倭城

平成26/11/25〜25、お城巡りのすばらしい友人7名と念願の韓国倭城見学が出来た。
想像以上の遺構を見ることが出来た。
見学出来た下記の9城の簡単な紹介をします。
行程:羽田空港朝出発から釜山空港へ、現地の親切なバス運転者の案内で各城を廻る、三泊四日、帰路も羽田へ夕刻到着。


熊川倭城 ウンチョンウェソン
西生浦倭城   ソセンポウェソン
蔚山倭城  ウルサンウェソン 
泗川倭城 サチョンウェソン 
林浪浦倭城 イムランポウェソン
機張倭城 キジャンウェソン
安骨浦倭城 アンゴルポウェソン
杉真浦倭城 ソンジンポウェソン
釜山子城 プサンウェソン
亀浦倭城 クボウェソン
金海竹島倭城 キメチュクトウェソン

        写真をクリックすると、拡大表示します。
[登り石垣]
[本丸虎口]
[天守台隅石]
[天守台上]
[天守台]





熊川

こもかい城






















別名: ウンチョンウェソン
所在地: 慶尚南道昌原市鎮海区南門洞南山
種類・指定: 山城・海抜184m/慶昌南道記念物79号指定
築城年: 文禄2年(1593)/慶長3年(1598)
築城者: 小早川隆景・上杉景勝・小西行長
遺構: 天主台・石垣・登り石垣・空堀
 「熊川城」は鎮海湾の三方を海に囲まれた岬の先端、海抜184mの南山に築かれた総石垣の山城で、周辺の倭城群の中でも規模も際立って大きく、周辺の本城としての機能を果たしていた。
 文禄2年(1593)4月12日、豊臣軍は戦線後退に伴い朝鮮半島南部の拠点づくりに迫られ、「秀吉」により「釜山浦」と「こもかい浦」をはじめ20城ほどの築城が命じられた。5月7日に「加藤清正」がここに陣を置いた記録があり、5月20日には「小早川隆景軍」が6600人、6月21日に上杉景勝軍」が5000人、7月に小早川軍に代って「小西行長軍」が加わったという。文禄4年5月から6月にかけて、明との講話交渉の過程で釜山、熊川数城を残して、城の破却が行われ、9月には、この城も破却に至ったようだ。
 ★城巡りの一日目はこの城でたっぷり2時間ほど要して一城で終りとしました。
 崩れた石垣ですが、天守台から山麓に向かって延々と連なる登り石垣、複雑に総虎口化した総石垣の曲輪や天守台、櫓台に、驚きっ放しの見学でした。落葉もして、山城巡りとしてはベストの日程でした。 
訪城日   H26/11/25
アクセス   熊川洞バス停下車徒歩30分
参考資料  『倭城を歩く』織豊期城郭研究会編
[麓からの登り石垣]

[大手虎口]

[枡形虎口]

[本丸]

[天守台]

[天守台]

[天守台脇二折れ堀]

[麓まで連なる竪堀]





西生浦

せっかい城



































別名 ソセンポウェソン
所在地: 蔚山広域市蔚州郡西生面西生里711
種類・指定: 山城・海抜133m/蔚山広域市文化財資料第八号山城・海抜133m/蔚山広域市文化財資料第八号
築城年: 文禄2年(1593)
築城者: 加藤清正
遺構: 天主台・石垣・登り石垣・土塁・堀
 「西生浦城」は朝鮮半島南東部の東海岸、激戦のあった蔚山城と林浪浦城の間にあり、日本海に面した丘陵上にある。秀吉朱印状によれば、文禄二年朝鮮・明軍との講和のの時期に、ソウルから撤退した、「加藤清正」が築城したものと言われる。
 文禄三年に、朝鮮僧
「松雲」が登城した記録があり、層閣や金屏風のある大家があったと記されている。
 その後、西生浦城は
「浅野幸長」が引き継ぎ、「清正」は蔚山城の築城に取りかかった。やがて完成間近の蔚山城は朝鮮・明軍の大軍に急襲包囲され、籠城戦を余儀なくされたが、「黒田長政」など諸大名達の救援のお陰で、虎口を脱した。
 慶長3年、蔚山の戦いが終結すると、西生浦城には
「伊東祐兵」「高橋元種」「島津忠豊」「毛利吉成」等が入城、最終的には「黒田長政」が在城したが、「秀吉」の死去と共に帰国命が下り廃城となった。
 
 [現況] :地元の案内者の自動車で早朝一番で着く。登城口には案内所がありトイレもある。カラーのパンフレットも呉れた。周辺は田園風景で海沿いに集落があり、山裾に畑も広がる。案内所の女性も大変親切で、子供も日本の大手商社に勤務しているという。
 城は公園になっとおり、麓から登り石垣に沿って、頂上まで一時間弱で到着出来る。立派な説明板も設置されている。
 城の範囲は山麓居館のある曲輪まで含めると、南北400m、東西700mという。保存状態は驚くほど良かった。
 山城なのに総石垣の城である。天守南側虎口の石垣の崩れがある程度で、国内でもなかなか見れない石垣縄張遺構に驚かされる。算木積みではないが、隅石には大きな石を縦長に積んで強度を保つっていた所も見られた。東西の外周の登り石垣の外周には、石垣下部に深い竪堀が麓まで連なり、東側を下って見たが二重竪堀のようでもあり、防衛線は堅固となっている。
訪城日   H26/11/23
アクセス   鎮下バス停下車徒歩10分
参考資料  『倭城を歩く』織豊期城郭研究会編
   
 
   
   
   
 
 
 
 

 


トップページへ


ご意見/ご感想はこちらまで