地課)
城の種類: 平城
築城年: 天正17年(1589)
築城者: 徳川家康
遺構: 石垣・堀・復興櫓
 「駿府城」「今川氏、武田氏」の統治の後、天正10年(1582)「徳川家康」が入城して天正13年に築城を始め同17年に完成、家康の隠居城と言われる。また「家康」臨終の城でもある。
 しかし翌年
「家康」が関東に移封となり、替って豊臣の家臣「中村一氏」が城主となった。
 関ヶ原の戦い後、江戸幕府を開いた
「家康」は慶長10年(1605)将軍職を「秀忠」に譲り、駿府を「大御所政治」の拠点として慶長12年(1607)に「駿府城」を拡張修築し、城下町を整備した。
 また5層7階の大天守はじめ40万平方mに及ぶ輪郭式の城の全容を整え、現在の市街地の原型を造った。しかし完成間もなく不幸にも出火により全焼し、慶長16年には再建された。
 建物はさらに寛永12年(1635)に焼失するが、櫓など一部が再建された。現在残る絵図面などはこの再建時のものといわれる。
 元和2年(1616)
「家康」の没後、10男「頼宣」、家光の弟「忠長」が治めたが、元和5年(1619)幕府の直轄となり駿河城代が置かれ、信じられないことだが幕末の「本田氏」まで城代がなんと46名も替わったという。
 慶長4年(1868)にやっと徳川本家の
「徳川家達」が城主となったが翌年静岡と改称、4年後に廃藩置県となり城は民間に払い下げられた。<参考:名城探訪ガイド(南條範夫)>
 
 ★H7/9/30訪城、
 平成元年木造の3層の「巽櫓」、平成8年「二の丸東御門」が再現されました。小生が訪れた日はちょうど大河ドラマ「徳川三代」の葵祭りの最中で大賑わいでした。
 こちらも家康フアン必見の城でしょう。

 
[模擬天守]













美濃
神岡城








神岡商工会議所HP



別名: 不明
所在地: 岐阜県飛騨市吉城町城ヶ丘1ー1
Tel 0578-2-0253

休館 12/1~3/31
城の種類: 平山城
築城年: 室町時代
築城者: 江馬朝方
遺構: 空堀・石垣・模擬天守閣(歴史資料館)
 「神岡城」は北アルプスに抱かれ、それを源流とする清流高原川を眼下に望む、風光明媚な山間の高台にあり、小さいながら模擬天守閣が毅然たる容姿を見せて美しい。
 築城者は、壇ノ浦で滅んだ平家の一族
「江馬氏」の2代「江馬朝方」と伝えられる。 13代の「時経」の時、城が改修されたことが見られる。
 
「時経」の子の「時盛」は永禄7年(1564)飛騨に攻めこんで来た武田の武将「山県三郎兵衛昌景」に加勢、この城を本拠として飛騨越中攻撃の拠点としたという。 
 その後
「上杉謙信」に通じたりして内乱が生じたが、「時盛」の子の「輝盛」も天正10年「松倉城主」「三木自綱」に攻められ落城。「輝盛」の子「時政」のときには「金森可重」に滅ぼされた。
 
「秀吉」の全国を統一後は飛騨一帯を支配する「金森氏」の臣「山田子十郎」が城代となりこの地を統治した。
 しかし一国一城令により元和元年(1615)には閉城破却される。

 ★ 現在の古風な天守閣は、空堀の跡が残る城跡に、往古を偲び
「三井金属鉱業㈱」が神岡鉱業所創業100周年を記念して、昭和45年に丸岡、犬山両城を参考に建設されたといいます。
 狭間のある土塀に囲まれた天守はなかなか雰囲気があり町のシンボルになっています。
 ついでに隣地の日本最大の亜鉛・鉛を生産した
「神岡資料館」、明治元年建築の重文の「松葉家」の見学もできました。ここには終戦時、米軍のばら撒いたビラが壁に貼ってありビックリ。確かノーベル賞の「小柴博士」はここの「神岡鉱山」でニュートリノの実験をして宇宙からの光のパルスを捕らえたと言っていたように思います。
 神岡祭(4/24・25)が飛騨三代祭りの一つといわれ毎年開催されているようです。

 [櫓台]


 [西ノ丸障子堀]


 [三ノ丸堀]














   
伊豆
山中城














自治体HP











別名: なし
所在地: 静岡県三島市山中新田 
Tel 0559-75-3111(三島市役所)
交通:JR三島駅からバス山中城址25分
種類・指定 山城・S9國指定史跡
築城年: 永禄年間(1558~70)
築城者: 北条氏康
遺構: 曲輪・土塁・空堀・土橋・木戸跡・馬出し
 「山中城」は箱根外輪山の西側斜面の標高580m、総面積2万平方mに及ぶ広大な城域をもつ「小田原北条氏」の存亡を賭けた重要な城である。
 
「小田原北条氏」が小田原本城の防衛のため、「足柄城」「韮山城」とならんで西の固めとして最も力を注いだ堅城であり、永禄年間、「北条氏政・氏直」父子により、箱根の交通、軍事の要衝に築城された。
 現在は国道一号線により南側斜面が一部切り離されている。
 ここからは四周すべてが一望でき、敵方の動静は丸見えなのだが、天正18年(1590)3月29日、4万の豊臣軍側「豊臣秀次」らの総攻撃を受け、4千の北条軍は必死の防戦も甲斐なく、鉄砲と圧倒的兵力の前に半日で落城した。
 この戦いで討死した城将
「松田康長」や豊臣側の「一柳直末」ら武将の墓が呉越同舟で国道脇の宗閑寺に葬られていた。

 ★H19/12/8訪城、通るたびに寄っている城です。
 「山中城」戦国期の山脈を利用した典型的な山城であり、石垣が使われない土塁だけの全国でも有名な屈指の堅城です。
  H18年日本城郭協会より「日本100名城」に選定されました。
 400年前の遺構が数次の発掘により、そのまま復元されて、特に
「小田原北条氏」の特長が良く現れている「障子掘り」の遺構は城郭関係者から貴重な研究資料としても大変重視されてます。
 小田原攻めでは最初の激戦になった、
「岱﨑出丸」に廻って斜面の高い畝堀など見て、この山城の見事さにますます感動するばかりでした。常識的に考えても簡単に落ちるような縄張りではなく、無理攻めすれば寄せ手の将兵の損失も相当であったと思われました。
 敗戦の原因は寡兵と武器の性能差によるものでしょう。
 お城の建物がないが2時間ほど深い堀や防御の横矢掛りや小口など見所が多く、ゆっくり楽しめます。また冬季はお城から富士山がすばらしく間近に見え、また三島市方面一望できる名所でもあります。テレビで放映もされたこともあり、幾度訪ねても見飽きることはないお城の一つです。
 また毎年行われる城内での
「山中合戦祭り」も好評で大変賑っています。


[本丸正面は土塁]

[本丸東空堀]


[本丸東大土塁]


[弾正郭]

 [医王寺勝頼陣城]


[医王寺から長篠城を望む]


[設楽原古戦場と馬防柵再現地]










三河
長篠城












城址保存館








































別名: 末広城・扇城
所在地: 愛知県新城市長篠市場22-1
Tel 05363-2-0162<長篠城址史跡保存館>(JR長篠駅より徒歩8分)
種類・指定 平城(川下からは比高約30m)国指定史跡
築城年: 永正5年(1508)
築城者: 菅沼元成、奥平氏修復
遺構: 空堀・土塁・石垣・模擬天守閣(歴史資料館)
 「長篠城」は信濃と三河・遠江との境目の要所で、この城を争った武田・徳川氏の熾烈な「長篠の合戦」は日本の戦史上夙に有名である。
 この城は永正5年(1508)三河北部の山岳地帯に勢力を持つ
「今川氏」に属していた「山家三方衆」「菅沼元成」が築いたといわれる。
 天正元年(1573)
「徳川家康」「武田方」の前線基地を急襲して「長篠城」を攻略後、武田側から寝返った「奥平信昌」を城主として城の大改修を行い戦時に備えた。
 これに対して天正3年(1575)5月
「武田信玄」没後、武田家を継承した「武田勝頼」「長篠城」を1万5千の軍で囲んで奪回を計り、難攻の末、城東方の瓢郭まで攻め入ったが、5百余人の城方の必死の防戦に会い要害堅固の縄張りにも阻まれ、やむなく包囲作戦に変更した。
 城内に残る食糧が4、5日となり落城寸前の時、この窮地を救ったのが有名な
「鳥居強右衛門」という武士で、5月14日夜陰に乗じて豊川の急流から城外へ脱出、見事「岡崎城」の徳川側にその危急を告げ、織田・徳川連合軍の救援に成功、5月16日「強右衛門」は帰城中武田軍に捕らえられ磔死するが、敵側の要求の裏をかき城内へ磔られながら大音声で「援軍来る」を伝え己が身命を顧みず大役を果たした。
 5月20日、
「武田軍」「長篠城」には3千の兵を残し、決戦場の織田・徳川連合軍が布陣する「設楽原」に向かうが、翌5月21日には「信長」の鉄砲隊の新戦術の前に敢無く大敗北を喫する。
 騎馬軍団で一世を風靡した武田軍団は
「織田信長」の近代兵器戦に破れ、以後急速に国運衰退して、天正10年(1582)には惜しむらく滅亡の憂き目にあう。
 戦後、天正4年(1576)
「奥平信昌」「新城城」に移り、「長篠城」は廃城となった。
 なお
「信昌」「家康」の信任極めて厚く娘の「亀姫」を娶りその姻戚に連なり、子孫は松平姓を許され、豊前中津10万石の大名として明治まで続いた。
 
平成18年4月6日、(財)日本城郭協会から「日本100名城」に認定されました。
 <参考:日本城郭史(鈴木亨著東洋書院)、観光協会パンフレット>


 ★H9/4/7初訪、 H16/4/9再訪、
 資料館で手に入れた
「長篠の戦い史跡案内図」などを参考に改めて遺構の見学をしました。城は豊川と支流宇連川との合流点の河岸段丘の急崖を背に、扇形に開いた面積10haと広い。その大部分は畑や住宅ですが、本丸周辺には大土塁、空堀が実によく残っています。教育委員会調査報告書によるとH11年より数次に亘る発掘調査により本丸周辺の遺構検証はかなり進んいます。
 案内図のお蔭で大手門周辺、家老屋敷などの探訪後、武田軍の陣地という
「大通寺」に寄り、裏山の「医王寺勝頼本陣跡」の展望台から眼下の「長篠城」を見下ろすことも出来ました。
 帰路、待望の「設楽原古戦場」に立ち寄り
「信玄塚」「復元馬防柵」などを初めて見学しました。写真の馬防柵は想像してたものより以外と簡素な作りで、実感が今一つだす。今回は桜祭りの最中で観光も兼ね良い機会に訪問できたのですが、機会あれば見逃した山城の史跡も是非再度見学したいものです。

[現地縄張り図]


[本丸下石垣二段で高い]


[本丸31×66m]


[本丸埋門の屈折した石垣虎口]


 [壮大な本丸東門石垣]


[手前右は二の丸多聞櫓台石垣、奥は6段壁石垣]

[山麓登城口の復元太鼓櫓と模擬御殿門]


[虎口からの景観]

   

















美濃
岩村城


















観光協会












































別名: 霧ヶ城
所在地: 岐阜県恵那市岩村町城山 
Tel 0573-43-3216(岩村町役場)
交通:JR岩村駅の南東2キロ徒歩30分、登城口から30分・車なら本丸下Pまで登れる
種類・指定 山城・県指定史跡
築城年: 文治元年(1185)
築城者: 加藤氏景廉
遺構: 石塁・堀切・土塁・井戸
 「岩村城」は大和の「高取城」、「備中松山城」と並ぶ「日本三大山城」の一つで、標高は721mの城山山頂にあり、日本一の高い城とも言われ、壮大な石垣造りの堅城です。  
 城は美濃、信濃、三河の勢力の接点にあり、数度の攻防戦を経ながら鎌倉から明治へと700余年に亘り連綿と存続した名城でした。女城主の話が有名です。
 
<歴史>
城は「源頼朝」
の重臣、「加藤次景廉(かげかど)」が文治元年(1185)この地に地頭として赴任して築き初代城主となりました。一説には建久6年(1195)説もあります。
 以降
「加藤次氏」は遠山姓を名乗り、戦国期には織田方の支配下にありました。
 
「遠山氏」最後の城主「遠山景任」は元亀元年(1570)「武田信玄」の家臣で「高遠城主」「秋山晴近(信友)」「岩村城」を攻められました。「景任」「織田信長」に援軍を求め、一度は武田軍を撃退したものの、2年後「景任」の急逝に乗じ、再び「秋山晴近(信友)」に攻められます。
 「景任」
の未亡人で「信長」の叔母でもある女城主「おつや」の防戦により城はなかなか落ちませんでしたが、武田軍の威勢に抗しがたく、ついに幼主の人質を条件に武田側の「晴近」「おつや」との婚約を条件に和議が結ばれ、「岩村城」「晴近」が城主として入りました。
 この時をもって城は対織田への前線基地となり、縄張りも堅固に修築されたといいます。
 天正3年(1575)5月
「長篠の合戦」で織田方が武田方に大勝利した後、「岩村城」「信長」の子の「織田信忠」の攻撃を受けてあえなく落城、「信長」の復讐心強く、叔母でもある「おつや」夫人は囚われて逆さ磔にされ悲劇的最後を迎えました。
 おつや」はこの時「我れ女の弱さの為にかくなりしも、現在の叔母をかかる非道の処置をなすはかならずや因果の報いを受けん」と絶叫して「信長」を怨んで死んだと伝えられます。
 その後、城には
「信長」の家臣「川尻鎮吉」が入城、城郭の修増築が更にされました。
 武田氏滅亡後は
「鎮吉」が甲斐に転じ、「森蘭丸」が入城、城代に「各務兵庫」が在城しましたが、「蘭丸」「本能寺の変」「信長」と共に斃れた後は「森長可・忠政、田丸直昌」が城主となるが、「関ヶ原の戦い」で東軍の攻撃を受け、その後「大給、丹羽」と城主が代わり、元禄15年(1702)「大給乗紀」が2万石で入封、後に1万国を加増され、以後「大給家」が世襲して明治に至りました。現在見られる石垣の遺構はこの時期以降に築かれたといわれる。
 平成18年4月6日、(財)日本城郭協会から「日本100名城」に認定されました。

 ★H16/12訪城。
 念願の訪城でした。車で中央道の中津川インターから10分ほどで本丸下の出丸のPに到着、まず眼前に本丸の高い石垣が聳えており感動しました。各所に説明板があり分りやすい城です。後で分りましたが、山麓に専用Pもあり「岩村町歴史資料館」裏から登城口があり、ここから石垣や門跡などを見学しながら大手道を徒歩で登城するのもお勧めルートと分りました。
 今回は山頂の壮大な石塁に囲まれた主郭を見学後、この大手道の雰囲気溢れる九十九道を30分ほど見学しながら山麓へ降り、再び山頂へバックしたのですが、途中
「狸の道」という山中への間道に入り、出丸下に通じた道ですが途中の堀切や土橋を見てP迄戻りました。
 有名な城で、細かい説明は省略しますが、6段の石垣、野面積みと打込みハギ、切込みハギの3種の石積みや、手の込んだ屈折石垣虎口や桝形、井戸跡など見所が多く忘れられない訪城となりました。

[復興天守]


[濠の反対から天守]


[濠と高石垣]


[濠と高石垣]


「小過の輩、当座の憤りにまかせ、死罪ににせしめば、其の恨み、因果も、又、にげるべからず候間」
<藤堂高虎1556~1630遺訓、歴史人2011/12月号より引用>

伊賀
上野城









自治体HP





別名: 白鳳城
所在地: 三重県伊賀市上野丸の内
Tel 0595-21-3148
種類・指定 山城・国史跡
築城年: 天正13年(1585)・慶長16年(1611)
築城者: 筒井定次・藤堂高虎
遺構: 天守台・石垣・堀・武具蔵・復興天守
 「上野城」「藤堂高虎」が大阪への備えに築いた伊賀の名城である。場所は「忍者の里」伊賀上野の小さな盆地にある。
 最初この地に城を築いたのは、本能寺の変の後「筒井順慶」の養子で羽柴姓を与えられ伊賀守となった「羽柴定次」である。
 
「定次」は文禄年間(1592~95)の「天正伊賀の乱」で伊賀全土を焼かれた平楽寺跡に、3層の天守閣と殿門を整えた。
 関ケ原の戦いの後、慶長13年(1608)
「家康」「定次」を失政の理由で改易させ、「藤堂高虎」を伊予今治から招いた。
 慶長16年(1611)
「高虎」「家康」より『伊賀は秘蔵の地、上野は要害の地、根拠とすべし』との秘命を受けて、「筒井氏」の故城を拡張して、大改修に着手した。当時、戦国武将の中でも築城の名人と評されていた高虎は、自ら縄張りを指図して、地山を利用して濠を深くし、30mの高石垣で囲み5層の天守を築いたという。
 ところが、竣工直前の慶長17年(1612)に暴風雨のため5層の大天守は倒壊、そのうち大坂夏の陣で豊臣方が滅亡したのと、武家諸法度により城普請の禁止令も出され、その後は再び建てられること無く、以後300年天守のない城下町として明治維新を迎えた。

<お城のパンフレット引用>

 ★
現在の「伊賀上野城」は昭和10年上野の人「川崎勝氏」が私財を投じ、3年の歳月をかけて築城の名手「高虎」が築いた基台に、桃山様式により、3層3階、木造建築の粋を集め、外壁は純日本式土蔵壁にて、復元されています。なかなか出来ることではありません。
 そして伊賀産業城として、民俗資料を多数展示しています。
 写真の
石垣は大阪城に次ぐともいわれる30メートルの高石垣です。また36メートルの内堀、外堀は今もわが国の石塁工事の代表的なものとして残り、文化財に指定されています。
 H18年日本城郭協会より
「日本100名城」に選定されました。
 城内には伊賀忍者の芸の催し物があり、たのしく見学できました。
 ★★H17/2/12再訪。今回は堀の外から高石垣の上の天守をうまく撮ることができました。
 [城碑前で]


 [曲折ある外周石垣]


  [蛇行する外周石垣]


 [天守台にて]


  
















伊勢
松阪城














松阪市観光協会HP























別名: なし
所在地: 三重県松阪市殿町
Tel 0598-53-4406(市商工観光課)
種類・指定 平山城・県指定史跡
築城年: 天正16年(1588)
築城者: 蒲生氏郷
遺構: 曲輪・石垣・天守台
 天正8年(1580)「織田信長」の次男「北畠信雄」、「松ヶ城」を築いて居城とした。
 天正10年、本能寺の変で信長が討たれた後、
「信雄」「清洲城」に移り、天正16年(1588)「豊臣秀吉」「蒲生氏郷」「近江日野城」6万石から12万石でこの地に移封した。
 「氏郷」「松ヶ城」が海岸に近く不便な上、手狭なため、規模の大きい要害の城を必要として、四五百森(よいはのもり)の岡に新しく城を築いた。
 
城名は吉祥の木である松と
「秀吉」の居城「大坂城」から一字を賜り「松阪城」と命名した。(松阪となったのは明治年間になってからである)
 城の北側の坂内川と南側を流れる愛宕川を外堀とし、城下町の外側に寺院を並べ、街路も曲折させて攻撃に備えた。
 城は本丸・二の丸は高い石垣を積み上げ、内堀までの平坦地を三の丸とし、本丸には3層の天守閣を建て、近くに2層の敵見櫓と金の間櫓の他、本丸下段には太鼓櫓、月見櫓、遠見櫓も配した。 
 
「氏郷」は城下町に松ヶ島住民を移すばかりでなく、誰でも商売できる「楽市楽座」の制を敷いたので各地方からの商人も集まり、特に故郷の日野から呼んだ「近江商人」が中心になって商都松阪に発展させた。後の三井財閥の祖もここへ移ったという。
 ところで、「氏郷」は2年後の天正18年(1590)
「会津若松」40万石に栄進した。
 かわって天正19年
「服部一忠」を経て、文禄4年(1595)「古田重勝」が3万5千石で入封、関ヶ原の戦いの戦功で2万石が加増された。此の間に城はやっと完成したという。
 元和5年(1619)以後、松坂は紀州藩領に編入され、城代が置かれ明治に至った。
 正保元年(1644)に天守閣が倒壊し、更に明治10年には火災で城も焼失した。
 現在、城跡には建造物はなく、石垣が良く残り、松阪公園となって市民の憩いの場所となっている。
 
<参考文献:日本城郭体系・日本の名城古城事典他>

 ★H9/8/15訪城から8年も経ってしまいました。当時は勉強不足で縄張りが分る写真も撮れず、今年は何とか再訪したいと念じてます。作家
「梶井基次郎」は松阪の城下町を愛し『城のある町』という作品を残しています。お城を見学したら、ついでに今でも残る城下町の面影も偲んでみたいことです。先達のサイトに搦め手口側の来迎寺には同心長屋と城門が移築されているので、寄ってみたい。
 ★★H17/2/12やっと再訪しました。
寂然たる天守台や、累々たる石垣、枡形小口など古城の雰囲気にあらためて圧倒されました。
 「松阪城」は(財)日本城郭協会からH18年に
「日本100名城」の一つに、三重県からは「伊賀上野城」と共に選定されました。

[復元三重隅櫓]

[内濠と石垣]

[内濠と石垣]

[長い石垣]

[天守台]

[藤堂高虎騎乗像]

[現地説明板]
伊勢
津城
















自治体HP






別名: 安濃津城
所在地: 三重県津市丸の内
Tel 0592-26ー1231(津市役所)
種類・指定: 平城・市指定
築城年: 天正8年(1580)・慶長16年(1611)
築城者: 織田信包(信長の弟)・藤堂高虎
遺構: 本丸・西の丸・石垣・堀・門
 「津城」「藤堂高虎」の築城で有名な城である。
 津は古くは
「安濃津」と呼ばれ日本三津の一つと呼ばれた良港である。
 鎌倉時代には当地は
「長野氏」の一族の「細野藤敦」が城に拠っていたという。
 
「織田信長」は永禄11年(1568)伊勢平定に乗りだしたが「津城」を落とせずず、やむなく講和を結び、弟の「信包」「長野氏」の跡目を継がせろことで「長野氏」と和睦した。
 
「信長」「信包」を入城させ、天正8年(1580)まで9年もの歳月を掛け、5層の天守閣と小天守などを完成させた。
 
「信包」「信長」の死後、「秀吉」に仕えたが、文禄4年(1595)丹羽柏原に転封され、替わって「富田知信」が5万石で入り、その子「信高」が関ヶ原で東軍に味方したため、豊臣側の「毛利秀元・長宗我部元親」の軍勢3万余の攻撃にさらされた。城兵1300で防戦したが3日で開城、「信高」は高野山に入った。 
 関ヶ原戦後「信高」は再び2万石加増の上、
「津城」に返り咲き灰燼に帰した津の復興に力を注いだが、慶長13年(1608)に「宇和島」12万石に転封された。
 替わって築城の名手
「藤堂高虎」が22万石の大名として伊予今治から入城し、慶長16年(1611)城の大改修をした。城の規模を拡大し、特に城下町の整備には力を注いた。
 伊勢神宮への参宮街道を城下に引き入れ、
「伊勢は津で持つ、津は伊勢で持つ」と謳われる繁栄の基礎を築いた。
 明和年間(1764~71)には一夜に千人の参詣客が津に宿泊したと言う。
 
「高虎」「大坂の陣」の功により32万石の太守となり、以後12代260年間「藤堂家」の居城として明治に至った。
<城と城下町・発行者品川恵保・日本通信教育連盟より引用>
 ★H17/1/29訪城
 現在は3層の隅櫓が昭和33年に再建されていてわずかながら往時を偲ばせています。
 周辺は綺麗な池のある公園になっていて、高虎の騎乗像がありました。
また藩校
「夕蔵館」の朱塗りの「入徳門」も庭園内に見ることが出来ます。

 ★★H20/8/4再訪、公園内に入って水堀から聳え立つ石垣が立派でした。

 
[現地説明板より]


  [主郭・天守台地とあった]


 [曲輪]


  [三ヶ月堀と突き当たりは土橋]


[土橋]


[長大な空堀]


[主郭西の井戸内部]


[主郭北斜面土塁]


[整備された旧東海道
金谷坂の石畳]

遠江
諏訪原城


















島田市HP































別名: 金谷城・牧野城・牧野原城・扇城
所在地: 静岡県島田市金谷町菊川字城山
Tel 0547-37-5111(代)島田市
種類・指定: 台地城・国指定史跡
築城年: 永禄12年(1569)・天正元年(1573)
築城者: 武田信玄・武田勝頼
遺構: 曲輪・空堀・竪堀・土橋・馬出・井戸
 「諏訪原城」は永禄12年(1569)駿河に進攻した「武田信玄」が、遠江併呑の野心をもって大井川の対岸、牧之原台地の北端に築いた「金谷の砦」をレベルアップしたものだ。
 天正元年(1573)9月、
「徳川氏」の東遠州の拠点「掛川城」を押さえる目的と、「高天神城」奪取をめざす「武田勝頼」がその橋頭堡として「馬場信房」の縄張りによりこの砦に大規模な改造を行ったという。完成後、城名は城内の一角に「武田家」の守護神、諏訪明神を勧請していることから「諏訪原城」と名付けられた。
 
「勝頼」はこの城を拠点にして30kmほど南進、前門の虎ともいえる「高天神城」を包囲して、激闘1ヶ月余、ついに開城せしめた。
 しかし、勝利からの慢心か、天正3年(1575)5月、戦史上有名な三河の
「長篠の戦い」において日本最強と怖れられた武田騎馬軍は大敗を喫し、「馬場信房」はじめ多くの重臣を失った。 その後の武田家は衰勢著しく、「徳川家康」は同年7月、周辺の城を攻め取った余勢をもって念願の「諏訪原城」に迫った。2ヶ月に及ぶ包囲攻撃の結果、ついにこの堅城が落城する。籠城兵は守将「今福丹後守」以下援軍も望めず、寡兵にてよく防戦したが、やむなく夜中「小山城」に落ちた。
 以後、城は徳川の持城となり駿河進出の前線基地となった。城将
「松平周防守康親」が入城、城名も「牧野(原)城」と改められた。
 その後、城は天正10年(1582)
「松平康親」「三枚城」に移封して明き城となり、「徳川氏」が関東に移封される天正末期に廃城となったと推定されている。
 城は「扇城」ともいわれ、主郭を要に4つの曲輪を西側に扇城に広げ、北東南の三方は急峻な崖となっている。城域は外郭防御陣を含めれば東西1.4km、南北0.6kmにも達し、明らかな遺構主要部だけでも450m×420mの広さもある巨城である。今でも武田流の特色ともいわれるある「三ヶ月堀」や深さ3m~7m、幅が6~14m、長さ20m~70mに及ぶ人口による大空堀が曲輪間に10数ヶ所もあるなどすばらしい遺構が良く残されている。
 <参考文献:日本城郭体系・日本の名城古城事典他>


 ★H15/2/7、H17/12/11訪城。
 2度訪城したのですが、とにかく壮大な堀に驚嘆します。
「諏訪神社」から入ると、もうそこは丸馬出しで巨大な「三日月堀」に囲まれており、更にそのすぐ東側に2つの小馬出しがあり「重ね馬出し」というめずらしい縄張りが見られます。
 平城の感じでいたら、この丸馬出し奥の深い堀沿いの東斜面に入ると、すごい急崖で比高差があり平山城だとよくわかります。更にその下部が空堀になって見下せばこわいような急崖でした。
 大手から主郭へ至る道を歩けば、これでもかというように、次々と想像以上の長大な堀と土橋と虎口の遺構が見学できます。北曲輪の虎口馬出し周辺も複雑な縄張りでした。この城は西の平地側の防御を特に堅固にしています。
 主郭北側の斜面は一部2重堀となって主郭西側の竪堀に繋がりこれも長大でした。
 
「武田氏」は自領にはこのような縄張りの城はほとんどないのですが、占領地に個性ある戦国の名城を多く残していてといわれます。
 最近(H22現在)の遺構発掘調査によると「武田勝頼」に築かれたのは主郭周辺で、その後、
「徳川氏」が手を入れて、今日見られる縄張りのように大規模な改修がなされたことが判明したようです。
 いずれにしても戦国を代表する貴重な屈指の城郭といえましょう。帰りにオフ会参加の地元のN氏にすぐ近くの
東海道「金谷坂の石畳」を案内され、この城が当時の交通の要所であることもよく理解できたことでした。

 ★★H21/2/7、現地説明会で訪城。改めて感動しました。

[現地城跡略図]


[高天神城攻防城砦図]


[遠景]


[本丸、奥は虎口土塁]


[二の丸]


[二の丸北堀切、片側橋脚発見]


[横堀端部]


[西の丸・高天神社]


[三ヶ月井戸]


[馬場平、眺望よい]
遠江
高天神城


















掛川市HP



























別名: 土方城
所在地: 静岡県掛川市上土方嶺向字鶴翁山(旧大東町)
Tel 0537-21-1111(掛川市役所)
種類・指定: 山城(標高132m比高104m)・国指定史跡
築城年: 室町時代中期・戦国時代
築城者: 今川氏
遺構: 曲輪・空堀・堀切・竪堀・土塁・井戸・土橋
 「高天神城」は応永23年(1416)「今川了俊」によって築かれたといわれるが定かでない。
 城址は標高132mの鶴翁山にあり、周囲は急斜面や絶壁をなし、天然の要害に拠った堅城である。東の峰に本城を構え、西の峰に西の丸、二の丸、堂の尾曲輪などを配した。東西二峰に主郭を置く連郭式・一城別郭式の山城である。
 城からの眺望は南の遠州灘から東の牧の原台地まで見渡せ小笹平野が一望できる。
 戦国期、
「高天神を制する者は遠州を制す」と巷間にいわれ、「今川氏」の没落後、「高天神城」は武田・徳川両氏の激しい争奪戦が繰り広げられた。
 永禄12年(1569)
「徳川家康」「今川氏」の支城のこの城を手中にして、「小笠原与八郎長忠」以下2千余の兵に守らせたが、元亀2年(1571)には「武田信玄」が2万余の軍を率いて「高天神城」に攻め寄せた。しかし城の守りは固く「信玄」は後日を期して撤退した。
 
「信玄」没後、その子「勝頼」が天正2年(1571)5月、2万余の軍を率いて遠江に攻め入り「高天神城」を包囲した。6月に入り、徳川の後詰援軍が来ず、中心部の西の丸が占領され、城は東西に分断されて、ついに落城、「勝頼」は父「信玄」の宿望を果した。「勝頼」は城代に「横田甚五郎尹松ただまつ」を置いた。
 翌3年、5月
「勝頼」は徳川・織田連合軍と史上有名な「長篠の戦い」で大敗する。
 同6年
「家康」「高天神城」を攻略する拠点として「大須賀康高」に命じて「横須賀城」を築城させ、更に6砦を築いてその付け城とした。   天正九年(1578)3月、家康麾下の「榊原康忠」「本田忠勝」らは「高天神城」に激しく攻め込み、時の城将「岡部丹波守真幸」を討ち取り、軍監「横田尹松は脱出したものの、ついに城を落した。
 こうして
「家康」は遠江の武田方最大の拠点を攻略、城は廃城となった。
 この敗戦を機に戦国名門の
「武田氏」の衰運が加速して、一年後の天正10年、「武田家」は天目山にて滅亡する。 
 <参考文献:日本城郭体系・図説中世城郭事典・日本の名城古城事典他>

 ★H15/2/7、H17/12/10訪城。
 「諏訪原城」にも近く一日セットで見学できました。二度目はオフ会に参加、現地の発掘調査でご苦労されている担当の方の案内を頂き、半日かけての間道ルートや出土品の話など専門的な貴重な話が伺えました。
 実に広域な複雑な城郭で説明しきれません。四方の屋根に連なる曲輪は大小併せれば40ほどもあるでしょうか。
 今川・徳川両氏時代の本城である
「東峰」は険阻な渓谷に囲まれ地形堅固ですが、山頂の平坦部が狭少でした。その後、武田氏統治下の時「西峰」を拡張、「西の丸」(現在高天神社が建つ)として併用したことが「高天神城」の防御の弱点になったとも聞きました。  
 
「小笠原・武田両軍」ともこの「西の丸」方面から攻撃されて落城したようですが、樹林の山中を歩いていても、横矢曲輪が段をなして迫っており怖いようです。大軍で攻めても攻略出来そうもない縄張りのようでした。
 城内には、
「大河内源三郎正局」が幽閉されていたという土牢があったり、戦死者の墓などもあり、遺構を散策していると、戦国時代にタイムスリップした錯覚に陥いってしまいます。

 [本丸模擬天守・歴史館]

[説明板]

[大手登城口]

 [本丸下曲輪]

[土塁のある曲輪]

  [横堀道]

[史跡整備公園説明板]

 [麓の史跡公園内復元土塁]

  [麓の史跡公園内復元屋敷跡]

尾張
小牧山城

















小牧市HP































別名: 小牧城
所在地: 愛知県小牧市小牧町八幡前
Tel 0568-72-2101(市文化振興課文化財係)
城の種類: 平山城・国指定史跡(昭和2年)
築城年: 永禄6年(1563)
築城者: 織田信長
遺構: 曲輪・空堀・土塁・石垣・井戸
 永禄3年(1560)5月「織田信長」は桶狭間の戦いで「今川義元」を倒した後、美濃攻略拠点として、同6年、濃尾平野の中央に屹立する小牧山に新城を築き、本拠を「清洲城」から移します。
 標高85mの小牧山は、濃尾平野を眼下に睥睨するには好適な要害であり、城は山を5段に分けて曲輪とし、堀と塁を造り、山麓には3重の堀と西部に総構えの長堀を設けたといいます(『尾陽雑記』)。
 城が完成するや同時に家臣団や町人はこれに伴い南麓に移住して城下町を形成しました。
  しかし、
「信長」が居城したのは僅かでした。永禄10年(1567)、やっと「齋藤龍興」「稲葉山城」の攻略に成功、「岐阜城」と改称して、小牧山から居城を移します。同時に「小牧山城」は廃城となりました。
 天正10年(1582)天下統一の大業なかばの
「信長」「本能寺の変」「明智光秀」に討たれたると政権を巡っての争いは熾烈になり、天正12年(1584)「小牧山城」は戦雲に包まれます。
 
「明智光秀」を滅ぼし、政敵の「柴田勝家」を倒し、天下の大勢を制した「羽柴秀吉」に対し、「信雄」に同盟した当代実力第二の「家康」が、闘いを挑む「小牧・長久手の戦い」がおこりました。
 
同年の3月、「家康」は先手を打ち、本拠を「清洲城」から「小牧山城」に移し、「信長」の築いた旧城に大規模な築城工事を行ない、堅固な陣城を構えました。現在残る遺構はこの時のものがほとんどといわれます。
 この時
「秀吉」はおよそ10万の大軍で尾張に侵入しました。これに対し「織田徳川連合軍」は2,3万の兵でよく持久戦に持ち込み、「秀吉」側の「池田恒興」らが敗死した戦いを除き小競り合いに終始しました。
 戦域は広い範囲にわたり、長期戦に及び、特に小牧山周辺には多くの城砦が両軍によって築かれ、今でもその遺構の一部は残されています。
 結果として戦いは、11月には
「信雄」「秀吉」が政略上講和し「家康」も大局的見地からこれに応じ「浜松城」に戻り、合戦は痛みわけで終結しました。
 この後城は再び廃城となりました。
 江戸時代に入り小牧山は尾張藩により神君ゆかりの地として入山が禁止され、山守職の
「江崎氏」によって大切に保存されました。明治2年に国有地になり、明治6年には県立小松公園として一般に公開されます。
 入山禁止のお陰か、今でも空堀や土塁の遺構が良く残る貴重な文化遺産です。
 
<参考文献:日本城郭体系・図説中世城郭事典他>

 ★H8/11/24、H19/9/11訪城
やっと再訪出来ました。お城は市役所の裏山なので、市に寄りパンフレットや周辺の陣城の地図なども頂いてから目の前にある大手道から登りました。
 縦横に巡っている遊歩道を歩くだけで傍らの横堀や土塁や土橋などがかなり良く見ること出来ます。山の南面一帯はかなり広範囲に遺構が散在します。虎口の見られる中腹と麓の長大な横堀が見所でした。
 
「麓の史跡整備公園」は、ほとんど完成されたようで、整備復元された屋敷跡や川沿いの壮大な土塁などが美しく復元されてます。分りやすい説明板も多く設置され市の努力に感服しました。城山には散策する方も多く、うらやましい環境ですね。
 ただ、山頂の資料館の全景がなかなか樹木があったりで撮れないのは残念です。

 帰りに周辺の陣城を2ヶ所ほど寄りましたが、遺構は少なく機会があればま全体を一日掛けてゆっくり廻りたいものです。

[白山神社前の登城口]


[登城道]


[本丸]


[本丸の説明板縄張り図]


[本丸南側2重堀]


[出曲輪北大堀切]


[竹中陣屋の濠と櫓門]


[竹中氏墓のある禅
幢寺]


『♪君が代もわが代も共に長濱の 真砂のか須のつき屋らぬまで』
「竹中半兵衛」(長浜にある長濱地名起源の碑の歌より」
美濃
菩提山城





















自治体HP

































別名: 菩提城・岩手城・菩提寺城
所在地: 岐阜県不破郡垂井町岩手
Tel (0584)22-1151(代表)(垂井町役場)
種類・指定: 山城・町指定
築城年: 永禄2年(1546)又は天文15年(1546)
築城者: 竹中重元
遺構: 曲輪・土塁・堀切・竪堀・横堀・櫓台
 「菩提山城」は稀代な戦国期の名軍師「竹中半兵衛重治」の城として有名である。
 城は関ヶ原の当方4km近く、伊吹山山系東端の美濃国府のあった垂井町岩手の菩提山に築かれている。標高402m、西方をのぞいて三方が絶壁の西美濃最大級の山城である。
 戦国乱世の頃、
「岩手弾正左衛門頼重」はこの菩提山に本拠を置き、近江と美濃の間に勢力を張っていた。
 永禄元年(1558)「竹中半兵衛」の父
「竹中遠江守重元」は揖斐郡大御堂城主の「斎藤氏」に仕えていたが、「岩手弾正」を攻略、翌2年(岐阜県史では天文15年)ここ菩提山に新たに城を築き、現在の大垣市の福田・長松と岩手付近一帯を領し六千石の領主となった。またこの年、安八郡「西之保城」「不破河内守」が菩提山を攻撃し、これを「竹中氏」は撃退させたと伝えられている。
 「重元」は築城の翌年、病没し、16歳の
「半兵衛重治」が跡を継いだ。「重治」はこの城に拠り、永禄7年(1565)には計略により僅か16名の少数で「岐阜城」を攻略するなど、その智謀は神の如しと天下に知られ、当時の「木下藤吉郎」「三顧の礼」をもって迎えられ、「織田信長・豊臣秀吉」に仕え重用された。
 しかし天正7年(1579)
「秀吉」「播州三木城」の攻略中、惜しくも36才の若さで陣中で病死した。墓は城下の「禅幢寺」にある。
 
「重治」の死後、城は従弟「竹中源助重利」が守り、「重治」の嫡子の「重門」「秀吉」の元で養育され、やがて「関ヶ原の役」には東軍の「徳川家康」に味方して功績あり、岩手領五千石を安堵され旗本となり、岩手山麓に「竹中陣屋」を構え、「菩提山城」は廃城となった。
 「菩提山城」は山頂の地形を巧みに利用し、南北に長く七つの曲輪と十指に余る小削平地、二つの大堀切・七条の竪堀及び空堀からなる大規模な城郭である。
 主郭と二郭の間に枡形小口、2重空堀、馬出し、竪堀が堅固に構えられ、土塁も高く東国に多い土の城のようで驚く。南端の出曲輪の北側の大堀切や南側の10m近い切岸の下の堀切周辺の畝堀など見所が多い。
 調査により
「関が原の戦い」の時、東軍の陣城として城の改修された可能性もあるらしい。
 藪もありますが遺構が良く保存されていて懐かしいお城の一つになりました。 

 
<参考文献:現地説明板・日本城郭体系・図説中世城郭事典>

 ★H19/10/8訪城
 「竹中半兵衛」の城ということで以前からどうしても来たかったお城の一つです。
 大阪からの返り道、小雨の中を傘差して登城しました。車で岩手小学校南側の道を西に走り踏み切りを越えて右側の道を直進、
「白山神社」の下の説明板のある駐車スペースに駐め、そこの大きなハイキング案内板通りにひたすら菩提山山頂に目掛けて登ること4,50分程で城域に。急階段が続きますが歩きやすい山道でした。
 山頂近くの堀切を過ぎると見事な土橋と2重堀が見られ整備された主郭へ入ります。
 
「日本城郭大系」には遺構がほとんどないとありますが、「図説中世城郭事典」の縄張図通り遺構は実に良く残っておりすっかり感激してしまいました。頑張って来た甲斐ありました。
 登城コースはハイキングコースになっていまして天気なら眺望もよさそうでした。
 勿論、麓の近世の
「竹中陣屋」も寄りました。石垣が広範囲に残り、水濠や土塁の一部も見ることが出来ました。現存大手櫓門の前には「半兵衛の銅像」があります。近くの「半兵衛の墓」のある「禅寺」にも寄ったのですが、ここには「小西行長の墓」もあるようでした。生憎雨中でお城の写真がよく撮れませんでしたが、「半兵衛殿」と親しんだような心に残る城廻りでした。

 [登城口]

[神社から入るとすぐ
主郭両袖枡形虎口]

[土塁に囲まれた曲輪]

 [長大な堀]

[北西虎口上部の土塁]

  [西南の井戸跡場所]

[土塁と切岸]

 [北西の横堀]

  [北西多重横堀上部]

三河
古宮城













自治体HP






案内図

















別名 なし
所在地: 愛知県新城市作手清岳字宮山
Tel 0536-23-1111(新城市)
城の種類: 平山城
築城年: 元亀2年(1571)
築城者: 馬場信春
遺構: 曲輪・縦堀・横堀・土塁・櫓台・枡形・土橋・井戸跡
 「古宮城」を知っている人は少ないでしょうが、土の城が好きな愛城者にとって、このお城のテクニカルで堅固な縄張りはきっと驚嘆するに違いありません。
 自分も数年前の訪城でしたが、今でも忘れられない城の一つです。
 この城は元亀2年(1571)武田方の名将で名築城家と謳われる
「馬場信房」が、武田氏の三河進出最前線の拠点城郭として、またこの地に基盤を持つ山家三方衆の「奥平氏」の監視も兼ねて築かれたといわれます。
 作手は三河高原の南端に位置して、東三河に南下する交通ルートの要所でした。
 
『三河国二葉松』によれば「甲州馬場氏縄張リニテ築之、小幡又兵衛、甘利左右衛門、大熊備前守等住ス」と記載があります。しかしあくまで戦略上的に使われた城で、恒久的な意図の城ではなかったようです。
 天正元年(1573)四月に
「武田信玄」の死去の同年8月、「奥平貞能、信昌」父子が、武田氏から離反し「家康」に通じたとき、本城は退却する武田勢に焼かれたともいわれますが、その後の「長篠合戦」の時も拠点として機能したともいわれますが真偽ははわかりません。
 説明板によれば天正元年(1573)奥平徳川連合軍の手により落城しました。
 
<参考文献:日本城郭体系・図説中世城郭事典>

 ★H19/3/3訪城
 城は比高30mほどの独立した小山で、現在の周辺は田圃ですが、かっては一帯が湿地帯とのことです。
 登城口は城の南側に白鳥神社があり分り易く、入口に説明版もあります。
 縄張りは武田氏の築造と思わせる両袖小口形式の枡形などの遺構がよく遺っています。
 城郭は東西を大縦堀で2分され、一本の土橋で結ばれています。曲輪は段差をもって10以上あり、比高が低いお城ではよく見かけますが、城内は土の城としては可能な限りあらゆる防御構築がされており、まさに土木技術の集大成の城といえましょう。
 北西部の5重の行き止まりのある空堀、折り、6.7m近い高い土塁、枡形虎口形状、至る所の横矢掛りなど、その壮大なスケールにも感動します。
 史実の記録が少ないにしても、これだけの遺構の名城が市の指定史跡にならないのも誠に残念な気がします。

[大手門橋跡]

[二の門虎口と三の丸石垣]

[本丸天守台]

[本丸からの景観]

[二の丸]

[北の丸]

[二の丸石垣]

[北の丸大堀切]

[三の丸校庭から入る二の丸虎口周辺の高石垣]

[現地の案内板縄張り図]
伊勢
田丸城











自治体HP




案内図









別名: 玉丸城
所在地: 三重県度会郡玉城町田丸
Tel 0532-51ー2421
城の種類・指定 平山城・県指定史跡
築城年: 延元元(建武3年、1336)
築城者: 北畠親房
遺構: 天守台・石垣・土塁・水堀・堀切・竪堀・移築城門
 「田丸城」の織豊期ながら壮大で累々と築かれた野面積みの高石垣などが忘れられません。
 現地説明板によれば、「田丸城」の歴史は、延元元年(1336)
「後醍醐天皇」が吉野還幸のとき「北畠親房」がこれに呼応挙兵するため南勢の拠点として築いた。
 神領を領有するため、南北両朝はしばしばこの城を中心に争奪戦を繰り返したが、合一の後は
「北畠氏」一族がここに居城、「玉丸御所」となった。
 室町末期、
「織田信長」が伊勢攻略の時、次男「信雄」伊勢国司「北畠氏」の養子嗣として和睦、南勢五郡を制し、天正3年(1575)冬、「信雄」「大河内城」から「田丸城」に移った。この時、「田丸城」を大改修し、三層天守閣を築き現在の規模を整えたが火災により天守ほかを消失したので、「信雄」「松ヶ島城」を築いて移った。
 以後、
「稲葉氏、藤堂氏、久野氏」がこれを領したが、明治維新、廃城により御領林(国有地)に編入、という。
 
「田丸」は南勢の中心、宮川と櫛田川の中間に位置し、古くから参宮街道と熊野街道との分岐点の宿場町として栄えた所で、城は田丸駅の西北に見える標高50mの丘にあり、整備された城趾公園となってまして、広大な三の丸は玉城中学校となっています。
 <参考文献:現地説明板・日本城郭体系>

 ★H19/2/12訪城、
 「田丸城」は南北に二の丸、本丸、北の丸を連ねた連郭式縄張りで、その本丸東側の三の丸には玉城中学校がある。大手門跡から見事な虎口や石塁を観賞しながら、かって三層の天守があったという本丸に行くと、天守台跡が残ってまして、ここからの景観は城下一帯が一望でき格別。
 壮大な石塁ばかりではなく、北の丸の北側には中世期の高さ7mほどの大堀切も見事。他にも土塁も見られます。また外周の一部には2重の水堀、三の丸から二の丸への虎口周辺の高石垣など、見所に不足がありません。
 歩いても駅から近いし、車でも役場に駐車して直ぐなので、お勧めの名城ではないでしょうか。

 
[現地縄張図]

[城址入口]

[櫓台]

[主郭 北東角部の石垣 ]

[主郭と城碑]

[水の手曲輪]

[石塁と土塁]

[物見岩から尾張方向を]

[登城道の乗元の墓]
三河
大給城














豊田市HP







地図

























別名: なし
所在地: 愛知県豊田市大内町字城下
Tel 0565-31-1212

(現地は国道301号「九久平町」信号を1km程東進、右手に「大給城」の看板があり、そこを右折する)
城の種類: 国指定(松平氏遺跡の内)・山城
築城年: 天文年間(1532~55)
築城者: 長坂新左衛門・松平(大給)乗元
遺構: 曲輪・石垣・土塁・石塁・堀切・竪堀・井戸跡・乗元墓
 「大給城」は西三河の北半を眼下にする標高207mの山頂にあり、徳川氏発祥の地、松平郷にある「大給松平氏」宗家の5代に亘る本城です。「松平城」 などと共に松平氏関連遺跡の一つであり国指定に認定されました。その城域は、230×210mと広域で、愛知県下では最大規模の山城といわれます。現在は史跡公園として、良く整備されています。
 この城は
「松平乗元」を初代城主とするが、初めは「長坂氏」が居館として拠っていたところ、「乗元」の祖父、三河松平3代当主松平信光により攻略された時、「乗元」の父である
松平親忠に与えられ、天文年間(1532~55)に「乗元」が息子の「乗正」と城郭としての体裁を整備したといわれています。
 
「乗元」はこの地で近隣を平定して「大給姓」を称し、ここを居城として代々と続いたので、「大給松平氏」の始祖とされています。
 城には
巨岩が散在、林立して修験場のような特異な雰囲気を感じますが、尾根城としての自衛防御に必要な縄張上のさまざまな工夫がされています。
 絶壁上の主郭には初期のものらしい野面積みの石垣が北と東にあり、算木積みでないが、急角度の高度を見せています。三河の中世の城郭では曲輪外部の法面に設けた石垣はめずらしいという。
 2郭の東下の横堀は竪堀で区切られて北東に伸びる屋根にそって竪堀となり、竪土塁とセットで谷を囲い込んでおり、谷は3段に分かれて、1段目に堤防状の石塁が築かれている。この谷筋部分は2重に防備があり、その東端最下段には石垣造りの2ヶ所の集水施設があり、谷の防御と水の確保を目的としている。また主郭の南下部分には最大の曲輪となる居館址があり、難攻不落の城といえます。
 これらの遺構は何度かの改修があって出来た者で、現在の姿になったのは天正期のようです。
 
「大給松平氏」は周辺の松平一族とたびたび抗争を繰り返しており、「大給城」は天正3年(1575)「滝脇松平家」「松平乗高」に攻められ落城、6代「家乗」の時、天正18年(1580)の「徳川家康」の関東への移封に伴って、上野国へ移り、城は廃城になりました。
 以後の「大給松平氏」は大名家や旗本、10諸家を輩出して15代
「乗秩」まで繁栄して明治を迎えました。
 
(縄張は「図説中世城郭事典」の説明を引用・日本城郭大系・現地説明板参考)

 ★H16/4/11訪城、
 訪城してすでに8年もたってしまってます。城の現状は当時と変わらぬと思いますが、記憶から消えない印象の残る城の一つなので、名城に入れました。周辺で
「松平城」なども見学しましたが、この城が遺構も整って見応えありました。山城フアンにお勧めのお城かと思います。 



トップページへ


ご意見/ご感想はこちらまで